スポンサーサイト
    Kapok の資産運用スポンサー広告
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --.--.-- / コメント:: - / トラックバック:: - / PageTop↑

    ドル・コスト平均法 「リスク資産積立期間:長→リスク増加」の程度は?
    Kapok の資産運用投資手法ドル・コスト平均法
    リスク資産をドル・コスト平均法で積み立てた場合、徐々に資産の変動額が大きくなります。
    これがどのように大きくなるのか、そしてそれに対してどうするかについて考えます。


    1. 日経平均株価を積み立てた場合の資産額推移


    リスク増加の程度を探るために、1984年1月から2013年6月までの、日経平均株価(下図青線)の値動きを使いシミュレーションしてみます。

    月々10,000円ずつ積み立てますと運用総額は、下図赤線のように時間変化します。

    n225tsumitate1.png
    ※クリックで拡大します。

    積み立て期間が長くなるチャート右側に行けば行くほど、運用総額の変化額は、日経平均株価と比べて大きくなっていると分かります。


    2. 運用総額の日経平均株価に対する感応度


    「感応度」を「運用総額の変化額÷日経平均株価変化額」で定義します。その時間変化を追ってみますと、下図になります。

    n225tsumitate2.png
    ※クリックで拡大します。

    感応度は、概ね積立期間に比例して大きくなっている事が読み取れます。例えば「積立期間が2倍≒感応度2倍≒資産変動額2倍」となるわけです。

    別の表現では、例えば「現在積立投資5年目の投資家は、同じ手法で25年間積立投資を継続すると、最後(積立投資30年目)は、5年目時点と比べて、30÷5=6倍の資産変動に耐えなければならなくなる」となります。


    3. どうするか


    このように、何も考えずに積立投資を継続すると、いつの間にか資産変動額が大きくなる(リスク大となる)と分かりました。それに対してどうするべきでしょうか。

    リスクを減らすには、
    ①アセットアロケーションを保守的な設計にする
    ②積立額を徐々に減らす
    などの対応が考えられます。

    一方でこの対応は、保守的なアセットクラスへ資産が集中してしまうため、分散投資の視点では望ましくないかも知れません。

    悩ましいものですね。


    4. 余談


    上記感応度は、「概ね積立期間に比例して大きくなる」と書きました。ですが、数式上は、「積立時の投資対象の金融商品の価額の逆数」の和に比例します。

    このため、この時期の日経平均株価のように、あまり右肩上がりではない資産に対しては、「概ね積立期間に比例して感応度は大きくなる」という表現が適用できました。その一方で、右肩上がり資産の感応度の時間変化の概形は、1次関数とは異なるものになります。


    スポンサーサイト
    2013.07.31 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑

    「変則型ドル・コスト平均法」の利用について
    Kapok の資産運用投資手法ドル・コスト平均法
    通常のドル・コスト平均法では、「毎月、同じ金額だけ投資(投入)する」事になります。一方でこのシステムを加工して、「含み益がある月は少なめの金額を、含み損がある月は多めの金額を投資する」というシステムを考える事ができます。

    このシステムを「変則型ドル・コスト平均法」と呼び、これを吟味してみます。


    1. 変則型ドル・コスト平均法のバックテスト


    1-1. 日経平均株価を用いたテストと、その方法

    1984年1月から、2013年7月までの355ヶ月間の、日経平均株価の「月末の終値データ(ただし2013年7月は、7月3日終値データ)※1 を使います。これを積立をした場合どうなっていたのかを考えます。

    ①毎月30,000円を積立てる(通常のドル・コスト平均法)
    ②含み益→10,000円のみ積立。 含み損→50,000円の積立。(変則型ドル・コスト平均法)

    ※1 誤植訂正(2013/7/7) 【誤】月初の終値データ→【正】月末の終値データ・・・


    1-2. 結果

    dc_ave_hensoku_ta.png
    今回の場合は、変則型が16.6%のリターンを上げ、通常のドル・コスト平均法のリターン(-1.9%)を大きく上回る結果となりました。

    変則型は、「含み損の期間≒株価が低めの期間」に、多くの資金を投入するために、下図の通り平均取得価額が下がりやすくなり、リターン(率)および勝率が高くなります。

    dc_ave_hensoku_c.png
    ※クリックで拡大します。


    2. 変則型ドル・コスト平均法のメリット・デメリット


    通常のドル・コスト平均法と比較した時の、変則型のメリット・デメリットをまとめます。

    2-1. メリット

    平均取得価額を下げられるため、
    ①リターン(率)が高くなる。
    ②勝率が高くなる。

    2-2. デメリット

    ①投入金額が変則的となり、安定しない。
    ②含み益のある期間の投入金額が小さくなるため、更に株価が上昇した際に機会損失を被る。


    3. 変則型ドル・コスト平均法のチューニングパラメータ


    変則型ドル・コスト平均法は上記の通り、メリット・デメリットがあります。投資家それぞれのリスク許容度や投資哲学に合うように、下記のパラメータをうまく調整して使うのも良いかもしれません。

