スポンサーサイト
    Kapok の資産運用スポンサー広告
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --.--.-- / コメント:: - / トラックバック:: - / PageTop↑

    見せ玉・見せ板による株価操作について
    Kapok の資産運用投資手法用語説明
    売買意思の無い大きな注文を出し、株価を有利な方向へと誘導する「見せ玉(みせぎょく)」「見せ板(みせいた)」と呼ばれる技があります。

    ※大きな資金が無ければ注文そのものができませんし、そもそも実際の株式売買では、このような注文は法律で禁止されています

    以下、仮想市場での株価操作のお話です。
    (画像も仮想市場の板情報です。)


    1. 大量の注文での株価誘導


    1-1. 買い注文で高値へ誘導

    大量の買い注文を出せば、板を見た人が、「株を欲しがる人が多いために株価が上がる」と考え注文を出すため、株価が上がりやすくなります。

    株価が上がったタイミングで、事前に仕込んだ株を売れば、高値で売却ができます。

    下記の画像は、大量の買い注文により、株価を高値に誘導する様子です。保有株を190円以上の高値で売るために、大量の買い注文を出しています。

    ※クリックで拡大します。
    misegyokuB.png


    1-2. 売り注文で安値へ誘導

    大量の売り注文を出せば、板を見た人が、「株を売りたがっている人が多いために株価が下がる」と考え注文を出すため、株価が下がりやすくなります。

    株価が下がったタイミングで、欲しかった株を拾い集めれば、安値で株の買付ができます。

    下記の画像は、大量の売り注文により、株価を安値に誘導する様子です。180円以下の安値で買うために、大量の売り注文を出しています。

    ※クリックで拡大します。
    misegyokuS.png

    1-3. 買い注文・売り注文でボックス相場形成

    大量の買い注文と、大量の売り注文があれば、株価はその間を動きやすくなります。高くなって来れば売り、安くなって来れば買いを繰り返し、相場をコントロールできれば、安値買い高値売りによる収益確保が実現します。

    下記の画像は、大量の買い注文と売り注文により、ボックス相場に誘導する様子です。見せ玉を行う人は、180円以下の安値で買い、190円以上の高値で売る事を繰り返す事を目論んでいます。

    ※クリックで拡大します。
    misegyokuR.png


    2. 見せ玉・見せ板をするリスク


    2-1. 思い通りに株価が動かないリスク

    市場参加者が賢かったり、勘が鋭く、見せ玉が見抜かれた場合等は、株価は思い通りの方向に動きません。誘導したい方向と逆に株価が動いた場合は、損をする事になります。


    2-2. 売買意思がない注文が約定するリスク

    株価誘導のために出した、売買意思がない大量の注文が約定してしまうリスクがあります。この場合、後々反対売買が必要になってきますが、有利な条件での反対売買ができない事があります。



    余談①:

    板によっては、見せ玉によって、大量の注文の隠蔽ができる場合があります。

    BEFORE(見せ玉を出す前):
    高く株を売りたいが、既に大量の売り注文があり、株価が下落してしまう可能性がある。
    misegyokuS.png
    ※クリックで拡大します。


    AFTER(見せ玉を出した後):
    売り注文を少しずつ、新規で差し込んだ。この事で、大量の売り注文が表示圏外に追いやる事ができた。市場参加者には、売り注文が少なくなったように見えるため、高値で売りやすくなる。
    misegyokuN.png
    ※クリックで拡大します。



    余談②:

    見せ玉を出して遊べる自前の仮想証券売買サイトです。
    画像はこのサイトから取得しました。

    Kapokの「仮想証券取引所」

    スポンサーサイト
    2015.02.27 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑

    インデックスファンドの運用手法(完全法・準完全法・最適化法・層化抽出法)
    Kapok の資産運用投資手法用語説明
    インデックスファンドは、指数(ベンチマーク)に連動した運用成績となるように金融商品を選択し、保有します。この選択方法として「完全法」「準完全法」「最適化法」「層化抽出法」の4種類がSMTのサイトで紹介されていました。それぞれまとめ、記事にします。


    1. 完全法


    ベンチマークを構成する全ての銘柄を、ベンチマークの比率に合わせて保有します。指数との連動性は高いですが、対象銘柄を決められた比率で購入するために、多くの資金が必要になります。

    日経225平均株価やREIT指数など、指数構成銘柄数が多くはなく流動性もある指数に連動する運用成績を目指すインデックスファンドは、この手法を採用する事が多そうです。


    2. 準完全法


    完全法をベースに信用リスクの高い銘柄等を除外してポートフォリオを構築します。信用リスクの高い銘柄を除外する事で運用の健全さは増しますが、その一方で指数との連動性は低くなります。

