FC2ブログ
    リーマン・ショック後のダウ平均株価推移 下落幅と下落時間について
    Kapok の資産運用投資対象外国株
    リーマン・ショック後のダウ平均株価推移のチャートを作成しました。
    使用したのは、2008年8月1日から2009年8月31日までの株価データです。

    [続きを読む]


    2012.05.24 / コメント:: 6 / トラックバック:: 0 / PageTop↑

    「外国株式個別銘柄投資」もおもしろい
    Kapok の資産運用投資対象外国株
    私は最近、少しずつですが、外国株式個別銘柄投資をしております。
    外国株の取引は、国内株と比較し、売買手数料が多くかかります。

    ですが、10年間バイ&ホールドをするのでしたら、コスト面では普通の外国株投信よりも随分有利かもしれません。また、外国には日本には無いような、いろいろな企業があり、それらについて調べてみる事はおもしろいです。英語の勉強にもなります。

    しばらくは、外国株式の買付を続けます。

    2012.02.04 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑

    香港のリクソーETF、上場廃止の理由
    Kapok の資産運用投資対象外国株
    香港に上場されているリクソーETFが上場廃止となります。2012年3月7日以降は取引不可となりますので、ファンド保有者は、それまでに市場で売却するしか、(実質的に)手がありません。

    この上場廃止の理由について推察してみます。


    [続きを読む]


    2011.12.18 / コメント:: 5 / トラックバック:: 0 / PageTop↑

    マイクロソフト、クラウドで「オフィス」提供開始
    Kapok の資産運用投資対象外国株

    マイクロソフトの「オフィス」が、クラウドで利用できるようになったようです。

    ――――引用ここから――――
    日本マイクロソフト株式会社(本社:東京都港区)は、新世代クラウドサービスである Microsoft(R) Office 365 を本日より提供します。Office 365 は、電子メール、予定表、ファイル共有、ポータル、インスタント メッセージ、オンライン会議などの機能を、Microsoft Office アプリケーションと統合して提供する、マイクロソフトの新世代クラウド サービスです。管理機能を簡略化した小規模向けメニュー「プラン P」が 1 人あたり月額 600 円で、また数人から数万人まで幅広く利用可能な中規模から大規模向けメニュー「プラン E」が 1 人あたり月額 1,000 円から、それぞれの企業/組織で利用できます。(添付資料)
     さらに、Office 365 の幅広い利用推進を目的に、パートナー企業によるワンストップ クラウド サービスの提供を支援します。
     Office 365 は、Microsoft Office アプリケーションの月額利用に加え、クラウド ベースのサービスである Microsoft Exchange Online、Microsoft SharePoint(R) Online、および Microsoft Lync(TM) Online を統合して提供します。これにより、従来と変わらない業務を、遠隔地や在宅で遂行するなど、場所を選ばず生産性の高い業務を行う事が可能になるため、多様なワーク スタイルが実現します。また、現在利用しているオンプレミス(内部設置)システムからの移行または共存により、冗長性/可用性を有した事業継続計画にも資するサービスとなります。Office 365 はマイクロソフトの海外データセンターでシステム運用するため、常に最新のサービスを簡単に利用でき、かつ社内サーバーも削減できることから、電源対策にも有効であることに加え、システムの運用管理の手間やコストの抑制が可能になります。
    ――――引用ここまで――――

    参照 : http://www.microsoft.com/japan/presspass/detail.aspx?newsid=4043


    ネットワークに繋がる端末さえあれば、利用者は、ネットワーク上の文書の編集や共有が可能となります。恐らくですが、性能の低いPCでも、かなりの事が可能になると期待できます。

    便利そうですね。例えば、自宅PCから職場PCへのデータの受け渡しと言えば、今まではフラッシュメモリを使った移動や、メール添付が主流でした。けれども、そういう手間も不要となるかもしれません。

    サービスの詳細は、私はまだ良く知らないのですが、新しい時代の到来を予感させる、楽しみなサービスだと思いました。

    2011.06.30 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑

    現代自動車(005380.KS) 、震災後株価急上昇
    Kapok の資産運用投資対象外国株
    チャートはこちら↓
     
    2011年3月11日の東日本大震災時に、182,500KRWであった現代自動車(005380.KS)の株価は、2011年5月3日には、242,000KRWへと、33%も上昇していました。
     
    日本車の生産の停滞は、韓国の自動車産業にはプラス材料です。
    実際に、4月28日の発表によると、現代自動車の第1四半期純利益は、47%増と、このプラス材料が反映されています。
     
    半年後できるかどうか分からない復旧を見据え、日本の自動車株が割高なのか割安なのか一生懸命考える時間があったのなら、素直に特需が期待できる、お隣韓国に投資するのが正解であったようです。
    2011.05.04 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑




    Pagetop↑
    ブログ内検索
    プロフィール

    Kapok

    Author:Kapok


    個人投資家。1986年生まれのサラリーマンです。将来、資産運用で財産を築き、自由に暮らす事を夢見ています。

    ブログについて
    「資産運用について調べた事・考えたこと」をブログのメイン記事にしています。

    記事の情報の正確さには注意を払っていますが、保証はしません。投資判断は自己責任でお願いします。

    Kapok
    資産運用の方針
    資産運用は、下記の規定の範囲内で行っています。私Kapokが、どのような個人投資家であるかがよく分かるファイルになっています。

    Kapok の資産運用規定

    最近の記事・コメント

    アクセスカウンター
    ↑ポインタを合わせると、1週間のアクセス数推移が確認できます。

    Since Mar.17/2011
    Twitter
    おすすめ書籍
    ウォール街のランダム・ウォーカー 株式投資の不滅の真理
    Kapokの投資哲学に大きな影響を与えた1冊。個人投資家必読の書。

    スポンサー
    相互リンク
    資産運用全般

    株式個別銘柄投資 etc.

    投資信託 etc.

    債券・預貯金

    FX・派生商品 etc.

    その他 有価証券

    資産運用以外