FC2ブログ
    リーマン・ショック後のドル/円為替相場 ~円高要因は何であったか?
    Kapok の資産運用投資環境為替
    米債務上限引き上げ交渉が難航しています。
    米国債がデフォルト(債務不履行)した場合、世界経済の大きな混乱が予想されます。
     
    「リーマン・ショックの再来」も俄かに現実味を帯びてきました。
    今後のリスクについて考えるため、今日はリーマン・ショックの時の事、特に為替について、思い出してみます。
     
     
    1.2008年の金融危機では、円高が進行
     
    以前、ブログで記事にしたのですが、リーマン・ショックでは急激な円高が進みました。
    >> 2008年9月15日に1ドル104.8円であった米ドル為替相場は、
    >> 2008年12月17日には87.1円になっている。
    >> わずか3ヶ月の間に、17%も円高が進行したと計算できる。
    17%の円高、かなりですね。
    例えば2011年7月27日現在、1ドル78円ですが、これを基準に17%の円高となると、1ドル65円です。
    このことからも、どれだけ激しい円高であったのかが実感できます。
     

    ↓ リーマン・ショック後の為替チャート(クリックすると大きく表示されます)

    Lehmanypd2.png
     


    2.種々の円高要因
     
    これだけの円高が進んだのには、いくつか要因があります。
    思い出せるものを書いていきます。
     
    i ) 利下げ余地の少なさ
     
    金融危機を受け、諸外国は利下げを実施し、お金が市場に回るような政策を実施しました。
    利下げされた国の通貨を持っていても、金利が低いわけですから、なかなか殖えなくなります。
    このため、利下げされた国の通貨は売られ、その通貨の価値は目減りしていきます。
     
    ところが日本はもともと超低金利で、これ以上の利下げができない状態でした。
    このため、利下げが繰り返される諸外国通貨が売られ続ける一方で、これ以上の利下げできない日本円に、マネーが集まりました。
     
    ii ) デフレによる、実質的な高金利
     
    日本はデフレの国です。
    デフレはモノの価値が下がり、お金の価値が上がる現象です。
    帳簿の上では低金利で殖えませんが、実質的にはお金の価値が上がるため、外国人投資家にとっては高金利通貨に見えます。このため、円が買われました。
     
    iii ) リスクマネー還流
     
    金融危機では、世界中で株安・債券安が同時に進行しました。
    これにより、リスク資産への投資が極めて難しい環境となり、リスク資産を手仕舞った国内の投資家が資産を国内に引き上げる際の円買いにより、円高が進行しました。
     
    iv) 世界と比較して混乱の少ない日本の金融システム
     
    日本企業はバブル崩壊後、比較的健全な体質となっており、世界各国の混乱程、日本は混乱しないとの予想から、消去法的に円が買われました。
     
     
     
    3.所感
     
    リーマン・ショック前と、現在、状況が似ている気もします。
    米国債がデフォルトした場合、リーマン・ショック時同様の要因で、円高、進むでしょうね。
     
    言わずもがなですが、外国資産への投資は、為替リスクにも注目が必要です。
     



    関連記事:阪神大震災後の日経平均株価チャート
    カテゴリ:為替
    トップページ:Kapok の資産運用


    2011.07.27 / コメント:: 2 / トラックバック:: 0 / PageTop↑

    米国9・11同時多発テロ事件後の円/ドル為替相場チャート
    Kapok の資産運用投資環境為替
    国際テロ組織アルカイダの指導者「ウサマ・ビンラディン」容疑者が殺害されたことを受け、報復テロへの警戒感が出、為替相場にも少なからず影響が出ているようです。

    さて、米国でテロが起きた時、為替相場はどうなったのでしょう。
    同時多発テロがあった、2001年9月11日以降の為替チャートを作ってみました。

    911ypd.png

    テロ前日の2001年9月10日には、1ドル121.04円だった為替ですが、その10日後の2001年9月20日には1ドル115.83円を付けています。4.3%の円高ですね。その後円安に振れた事から、ドルに関しては、この手の有事では結局売られていないことが分かります。

    米ドル為替は、テロよりも、経済政策・経済危機の影響を大きく受けるようです。
    2011.05.05 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑

    日本国債、格付け見通しを格下げ ~為替・金利・物価・そして復興は?
    Kapok の資産運用投資環境為替
    毎日jp 2011年4月27日の記事から引用します。
    (引用元:http://mainichi.jp/select/today/news/20110428k0000m020057000c.html

    -------引用ここから--------
    米大手格付け会社スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)は27日、日本国債の格付け見通しを「安定的」から、格下げの可能性が強いことを示す「ネガティブ」に引き下げたと発表した。東日本大震災の復興費などで日本の財政が一段と悪化する可能性があると判断した。
    -------引用ここまで--------

    日本の財政悪化が、指摘された形になりました。
    2011年4月28日0時の段階では、為替は前日比 +1.20 円の円安、に振れています。
    まあ、円が売られてもおかしくないですよね。

