スポンサーサイト
    Kapok の資産運用スポンサー広告
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --.--.-- / コメント:: - / トラックバック:: - / PageTop↑

    webサーバーを構築 公開しました
    Kapok の資産運用PCLinux・Mac
    webサーバーを構築、公開しました。古いPC(2004年製)にCentOSをインストールし、各種設定を行いました。サイトを紹介し、自宅サーバーのメリット・デメリットと公開までの道のりの概要を投稿します。

    サイトは↓です。
    Kapokのwebサーバー


    1. 自宅サーバーのメリット


    運用の自由度が高いです。無料サービスのFC2ブログやホームページでは、アップロードできるファイルのサイズや拡張子が限られますが、自宅サーバーの場合無制限です。

    私は早速、オリジナル曲のwavファイル(44Mバイト)をアップロードしました。このようにHDDが許す限り、コンテンツを充実させる事ができます。PHPも動かせば動きます。

    また、ITの勉強にもなります。
    更に、無料です。


    2. 自宅サーバーのデメリット


    コンテンツだけでなく、サーバー環境も作らないといけないために、借り物のサーバーでのサイト運用と比べて手間がかかります。セキュリティ面でも心配ごとが多いです。

    また、回線の物理的な問題だと思いますが、アップロードが少し遅いです。PCをつけっぱなしにするため、電気代が高くなると言われています。


    3. 自宅サーバー公開までの道のり(概要)


    ・サーバー向けOSのインストール
    ・ユーザー設定
    ・LANのipアドレス設定
    ・sshで別PCからのリモート操作環境を作る
    ・セキュリティ関係のソフトウェアを入れる
    ・ファイアーウォール設定
    ・Apacheを導入する
    ・ダイナミックDNSへの登録・設定
    ・ルーターの設定(80番ポート 転送設定)
    ・コンテンツの作成
    →webサーバー公開

    ※固定IPアドレスを得られれば、もっとたくさんの事ができるようなのですが、手間とお金がかかりそうなので、とりあえずダイナミックDNSに登録してwebサーバーを作りました。

    スポンサーサイト
    2015.01.23 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑

    LinuxでのTeXworksの設定について
    Kapok の資産運用PCLinux・Mac
    TeXエディターのTeXworksで、ボタン1つで編集中のTeXファイルをpdfファイルにするための、設定をメモします。


    1. まずはTeX関連ファイルがインストールされているか確かめる


    platexが動くか確かめるには、端末からコマンドで
    platex [適当なTeXファイル] 
    と打てば動きを確認できます。

    dvipdfmxが動くかは、同様に
    dvipdfmx [適当なdviファイル] 
    で確認できます。


    2. TeXworksで呼ぶための、シェルスクリプトを書き、保存する


    上記の事が出来れば、とりあえずTeXが動き、使えます。ですが、いちいち打っていたら面倒なので、シェルスクリプトに書いておきます。ファイル名は「pdfplatex.sh」にしておきます。

    #!/bin/sh
    platex $1 || exit 1
    dvipdfmx $1 || exit 1


    これに実行権限を付けて /usr/local/bin に保存します。



    3. TeXworksでシェルスクリプトを呼ぶ設定をする


    TeXworksの編集>設定 の画面で設定を行います。

    TeXworksSetUp.png
    ※クリックで拡大します。

    ①TeXおよび関連プログラムのパス
    → /usr/local/bin を一番上にしておきます。

    ②タイプセットの方法
    → pdfpLaTeX で、プログラムを先ほどのシェルスクリプトを設定し、引数を $basename にします。


    以上で、TeXworksからボタン1つ(緑色の再生マーク:タイプセットボタン)でpdfファイルが生成できるようになりました。



    2014.11.29 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑

    Ubuntuにdropboxをインストール 覚書
    Kapok の資産運用PCLinux・Mac
    オンラインストレージサービスのdropboxをUbuntuにインストールしました。結構苦戦してしまいました。分かった事を書き留めておきます。