    ①含み益時の積立金額→小さいほど勝率が上がり、逆張型の投資になります
    ②含み損時の積立金額→大きいほど勝率が上がり、逆張型の投資になります

    ③’追加システム 〇〇%以上の損失時は、積立額を××円増額→平均取得価額が下がりやすくなり、勝率が上がります。


    4. 私自身はどういうパラメータを使っているか


    私は、2013年7月現在、
    ①含み益時→30,000円の積立
    ②含み損時→50,000円の積立
    というパラメータを採用しています。

    あまり金額に差がありませんので、通常のドル・コスト平均法にかなり近いです。ですが、逆張のための低リスク資産が多めのアセット・アロケーションで運用している兼ね合いや、運用規模はある程度大きくしていきたい事、等があり、この金額に適当に決めています。

    運用規模がある程度大きくなった段階で、積立金額の変更が必要だと考えていますが、現状はこの値でやっていきます。

    2013.07.04 / コメント:: 6 / トラックバック:: 2 / PageTop↑

    含み益がある際に、ドルコスト平均法による投資を継続すべきか否か?
    Kapok の資産運用投資手法ドル・コスト平均法
    ある金融商品を、含み損がある期間に、ドルコスト平均法等を採用した買付を行うと、平均取得価額が下がり、ある意味で有利な投資を行う事が可能になります。

    一方で含み益がある場合は、買付によって平均取得価額が上がってしまいます。これは不利になるため、積立をやめるべきなのか?という疑問が発生します。これについて考えていきます。


    1. そもそもドルコスト平均法で儲かる場合の仕組み


    1-1 ドルコスト平均法で儲かる投信A

    下図のように基準価額が、10,000円→4,000円→3,000円→5,000円と推移した金融商品「投信A」を、ドルコスト平均法で積立てた場合について考えます。
    投信Aにドルコスト平均法を用いた買付を行った場合

    この商品を10,000円ずつ積み立てていた場合、最後は表のとおり4,167円の利益になります。


    1-2 利益が出るメカニズム

    利益が出た理由を、「含み損が出ている時間t=2,3 の間に、継続購入する事で、平均取得価額が下がり、利益に繋がった」と解釈するのは、間違いではないです。

    ですが、このレベルの理解ですと、最初の問い「含み益時に積み立てて良いかどうか」に答えられません。含み益が出た理由を詳しく書くと、下のようになります。

    ①t=1 で買い付けた10,000円は、最後5,000円になり、5,000円の損です。
    ②t=2 で買い付けた10,000円は、最後12,500円に増え、2,500円の得です。
    ③t=3 で買い付けた10,000円は、最後16,667円に増え、6,667円の得です。

    ①②③合わせて利益の4,167円となります。


    利益が出た理由は、「②③で安く買ったものが高くなった効果が、①で高く買って安くなってしまった効果よりも大きかったから」です。


    2. 含み益がある期間に、ドルコスト平均法による積立を継続すべきか否か


    2-1 結論

    上記の通り結局の所は、「安く買って高く売れるか」です。平均取得価額などという小難しい割に役に立たないパラメータを気にする事はありません。

    積立投資の継続するかどうかは、
    ①積立てている金融商品を、今より高く売れると思えば、積立を継続
    ②積立てている金融商品が、今より高く売れないと思えば、積立を中止

    すれば良いわけです。

    単純ですね。
    最終的には、投資家それぞれの投資観・投資哲学が試されるわけです。


    2-2 注:投資家の裁量によるデメリットついて

    ところで、ドルコスト平均法による継続投資のメリットとして、「システマティックな手法により、人の心理に起因する非合理的で間違った判断を排する事ができる」が挙げられます。

    積立の継続・中止を投資家裁量で判断してしまいますと、ドルコスト平均法のこのメリットが無くなります。メリット・デメリットどちらが大きいかは、慎重に比較・検討する必要があります。「どう考えてもバブルだ」と思う時だけ、積立購入を停止するのも良いと思います。




    2013.04.05 / コメント:: 8 / トラックバック:: 0 / PageTop↑

    「積立投資」を行う際に注意したい事(デメリットについて)
    Kapok の資産運用投資手法ドル・コスト平均法
    過去記事「積立投資の魅力・メリットについて」で書いたように、積立投資はいくつかのメリットがあると思い、私は積立投資を行っています。

    一方で、デメリットもあります。自戒の念を込め、気になる点を挙げていきます。


    1. 気付かぬ内にリスク増大


    積立投資をしていると、ゆっくりと運用額が増えていきます。それに伴い、ゆっくりと「運用額の変動の大きさ(リスク(額)とも言います)」も増えていくものです。

    運用資産の損失額が、大きくなる可能性が増えるわけです。運用額の変動幅が、精神衛生上よろしくないレベルまで大きくはならないように、運用額やアセットアロケーションを、時々はじっくりと吟味してみる事が必要だと思います。


