スポンサーサイト
    Kapok の資産運用スポンサー広告
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --.--.-- / コメント:: - / トラックバック:: - / PageTop↑

    Ubuntu 14.04 を使ってみました
    Kapok の資産運用PCVMware Player
    良いという噂があったので、Ubuntu 14.04 を使ってみました。
    VMware Player を使い、仮想OSとして動かしました。


    1. 便利でかっこいい


    壁紙とアイコンの大きさ程度はいじりましたが、便利でかっこ良いデスクトップだと思います。ソフトウェアセンターからTeXやTwitter用のアプリを簡単に導入する事が出来るようになっていました。

    UbuntuDeskTop.png


    2. CPUが4 つになり、64bit で動くようになりました


    今までVMware Player で動かしていたUbuntuは32bit でCPU1つの設定でしたが、今回導入したものはCPU4つです。システムモニターは下図のように、CPUが増えた分だけ、色鮮やかなりました。

    UbuntuMonitor.png

    14.04は遅いというお話もありますが、私の環境では快適でした。

    環境(ホストOS)
    OS: Windows7 Home Premium 64ビット 正規版
    CPU: インテルCore i5 (最大2.66GHz / 2コア4スレッド)
    メモリ: 8GB (4GB×2)


    3. 新しいOSは楽しい


    新しいPCを買い、新しいOSをセットアップするのは楽しいですがお金がかかります。他方で上記のようにVMware Player とLinux のisoファイルがあれば、新しいOSをセットアップする、そのドキドキ感を無料で味わう事ができます。

    更に、今までのPC環境がそのままで、リスクが小さいため、良い事ばかりです。

    他のいろいろなLinuxディストリビューションを試したり、使っていないPC(dynabook2004年モデル)に導入してサーバーやコマンドの勉強をしたりしてみたくなってきました。

    スポンサーサイト
    2014.12.16 / コメント:: 2 / トラックバック:: 0 / PageTop↑

    Windows10 (Technical Preview ) を使ってみました
    Kapok の資産運用PCVMware Player
    Windows Technical Preview を自宅PCで使ってみました。


    1. VMware Player で仮想的に動かしました


    私のPCは、普段はWindows7が安定的に動いています。その環境はそのままにしておきたかったため、VMware Player で仮想的にWindows Technical Previewを動かしてみました。

    方法は下記のリンクに画像つきで大変詳しく書いてあります。
    VMware Playerに「Windows 10 Technical Preview」をインストールしよう!(ShopDD.jp)
    ※リンク最終確認:2014/12/4


    2. 少し動かしてみた結果(現在のバージョン)


    ・特にクラッシュせず動きます。作成途中という気がしない完成版の普通のOSのようです。
    ・スタートボタンがあり、何ができるか漁ってみれます。
    ・File Explorer で選択フォルダにチェックマークがついたり、動きが分かりやすくなっています。
    ・メール・TwitterなどICT環境・クラウドへのアクセスのしやすさに力が入っているように見えます。
    windows10TPpic2.png

    ・文字サイズが小さめで、可愛くなっています。個人的にはちょうど良いサイズに感じます。
    ・コマンドプロンプトにマウス選択、Ctrl-C, Ctrl-V が出来ます。
    ・平面的で、カッコ良いとは思いませんがシンプルです。
    windows10TPpic1.png


    3. 今後が楽しみ


    Microsoftに対して要望を挙げることができますし、フォーラムで意見交換も行われています。今後のアップデートによって何が変わって行くのかが楽しみです。

    2014.12.04 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑

    VMware Player でLinuxOSを動かして楽しんでいます
    Kapok の資産運用PCVMware Player
    VMware Playerは、現在稼働しているものとは別のオペレーティングシステムを動かす事ができるソフトウェアです。具体的には例えば下図のように、Windows上でUbuntu(LinuxベースのOSの1つ)を動かす事ができます。

    vmware_ubuntu.png
    ※クリックで拡大します。

    Ubuntuだけではなく、頑張ればMacOS Xが動かせる事もあり、VMware Playerは便利なソフトウェアだと思います。WindowsでないOSを使えば、Windowsではできなかった事・難しかった事が楽しめるからです。

    例えばcernの解析ソフトであるPAWやROOTや、綺麗な見た目の文章を作る際に使うTeXなどは、比較的簡単にUbuntuにインストールできます。

    まだまだいろいろな楽しみ方ができると思いますが、今後勉強していきたいと思います。


    なお、元のOS(ホストOS)の上で別のOS(ゲストOS)を同時に動かすために、CPUやメモリの負担は大きいです。Windows7の上でUbuntuを動かそうと思えば、メモリは4GBでは足りず、8GBは必要でした。私はメモリを増設して、使っています。



    参照・関連項目(外部サイト):

    VMware Player ダウンロード
    Ubuntuについて(wikipedia)
    ※リンク最終確認:2014/5/15


    この記事は、2010年8月8日に作成した記事を加筆修正し、再投稿しています。


    2014.05.15 / コメント:: 2 / トラックバック:: 0 / PageTop↑

    VMware Player 「NAT接続」の設定について
    Kapok の資産運用PCVMware Player
    使っているVMware Playerですが、ゲストOSがよくネットに繋がらなかったのですが、「ホストOSのここを変更すれば接続できそうだ」という箇所を見つけたので、メモしておきます。

