最新の記事
    インデックスファンドの運用手法(完全法・準完全法・最適化法・層化抽出法)
    Kapok の資産運用資産運用用語説明
    インデックスファンドは、指数(ベンチマーク)に連動した運用成績となるように金融商品を選択し、保有します。この選択方法として「完全法」「準完全法」「最適化法」「層化抽出法」の4種類がSMTのサイトで紹介されていました。それぞれまとめ、記事にします。


    1. 完全法


    ベンチマークを構成する全ての銘柄を、ベンチマークの比率に合わせて保有します。指数との連動性は高いですが、対象銘柄を決められた比率で購入するために、多くの資金が必要になります。

    日経225平均株価やREIT指数など、指数構成銘柄数が多くはなく流動性もある指数に連動する運用成績を目指すインデックスファンドは、この手法を採用する事が多そうです。


    2. 準完全法


    完全法をベースに信用リスクの高い銘柄等を除外してポートフォリオを構築します。信用リスクの高い銘柄を除外する事で運用の健全さは増しますが、その一方で指数との連動性は低くなります。

    TOPIXやMSCI-kokusai指数など、時価総額型の株価指数に連動するインデックスファンドは、この方法を採用する事が多そうです。


    3. 最適化法


    ベンチマークとの連動性を保てるように一部の銘柄を抽出しポートフォリオを構築する方法です。少ない資金・少ない銘柄数でベンチマークとの連動が可能ですが、その一方でベンチマークとの乖離が完全法と比べ大きくなる事もあります。

    MSCI エマージング・マーケット指数のように、構成銘柄数が多い上に、流動性等の問題から購入が難しい銘柄が含まれている指数に連動するインデックスファンドは、この方法を採用する事になりそうです。

    4. 層化抽出法


    ベンチマーク構成銘柄を特定のグループに分類し、各グループから銘柄を抽出してポートフォリオを構築する方法です。ベンチマークの構成銘柄の一部を抽出するために、少ない資金・少ない銘柄数でベンチマークとの連動が可能ですが、その一方でベンチマークとの乖離が完全法と比べ大きくなる事もあります。

    債券指数など、銘柄数が多く、グループ内の各銘柄の値動きは似ている指数に連動するインデックスファンドは、この方法を採用する事が多そうです。



    参考記事:
    http://www.smtam.jp/special/smt_index_sbi/pdf/column03.pdf(完全法・準完全法)
    http://www.smtam.jp/special/smt_index_sbi/pdf/column04.pdf(最適化法)
    http://www.smtam.jp/special/smt_index_sbi/pdf/column05.pdf(層化抽出法)
    リンク最終確認:2014/4/17

    2014.04.17 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑

    Excel哲学 ~Excelスキル向上のために何をすべきか?
    Kapok の資産運用PC・スマホExcel・VBA
    最も使う表計算ソフトであるExcelスキルの向上のために、何を心がけるべきなのかを考えてみました。Excelは何年使っていても、できない人はできないものです。できる人になるためには、どうすれば良いか、意識すべき基本思想を考えてみました。


    1. 判断基準を意識する


    Excelをうまく使えているかどうかは、「早くできるか」「正確にできるか」「分かりやすくできるか」の3つの基準で判断されると考えています。

    この3つを意識する事で、より望ましい集計方法を選択する事ができる可能性が高くなるはずです。また、3つの基準がどう向上するのが見込まれるのかを考えれば、Excelの機能についての勉強にも身が入ります。

    「早さ」「正確さ」「分かりやすさ」を念頭に置くことは、スキル向上に役立つと考えています。


    2. 楽をするための努力を惜しまない


    Excelでは多くの関数、多くのショートカット、多くの機能が利用できます。これらは知っていて使えれば楽ですが、知らなくてもやりたい集計・処理には影響がない事が大半だと思います。

