スポンサーサイト
    Kapok の資産運用スポンサー広告
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --.--.-- / コメント:: - / トラックバック:: - / PageTop↑

    下落後の買付 ~条件付き確率を利用した積立投資について
    Kapok の資産運用投資環境日経平均株価
    サイコロを1回投げ、3以下の目が出る確率は1/2 ですが、奇数の目が出た際にそれが、3以下の目である確率は2/3と大きくなります。このように条件が付くと確率が変わります。

    同様に金融商品を買い、積み立てるのではなく、下落した際に積み立てると(条件を付けて積み立てると)良い事が起こるでしょうか?試してみました。


    1. 日経平均株価で積み立てバックテスト


    毎月、月初の始値から何%か下がった時のみに購入する場合を考えます。下がればその分だけ割安に購入し、もしも下がらなければ購入は見送る事とします。

    1984年1月から2014年9月の369ヶ月間の日経平均株価のデータを用いて、条件付き積立投資の結果を確認しました。


    2. 結果


    jokendcave.png
    1列目:下落値 どれだけ下がった時のみ買い付けるか?
    2列目:積立回数・金額 買い付け回数は何回になったか?
    3列目:総資産 買い付けた結果、現在いくらになったか?
    4列目:損益 どれだけ増えたか?
    5列目:リターン どれくらいの比率で増えたか?



    例えば株価が2%下がった時のみ買い付けると、取得できる口数が2%程度増えるために、リターンは2%程度上がりそうです。

    このように基本的には下がった時のみ買い付けるのが良いのですが、一方で条件が厳しくなると買付機会が減り、機会損失につながるために、利益額は小さくなる場合も多そうです。

    損益とリターンとで、どちらの期待値に重きを置くか、その運用方針の違いによって、適切な買付方法は違ってくるようです。

    スポンサーサイト
    2014.10.19 / コメント:: 2 / トラックバック:: 0 / PageTop↑

    株式投資の長期運用において、想定すべき最大下落率はどの程度か?
    Kapok の資産運用投資環境日経平均株価
    銘柄分散された株式ポートフォリオで長期投資をする場合、想定すべき最大下落率はどの程度を考えておけば良いでしょうか。日経平均株価の値動きを使い、考えてみました。

    結論は「株式資産8割毀損」は想定しておく、です。


    1.データ取得と集計方法


    株価データ倉庫 ※リンク最終確認:2014/8/26

    から日経平均株価の月間騰落率を取得し、nヶ月(1≦n≦240)間の、株価の「最安値÷最高値-1」を計算し、便宜上これを最大下落率と呼びます。

    そしてそれを集計開始期間をずらしながら計算し、「最大下落率」の平均値と最大下落値を求め、プロットします。

    ※1 暴騰と暴落は現象として対称性に大差がないという予測に基づく集計です。
    ※2 使用したデータ期間は1984/1~2014/8までの20年間と8ヶ月です。


    2.結果


    結果は下図のようになります。

    n225saidaigerakuritsu.png
    ※クリックで拡大します。

    横軸が測定期間で、1目盛が1年に相当します。一番右まで見れば20年です。
    縦軸は下落率で、

    青:最大下落率の平均値
    赤:最大下落率の最大下落値

    の2つが実測値です。

    一方で緑は、月間騰落率の標準偏差σを計算し、それに √月 をかけた、比較的良く知られた理論値です。黄色はその理論値を2倍したもの(2σ)です。


    3.所感


    騰落率のσから最大下落率を想定した結果と、実測値とでは傾向に結構乖離があると思いました。1年間程度の短期では、暴落に備えて3σ程度は見ておかなければならない一方で、10年を超えるレベルでは、1σ×√月で十分そうです。

    さらに20年レベルでは、資産8割減を下限にしてあまり下がりそうになく、この程度(株式資産8割減)を想定していればまず平気であろうと考えました。

    まあバブル最高値が38,957円で、リーマンショック後底値が8,136円ですから、起こりうる下落の上限は8割程度なのでしょうね。


    2014.08.27 / コメント:: 2 / トラックバック:: 0 / PageTop↑

    日経平均株価の月別平均騰落率 ~上がりやすい季節はあるか?
    Kapok の資産運用投資環境日経平均株価
    株価動向の季節変化を調べました。日経225平均株価の月別平均騰落率を算出してみた結果、夏~秋は平均すると下がりやすく、冬~春は平均すると上がりやすい傾向がありそうだと分かりました。

    これを受け、運用方針も少し修正しようと考えています。


    1.平均騰落率分析 データの取得と処理について


    1-1. 元データの取得

    株価データは、下記のサイトから取得しました。
    1984年から2013年までの30年間の日経平均株価データを利用しました。

    株価データ倉庫
    ※リンク最終確認 2014/5/15


    1-2. 平均騰落率の集計

    月間騰落率は、下記の式で定義しました。

    騰落率=翌月始値÷当月始値-1


    この騰落率を月ごとに平均値とその誤差を計算しました。
    平均値の誤差は、

    標準偏差÷√データ数

    で定義しました。
    (騰落率分布は正規分布と比べやや異なる分布でしたが、平均値の精度を考える参考値の算出方法として、上記の式を利用しています。)


