FC2ブログ
    ドルコスト平均法で起こりうる3つの弊害
    Kapok の資産運用投資手法ドル・コスト平均法
    ↓の記事にドルコスト平均法のデメリットが3点挙げられていました。

    山崎元「ホンネの投資教室」:
    ドルコスト平均法について整理する
    (リンク最終確認:2012/10/30)

    各デメリットについて自分の言葉でまとめ、また、それについて考えてみた事を投稿します。


    1. 機会損失の発生


    ドルコスト平均法は、時間分散のために待機資金を持つ事がありますが、もしもこの待機資金を寝かさず使っていれば、もっと有利なパフォーマンスが得られたのでは?というお話です。

    右肩上がり信奉を持つならば、ドルコスト平均法による時間分散はせずに、もっと早めに投資をする方が良いでしょうね。当然ですが投資家それぞれの投資観によって、それぞれ最適な投資手法は変わってきます。

    「どんな手法が良いか?」を考えるよりも先に「どのような相場観を持っているのか?」を考えておく事は大切だと思いました。


    2. 支払い手数料の増加


    投資対象によっては支払い手数料がかかります。細かく時間分散投資をすれば、その分手数料が割高になります※1が、これはドルコスト平均法のデメリットです。

    ドルコスト平均法といえば、普通は「毎月」定額投資と決まってしまっていますが、よく考えてみれば「毎年(年一度)」の方が適切という人も多いかも知れません。そういう事を考えさせられました。

    ※1 ノーロードファンド(買付手数料無料のファンド)等への投資では、買付回数が増える事で買付手数料が増える事はありません。(2012/11/3追記)


    3. 一つの対象に対する集中投資によるリスク増加


    同じものを積み立てると、集中投資にもなりますし、それによりリスクも増えます。ドルコスト平均法により少額ずつ積み立てていると、リスクも実は少しずつ増えるものですが、それはなかなか気づかないものです。

    少なくとも私は、自分の古い投資記録を見てみて初めて、リスクが増えていた事に気付く程度です。リスク増加は忘れやすいですが、たまには思い出さないといけませんね。


    4. 総括


    上記リンク記事には、ドルコスト平均法の弊害として、「機会損失の発生」「支払い手数料の増加」「一つの対象に対する集中投資によるリスク増加」の3点が挙げられていました。

    いずれも見落としやすい事ですが、これらについてもよく考え、自身の投資観に従いメリット・デメリットを比較し、最適な投資手法で資産運用していくことが、「納得のいく投資」をするために、大切だと思いました。

    2012.10.30 / コメント:: 5 / トラックバック:: 0 / PageTop↑

    DC平均法による時間分散投資と一括投資の期待リターンの比較
    Kapok の資産運用投資手法ドル・コスト平均法
    ドル・コスト平均法(dollar-cost averaging / DC平均法 / DCA )による時間分散投資をした際のリターンと、一括投資をした際の期待リターンを比較してみました。


    1.設定

    時間 t = i ( i=1,2,3 ... ,n ) において、価額が a(i) である無配の有価証券を考えます。

    i) DC平均法では、t=1,2,3 ... ,n の時、それぞれ金額 c だけ買付を行うものとします。
    ii) 一方で、一括投資では、1/n の確率で、t = i ( i=1,2,3 ... ,n) の時に、金額 cn を一括投資するものとします。


    2.DC平均法でのリターン

    t = i で取得した有価証券は、最終的に a(n) ÷ a(i) 倍になります。
    従って、リターンは

    Σ(c × a(n) ÷ a(i) - c)
    =cΣ(a(n)/a(i)) - nc ... ①

    と計算できます。


    3.一括投資の期待リターン

    t = i の時 金額 nc を一括投資した場合のリターンは、2.同様の計算で
    nc × a(n)/a(i) - nc
    となります。

    1/n の確率でのお話である事を考慮し、期待値を計算すれば、
    Σ(1/n × ( nc × a(n)/a(i) - nc ))
    =cΣ(a(n)/a(i)) - nc ... ②

    となります。


    4.両手法での期待リターン比較

    ① = ② ですので、DC平均法も一括投資も、期待リターンは変わりません。

    すなわち期待リターンの観点で考えた時、「毎日少しずつ定額積立」も「1ヶ月に1度定額積立」も「一年に一度一括投資」も「欲しくなったときに買う」も、すべて同じ投資成果が期待できることが分かります。


    5.補足

    例えば以下のような条件や思想を追加的に考慮した場合、上記結論は成立しません。

    ・買付手数料
    ・右肩上がり信奉
    ・感情的な売買は投資成果を引き下げるという思想
    2012.03.08 / コメント:: 11 / トラックバック:: 0 / PageTop↑

    ドル・コスト平均法が「半値になっても儲かり得る」原理
    Kapok の資産運用投資手法ドル・コスト平均法
    一定金額を投資し続ける「ドル・コスト平均法」は、例え積み立てている投信の基準価額が半分になったとしても、損益がプラスになる場合があります。その原理について考えます。

    [続きを読む]


    2012.02.01 / コメント:: 2 / トラックバック:: 0 / PageTop↑

    ドル・コスト平均法で積立てた資産の損益について 計算結果と所感
    Kapok の資産運用投資手法ドル・コスト平均法
    ドル・コスト平均法で資産を積立てた時、その損益はどのようになっているのでしょう。
    計算してみます。


    [続きを読む]


    2011.12.11 / コメント:: 1 / トラックバック:: 0 / PageTop↑

    積立投資は大負けしにくい? ~日経平均株価長期(24年間)積立結果
    Kapok の資産運用投資手法ドル・コスト平均法
    サラリーマンの資産運用は、キャッシュフローの性質からも、基本的に「長期積立投資」となるはずです。この長期積立投資の「クセ」や「性質」について考えてみました。

    [続きを読む]


    2011.09.18 / コメント:: 2 / トラックバック:: 0 / PageTop↑




    Pagetop↑
    ブログ内検索
    プロフィール

    Kapok

    Author:Kapok


    個人投資家。1986年生まれのサラリーマンです。将来、資産運用で財産を築き、自由に暮らす事を夢見ています。

    ブログについて
    「資産運用について調べた事・考えたこと」をブログのメイン記事にしています。

    記事の情報の正確さには注意を払っていますが、保証はしません。投資判断は自己責任でお願いします。

    Kapok
    資産運用の方針
    資産運用は、下記の規定の範囲内で行っています。私Kapokが、どのような個人投資家であるかがよく分かるファイルになっています。

    Kapok の資産運用規定

    最近の記事・コメント

    アクセスカウンター
    ↑ポインタを合わせると、1週間のアクセス数推移が確認できます。

    Since Mar.17/2011
    Twitter
    おすすめ書籍
    ウォール街のランダム・ウォーカー 株式投資の不滅の真理
    Kapokの投資哲学に大きな影響を与えた1冊。個人投資家必読の書。

    スポンサー
    相互リンク
    資産運用全般

    株式個別銘柄投資 etc.

    投資信託 etc.

    債券・預貯金

    FX・派生商品 etc.

    その他 有価証券

    資産運用以外