    ですが、「知っている方法でできるからそれで良い」と考える人と「もっと楽にできないか、少し調べてみよう」と考える人とでは、後者の方が後々高いスキルを修得していると思われます。このように、楽をするための努力を惜しんではいけないと考えています。


    3. 汎用性の高いメタ知識を蓄える


    例えば文字列操作の関数の1つにleft関数があります。文字列の左の何文字かを抽出する関数です。この関数に初めて出会い使った時に、「こんな関数があり、こう使うのか」と思うだけなのか、それとも「関数は大抵英語だ」「文字列操作関数の1つ目の引数は処理したい物が入力されたcellを指定」など、少しだけ抽象的な思考をし、メタ知識を蓄えられるか、この違いは大きいと考えます。

    left関数でメタ知識を得た後者は、少なくともright関数は使えるようになるはずだからです。


    4. プライドを持ち、向上心につなげる


    「この複雑な処理ができるのは俺だけだ」というものを持ち、それを増やしていこうと志を持てば、スキルは修得していくものだと考えます。

    また、図表の見栄えや分かりやすさにこだわりを持つ事で、細部の機能に触れる機会が増え、スキルの修得に役立ちます。

    このように、プライドを持つ事はスキルの修得に良い影響があるはずです。





    2014.04.15 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑

    月間投稿記事数分布を作成 ~当ブログ、自由気ままに更新中
    Kapok の資産運用その他このブログについて
    2010年4月頃からブログを始め、今に至ります。この間、どのように記事を投稿してきたかを知りたくなり、月間投稿記事数の分布を作成してみました。


    1. 集計期間と結果


    期間:
    2010年4月から2014年3月にかけて

    結果:
    KijisuBunpu2.png
    ※クリックで拡大します
    横軸が月間投稿記事数、縦軸が月の数です


    2. 所感


    記事数が15~18(概ね2日に1日の頻度での更新)の月が多い事が目立ちますが、3~6(週1の頻度での更新)の月も少なくはありません。

    毎日更新をして30近い記事を投稿した月がある一方で、月に2つか3つ程度の更新に終わった月もあります。

    気分次第で自由に記事を更新してきたのかと思う、そんな分布になりました。今後もあまり気負わず、書きたい時に書きたい記事を書きながら、ブログコンテンツを充実させていきたいと考えています。

    2014.04.13 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑

    【初音ミク】 さよなら どうかお元気で(オリジナル曲)を作成しました
    Kapok の資産運用音楽オリジナル曲



    1. 曲について


    別れの曲です。夢を追うために、舞い落ちる桜吹雪の中、離ればなれになる2人の人が、思い出を振り返る、そのひと時を表現しています。


    作詞・作曲:Kapok
    画像:桜ゲート(みずねこさん)

    音楽作成ツール:
    VOCALOID2 Editor
    GarageBand
    REAPER

    歌詞・字幕編集
    ニコニコムービーメーカー


    2. 作曲で新しく試した事


    2-1. GarageBandでの打ち込み

    今までは無料ソフトのCherryを使いメロディーを打ち込み、GarageBandで鳴らすようにしていましたが、GarageBandに慣れて来ましたので、今回は最初からGarageBandに打ち込み作成してみました。

    慣れるとGarageBandは打ち込みでも便利機能が多く、大変使いやすいと分かりました。作曲効率は良くなりそうです。


    2-2. ボーカルパートからの作成

    今まではメロディーから作成し、ボーカル部分を作成していましたが、今回はボーカルパートから作成しています。

    この方法では、歌詞とボーカルの音程が早い段階である程度固まるため、表現したい事がぶれにくいというメリットがあると分かりました。その一方で、コード進行から手さぐりになってしまうため、私のように音楽が不勉強の者には、結構いろいろなところで「ここどうしよう」というハードルが出て来ました。


    2014.04.11 / コメント:: 2 / トラックバック:: 0 / PageTop↑

    なぜ資産を運用するか? ~資産運用の目的について
    Kapok の資産運用資産運用投資心理・哲学・雑感
    私は有価証券の売買を通して、資産を運用しています。その目的について、改めて考えてみました。2014年4月現在、考えている事を大きく3項目に分けて挙げてみます。


