スポンサーサイト
    Kapok の資産運用スポンサー広告
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --.--.-- / コメント:: - / トラックバック:: - / PageTop↑

    投資信託での資産運用出口戦略 等口数解約と等金額解約との比較
    Kapok の資産運用投資手法出口戦略
    ライフステージレベルの長期的な視点では、資産運用は、
    ①(給与などで得た)現金を金融商品に投じる段階
    ②保有する金融商品を売却し、現金を得る段階
    の2段階に分かれる事があります。

    今回は、②の売却時の手法について考えます。投資信託の等口数解約と等金額解約とを比較し、等口数解約の方が有利そうだという事を説明します。

    同時にそれぞれのメリット・デメリットを挙げてみます。


    1. 解約シミュレーションとその結果


    1-1. シミュレーション設定

    某外債型投信の運用損益実データを使いシミュレーションします。最初10,000千円保有(基準価額10,000円で10,000千口)していたとして、これを毎月解約します。

    解約は2種類で
    ①毎月50千口ずつ解約した場合(青)※等口数解約
    ②毎月60千円ずつ解約した場合(赤)※等金額解約
    のそれぞれの場合での運用状況の変化を考えます。


    1-2. シミュレーション結果

    結果は下図のようになりました。

    KaiyakuHikaku_ToukuchiToukin.png
    ※クリックで拡大します。


    1-3. 上図の説明

    青線上方:
    等口数解約での総資産額(保有投信+解約後の受け取り金)推移です。

    青線下方:
    等口数解約での月々の解約金です。等口数解約では、区間①のように運用成績が悪い時は、1口あたりの価額が小さくなるため、受け取る金額が少なくなります。逆に区間②のように運用成績が良い時は、受け取る金額が多くなります。

    赤線上方:
    等金額解約での総資産額(保有投信+解約後の受け取り金)推移です。

    赤線下方:
    等金額解約での月々の解約金です。等金額解約では、投信の運用状況の良し悪しに関わらず、月々同じ金額を受け取る事になります。


    1-4. パフォーマンス比較

    最終的には2014年3月に
    等口数解約:12,104千円
    等金額解約:11,670千円
    の総資産になりました。

    等口数解約の方が433千円多くの資産を持つ事になりました。同じ金融商品での運用でも、解約手法の違いにより、パフォーマンスが異なる事になります。


    2. 結果分析と、等口数解約と等金額解約のメリット・デメリット


    2-1. 結果分析

    上記のシミュレーションでは、等口数解約が等金額解約と比べて良い成績となりました。この要因を2つ程挙げてみます。

    要因①
    等口数解約では、運用状況が良くない「区間①の部分」での解約金額が少なくなっています。解約金が少なかった分、区間②における上昇相場でのリターンが多くなりました。安い所で売らなかった事が、等口数解約でのパフォーマンスが良かった要因の1つです。

    要因②
    等口数解約では、運用状況が良い「区間②の部分」での解約金額が多くなっています。この期間に高値で売る事が出来た分、等口数解約のパフォーマンスが良くなっています。


    2-2. 等口数解約と等金額解約のメリット・デメリット

    以上の結果を踏まえ、各解約手法のメリット・デメリットで考え付くものを列挙してみます。


    等口数解約のメリット:
    ①安値で手放す金額が少なくなるため、運用成績を良くする事が期待できる
    ②高値で売る金額が大きくなるため、運用成績を良くする事が期待できる
    ③同じ口数ずつ解約するため、解約する期間の長さを読む事ができる

    等口数解約のデメリット:
    ①受け取る金額が投信の運用成績に依存するため、不安定となる
    ②一方的な右肩上がり相場の場合、解約金が増える事に伴い更なる上昇の恩恵を得にくい

    等金額解約のメリット:
    ①受け取る金額が投信の運用成績に依存せず安定する
    ②一方的な右肩上がり相場の場合、解約金が増えない分だけ更なる上昇の恩恵を受けられる

    等金額解約のデメリット:
    ①安値で解約する口数が多くなるため、安値売りの多さから運用成績が悪くなる事がある
    ②高値でも売る金額が大きくならずに一定のため、利益確定の機会損失となる事がある
    ③解約する口数が投信の基準価額に依存するため、解約する期間の長さを読む事ができない


    3. その他・所感


    等口数解約の方がメリットは多そうです。ドル・コスト平均法の逆で、解約時には等口数解約が、等金額解約と比較し、平均売却価額の観点で有利だという事が数式を使って示せたりもします。

    参照:投信運用出口戦略には、「等口数解約」が効果的(過去記事)


    ただし、値動きによっては等金額解約の方が資産総額が大きくなる事もあり、一概には言えません。結局は、「いかに安く買い、高く売るか」という運用側面と、「安定したキャッシュフローの価値・重要性」という生活面での折り合いで決める事になるのかも知れません。


    スポンサーサイト
    2014.05.02 / コメント:: 2 / トラックバック:: 0 / PageTop↑

    資産運用出口戦略 「等口数売却」と「等金額売却」との比較
    Kapok の資産運用投資手法出口戦略
    金融商品の買付手法の1つである「等金額買付」は、「等口数買付」と比べて、平均取得価額の観点で有利だと知られています。(ドル・コスト平均法の説明などで、良く言及されていますよね。)