    さて、日本の財政破綻への懸念が大きくなった場合、どんな影響があるのでしょうか。
    昨日紹介した論文に、影響についての考察がありました。
    (論文:http://www.esri.go.jp/jp/archive/e_dis/e_dis250/e_dis250.pdf


    >> 日本政府の抱える債務の償還能力に対して疑念が生じ始め、国際資本市場においては日本国債のリスクプレミアムが上乗せされ、政府だけなく民間企業の復興資金についても高い利回りを要求されることとなった。

    金利は、国債のみでなく、公社債も含め、上昇へと向かうようです。


    >> また、日本国債のリスクプレミアムは円安をもたらし、復興に必要な資材価格の上昇を招くこととなった。

    為替は円安、(資材価格上昇により、)復興は困難になることが予想されます。


    >> 建設業を中心とした資材価格や賃金の上昇が発生し、国内の物価水準が上昇することとなる。

    物価水準上昇の可能性が指摘されています。


    >> 震災復興が進まず国内の供給能力が制約されることから、輸出はそれほど伸びず、国内総需要は低迷する。すなわち、日本経済は震災をきっかけとして、物価水準の上昇とGDP の低迷というスタグフレーションに陥ることとなる。

    結果として、日本経済の低迷が予想されています。



    復興、どうなるでしょうね。
    日本株式・債券の保有は、より慎重にする必要がありそうです。
    2011.04.28 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑

    リーマン・ショック後の「円/ドル為替相場」 ~円高進行の程度は?
    Kapok の資産運用投資環境為替
    リーマン・ショック後の「円/ドル為替相場」のチャートを作ってみた。

    Lehmanypd2.png

    2008年9月15日に1ドル104.8円であった米ドル為替相場は、
    2008年12月17日には87.1円になっている。
    わずか3ヶ月の間に、17%も円高が進行したと計算できる。

    一般的に、世界経済が停滞すると、マネーは円に向かうことが多い。
    その要因として、
    ①利下げ余地の少なさ
    ②デフレによる、円の実質的価値上昇への期待
    ③国内投資家による、手仕舞った海外リスク資産の換金
    ④以上を踏まえた投機的な動き
    が挙げられる。

    今回、東日本大震災に起因して、世界経済が停滞、
    リーマンショックと同様の強烈な円高を引き起こすとは限らない。

    しかしながら海外資産を運用するならば、
    このような円高のリスクを把握しておく必要がある。


    関連記事:阪神大震災後の「円/ドル為替相場」の推移
    カテゴリ:為替
    トップページ:Kapok の資産運用
    2011.03.18 / コメント:: 4 / トラックバック:: 0 / PageTop↑

    阪神大震災後の「円/ドル為替相場」の推移
    Kapok の資産運用投資環境為替
    阪神大震災後の、「円/ドル為替相場」の推移のチャートを作ってみた。

    sinsaidy2.png

    震災当日の1995年1月17日は1ドル99.1円で引けた円ドル為替相場だが、
    およそ3ヶ月後の4月19日には、1ドル79.75円と、およそ20%の円高と、
    急な円高が進行している。

    円高要因は
    ①被災した企業の海外資産売却による、現金確保に起因する円買い。
    ②保険会社の保険金支払いのための円買い。
    ③同時に進行した日本株安に伴う、リバランス資金調達のための円買い。
    等であろうか。

    今回の東日本大震災でも、同様の動きをするとは限らないが、
    海外投資をする投資家は、20%の円高のリスクを認識したうえで、
    資産運用をする必要がある。


    関連記事:阪神大震災後の日経平均株価チャート
    カテゴリ:為替
    トップページ:Kapok の資産運用
    2011.03.15 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑




    Pagetop↑
    ブログ内検索
    プロフィール

    Kapok

    Author:Kapok


    個人投資家。1986年生まれのサラリーマンです。将来、資産運用で財産を築き、自由に暮らす事を夢見ています。

    ブログについて
    「資産運用について調べた事・考えたこと」をブログのメイン記事にしています。

    記事の情報の正確さには注意を払っていますが、保証はしません。投資判断は自己責任でお願いします。

    Kapok
    資産運用の方針
    資産運用は、下記の規定の範囲内で行っています。私Kapokが、どのような個人投資家であるかがよく分かるファイルになっています。

    Kapok の資産運用規定

    最近の記事・コメント

    アクセスカウンター
    ↑ポインタを合わせると、1週間のアクセス数推移が確認できます。

    Since Mar.17/2011
    Twitter
    おすすめ書籍
    ウォール街のランダム・ウォーカー 株式投資の不滅の真理
    Kapokの投資哲学に大きな影響を与えた1冊。個人投資家必読の書。

    スポンサー
    相互リンク
    資産運用全般

    株式個別銘柄投資 etc.

    投資信託 etc.

    債券・預貯金

    FX・派生商品 etc.

    その他 有価証券

    資産運用以外