スポンサーサイト
    Kapok の資産運用スポンサー広告
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --.--.-- / コメント:: - / トラックバック:: - / PageTop↑

    近視眼的な損失回避(myopic loss aversion)の原因と対策
    Kapok の資産運用投資手法行動ファイナンス
    長期的視点を持てば保有を続けた方が良い株等の金融資産を、価額下落を見て焦って売ってしまい、結果的に安値で手放してしまう現象があります。

    この現象は、近視眼的な損失回避(myopic loss aversion)として知られていますが、その原因をまとめ、対策について考えて投稿します。


    1. 近視眼的な損失回避の原因


    1-1. 損失回避

    損失による心理的負担は、利益による心理的満足度と比べて大きくなるために、必要以上に損失を避けてしまう心理効果です。


    1-2. 頻繁な資産評価

    必要以上にポートフォリオを確認し、損益を注視していしまう事です。これにより資産価値が減少している事について、認識をする機会が増え、結果として上記の「損失による心理的負担」が増えて、不必要な安値売りを招きます。


    2. 「近視眼的な損失回避」を回避するには?


    2-1. 理論武装

    心理効果を知り、理論により不要なバイアスを避けるのが1つの手です。「彼を知り己を知れば百戦殆うからず」 は孫子の言葉ですね。

    また、ファンダメンタルズ信奉による確固たる理論価値の算出も、変わりやすい心理への対策として一定の効果が期待できそうです。


    2-2. システムによる運用

    ルールを作り、それに従うのも良いと考えます。利食いルール・損切ルールや、「ドル・コスト平均法」などの積立ルールは、心理バイアスを排します。


    2-3. 忘れる・ほったらかす

    私の先輩投資家は、総損益はもはや把握しておらず、基本的にBuy&Holdを貫き10年でも20年でも株を持つようでした。

    (投資スタイルにもよるのでしょうが)忘れ、ほったらかすのも良い方法の1つだと考えられます。


    参照:

    Myopic Loss Aversion: What It Is And How To Avoid It (zeninvestor)
    リンク最終確認:2014/9/21


    スポンサーサイト
    2014.09.21 / コメント:: 4 / トラックバック:: 0 / PageTop↑

    資産運用における確証バイアス(confirmation bias)の影響について
    Kapok の資産運用投資手法行動ファイナンス
    運用に影響を与える心理効果の1つ「確証バイアス(confirmation bias)」について考えます。


    1. 確証バイアスとは


    最初に得た情報を重視してしまう傾向です。この効果によって、最初の情報を裏付けるデータは良く見つかる一方で、最初の情報を否定するデータは軽視してしまいがちになります。


    2. 資産運用と確証バイアス


    2-1. 銘柄に関するバイアス

    良いと思った金融商品に投資した際、保有期間中にその商品に対する新しい情報が随時入ります。この際、確証バイアスによって、良いニュースは耳に入りやすく、悪いニュースは黙殺してしまう事があります。

    このため、確証バイアスは「保有株で予想外の業績下方修正を受けても、(不毛な)ホールドを継続する」などの、弊害の要因となります。


    2-2. 手法に関するバイアス

    投資家は、良いと思った投資手法で資産運用しているはずですが、確証バイアスによって、その投資手法のメリットについての情報は良く目に留まり、デメリットについての情報はなかなか目に留まらなくなります。

    また、その投資手法で、うまくいった時の事が印象に残り、うまくいかなかった時の事は印象に残りにくくなります。

    このため、確証バイアスは運用手法の改善の妨げの要因となる事があります。


    3. このバイアスによる悪影響を避けるためには


    この確証バイアスの効果を認識した上で、悪いニュースにも十分注目していく事が大切になります。



    2013.06.16 / コメント:: 4 / トラックバック:: 0 / PageTop↑

    「早すぎる利確」「遅すぎる損切」を招く心理効果(The Disposition Effect)
    Kapok の資産運用投資手法行動ファイナンス
    投資家は、利確は早く行い、損切は躊躇し遅れる傾向にあるようです。これは The Disposition Effect と呼ばれています。


    1. 利確は早く、損切は遅くなる理由


    利確をすれば、儲けが確定します。この際、「実力で儲けた」という気持ちになり、満足感を味わえます。このため、利確は早めになってしまいます。

    一方で損切をすれば、「投資は失敗に終わった」と認める事になります。これは気分のいい事ではありませんので、結果として損切は遅くなりがちです。


    2. 早い利確と遅い損切の弊害


    利確を早くして、損切を遅くしていれば、利確の多い取引になります。「確定利益>確定損失」となり、利益に多くの税金がかかります。その分、リターンを圧迫してしまいます。

    また、この取引は「トレンド」に逆行する事になります。「投資家が利確をした株は、平均で2.35%も市場平均を上回り、アホールドした株は、平均で1.06%市場平均を下回った」という調査もあるようです。