    TOPIXやMSCI-kokusai指数など、時価総額型の株価指数に連動するインデックスファンドは、この方法を採用する事が多そうです。


    3. 最適化法


    ベンチマークとの連動性を保てるように一部の銘柄を抽出しポートフォリオを構築する方法です。少ない資金・少ない銘柄数でベンチマークとの連動が可能ですが、その一方でベンチマークとの乖離が完全法と比べ大きくなる事もあります。

    MSCI エマージング・マーケット指数のように、構成銘柄数が多い上に、流動性等の問題から購入が難しい銘柄が含まれている指数に連動するインデックスファンドは、この方法を採用する事になりそうです。

    4. 層化抽出法


    ベンチマーク構成銘柄を特定のグループに分類し、各グループから銘柄を抽出してポートフォリオを構築する方法です。ベンチマークの構成銘柄の一部を抽出するために、少ない資金・少ない銘柄数でベンチマークとの連動が可能ですが、その一方でベンチマークとの乖離が完全法と比べ大きくなる事もあります。

    債券指数など、銘柄数が多く、グループ内の各銘柄の値動きは似ている指数に連動するインデックスファンドは、この方法を採用する事が多そうです。



    参考記事:
    http://www.smtam.jp/special/smt_index_sbi/pdf/column03.pdf(完全法・準完全法)
    http://www.smtam.jp/special/smt_index_sbi/pdf/column04.pdf(最適化法)
    http://www.smtam.jp/special/smt_index_sbi/pdf/column05.pdf(層化抽出法)
    リンク最終確認:2014/4/17

    2014.04.17 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑

    CPI(汚職指数/腐敗認識指数)について
    Kapok の資産運用投資手法用語説明
    CPIといえば統計局の消費者物価指数をまず連想しますが、「汚職指数」なる指標もTransparency Internationalという機関により、集計・公開されています。


    1. CPIはどのような指数か?


    CPIはCorruption Perceptions Index の略で、腐敗認識指数や汚職指数と訳されている指数です。公務員と政治家の職権乱用・秘密の取引・収賄などの程度を、複数の機関の調査結果を統計処理して算出される指数です。

    0点から100点まであり、100点に近いほどクリーンです。


    2. 結果(抜粋 2013年版)


    ※クリーンな順に並んでいます

    1位:デンマーク
    1位:ニュージーランド
    3位:フィンランド
    3位:スウェーデン
    5位:ノルウェー
    5位:シンガポール



    15位:香港
    18位:日本
    19位:米国



    46位:韓国



    80位:中国



    102位:タイ



    114位:インドネシア

    116位:ベトナム



    127位:ロシア



    175位:北朝鮮


    3. 参照・詳細


    元データは下記のリンクから取得しました。
    1位から175位までの全データは下記のリンクから閲覧できます。

    Corruption Perceptions Index 2013
    ※リンク最終確認:2014/3/10


    4. 所感


    アンケートの内容や調査方法については私は詳細未確認のためなんとも言えませんが、それっぽい結果になっているように見えます。外国株個別銘柄投資をする際は、参考にしたい指標だと思いました。

    2014.03.10 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑

    CPPI(constant proportion portfolio insurance)とは?
    Kapok の資産運用投資手法用語説明
    CPPI(constant proportion portfolio insurance)と呼ばれるポートフォリオ戦略について調べてみました。


    CPPIはポートフォリオ金額のフロアー(下限)と乗数を予め設定しておき、ポートフォリオ金額とフロアーの差額(クッション=損失許容額)に乗数を掛けることで株式投資額を、株式投資額をポートフォリオ金額で割ることで株式ウェイトを決定する方法である

    cppiimage.png
    ※クリックで拡大します。

    引用・参照:ダイナミック・ヘッジ活用とポートフォリオ管理について(pdfの3枚目)



    このようなポートフォリオの作り方もあるようです。
    使うかどうかは別として、おもしろいものだと思います。

    このポートフォリオ戦略の特徴を、思いついた順に挙げてみます。
    ①事前にパラメータをセットするシステマティック型運用
    ②株価が上がれば上がるほど、株式投資額が増える順張型
    ③株価が下がると、株式への投資額が減るために、損失額は限定される。
    ④buy&holdも、一種のCPPI。(F=0,m=1の場合)



