最新の記事
    下落後の買付 ~条件付き確率を利用した積立投資について
    Kapok の資産運用資産運用日経平均株価
    サイコロを1回投げ、3以下の目が出る確率は1/2 ですが、奇数の目が出た際にそれが、3以下の目である確率は2/3と大きくなります。このように条件が付くと確率が変わります。

    同様に金融商品を買い、積み立てるのではなく、下落した際に積み立てると(条件を付けて積み立てると)良い事が起こるでしょうか?試してみました。


    1. 日経平均株価で積み立てバックテスト


    毎月、月初の始値から何%か下がった時のみに購入する場合を考えます。下がればその分だけ割安に購入し、もしも下がらなければ購入は見送る事とします。

    1984年1月から2014年9月の369ヶ月間の日経平均株価のデータを用いて、条件付き積立投資の結果を確認しました。


    2. 結果


    jokendcave.png
    1列目:下落値 どれだけ下がった時のみ買い付けるか?
    2列目:積立回数・金額 買い付け回数は何回になったか?
    3列目:総資産 買い付けた結果、現在いくらになったか?
    4列目:損益 どれだけ増えたか?
    5列目:リターン どれくらいの比率で増えたか?



    例えば株価が2%下がった時のみ買い付けると、取得できる口数が2%程度増えるために、リターンは2%程度上がりそうです。

    このように基本的には下がった時のみ買い付けるのが良いのですが、一方で条件が厳しくなると買付機会が減り、機会損失につながるために、利益額は小さくなる場合も多そうです。

    損益とリターンとで、どちらの期待値に重きを置くか、その運用方針の違いによって、適切な買付方法は違ってくるようです。

    2014.10.19 / コメント:: 2 / トラックバック:: 0 / PageTop↑

    比較原則と評価・判断 ~資産運用を通して得られるもの
    Kapok の資産運用資産運用投資心理・哲学・雑感
    資産運用を通して学べ、応用範囲が広いものとして、「比較原則」と「評価・判断」の力(ちから)が挙げられると考えます。金融商品を比べてどちらが望ましいか考える事が比較原則、その判断材料として指標を算出する事が評価で、運用の決定(投資判断)が判断です。

    有名かつシンプルに例を挙げれば、PERは割安さを示す比較基準で、各金融商品でこれを算出し、より割安なものを選択・判断していく事になります。

    このような評価(数値化)および比較・判断の取り組みは、資産運用の世界のみならず広く行われています。そのために資産運用での考察が実世界(仕事)の役に立つことは少なくないと考えます。

    勿論、例えば「思考停止しインデックス投信を保有する」という運用手法は費用対効果の観点では良い方法です。ただ、(特に若い投資家は)敢えてアクティブな資産運用を行う事で、得られる副産物を享受するのも、良い事だと思う次第です。


    2014.10.16 / コメント:: 2 / トラックバック:: 0 / PageTop↑

    「仕手株でしっかり儲ける投資術」を読みました
    Kapok の資産運用読み物書籍
    書籍「仕手株でしっかり儲ける投資術」を読みました。


    1. どうしてこの本を読んだか?


    投資家として仕手株についてある程度の教養を身につけるために読んでみました。

    今は閉鎖されていますが、以前「なんでも証券取引所」なる仮想証券取引所がありました。私はそのサイトで売買を楽しませて頂いていました。瞬間的には一番の資産家になった事もあります。

    ある程度相場を動かせる仮想通貨を持っていたのですが、仕手がうまい人はもっとうまく、資産総額は他のプレイヤーに追い抜かれていきました。条件が同じでも、技術の違いにより仮想通貨を増やすスピードで負ける事を知りました。

    このような経緯から、仕手について学びたいと思うようになり、この本を読んでみました。


    2. 所感


    全8章で構成されますが、その中で第2章「仕手筋を理解しよう」の項目が良かったと思います。個人的には馴染みがなかった、「玉集め」「玉を転がす」「振るい落とし」といった、専門用語を知る事ができました。

    他の章も投資家として知っておいて損はないと思われる事が書かれていました。「目いっぱい相場を張ってはならない」など、仕手株に限った事でもない項目は多く、資産運用に適用できる範囲は広そうでした。

    初心者向けに書かれており、全体的に読みやすい本です。驚くほど速く読めます。裏返しに悪く言えば、冗長で中身が無い気がしました。鵜呑みにするのは危険な本ですが、いずれにしても、たまにはこのような本も良いと思いました。


    2014.10.12 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑

    「イノベーション入門」を読みました
    Kapok の資産運用読み物書籍
    書籍「知識ゼロからのイノベーション入門」を読みました。


    1. イノベーションを引き起こした人々の考えが学べる


    イノベーション(技術革新)によって世界を変えた5人の人が、何を考えどう行動したかが書かれている一冊です。具体的には

    ①マイクロソフトのビル・ゲイツ
    ②アマゾンのジェフ・ベゾス
    ③グーグルのラリー・ペイジ
    ④フェイスブックのマーク・ザッカーバーグ
    ⑤アップルのスティーブ・ジョブズ

