スポンサーサイト
    Kapok の資産運用スポンサー広告
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --.--.-- / コメント:: - / トラックバック:: - / PageTop↑

    毎月分配型投資信託 分配金再投資による平均取得価額吊り上げで節税?
    Kapok の資産運用投資対象投資信託
    投資信託の分配金再投資の効果についてはさまざまな議論がありますが、分配金再投資による平均取得価額への影響は少なくはありません。

    この平均取得価額に関連して、支払う税金の違いにより、分配型の投資信託を選択し分配金を再投資した方が、無分配型を選択した時よりもパフォーマンスが良くなる例を挙げてみます。


    1. シミュレーション


    1-1 設定

    基準価額が下表①~⑥のように推移した、分配型投信と無分配型投信とを比較し、考えます。分配金の扱いや再投資など、詳細は後述します。インカムゲイン(IG)・キャピタルゲイン(CG)への課税はともに20%だとします。

    maitsukibunpai_saitoshi_return.png
    ※クリックで拡大します。


    1-2 毎月分配型の値動きと課税後リターン

    ①~③:
    10,000円で10,000口買付けた投資信託は、③の分配前に基準価額が16,000円に値上がりし、含み益は6,000円になります。

    ④:
    分配金を2,000円出しました。このうち20%が課税され、残りの1,600円を受け取る事になります。この時点で、③で6,000円であった含み益は、4,000円の含み益と、1,600円の確定利益へと変わります。なお、分配金が出た事で投信の基準価額は2,000円だけ下がります。

    ⑤:
    受け取った1,600円の分配金を再投資します。基準価額が14,000円ですから、1,143口を買い付ける事ができます。基準価額が最初の10,000円より高い時に買付けた事によって、平均取得価額は410円上がり、10410円になります。

    ⑥:
    最後は少し値下がりした所で手仕舞いです。この時点で2,886円の含み益でしたが、20%課税され、2,309円の利益を確定します。確定利益は、④の1,600円と合わせて3,909円になります。


    1-3 無分配型の値動きと課税後リターン

    ①~③:
    分配型と同じです。

    ④・⑤:
    分配金を出さないため、投資信託の基準価額は下がらずに16,000円と高いままです。分配金を再投資しないため、平均取得価額は10,000円で低いままです。

    ⑥:
    分配型と同じ比率で、少し値下がりした所で利益を確定します。基準価額が高く平均取得価額が低いため、課税前利益は4,857円です。(分配型の2,886円と比べて大きくなります。)このため、分配型よりも多くの課税をされ、課税後のキャピタルゲインは3,886円で、これが確定利益になります。


    2. 分配型と無分配型との利益比較


    以上まとめますと、投資家が得られる課税後の利益は、
    分配型: 3,909円
    無分配型: 3,886円
    です。

    分配型の方が、23円多くの利益が得られています。

    このように、分配金再投資には、
    ①分配金が出る事による、投資信託の基準価額下落効果
    ②平均取得価額吊り上げ効果

    がある場合があります。この際は、キャピタルゲイン課税を低く抑えることができるために、無分配型の投資信託よりも課税後パフォーマンスが良くなる事があります。


    3. 機会損失の考え方を用いた、別の視点での見え方


    機会損失の考え方を用いれば、もう少しすっきりと考える事ができます。

    分配型は④で400円課税されて運用額が減っています。本来は複利効果の原資になる400円ですが、今回のパターンでは⑤から⑥にかけて値下がりしていますので、複利効果はマイナスです。

    以上から、複利効果の機会損失の大きさは、20%のキャピタルゲイン課税を加味して
    400×{ (13,000-14,000)/14,000 }×(1-20%) = -23 円

    以上の計算から、分配型と無分配型との運用パフォーマンスの差分である23円が出て来ます。



    注意)
    この記事は、投資信託を用いた資産運用における、基準価額や平均取得価額と課税額に関する考察の一つとして投稿しています。毎月分配型投信での資産運用を推奨しているわけでありません。


    スポンサーサイト
    2014.06.18 / コメント:: 12 / トラックバック:: 0 / PageTop↑

    新興国株式インデックスファンド組み入れ上位10銘柄(2014年1月)
    Kapok の資産運用投資対象投資信託
    数年後に眺めてみるときっと面白いと思い、新興国株式インデックスファンドの組み入れ銘柄をスクリーンキャプチャしました。今回は、SMT新興国株式インデックスファンド(連動指数:MSCI エマージング・マーケット・インデックス(円換算ベース))のレポートで組入れ銘柄を調べました。

    sinkokoku201402.png
    ※クリックで拡大します。
    ※引用元はSMT新興国株式インデックスファンドの2014年1月31日付の月次レポートです。