    1.ソフトウェアセンターからはインストールできない


    ソフトウェアセンターで検索すれば、dropboxのアプリケーションが見つかりますが、インストールはうまくいかないようです。途中(8割位進んだところ)で止まります。

    止まったときは、システムモニターを起動し、CPUを使っているdropboxのプロセス番号をさがし、root権限でkill -9 [プロセス番号] として中断してしまうのが良さそうです。


    2.インストールはコマンドプロンプトから


    インストールは、下記の記事のようにコマンドで2行ほど打ち込みをすればうまくいくようです。


    コマンドラインで Dropbox をインストールする
    ※リンク最終確認:2014/7/22

    私の環境では
    $ cd ~ && wget -O - "https://www.dropbox.com/download?plat=lnx.x86" | tar xzf -

    $ ~/.dropbox-dist/dropboxd

    の2行で良かったと分かりました。

    ユーザー権限でやるのが良さそうです。(rootでやると/root/Dropbox みたいな場所にフォルダが出来てしまい不便なので、私はユーザー権限でやりなおししてしまいました。)


    3.インストールは64ビットと32ビットを間違えるとうまくいかない


    また、当然ですが64ビットと32ビットを間違えると、上記コマンドラインでのインストールはうまくいきません。特にVMwareでゲストOSとして動いているUbuntuは、ホストOSが64ビット版だからといって64ビットとは限らないので要注意です。

    私のはホストOSが64ビットで、ゲストOSが32ビットでした。自分でUbuntuをセットアップしておきながら、この事をすっかり忘れていたため、dropboxのインストールに苦戦する要因となってしまいました。


    4.便利です


    苦戦しましたが、Ubuntuにdropboxをインストールできました。これでWindowsPCからでも、iPhone5Sからでも、Ubuntuからでもファイルにアクセルできるようになりました。便利です。

    2014.07.22 / コメント:: 2 / トラックバック:: 0 / PageTop↑

    cernのrootの基本文法(1次元ヒストグラムと誤差棒付きグラフ etc.)
    Kapok の資産運用PCLinux・Mac
    解析ソフトのrootの基本事項をメモしておきます。
    自分用の覚書です。

    下記のコードは、株式リターンの季節変化を検証するためのマクロですが、その過程で

    ①1次元ヒストグラムを作る
    ②作ったヒストグラムにデータを入れる
    ③ヒストグラムを表示する
    ④ヒストグラムからパラメータを取得する
    ⑤エラーバー付きグラフの設定・表示

    を行います。




    1 #include<iostream>
    2 #include<fstream.h>
    3 using namespace std;
    4
    5 void month(){
    6
    7 // histogram set up
    8 char hname[16]={0};
    9 TH1D* mhis[12];
    10 for (int ii=0;ii<12;ii++){
    11 sprintf(hname,"h-%02d",ii+1);
    12 mhis[ii]=new TH1D(hname,hname,16,-20,20);
    13 mhis[ii]->GetXaxis()->SetTitle("return [\%]");
    14 }
    15
    16
    17
    18 // read data
    19 char line[256]={0};
    20 int yy,mm;
    21 double rtn; //return
    22 ifstream ifs("nikkei225_monthly_return.txt");
    23 while(ifs.getline(line,256)){
    24 stringstream st;
    25 st << line;
    26 st >> yy >> mm >> rtn;
    27 mhis[mm-1]-> Fill(rtn);
    28 }
    29 ifs.close();
    30
    31
    32
    33 // plot histogram
    34 TCanvas *c1=new TCanvas("c1","c1",0,0,1200,900);
    35 c1->Divide(4,3);
    36 //gStyle->SetOptStat("nerM");
    37 for(int ii=0;ii<12;ii++){
    38 c1->cd(ii+1);
    39 c1->cd(ii+1)->SetGrid();
    40 mhis[ii]->Draw();
    41 //mhis[ii]->Fit("gaus");
    42 }
    43
    44
    45
    46 // get histogram parameters
    47 double rmean[12]={0};
    48 double rerr[12]={0};
    49 double month[12]={0};
    50 double merr[12]={0};
    51 for(int ii=0;ii<12;ii++){
    52 rmean[ii]=mhis[ii]->GetMean();
    53 rerr[ii]=mhis[ii]->GetMeanError();
    54 month[ii]=ii+1;
    55 merr[ii]=0.5;
    56 }
    57
    58
    59
    60 // Graph set up
    61 TGraphErrors *gr = new TGraphErrors(12,month,rmean,merr,rerr);
    62 //gr->SetMarkerStyle(3);
    63 gr->SetTitle("month .VS. stock return");
    64 gr->GetXaxis()->SetTitle("month");
    65 gr->GetYaxis()->SetTitle("return[\%]");
    66
    67
    68 // plot Graph
    69 TCanvas *c2=new TCanvas("c2","c2",0,0,450,450);
    70 c2->cd(1);
    71 c2->cd(1)->SetGrid();
    72 gr->GetXaxis()->SetLimits(0.5,12.5);
    73 gr->Draw("ap");
    74
    75
    76
    77 }
    78


