スポンサーサイト
    Kapok の資産運用スポンサー広告
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --.--.-- / コメント:: - / トラックバック:: - / PageTop↑

    ビッグマック指数(The Big Mac index) ~為替比較ツールのサイト
    Kapok の資産運用投資環境為替
    ビッグマック指数のウェブサイトが、私が以前閲覧した2011年9月と比べて大きく変わり、分かりやすく、興味深い機能が追加されていました。

    ビッグマック指数について紹介し、サイトへのリンクを貼っておきます。


    1. ビッグマック指数とは?


    マクドナルドのビッグマックは、全世界、ほぼ同一の品質で販売されています。ビックマック指数は「品質が同じなら、値段も基本的に同一であるはずだ」という考え(purchasing-power parity )に基づき、為替水準を考える参考にするための指数です。

    すなわち
    ある国のビッグマックが、安い→通貨が安い(過小評価)
    ある国のビッグマックが、高い→通貨が高い(過大評価)

    と解釈します。


    2. ビッグマック指数の取得


    値は下記のサイトで取得できます。
    The Big Mac index(economist.com)


    サイトでは、下図の様なグラフ・表を閲覧できます。
    bigmacindex2014.png
    ※クリックで拡大します

    左上のSelect base currency で、基準とする通貨を選択できます。米ドルだけではなく、日本の円を基準に、通貨の強さを考える事ができるようになっています。

    左下のチャートでは、指数の長期的な推移が確認でき、傾向を見られるようになっています。


    参考までに2011年のスクリーンキャプチャを貼っておきます。今のサイトの方が直感的にも分かりやすく、便利になっているように思います。
    bigmacindex.png
    ※クリックで拡大します



    この記事は、2011年9月3日に投稿したものを、2014年11月19日に加筆・修正して再投稿しています。

    スポンサーサイト
    2014.11.19 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑

    米ドル月間騰落率分布を作成 〔1990年1月~2012年1月〕 
    Kapok の資産運用投資環境為替
    円/米ドル 為替の月間騰落率分布を作成しました。

    [続きを読む]


    2012.02.25 / コメント:: 2 / トラックバック:: 0 / PageTop↑

    米国9・11同時多発テロ後の「ドル/円為替相場チャート」
    Kapok の資産運用投資環境為替
    2001年9月11日に米国で同時多発テロ事件が起こりましたが、その時、ドル/円為替相場は、どう動いたのでしょう。チャートを作成してみました。 (※この記事は、以前書いた記事の焼き直しです。)

    [続きを読む]


    2011.09.11 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑

    東日本大震災後の「円/ドル為替チャート」
    Kapok の資産運用投資環境為替
    この記事は、下記に移転しました。

    東日本大震災前後における、米ドル/円の為替相場チャート 乱高下とその要因

    2011.08.23 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑

    政府・日銀による「ドル買い・円売り為替介入 20110804」 為替チャート
    Kapok の資産運用投資環境為替
    本日2011年8月4日、政府・日銀による「ドル買い・円売り為替介入」が行われました。
    これにより、3円程度の円安・ドル高が進行、為替チャートでもその値動きの激しさが確認できます。ということで、記念にスクリーンキャプチャをしておきます。

    ※クリックで拡大
     kawasekainyu.png

    チャート出所: http://www.gaitame.com/market/chart.html (2011年8月4日)


    1.介入実施に至るまで

    米政府財政不安により、米国債格下げが懸念される中、比較的安全な資産である日本円に買いが集中し、急激な円高が進行(7月8日 1ドル81円 → 7月29日 1ドル76円台)、円高は国内の輸出企業の収益に深刻な影響を与える可能性があるため、為替介入の実施が決定されました。


    2.今回の介入の特徴

    i ) 単独介入

    事前に米国と協調介入を打診したものの、単独介入となりました。

    ii ) サプライズ性

    介入は、金融政策決定会合後に行われるという市場予想に反し、この会合を前倒しにし、為替介入。これにより市場にサプライズを与え、効果的な介入となりました。


    3.効果の持続性について

    あまり期待はされていない様子です。
    そもそも、円高要因である米財政不安は払拭されておらず、また米景気の減速を示す指標が発表されれば、ドル売りが行われ、介入の効果を打ち消すという指摘もあります。


    4.所感

    ドル買い介入で買ったドルは、米国債で運用されるのでしょうが、米国債の値下がり懸念もありますし、外貨準備の毀損を通し、日本の資産が減っていくことが心配です。介入による円安は一時的でしょうし、それで企業はほっと一息かもしれませんが、その逆に国家が傾く可能性が一段と増えるため、今回の介入はなんだか違和感がありました。
    2011.08.05 / コメント:: 2 / トラックバック:: 0 / PageTop↑




    Pagetop↑
    ブログ内検索
    プロフィール

    Kapok

    Author:Kapok


    個人投資家。1986年生まれのサラリーマンです。将来、資産運用で財産を築き、自由に暮らす事を夢見ています。

    ブログについて
    「資産運用について調べた事・考えたこと」をブログのメイン記事にしています。

    記事の情報の正確さには注意を払っていますが、保証はしません。投資判断は自己責任でお願いします。

    Kapok
    資産運用の方針
    資産運用は、下記の規定の範囲内で行っています。私Kapokが、どのような個人投資家であるかがよく分かるファイルになっています。

    Kapok の資産運用規定

    最近の記事・コメント

    アクセスカウンター
    ↑ポインタを合わせると、1週間のアクセス数推移が確認できます。

    Since Mar.17/2011
    Twitter
    おすすめ書籍
    ウォール街のランダム・ウォーカー 株式投資の不滅の真理
    Kapokの投資哲学に大きな影響を与えた1冊。個人投資家必読の書。

    スポンサー
    相互リンク
    資産運用全般

    株式個別銘柄投資 etc.

    投資信託 etc.

    債券・預貯金

    FX・派生商品 etc.

    その他 有価証券

    資産運用以外
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。