    2. 運用の間違いに気付きにくい


    i) 損益から、有利不利が判断しにくい場合

    上がったり下がったりしながら、下がっていくような碌でもない金融商品があるとします。この金融商品を積み立てた場合、買付のタイミングが分散される関係で、全体的に下落傾向であるにも関わらず、含み益となる事があります。

    含み益が出ているから正解と思い、積立を止めなかった場合、最終的に損する事になります。積み立てていても、「その金融商品が本当に有益なものなのかどうかを考える事」を、止めないようにしたいです。


    ii) そもそも運用を省みる機会が無い

    システマティックに積立ていれば、アセット・アロケーションや投資対象が、実は不利なものだとしても、それに気付く機会が無いかも知れません。考えなくても、淡々と積み立てる事ができるからです。

    たまには、積立方針が正しいか、吟味したいものです。


    iii) 運用の勉強をしなくなる可能性

    運用方針・積立方針が決まり、それを実行中の場合、ある程度方針に自信があるはずです。その分、「もっと良い運用をしよう」という気持ちが希薄になり、運用の勉強をしにくくなる事が心配です。


    3. コストがかかる


    積立投資に限りませんが、運用規模が大きくなるに従って、支払うコストの額は増えていきます。投信での運用であれば、支払っている信託報酬額は増加していきます。利益にかかる税金等も結構な額になります。

    運用額が増えてからコストに狼狽するのではなく、事前にある程度のコストシミュレーションをしておきたいものです。



    2013.01.10 / コメント:: 2 / トラックバック:: 0 / PageTop↑

    積立投資の魅力・メリットについて
    Kapok の資産運用投資手法ドル・コスト平均法
    私は資産運用において「積立投資」を実践しています。この手法の魅力・メリットについて、思う事を書いてみます。


    1. システマティックな買付による、結果が出にくい裁量取引の排除


    ルールとして買付(積立)を設定していますので、淡々と買っていけます。

    一般的な心理としては、上昇相場が続き、巷に投資教本が溢れてるような幸せな相場環境で、「買付額を増やしたい」と思いますし、悲観一色の相場環境で、「怖くて買付を躊躇、止めたい」と思います。

    ですが、大抵前者は「高値掴み」、後者は「安値拾いの機会損失」となります。これを避けるためにも、淡々と積み立てる積立投資は良いと思います。


    2. 徐々に増加する資産を楽しめる


    積立投資では、運用金額が徐々に増えていく事になります。(基本的に運用額は、あたかも入金額に引っ張られている様な動きをします。入金総額が増えるに伴い、運用額も増えていきます。)

    運用額が徐々に増える事には、一長一短あるでしょうが、資産が形成されていく様子を眺めるのは楽しいものです。

    心理学的にも、「ゆっくりと豊かになる」のは「(宝くじに当たる等で)一気に豊かになる」のと比べて、幸福感が大きいと言われているようです。

    勿論、ただ給料が預金口座に入金されるだけでも、(多く使わなければ)資産は増えて行くのでしょう。けれども、資産運用・管理していればその増える様子もよく分かり、楽しむ事ができると思います。


    3. 資産運用の知識が蓄積していく


    積立投資は、退場しにくい運用手法だと思います。負けてもナンピンをする形になりますので、少なくとも「一発退場」にはなりにくいですよね。

    このことから、長期で運用に携わる事になり、結果として資産運用の知識が蓄積されていく、というメリットがあると思います。



    追記(2013年1月10日)

    ↓ 積立投資のデメリットについても、記事を書いてみました。
    「積立投資」を行う際に注意したい事(デメリットについて)

    2012.12.31 / コメント:: 2 / トラックバック:: 0 / PageTop↑




    Pagetop↑
    ブログ内検索
    プロフィール

    Kapok

    Author:Kapok


    個人投資家。1986年生まれのサラリーマンです。将来、資産運用で財産を築き、自由に暮らす事を夢見ています。

    ブログについて
    「資産運用について調べた事・考えたこと」をブログのメイン記事にしています。

    記事の情報の正確さには注意を払っていますが、保証はしません。投資判断は自己責任でお願いします。

    Kapok
    資産運用の方針
    資産運用は、下記の規定の範囲内で行っています。私Kapokが、どのような個人投資家であるかがよく分かるファイルになっています。

    Kapok の資産運用規定

    最近の記事・コメント

    アクセスカウンター
    ↑ポインタを合わせると、1週間のアクセス数推移が確認できます。

    Since Mar.17/2011
    Twitter
    おすすめ書籍
    ウォール街のランダム・ウォーカー 株式投資の不滅の真理
    Kapokの投資哲学に大きな影響を与えた1冊。個人投資家必読の書。

    スポンサー
    相互リンク
    資産運用全般

    株式個別銘柄投資 etc.

    投資信託 etc.

    債券・預貯金

    FX・派生商品 etc.

    その他 有価証券

    資産運用以外
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。