    2013.11.26 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑

    PER(株価収益率)の定義とその活用法について
    Kapok の資産運用投資手法用語説明
    PERと呼ばれる株価指標についてまとめます。


    1. PERの定義・主な利用方法


    PERは株価収益率とも呼ばれ、その名の通り、株価と利益との比率で定義されています。計算式は下記になります。

    PER = 株価 ÷ 1株当たりの当期純利益 ・・・①

    数式の通り、PERは株価に比例しますので、PERが高ければ株価は高い水準にあり、PERが低ければ株価は安い水準にあると考える事ができます。このため、PERは株の「割安さ」を測る指標として利用されています。

    PERは「15倍」程度が適正水準と言われており、これより高ければ割高、安ければ割安です。ただし、後述する通り例外もあります。


    2. PERの値の取得


    2-1 検索エンジンからPERの値を取得

    PERは簡単に取得できます。例えば検索エンジンで「ハウス食品 株価」のように、PERを調べたい銘柄を検索すると、下図のような情報サイトにたどり着き、PERの値を取得できます。

    PERの取得:ハウス食品での例
    ※クリックで拡大します。
    ※参照:日本経済新聞>日経会社情報>ハウス食品 (画像取得:2013/4/1)



    2-2 企業のホームページから取得した値を用いて、PERを計算

    PERは「株価」と「1株利益」が分かれば計算できます。つまり企業のプレスリリース等から1株利益の値を見つけ、PERの値を計算する事ができます。

    これができますと、企業のサイトが更新された直後に、鮮度の高いPERの値を取得する事が可能です。また、1株利益について適切な補正計算を入れ、より信頼のできる値にして利用する事も可能になります。


    2-3 参考:PERの別名

    PERは、「株価収益率」とも呼ばれます。「price earnings ratio」と略さずに表現されている事もあります。「Price–earnings ratio」だったり「price-to-earnings ratio」だったり、「P/E」 もしくは「PE」と略したり「P/E ratio」としているサイトもあります。

    PERを調べる際、これらの単語を知っていると便利です。


    3. PERの種別・計算方法のバリエーション


    3-1 別のPER計算方法

    ①式の右辺の分子と分母に発行済株式数を掛けて

    株価収益率 = 時価総額 ÷ 当期純利益 ・・・②

    と変形、これらの値を用いてPERの値を求める事もできます。


    3-2 予想PERと実績PER

    PERは、過去の利益を用いて計算した「実績PER」と、予想される将来の利益を用いて計算した「予想PER」とがあります。利益水準は変化するものですから、どの時点の利益を用いて計算したPERなのかを、意識しておく必要があります。

    また、いつ発表された利益を用いているのかも、注意が必要になります。業績もしくは業績予想が、上方修正・下方修正されている場合、その前後で1株利益は変化しますので、「発表前の利益で計算したPERか」「発表後の利益で計算したPERか」を気にする必要があります。


    4. PERの性質・活用法


    4-1 高成長株は高PER

    理論的には、適正株価はざっくりと下の式で表されます。

    株価 = 1株あたりの純資産 + 将来得られる利益の総和(1株あたり) ・・・③

    これによると、高成長株は将来大きな利益が期待できるため、株価は高めになります。現在の利益水準と比較しても、株価は高めです。これらの事を①式に適応すると、PERが高めに算出される事が分かります。すなわち「割高でないけれども高PER」という事態が起こります。

    高成長株は、高PERである事が自然です。


    4-2 逆に高PER株は高成長株

    「高成長株は高PER」ならば、その逆に「高PERの銘柄は高成長株だ」と考える事もできます。これを利用して、高PER銘柄を探す事で、高成長株を検索する事もできます。

     
    2013.04.01 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑




    Pagetop↑
    ブログ内検索
    プロフィール

    Kapok

    Author:Kapok


    個人投資家。1986年生まれのサラリーマンです。将来、資産運用で財産を築き、自由に暮らす事を夢見ています。

    ブログについて
    「資産運用について調べた事・考えたこと」をブログのメイン記事にしています。

    記事の情報の正確さには注意を払っていますが、保証はしません。投資判断は自己責任でお願いします。

    Kapok
    資産運用の方針
    資産運用は、下記の規定の範囲内で行っています。私Kapokが、どのような個人投資家であるかがよく分かるファイルになっています。

    Kapok の資産運用規定

    最近の記事・コメント

    アクセスカウンター
    ↑ポインタを合わせると、1週間のアクセス数推移が確認できます。

    Since Mar.17/2011
    Twitter
    おすすめ書籍
    ウォール街のランダム・ウォーカー 株式投資の不滅の真理
    Kapokの投資哲学に大きな影響を与えた1冊。個人投資家必読の書。

    スポンサー
    相互リンク
    資産運用全般

    株式個別銘柄投資 etc.

    投資信託 etc.

    債券・預貯金

    FX・派生商品 etc.

    その他 有価証券

    資産運用以外
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。