最新の記事
    「限界効用逓減の法則」と資産形成に対する心理変化について
    Kapok の資産運用資産運用投資心理・哲学・雑感
    運用規模による心理の違いについて考えます。


    1. 同じ運用で同じ資産増加でも、面白さが異なる


    例えば
    A: 1,000万円の財産を持つ者が、入金または運用によって、資産を20万円増やす。
    B: 100万円の財産を持つ者が、入金または運用によって、資産を20万円増やす。
    を比べます。

    A・Bでリスクの取り方や給与からの支払い負担が全く同じで、増える資産も同じ20万円だとしても、一般的には満足度はBの方が高くなります。

    運用規模によって、運用成果の感じ方は変わってくるものです。資産形成を始めたばかりの時と比べ、損益に対する心理変化が、随分小さくなった人も、少なくはないはずです。


    2. 何かを得る事の満足度


    追加で資産を増やす際に、増やした時の満足度(効用)は、既に持つ資産が大きければ大きい程、小さくなります。消費のみではなく、資産形成においても「限界効用逓減の法則」は少なからず適用されるはずです。

    これを踏まえると、ある程度の資産を築いたのであれば、

    ①取るリスク(額)を増やし、大きく増やして楽しむ
    ②別の趣味で散財する

    など、所得の分配方法を変えて人生を楽しむのも良いかも知れません。


    私の場合は大きく儲けたら、それを更に増やすよりも、例えば車など買って乗っていじった方が人生楽しめる気がしています。東京の真ん中に住んでいるので、車は全く必要ではありませんが、あると面白いと思います。

    2014.09.12 / コメント:: 2 / トラックバック:: 0 / PageTop↑

    リターンが投資効率で、損益が投資成果 
    Kapok の資産運用資産運用投資手法考察
    リターン=(受け取り金額-投資金額)÷投資金額
    損益=受け取り金額-投資金額

    この2つは使い方を区別した方が良さそうです。
    リターンはどれだけ効率良く増やせたかを示す指標で、損益が実績(投資成果)の指標です。


    1. 例を比較


    例えば
    A: ファンドを用いた資産運用で1,000万円を1,200万円に増やしました
    B: 個別株を運用し、100万円を200万円に増やしました

    の2者を比べます。

    効率の視点では、リターンを見て
    「資産を100%増やした(2倍にした)Bの方が、資産を20%増やしたAと比べて優れている」
    と言えます。

    一方実績の視点では、損益を見て
    「200万円増やしたAの方が、100万円増やしたBと比べて優れている」
    と言えます。


    2. 投資家としてどちらが大切か


    効率と成果とを比較するのも変な話ですが、個人的には損益こそが資産運用の成果であり実績であると考えています。

    投資家は利益をたくさん出してなんぼです。1万円を10万円(10倍)に増やした実績をもって、7,000万円を1億円にした投資家に戦いを挑もうとは思いません。

    2014.09.08 / コメント:: 2 / トラックバック:: 0 / PageTop↑

    ソフトウェア系のブログを新規作成しました
    Kapok の資産運用その他このブログについて
    ソフトウェア関連記事を投稿する事に特化したブログを新規作成しました。
    下記のブログです。

    Kapokのソフトウェア★ラウンジ

    先日ブログ村を徘徊していて、IT関係のカテゴリのブログのマニアックさに興味をもち、そこで勉強してみたいと考え、ブログを作成した次第です。(早速ブログ村にも登録しました。)

    このブログも2014年現在、なぜかソフトウェア関連記事にアクセスが集まっていますので、そのままブログ名を変えて、ITブログにするのと迷いました。ですが、今まで通りに資産運用記事やその他の記事も書いていきたいため、これはこれで残す事にしました。

    Twitterでは、両方のブログの更新情報をつぶやきます。
    2014.09.02 / コメント:: 2 / トラックバック:: 0 / PageTop↑

    株式投資の長期運用において、想定すべき最大下落率はどの程度か?
    Kapok の資産運用資産運用日経平均株価
    銘柄分散された株式ポートフォリオで長期投資をする場合、想定すべき最大下落率はどの程度を考えておけば良いでしょうか。日経平均株価の値動きを使い、考えてみました。

    結論は「株式資産8割毀損」は想定しておく、です。


    1.データ取得と集計方法


    株価データ倉庫 ※リンク最終確認:2014/8/26

    から日経平均株価の月間騰落率を取得し、nヶ月(1≦n≦240)間の、株価の「最安値÷最高値-1」を計算し、便宜上これを最大下落率と呼びます。

    そしてそれを集計開始期間をずらしながら計算し、「最大下落率」の平均値と最大下落値を求め、プロットします。

    ※1 暴騰と暴落は現象として対称性に大差がないという予測に基づく集計です。
    ※2 使用したデータ期間は1984/1~2014/8までの20年間と8ヶ月です。