    この反対に、運用資産の売却時は、「等口数売却」が、「等金額売却」と比べて、平均売却価額の観点で有利となります。具体例を挙げ、それに関する特性をまとめます。


    1. 投信売却時の「等口数売却」と「等金額売却」との比較


    例として、下図に示す通り、基準価額が8,000円→16,000円→6,000円→10,000円と推移した投信を考えます。(投信の基準価額は、1万口あたりの値段とします。)

    この投信を、1万口ずつ「等口数売却」した場合と、1万円ずつ「等金額売却」した場合とを比べます。

     「等口数売却」と「等金額売却」との比較
    ※クリックで拡大します。


    結果です。「等口数売却」も「等金額売却」も、どちらも4万円分売却しています。一方で、解約した口数は、「等口数売却」が40,000口、「等金額売却」が45,417口で、「等金額売却」の方が10%以上多くの口数を解約して減少させた事になっています。

    このことからも、「等口数売却」は、「等金額売却」と比べて、平均売却価額の観点で有利だと分かります。「等口数売却」は、「高値で多く売り、安値ではあまり売らない」事がシステマティックにできる、有利な手法だと考える事ができます。

    ※数式を用いた一般論(過去記事)は↓
    投信運用出口戦略には、「等口数解約」が効果的

    注意) 資金が尽きるタイミングの違い次第では、「等金額売却」の方が「等口数売却」よりも有利(平均売却価額が上がる)となるパターンも存在しています。


    2. 「等口数売却」と「等金額売却」との、その他の特性の比較


    その他、メリット・デメリットを箇条書きにします。

    2-1. 等口数売却

    メリット:
    売却が完了する時期を読む事が出来る。

    デメリット:
    売却時の売却金額が読めない。(キャッシュフローが安定しない。)
    自動売却(等口数売却)のサービスは、まだ無いため、手動の解約が必要になる。

    2-2. 等金額売却

    メリット:
    売却時の売却金額が決まっている。(キャッシュフローが安定している。)

    デメリット:
    売却が完了する時期が読めない。(想定よりも基準価額が上がれば、売却期間が長くなる半面、基準価額が下がれば、資金が尽きる時期が前倒しとなる)


    3. 所感


    3-1. 結局は環境に応じて柔軟に

    平均売却価額の事のみを考えると、「等口数売却」が良さそうですが、一長一短なので、環境に応じて柔軟に解約手法を設定していきたい所です。


    3-2. 「等金額売却」のサービスをうまく利用するのも有り

    「等口数売却」と「等金額売却」とで平均売却価額が異なる原因は、基準価額の変動です。ですから、売却前後のライフステージで、ボラティリティを抑えた運用をしていれば、「等金額売却」によって、「等口数売却」と比べて不利ではない売却ができ、かつ安定したキャッシュフローが得られるため、良いかも知れません。


    3-3. 出口では毎月分配型投信の利用も有り

    基準価額が高い時に多く分配をして、基準価額が低い時に分配金を減らすタイプの毎月分配型投信は、「等金額売却」に比べて「等口数売却」に近いキャッシュフローとなります。ですので、出口戦略に有効に利用できる場合があります。


    2013.05.09 / コメント:: 2 / トラックバック:: 0 / PageTop↑

    投信運用出口戦略には、「等口数解約」が効果的
    Kapok の資産運用投資手法出口戦略
    リスク資産を保有していれば、いずれそれを換金する事になります。

    リスク資産購入時には、等金額買付(ドル・コスト平均法)が、等口数買付と比較し、平均取得価額の観点で有利である事が、広く知られていますが、解約時はどうなのでしょう。

    ドル・コスト平均法の逆で、解約時には、等口数解約が、等金額解約と比較し、平均売却価額の観点で有利ですね。念のため、数式を使って示してみます。

    [続きを読む]


    2011.11.20 / コメント:: 7 / トラックバック:: 0 / PageTop↑




    Pagetop↑
    ブログ内検索
    プロフィール

    Kapok

    Author:Kapok


    個人投資家。1986年生まれのサラリーマンです。将来、資産運用で財産を築き、自由に暮らす事を夢見ています。

    ブログについて
    「資産運用について調べた事・考えたこと」をブログのメイン記事にしています。

    記事の情報の正確さには注意を払っていますが、保証はしません。投資判断は自己責任でお願いします。

    Kapok
    資産運用の方針
    資産運用は、下記の規定の範囲内で行っています。私Kapokが、どのような個人投資家であるかがよく分かるファイルになっています。

    Kapok の資産運用規定

    最近の記事・コメント

    アクセスカウンター
    ↑ポインタを合わせると、1週間のアクセス数推移が確認できます。

    Since Mar.17/2011
    Twitter
    おすすめ書籍
    ウォール街のランダム・ウォーカー 株式投資の不滅の真理
    Kapokの投資哲学に大きな影響を与えた1冊。個人投資家必読の書。

    スポンサー
    相互リンク
    資産運用全般

    株式個別銘柄投資 etc.

    投資信託 etc.

    債券・預貯金

    FX・派生商品 etc.

    その他 有価証券

    資産運用以外
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。