    1.資産を増やす事


    1-1.投資のリターンを得る

    投資の最大の目的は、リターンを得る事だと考えています。

    「リターン=売却時等で受取った金額―買付時等で支払った金額」です。これを踏まえ、(リターンを得て資産を増やすために、)安く買う事と高く売る事には気を付けて運用をしたいと考えています。


    1-2. 知見の修得

    後述しますが、資産運用を行う事で、さまざまな事(政治・経済、企業、語学、プログラムやマクロ等)に興味を持ち、知見を修得するようになります。

    この知見は、一種の自己の資産だと考える事ができます。この知見を増やしていく事を意識した運用を行っていきたいと考えています。


    2.資産を守る事


    2-1.分散投資による資産の大きな毀損を避ける

    例えば、「資産は預貯金のみ」という運用をしていた場合、円の暴落やインフレが起きた際に、資産が実質的に大きく目減りする事態になってしまうかもしれません。

    分散投資をしていれば、その影響を小さくする事が期待できます。


    2-2.出費の少ない趣味

    人の趣味は種々あります。中にはお金のかかる趣味もあり、例えばクルマとかですと、結構出費が嵩む事だと思います。

    その一方で資産運用は元金こそ必要ですが、回収不能な大きな支出が継続的にあるわけではありません。趣味としては安いもので、支出を抑えるという意味で、資産を守る事に効果があると考えています。


    3.見聞を広める事


    投資をしていると、いろいろな事に興味がわきます。自身の資産動向に関わりますので、特に為替と株の値動きのニュースは興味を持って聞く事ができるようになります。

    同様に政治・経済もおもしろくなりますし、株式個別銘柄投資を行えば決算短信等のプレスリリースを読む事を通して、世の中の企業活動について理解が深まります。

    外国の金融商品を購入すれば、外国語を読む機会が増え、語学の勉強になります。指標や値動き等の数値分析は、数学やExcel等のツールの勉強になります。

    以上のように、資産運用を通して様々な事に興味を持ち、見聞を広める事は悪くないと思います。これらの要素は、資産運用の目的の一つとして意識したいと思います。



    この記事は、2012年1月11日に作成、投稿した記事を加筆・修正し、再投稿しています。


    2014.04.02 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑




    Pagetop↑
    プロフィール

    Kapok

    Author:Kapok


    個人投資家。1986年生まれのサラリーマンです。将来、資産運用で財産を築き、自由に暮らす事を夢見ています。

    ブログについて
    「資産運用について調べた事・考えたこと」をブログのメイン記事にしています。

    記事の情報の正確さには注意を払っていますが、保証はしません。投資判断は自己責任でお願いします。

    Kapok
    資産運用の方針
    資産運用は、下記の規定の範囲内で行っています。私Kapokが、どのような個人投資家であるかがよく分かるファイルになっています。

    Kapok の資産運用規定

    よく読まれている記事
    ※集計期間:30日
    ブログパーツ
    最近の記事・コメント

    アクセスカウンター
    ↑ポインタを合わせると、1週間のアクセス数推移が確認できます。

    Since Mar.17/2011
    ブログ内検索
    おすすめ書籍
    ウォール街のランダム・ウォーカー 株式投資の不滅の真理
    Kapokの投資哲学に大きな影響を与えた1冊。個人投資家必読の書。

    スポンサー
    相互リンク
    資産運用全般

    株式個別銘柄投資 etc.

    投資信託 etc.

    債券・預貯金

    FX・派生商品 etc.

    その他 有価証券

    資産運用以外
    ブログ☆ランキング
    にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
    にほんブログ村

    FC2 ブログ☆ランキング

    人気ブログランキングへ
    人気ブログランキング
    リンク元ランキング
    ※集計期間:30日
    Twitter