    の5人の軌跡が簡潔に描写されています。


    2. 読みやすい


    2ページで1話が完結し、その話の表題にポイントがまとめられていますので、読みやすく分かりやすい構成になっています。IT関連の予備知識は不要です。

    文章の内容を解説する挿絵も多く、比較的サクサクと読み進める事ができます。


    3. 所感(どう影響を受けたか)


    成功者の頑張り(猛烈に働く事)を知る事で、少しは自分も頑張ろうという気持ちになれます。また、判断に迷った時に「先人はこうした」など、知識があるのは後々役立ちそうです。

    他にも、身近なツール(私の場合はExcelとGoogle検索)の基本思想を知る事で、より効率的にそのツールを使う事ができるようになるという気もします。

    なお、この5人のイノベーターの考え方はそれぞれ結構異なっています。気質に共感できるかどうかの程度はそれぞれ違いそうです。ただ、特に参考になる人は1人はいると思います。

    読んで損のない一冊です。




    2014.09.23 / コメント:: 2 / トラックバック:: 0 / PageTop↑

    近視眼的な損失回避(myopic loss aversion)の原因と対策
    Kapok の資産運用資産運用投資心理・哲学・雑感
    長期的視点を持てば保有を続けた方が良い株等の金融資産を、価額下落を見て焦って売ってしまい、結果的に安値で手放してしまう現象があります。

    この現象は、近視眼的な損失回避(myopic loss aversion)として知られていますが、その原因をまとめ、対策について考えて投稿します。


    1. 近視眼的な損失回避の原因


    1-1. 損失回避

    損失による心理的負担は、利益による心理的満足度と比べて大きくなるために、必要以上に損失を避けてしまう心理効果です。


    1-2. 頻繁な資産評価

    必要以上にポートフォリオを確認し、損益を注視していしまう事です。これにより資産価値が減少している事について、認識をする機会が増え、結果として上記の「損失による心理的負担」が増えて、不必要な安値売りを招きます。


    2. 「近視眼的な損失回避」を回避するには?


    2-1. 理論武装

    心理効果を知り、理論により不要なバイアスを避けるのが1つの手です。「彼を知り己を知れば百戦殆うからず」 は孫子の言葉ですね。

    また、ファンダメンタルズ信奉による確固たる理論価値の算出も、変わりやすい心理への対策として一定の効果が期待できそうです。


    2-2. システムによる運用

    ルールを作り、それに従うのも良いと考えます。利食いルール・損切ルールや、「ドル・コスト平均法」などの積立ルールは、心理バイアスを排します。


    2-3. 忘れる・ほったらかす

    私の先輩投資家は、総損益はもはや把握しておらず、基本的にBuy&Holdを貫き10年でも20年でも株を持つようでした。

    (投資スタイルにもよるのでしょうが)忘れ、ほったらかすのも良い方法の1つだと考えられます。


    参照:

    Myopic Loss Aversion: What It Is And How To Avoid It (zeninvestor)
    リンク最終確認:2014/9/21


    2014.09.21 / コメント:: 2 / トラックバック:: 0 / PageTop↑




    Pagetop↑
    プロフィール

    Kapok

    Author:Kapok


    個人投資家。1986年生まれのサラリーマンです。将来、資産運用で財産を築き、自由に暮らす事を夢見ています。

    ブログについて
    「資産運用について調べた事・考えたこと」をブログのメイン記事にしています。

    記事の情報の正確さには注意を払っていますが、保証はしません。投資判断は自己責任でお願いします。

    Kapok
    資産運用の方針
    資産運用は、下記の規定の範囲内で行っています。私Kapokが、どのような個人投資家であるかがよく分かるファイルになっています。

    Kapok の資産運用規定

    よく読まれている記事
    ※集計期間:30日
    ブログパーツ
    最近の記事・コメント

    アクセスカウンター
    ↑ポインタを合わせると、1週間のアクセス数推移が確認できます。

    Since Mar.17/2011
    ブログ内検索
    おすすめ書籍
    ウォール街のランダム・ウォーカー 株式投資の不滅の真理
    Kapokの投資哲学に大きな影響を与えた1冊。個人投資家必読の書。

    スポンサー
    相互リンク
    資産運用全般

    株式個別銘柄投資 etc.

    投資信託 etc.

    債券・預貯金

    FX・派生商品 etc.

    その他 有価証券

    資産運用以外
    ブログ☆ランキング
    にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
    にほんブログ村

    FC2 ブログ☆ランキング

    人気ブログランキングへ
    人気ブログランキング
    リンク元ランキング
    ※集計期間:30日
    Twitter