    2. 結果


    月別平均騰落率は下図のようになりました。

    nikkei225_Month_Return.png
    ※クリックで拡大します

    横軸が月、縦軸が平均騰落率です。
    エラーバーは上に書いた通り、平均値の誤差であり、騰落率標準偏差ではありません。

    強い相関ではありませんが、日経平均株価は
    夏~秋に下がり、冬~春に上がる
    という傾向がありそうだと分かります。

    ※もしも偶然下がりやすい月が固まったと考えた場合、その確率は「円順列」と「隣り合うものの順列」から、(6!×(7-1)!)÷(12-1)!=1.3%程度となります。現象の解釈としてはやや不自然ですので、偶然の結果ではなく、季節によって上がりやすい傾向・下がりやすい傾向があると考えました。


    3. Sell in Mayとその理由・解釈


    この夏から秋にかけての相場の不調は、Sell in Mayという相場格言として世界的にもよく知られている現象です。この現象の理由は、解釈として下記のものが挙げられます。

    ①夏は夏期休業により相場参加者が減少し、相場が不安定になる
    ②冬・春は新年度入りに伴う新規の買いが入る。
    ③同じく新年度は新たな業績予想が発表されるため、その期待感から買いが入りやすい。


    4. 資産運用方針への反映(どう利用していくか?)


    生粋のファンダメンタルズ信者や、インデックス投信信者(効率的市場仮説を仮定ではなく真実と考えるようなレベル)であれば、勿論この手のアノマリーは信じて利用するに値しないことでしょう。

    一方、私はファンダメンタルズ信奉を持ってはいますが、テクニカル信者でもあり、アノマリーは使っていこうと考えています。なぜアノマリーが起こるかは分からなくても、確かに存在するのであればそれを利用しない手はない、と考えます。

    そこで運用方針では
    ①夏の始めは特に、なるべく買わない(勿論、積立投資もしない)
    ②投資元本の金融商品への投資は、冬の始めに行う事を考える。
    を意識する事にします。

    ※本当に騰落率が上図の平均値の通りになると信じていれば、夏はケリー基準等を参考に、適切な比率で空売りをかますのが合理的ですが、そこまでの元気はなく、下がればリバランス買いを入れる程度で良いと思い、この方針にしました。



    最後に、
    信じる・信じない
    使う・使わない
    は、当然ですが自己責任でお願います。


    2014.05.15 / コメント:: 2 / トラックバック:: 0 / PageTop↑

    日経先物取引で、踏み上げられました・・・
    Kapok の資産運用投資環境日経平均株価
    米デフォルト回避で株価が堅調です。一方で経済が悪化すると予測し、先物を売り建てていた私は若干(5万円弱)痛い目にあいました。

    先物は、自信がある時に限り取引しているため、今まで負けた事がありませんでしたので、良い勉強になりました。

    ①先物運用をすると、為替・株の関連ニュースに敏感になる。
    ②売り建ては、心理的には結構ひやひやするため、漫然と板を見る時間が増える
    ③短期売買は、欲張らない事と早めの損切が大切

    など、今回の売買は、いろいろと運用や自分自身の心理について考える機会となりました。

    今後も実際に売買してみる事を通して、運用に関する知見と、相場に対する心の動きなどを学び、その後の運用に生かしていきたいです。

    2014.02.13 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑

    11月の日経平均株価騰落率の推移 ~11月は無難な相場が多い?
    Kapok の資産運用投資環境日経平均株価
    11月の日経平均株価の騰落率の推移を作成し、所感を投稿します。


    1. 月間騰落率推移の「元データ」と「集計方法」


    1-1. データの取得

    データは、↓のリンクから取得しました。
    株価データ倉庫(リンク最終確認:2013/10/24)


    1-2. 集計方法

    1984年から2012年までの、29年間の11月騰落率を集計しました。

    ここで騰落率は、
    騰落率=(終値-始値)÷始値

    で定義しています。


    2. 結果(11月日経平均株価の月間騰落率推移)


    nikkei225_Nov.png
    ※クリックで拡大します。

    横軸が西暦で、縦軸が11月騰落率です。


    平均値は +0.4%±1.2%
    標準偏差は 6.3%

    最大値 +9.1%(1998年)
    最小値 -16.5%(1993年)

    となります。

    ※平均値の誤差は、「標準偏差÷√サンプル数」の値を使っています。


    3. 所感


    11月日経平均株価の騰落率推移を見てみると、(1993年のように大きく下がる事もありますが、)全体としては上がった年の方が多いと分かります。平均値も+0.4%と、プラスの値になっています。

    今後の11月は、どうなるかは分かりませんが、例年通りにマイルドな相場であって欲しいものですね。

    2013.10.24 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑




    Pagetop↑
    ブログ内検索
    プロフィール

    Kapok

    Author:Kapok


    個人投資家。1986年生まれのサラリーマンです。将来、資産運用で財産を築き、自由に暮らす事を夢見ています。

    ブログについて
    「資産運用について調べた事・考えたこと」をブログのメイン記事にしています。

    記事の情報の正確さには注意を払っていますが、保証はしません。投資判断は自己責任でお願いします。

    Kapok
    資産運用の方針
    資産運用は、下記の規定の範囲内で行っています。私Kapokが、どのような個人投資家であるかがよく分かるファイルになっています。

    Kapok の資産運用規定

    最近の記事・コメント

    アクセスカウンター
    ↑ポインタを合わせると、1週間のアクセス数推移が確認できます。

    Since Mar.17/2011
    Twitter
    おすすめ書籍
    ウォール街のランダム・ウォーカー 株式投資の不滅の真理
    Kapokの投資哲学に大きな影響を与えた1冊。個人投資家必読の書。

    スポンサー
    相互リンク
    資産運用全般

    株式個別銘柄投資 etc.

    投資信託 etc.

    債券・預貯金

    FX・派生商品 etc.

    その他 有価証券

    資産運用以外
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。