スポンサーサイト
    Kapok の資産運用スポンサー広告
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --.--.-- / コメント:: - / トラックバック:: - / PageTop↑

    Windows コマンドプロンプトで For文の使い方
    Kapok の資産運用PCWindows バッチ
    Windowsコマンドプロンプトでは、for文は、

    for /l %[変数名] in ([最初の値],[増加分],[最後の値]) do ([繰り返したい事])

    の形で使います。


    1. 基本的な使い方


    例えば、

    for /l %i in (1,2,9) do (echo %i)

    と打ちますと、iが1から9まで、2ずつ増えます。このiechoで出力するため、結果は下図のようになります。

    bat_for.png

    ただし、バッチファイルに書いて使う際は、上記%の部分が正しく認識されませんので、その代わりに%%に書き換えて書く必要があります。


    2. For文の入れ子(ネスト)と複数のコマンド処理


    Windowsコマンドプロンプトでは、For文の中にFor文を記載する事が可能です。また、&(アンド)で繋ぐ事によって、複数のコマンドを処理する事ができます。

    例えば、

    for /l %i in (1,1,9) do (echo *******%i の段******* & for /l %j in (1,1,9) do (set /a %i*%j & echo.))

    と打った場合に、iFor文の中に、jFor文を入れ子にして処理をしています。また、記号&によって、echoFor文、setecho.など、複数のコマンドを実行させています。

    実行結果は、下図のようになります。
    九九の結果を表示するための一文です。

    winbat_for99.png
    ※クリックで拡大します。


    3. For文をコマンドプロンプトで使う事の応用範囲の広さ


    大抵の会社のパソコンは、Windowsで動いていると思います。そのWindowsに標準で入っているコマンドプロンプトを使い、機械が得意な繰り返し処理を行わせる事が出来るわけです。

    ①大抵の会社で使える
    ②単純な繰り返し処理ができる

    という2点から、このコマンドは応用範囲が広そうだと予測できます。今後もう少し勉強して、いろいろと活用していきたいと思います。


    この記事は、2014年1月25日に作成し、2014年6月8日に追記・修正し、再投稿しています。

    スポンサーサイト
    2014.06.08 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑

    Windows コマンドプロンプトで、ワイルドカードを使ったファイル消去
    Kapok の資産運用PCWindows バッチ
    例えばあるフォルダのpdfファイルのみを消去したい時は、cdやpushdでそのフォルダに行き、

    del *.pdf

    で、消去できます。
    delはファイル削除のコマンドで、*は任意の文字列に対応するワイルドカードです。

    エクスプローラーで選択・消去が面倒な時は、コマンドプロンプトでファイル消去をしてみるのも良いかと思いました。

    2014.03.07 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑

    Windows コマンドプロンプトでファイル検索(dir と find の利用)
    Kapok の資産運用PCWindows バッチ
    DOS窓でファイルを検索する方法をメモします。

    cd [検索するフォルダ] ←まずは、検索する場所に移動します
    dir /s /b | find "[検索文字]" ←そこで検索をかけます

    dir のオプションの
    /s は、サブフォルダ含めたファイル検索
    /b は、ファイル名のみ表示
    という意味です。


    あとはパイプで渡して、find で拾えば良いという作戦です。

    2014.01.15 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑




    Pagetop↑
    ブログ内検索
    プロフィール

    Kapok

    Author:Kapok


    個人投資家。1986年生まれのサラリーマンです。将来、資産運用で財産を築き、自由に暮らす事を夢見ています。

    ブログについて
    「資産運用について調べた事・考えたこと」をブログのメイン記事にしています。

    記事の情報の正確さには注意を払っていますが、保証はしません。投資判断は自己責任でお願いします。

    Kapok
    資産運用の方針
    資産運用は、下記の規定の範囲内で行っています。私Kapokが、どのような個人投資家であるかがよく分かるファイルになっています。

    Kapok の資産運用規定

    最近の記事・コメント

    アクセスカウンター
    ↑ポインタを合わせると、1週間のアクセス数推移が確認できます。

    Since Mar.17/2011
    Twitter
    おすすめ書籍
    ウォール街のランダム・ウォーカー 株式投資の不滅の真理
    Kapokの投資哲学に大きな影響を与えた1冊。個人投資家必読の書。

    スポンサー
    相互リンク
    資産運用全般

    株式個別銘柄投資 etc.

    投資信託 etc.

    債券・預貯金

    FX・派生商品 etc.

    その他 有価証券

    資産運用以外
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。