    2.結果


    結果は下図のようになります。

    n225saidaigerakuritsu.png
    ※クリックで拡大します。

    横軸が測定期間で、1目盛が1年に相当します。一番右まで見れば20年です。
    縦軸は下落率で、

    青:最大下落率の平均値
    赤:最大下落率の最大下落値

    の2つが実測値です。

    一方で緑は、月間騰落率の標準偏差σを計算し、それに √月 をかけた、比較的良く知られた理論値です。黄色はその理論値を2倍したもの(2σ)です。


    3.所感


    騰落率のσから最大下落率を想定した結果と、実測値とでは傾向に結構乖離があると思いました。1年間程度の短期では、暴落に備えて3σ程度は見ておかなければならない一方で、10年を超えるレベルでは、1σ×√月で十分そうです。

    さらに20年レベルでは、資産8割減を下限にしてあまり下がりそうになく、この程度(株式資産8割減)を想定していればまず平気であろうと考えました。

    まあバブル最高値が38,957円で、リーマンショック後底値が8,136円ですから、起こりうる下落の上限は8割程度なのでしょうね。


    2014.08.27 / コメント:: 2 / トラックバック:: 0 / PageTop↑

    VBAユーザーフォームで運用管理ツールを作成(バリュー平均法用)
    Kapok の資産運用PC・スマホExcel・VBA
    VBAユーザーフォームで、運用管理のためのツールを作成してみました。バリュー平均法で資産運用をする際に、私個人が便利と感じる事に重きを置く仕様で作成してみました。

    今後機能は追加し続けていきたいと思っていますが、現時点での機能と、作成して気づいた事について投稿します。


    1. 作成したツールと使い方


    起動すると下図の画面が出て来ます。
    kpmnsys_v0100.png
    ①「新規読み込み用空欄作成」のボタンをクリックし、
    ②「基本項目」のフレーム内の枠に、現時点での資産別時価を入力し、
    ③「集計+書込」のボタンをクリックします。

    そうすると右側のフレーム内に、バリューパスからの乖離がどの程度なのか等、集計結果が反映されます。これをリバランスの売買額の決定の参考値として利用できます。

    また、「前のデータ」や「次のデータ」のボタンをクリックすれば、登録済の集計結果を閲覧でき、「上書き保存」のボタンクリックで、登録済のデータを保存できます。


    2. その他細かい仕様


    ①低リスク資産の入力値は、リスク資産総額の計算式に含まれていないため、バリューパスからの乖離計算には使われない値になります。

    ②BloombergのiPhoneアプリで計算した私のポートフォリオ毎の資産総額(下図)を入力しやすいように、VBAフォームを作成しました。

    IMG_1180.png

    ③バリューパスは、私が個人用に考えた暫定の計算式を利用しています。

    ④現状エラー処理は全然記述していませんので、例えば半角数値を入れて欲しい欄に全角文字など入力すると、「型が一致しません」等と、すぐに怒られます。そういう時は「終了」すればO.K.です。


    3. ダウンロード


    上記の通り、ツールは完全に私個人利用のために作成したものですが、興味ある方は、
    http://kapok2.web.fc2.com/xls/kp_mn_sys1.00.zip

    ↑のURLからダウンロードできます。
    (リンクを貼るとFC2からはじかれるため、URLで載せています。)


    4. ツールを作成してみて


    Excelはいろいろな機能が利用できる事が面白く思いました。また、欲しい機能があり、欲しい材料を探せば、それが既に準備されているという点で、MicroSoft社のプログラマーの偉大さを感じます。

    ユーザーフォームの仕組みについても勉強になりました。確かに今回作成したツールの機能は、Excelのワークシート関数で全然間に合ってしまう範囲のものではありますが、敢えてユーザーフォームを作る事で、UIの使いやすさとは何か?等考える機会になりました。

    2014.08.22 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑




    Pagetop↑
    プロフィール

    Kapok

    Author:Kapok


    個人投資家。1986年生まれのサラリーマンです。将来、資産運用で財産を築き、自由に暮らす事を夢見ています。

    ブログについて
    「資産運用について調べた事・考えたこと」をブログのメイン記事にしています。

    記事の情報の正確さには注意を払っていますが、保証はしません。投資判断は自己責任でお願いします。

    Kapok
    資産運用の方針
    資産運用は、下記の規定の範囲内で行っています。私Kapokが、どのような個人投資家であるかがよく分かるファイルになっています。

    Kapok の資産運用規定

    よく読まれている記事
    ※集計期間:30日
    ブログパーツ
    最近の記事・コメント

    アクセスカウンター
    ↑ポインタを合わせると、1週間のアクセス数推移が確認できます。

    Since Mar.17/2011
    ブログ内検索
    おすすめ書籍
    ウォール街のランダム・ウォーカー 株式投資の不滅の真理
    Kapokの投資哲学に大きな影響を与えた1冊。個人投資家必読の書。

    スポンサー
    相互リンク
    資産運用全般

    株式個別銘柄投資 etc.

    投資信託 etc.

    債券・預貯金

    FX・派生商品 etc.

    その他 有価証券

    資産運用以外
    ブログ☆ランキング
    にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
    にほんブログ村

    FC2 ブログ☆ランキング

    人気ブログランキングへ
    人気ブログランキング
    リンク元ランキング
    ※集計期間:30日
    Twitter