    ホストOS:windows7(64ビット) での設定です。


    ①ネットワークと共有センターを開く

    コントロール パネル>ネットワークとインターネット>ネットワークと共有センター
    へと進み、下図の画面にたどり着きます。

    変更するのは、下図の2つの赤枠内の設定です。
    まずはローカルエリア接続の設定を行います。

    vmwareNAT.png
    ※クリックで拡大します。


    ②ローカルエリア接続の設定

    ネットワークと共有センターでローカルエリア接続をクリック
    →プロパティをクリック
    →共有タブをクリック(下図赤枠:※上の小さい枠)
    →「ネットワークの他のユーザーに、このコンピューターの接続をとおしての接続を許可する」にチェック
    →ホーム ネットワーク接続に、「VMware Network Adapter VMnet8」を指定
    →O.K. 閉じる

    vmwareNAT2.png
    ※クリックで拡大します。


    ③VMware Network Adapter VMnet8の設定

    上記画像の下側赤枠 VMware Network Adapter VMnet8をクリック
    →プロパティ
    →インターネット プロトコル バージョン 6のチェックをはずす
    →インターネット プロトコル バージョン 4のチェックを入れ、選択する(下図赤枠:左)
    →プロパティ
    →IPアドレスを自動的に取得するにチェック(下図赤枠:右上)
    →DNSサーバーのアドレスを自動的に取得するにチェック(下図赤枠:右下)
    →O.K. 閉じる

    vmwareNAT3.png



    私の環境では、以上で接続できました。※ゲストOSのネットワーク設定で、「using DHCP」に変更する必要がある場合もあるかも知れません。


    2014.01.03 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑

    Mac OS X Mountain Lion を導入しました 
    Kapok の資産運用PCVMware Player
    Mac OS X Mountain Lion を動かせるようになりました。
    下に示すように、Windows上でアプリケーション(VMware)を使いMacを稼働します。

    vmmac.png



    1. 導入の方法


    i) MAC OS X 10.6.3 SNOW LEOPARD を動かせるようにする

    WindowsのVMwareでMac OS X 10.6 Snow Leopardを動かす方法(リンク最終確認:2013/3/9)

    を参考に、まずはSNOW LEOPARDを導入します。私の環境では、「仮想マシン設定の編集」でのプロセッサの割当数は、1にしないとうまくいきません。

    また、「2.物理ドライブにMac OS X 10.6.3を入れ、「接続済み」にチェック→[OK]」のステップでは、「接続」→「物理ドライブを使用する」にもチェックを入れておかないと、DVDブートができないようです。

    最後までうまくいくと、SNOW LEOPARDを動かせるようになります。

    Macを動かすだけならこれをインストールすれば十分です。なのですが、iPhoneアプリ開発のXcodeを使うためには、新しいバージョンのOSが必要のようでしたので、Mountain Lion に下の方法でアップデートしました。


    ii) Mac OS X 10.8 Mountain Lion を導入

    Windows上のVMwareでOS X 10.8 Mountain Lionを動作させる方法(リンク最終確認:2013/3/9)

    を参考にします。「「Mountain_Lion Install.txt」に記載されている内容でターミナルにてコマンドを入力」のステップでは、

    open /Volumes/Mac\ OS\ X\ Install\ ESD/BaseSystem.dmg
    mv /Volumes/MLinstaller /Volumes/MLinstaller\ 1 ←ここを追記
    sudo asr restore --source /Volumes/Mac\ OS\ X\ Base\ System --target /Volumes/MLinstaller\ 1



    と、Volume上のファイルの名前を変えておくと良いようです。


    iii) ネットにつなげる

    仮想マシン設定→ハードウェア→ネットワークアダプタ→NAT を選ぶと、とりあえず繋がる模様です。繋がらない時は、ブリッジにしてVMwareを起動してNATに変えるとうまくいく気がしますが、ここらへんよく分かりません。


    2. 所感


    i) 見つかった悪い点

    Ubuntu(Unix系OSの1つ)の導入時と比べ、手間がかかりました。また無料ではなく、MacOSを2つも(SNOW LEOPARDとMountain Lion)購入しないといけませんでした。Appleの規約にもちょっと抵触しているかも知れない事も心配です。

    更に私のPC(Toshiba dynabook EX 66MBL 2010夏モデル)は、一応メモリ4GB、CPUは2つ(見かけ上は4つ)もあるのですが、ゲストOSがMac OSの場合は、ゲストもホストも苦しくなり、動作が緩慢になりストレスフルです。


    ii) 楽しみな事

    複数の知人のバンドマンが異口同音にGaragebandの素晴らしさを語っていますので、これは試してみます。また、Xcodeを使い、iPhoneアプリもいくつか作ってみる予定です。

    これらが気に入れば、Mac PC購入を検討しようと思っています。Macはおしゃれで、画面の解像度も高く綺麗ですからね。^^



    2013.03.09 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑




    Pagetop↑
    ブログ内検索
    プロフィール

    Kapok

    Author:Kapok


    個人投資家。1986年生まれのサラリーマンです。将来、資産運用で財産を築き、自由に暮らす事を夢見ています。

    ブログについて
    「資産運用について調べた事・考えたこと」をブログのメイン記事にしています。

    記事の情報の正確さには注意を払っていますが、保証はしません。投資判断は自己責任でお願いします。

    Kapok
    資産運用の方針
    資産運用は、下記の規定の範囲内で行っています。私Kapokが、どのような個人投資家であるかがよく分かるファイルになっています。

    Kapok の資産運用規定

    最近の記事・コメント

    アクセスカウンター
    ↑ポインタを合わせると、1週間のアクセス数推移が確認できます。

    Since Mar.17/2011
    Twitter
    おすすめ書籍
    ウォール街のランダム・ウォーカー 株式投資の不滅の真理
    Kapokの投資哲学に大きな影響を与えた1冊。個人投資家必読の書。

    スポンサー
    相互リンク
    資産運用全般

    株式個別銘柄投資 etc.

    投資信託 etc.

    債券・預貯金

    FX・派生商品 etc.

    その他 有価証券

    資産運用以外
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。