    確かに「売った株ほど上がって行く」という現象は、結構ある気もしますね。


    3. 売却に関する心理効果には注意が必要


    このように、「利確を早くしてしまう心理効果・損切を遅くしてしまう心理効果」が存在します。この心理効果に惑わされず、合理的な投資判断を行いたいものです。


    4. 参照


    この記事は、↓のリンクの記事を参考にしています。
    The Disposition Effect(Financial Education) ※リンク最終確認:2013/6/4


    2013.06.04 / コメント:: 4 / トラックバック:: 0 / PageTop↑

    投資家が「細かな利確」「まとめて損切」をしてしまう理由と、そのデメリット
    Kapok の資産運用投資手法行動ファイナンス
    投資家は、心理効果に起因して、利益確定は細かく行い、損切はまとめて一気にしてしまう傾向があるようです。この傾向は、学術論文で指摘されています。

    ※学術論文: "Do Investors Integrate Losses and Segregate Gains? Mental Accounting and Investor Trading Decisions," Sonya Seongyeon Lim / 2006, Journal of Business


    1. 「細かな利確」「まとめて損切」をしてしまう理由


    細かな利確をするのは、「その都度利益が出た喜びを味わいたいから」と解釈できます。損切をまとめて行うのは、「損失の苦痛を1回きりにしたいから」と解釈できます。


    2. 「細かな利確」と「まとめて損切」のデメリット


    このように、心理的には「細かな利確」と「まとめて損切」をしたくなります。ですが、それぞれにデメリットがあります。

    2-1. 「細かな利確」のデメリット

    ①売却によって機会損失となる可能性があります。
    ②売買手数料がかさみます。

    2-2. 「まとめた損切」のデメリット

    ①ポートフォリオに大きな変化を与えます。
    ②時間分散ができないために「大底で全部売る」危険があります。


    3. その利確・損切は合理的か?


    全ての投資家はいずれ保有銘柄の売却を行いますが、「その売却方法・売却規模は適切かどうか?心理効果に翻弄されていないか?」に注意をしたい所です。


    4. 参照


    この記事は↓のリンク記事の要約と所感として作成しました。
    Integrating Losses and Separating Gains(Financial Education) ※リンク最終確認:2013/5/30


    2013.05.30 / コメント:: 5 / トラックバック:: 0 / PageTop↑

    「ハウス・マネー効果(The House Money Effect)」
    Kapok の資産運用投資手法行動ファイナンス
    投資家が上昇相場で意識すべき「ハウス・マネー効果(The House Money Effect)」について、書いていきます。

    ↓のリンク先の記事を参考にします。
    The House Money Effect(Financial Education) ※リンク最終確認:2013/5/20


    1. 「ハウス・マネー効果」とは?


    利益を得た投資家が、より大きなリスクをとろうと考える心理効果の事です。株式投資等で得た不労所得は、働いて得た所得と比べて、リスクに晒し易くなる傾向にあります。


    2. 上昇相場では特に「ハウス・マネー効果」に注意を


    確かに、儲かった時はその資金でもっといろいろな金融商品を買いたくなります。また、儲かった場合、「もっと多めに賭けていればもっと儲かっていたのに」と思い、次回は掛け金が増えるかも知れません。

    ですがこれらは冷静さを欠いた投資判断となりえます。「儲ける→掛け金を増やす(浪費する)→負ける→退場」というのは、ギャンブラーが身を滅ぼす典型パターンの1つです。


    3. 上昇相場でこそ冷静に・慎重に


    儲けた時には、このような心理効果によるバイアスがかかる事を意識した上で、合理的で冷静に、最適な投資判断をしていきたいものです。

    上昇相場でこそ、「ポートフォリオのバランス」や「個別銘柄のファンダメンタルズ」などによく注意を払い、チャンスがあれば売り抜けて、重要な「キャッシュ」を確保する事が大切なのではないでしょうか。


    2013.05.20 / コメント:: 9 / トラックバック:: 0 / PageTop↑




    Pagetop↑
    ブログ内検索
    プロフィール

    Kapok

    Author:Kapok


    個人投資家。1986年生まれのサラリーマンです。将来、資産運用で財産を築き、自由に暮らす事を夢見ています。

    ブログについて
    「資産運用について調べた事・考えたこと」をブログのメイン記事にしています。

    記事の情報の正確さには注意を払っていますが、保証はしません。投資判断は自己責任でお願いします。

    Kapok
    資産運用の方針
    資産運用は、下記の規定の範囲内で行っています。私Kapokが、どのような個人投資家であるかがよく分かるファイルになっています。

    Kapok の資産運用規定

    最近の記事・コメント

    アクセスカウンター
    ↑ポインタを合わせると、1週間のアクセス数推移が確認できます。

    Since Mar.17/2011
    Twitter
    おすすめ書籍
    ウォール街のランダム・ウォーカー 株式投資の不滅の真理
    Kapokの投資哲学に大きな影響を与えた1冊。個人投資家必読の書。

    スポンサー
    相互リンク
    資産運用全般

    株式個別銘柄投資 etc.

    投資信託 etc.

    債券・預貯金

    FX・派生商品 etc.

    その他 有価証券

    資産運用以外
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。