    錚々たる大企業が並んでいます。

    1位サムスン電子・10位現代自動車は、韓国の大企業ですね。4位China Mobile(中国移動)・5位ガスプロムは新興国株式ファンドの運用報告書に、昔から良く載っていて、顔なじみです。

    2位のTaiwan Semiconductor Manufacturingは、何の事かと思いましたが、TSMCの事のようでした。


    2014.02.26 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑

    eMaxisバランス(8資産均等型) 運用総額30億円突破
    Kapok の資産運用投資対象投資信託
    低コストバランスファンドの「eMaxisバランス(8資産均等型)」の運用総額が2014年1月16日に30億円を突破していました。2013年に入ってから、いい感じに資金が流入している様子です。


    1. 運用規模推移(資金流入について)


    emaxis8_30oku.png
    ※クリックで拡大します。
    ※画像取得:eMAXIS バランス(8資産均等型) 2014/1/19



    2. メリットの多いファンド


    ①逆張派にうれしい「コンスタントミックスのアセット・アロケーションで運用」
    ②国内外の株・債券・不動産(REIT)に幅広く分散投資
    ③低コスト→高パフォーマンスに繋がりやすい

    など、多くの良い所があるファンドです。運用規模も大きくなり、運用も安定していそうですので、私もそろそろ何かの機会に買付をして行こうと思っています。




    2014.01.19 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑

    China Water Affairs(855.HK) は、どのような銘柄か?
    Kapok の資産運用投資対象外国株
    私が保有している中国株のChina Water Affairs について、調べた事を紹介します。(情報は2014年1月現在のものです。)


    1. どのような銘柄か?


    China Water Affairs Group Limitedは、中国本土において水ビジネスを展開する会社です。上水・下水やそのインフラを手広く扱っているようです。ビジネスの概要については、下記のページに載っています。なお、2013年9月30日までの中間決算等を併せて読んでみますと、このグループの収益は特に、上水に関する収益が大部分を占めているようです。

    参照:
    Business Scopes > Operating Model
    Intrim Report 2013/14 
    ※リンク最終確認:2014/1/16


    2. 保有する理由と今後について


    景気動向に左右されにくい安定成長銘柄と思い、私はこの銘柄を保有をしています。しばらくは売る予定もなく、長期保有銘柄にしようと考えています。


    2014.01.16 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑

    投資家にとって、「良い証券市場」であるための条件は?
    Kapok の資産運用投資対象外国株
    私を含め多くの個人投資家は、普段何気なく市場で株式売買をしており、気に留める事もないと思いますが、「望ましい市場」の条件は、探せば出て来ます。

    ・情報(ASKやBIDの等)が、早く正確に出てくる事
    ・流動性が高く、時価に近い値段で取引できる事
    ・低い売買コスト(為替手数料や売買手数料等)
    ・新しい情報がすぐに織り込まれ、なくべく正しい値段で売買される事

    特に、新しく外国株個別銘柄投資をする際などは、これらの事を気に留めておきたいと思いました。



    参考:What is a Market?(Financial Education) リンク確認:2013/12/17

    2013.12.17 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑




    Pagetop↑
    ブログ内検索
    プロフィール

    Kapok

    Author:Kapok


    個人投資家。1986年生まれのサラリーマンです。将来、資産運用で財産を築き、自由に暮らす事を夢見ています。

    ブログについて
    「資産運用について調べた事・考えたこと」をブログのメイン記事にしています。

    記事の情報の正確さには注意を払っていますが、保証はしません。投資判断は自己責任でお願いします。

    Kapok
    資産運用の方針
    資産運用は、下記の規定の範囲内で行っています。私Kapokが、どのような個人投資家であるかがよく分かるファイルになっています。

    Kapok の資産運用規定

    最近の記事・コメント

    アクセスカウンター
    ↑ポインタを合わせると、1週間のアクセス数推移が確認できます。

    Since Mar.17/2011
    Twitter
    おすすめ書籍
    ウォール街のランダム・ウォーカー 株式投資の不滅の真理
    Kapokの投資哲学に大きな影響を与えた1冊。個人投資家必読の書。

    スポンサー
    相互リンク
    資産運用全般

    株式個別銘柄投資 etc.

    投資信託 etc.

    債券・預貯金

    FX・派生商品 etc.

    その他 有価証券

    資産運用以外
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。