    7-14行目:
    1次元ヒストグラムを作ります。配列を使えば、複数のヒストグラムを同時に作ることができて便利です。12行目で3番目の引数がビンの数、4番目が最小値、5番目が最大値です。

    18-29行目:
    データの読み込みです。27行目で値をヒストグラムに入れています。

    33-42行目:
    ヒストグラムを表示するための枠を作り、分割やグリッド線のセット等の調整をしています。40行目で描いています。

    46-56行目:
    作ったヒストグラムで得られた平均値やその誤差を取得する事ができます。

    60-65行目:
    エラーバー付きグラフのセットアップです。61行目のように配列を突っ込みます。

    68-73行目:
    グラフを描きます。


    rootマクロはmonth.ccと名前をつけて保存し、
    root -l month.ccと打てば、結果は下図のようになります。

    rootsample.png
    ※クリックで拡大します。


    2014.05.08 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑

    emacs(エディター)で置換するには? 置換コマンド
    Kapok の資産運用PCLinux・Mac
    研究室を離れ、すっかりemacsの使い方を忘れていました。
    折角ですので、メモを投稿します。

    emacsで置換するには?
    ①Esc + %
    ②置換する文字列(何を置換するか)を入力し、Enter
    ③置換する文字列(何に置換するか)を入力し、Enter

    すると置換したい文字列が順番にハイライトされるので、
    ④置換するならば y を入力
    ⑤スキップするならば n を入力
    ⑥一括置換ならば ! を入力
    ⑦終わるならば q を入力
    します。


    このブログは投資ブログですが、たまにはeMAXISではなくemacsの事も書いていこうと思います。



    2014.01.21 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑




    Pagetop↑
    ブログ内検索
    プロフィール

    Kapok

    Author:Kapok


    個人投資家。1986年生まれのサラリーマンです。将来、資産運用で財産を築き、自由に暮らす事を夢見ています。

    ブログについて
    「資産運用について調べた事・考えたこと」をブログのメイン記事にしています。

    記事の情報の正確さには注意を払っていますが、保証はしません。投資判断は自己責任でお願いします。

    Kapok
    資産運用の方針
    資産運用は、下記の規定の範囲内で行っています。私Kapokが、どのような個人投資家であるかがよく分かるファイルになっています。

    Kapok の資産運用規定

    最近の記事・コメント

    アクセスカウンター
    ↑ポインタを合わせると、1週間のアクセス数推移が確認できます。

    Since Mar.17/2011
    Twitter
    おすすめ書籍
    ウォール街のランダム・ウォーカー 株式投資の不滅の真理
    Kapokの投資哲学に大きな影響を与えた1冊。個人投資家必読の書。

    スポンサー
    相互リンク
    資産運用全般

    株式個別銘柄投資 etc.

    投資信託 etc.

    債券・預貯金

    FX・派生商品 etc.

    その他 有価証券

    資産運用以外
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。