スポンサーサイト
    Kapok の資産運用スポンサー広告
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --.--.-- / コメント:: - / トラックバック:: - / PageTop↑

    「リバランス閾値の調整」 ポートフォリオのリバランスコストを下げるには?
    Kapok の資産運用投資手法リバランス
    投資戦略の1つに「ポートフォリオを組み、リバランスをする」というものがあります。このリバランスを実行するタイミングは、

    ①一定期間ごとにリバランス
    ②目標ポートフォリオからのずれが大きくなった際にリバランス

    の2つのパターンが考えられますが、今、②のパターンを考えます。

    この時、どれくらい目標ポートフォリオからのずれを許容するべきでしょうか。許容度を決める要素を列挙していきます。


    1. 「目標ポートフォリオからのずれの許容範囲」を決めるための要素


    1-1. 売買コスト

    売買コスト(手数料・税金)が高くなる場合、リバランスは少ない方が良いため、リバランス方針は、目標ポートフォリオからの乖離が大きくなる事を許容する方向に向かいます。


    1-2. リスク許容度

    リスク許容度が大きい場合、多少ポートフォリオの値動きが大きくなっても良いため、リバランスは多くは行わずに済みます。このため、リバランス方針は、目標ポートフォリオからの乖離が大きくなる事を許容する方向に向かいます。


    1-3. 残りの部分との相関

    ポートフォリオの残りの部分も同じような値動きをする事が期待できる場合、リバランスの必要性が薄れるため、目標ポートフォリオからの乖離が大きくなる事を許容する方向に向かいます。


    1-4. ボラティリティ

    値動きが激しい資産は、目標ポートフォリオからの乖離が大きくなりやすいため、乖離をあまり放置できず、リバランスはある程度早めに行う事が必要になります。


    2. リバランス閾値の調整と、その効果


    「リバランスをして、ポートフォリオのリスクを調整するのが良いか」それとも「リバランスコストを考慮し、リバランスをしない方が良いか」は、上記の要素を考え、決めていく事になります。

    ポートフォリオの各資産でそれぞれ、リバランス閾値をうまく調整すれば、低コストで適切なリスクコントロールが可能になります。

    運用のプロであれば、そこまで考えていてくれて、ポートフォリオを構築してくれている事でしょう。(恐らくのお話です・・・。)


    3. 私は現状、そこまで計算して運用をしてはいません


    その一方で、私は怠惰な個人投資家ですので、そこまで考えて運用していません。そもそも「定期リバランス」を採用しており、閾値の設定すら考えていませんでした。

    ですが、いずれは勉強も兼ねて、上記4項目(4要素)を数理的に考えていきたい気もします。ただ、やっぱり結構面倒くさそうですね。 ^^;


    4. 参考


    Portfolio Rebalancing: Setting Optimal Asset Class Target Corridors(Financial Education)
    ※リンク最終確認:2013/6/27


    スポンサーサイト
    2013.06.27 / コメント:: 3 / トラックバック:: 0 / PageTop↑

    リバランス戦法のデメリット: 資産全体を毀損する可能性について
    Kapok の資産運用投資手法リバランス
    リバランスは、資産配分比率を守るための売買です。(相対的に)値上がりした資産を売り、値下がりした資産を買う事になります。これは、「安値で買って高値で売る」を実現させる有効な投資手法として、投資教本でも広く扱われています。

    ただ、メリットもあればデメリットもあります。一例を挙げてみます。


    1. リバランス戦法が裏目に出る場合


    i) 値動きと売買

    下図のように4つのアセット(アセットA, B, C, D)を等比で持つポートフォリオを組み、リバランスする事について考えます。

    rebalance4asset.png
    ※クリックで拡大します。

    ①最初
    各アセット25万円ずつ、合計100万円

    ②アセットAだけが5分の1に値下がり
    アセットA:5万円/ アセットB~C:各25万円、合計80万円

    ③リバランス
    各アセット20万円ずつ、合計80万円

    ④アセットAだけがさらに5分の1に値下がり
    アセットA: 4万円/ アセットB~C:各20万円、合計64万円


    ii) どう、リバランスが裏目に出たか

    ④において、最終的に資産は64万円、すなわち36万円の損失となっています。もともとアセットAには25万円しか投資していませんので、アセットAだけが値下がりした場合、損失は最大25万円で済みそうなものでしたが、そうはなっていません。リバランスが裏目に出て、損失が膨らんだ形となっています。

    ②→③において、アセットAを「リバランス買い」してしまった事が、傷口を広げる原因です。


    2. リバランスのデメリット


    リバランスは、何か1つのアセットが下がり続けた場合、他のアセットが下がらない場合でも、リバランスを通じて資産全体が毀損していきます。保有比率がわずかな資産でも、それが下がり続けると、計算上はリバランスを通じて全体資産全損失の可能性が出てきます。(日々リバランスをしているバランス投信等を購入する場合、ここらへんは特に注意するべき事だと思います。)

    リバランス戦法は、調子の良いものを売り、調子の悪いものを買う、典型的な逆張り戦法の1つですので、一方的な価額の動きに対しては弱いのです。


    3. リバランスのデメリットを避けるために


    予想外に保有アセットが下がり続ける可能性は考えておくべきです。たとえば、どこまでも円高が進み、海外アセットがダダ下がりするかもしれませんし、日本国債の金利が上がり続ける可能性もあります。

    このような場合のリバランスのデメリットを避けるために、どうすれば良いのか考えてみました。その結果、「リバランス原資にしない資産を持っておく」という作戦を思いつきました。まあ、そうなりますよね。

    ですので、資産は
    1.リバランスをし、「安値買い・高値売り」を狙っていく部分
    2.リバランスをせず、「分散投資の効果」を享受する部分
    に分けて管理するのが、betterかと、そう思います。

    2012.12.26 / コメント:: 7 / トラックバック:: 0 / PageTop↑

    「バイ&ホールド」と「リバランス」との運用成績シミュレーション比較
    Kapok の資産運用投資手法リバランス
    「先日書いた記事」で、50% の確率で2倍になり、50%の確率で半値になる金融商品について、考察をしました。

    この金融商品をバイ&ホールドした際の運用成績と、「金融商品 50%、無リスク資産 50%」の投資比率を守るようにリバランスを繰り返した際の運用成績とを、シミュレーションし、比較してみました。

    [続きを読む]


    2012.04.06 / コメント:: 4 / トラックバック:: 1 / PageTop↑

    「成長しない金融商品」を使って儲ける方法
    Kapok の資産運用投資手法リバランス
    下に示すような、「成長しない金融商品」を使い、儲ける方法(厳密には儲けが期待できる方法)を紹介します。「リバランス戦法」を使います。

    [続きを読む]


    2012.04.04 / コメント:: 2 / トラックバック:: 0 / PageTop↑

    アセアロを組んだ際、それを「リバランス」し維持する事のデメリット
    Kapok の資産運用投資手法リバランス
    アセットアロケーションを組んだ際、それをメンテナンス(リバランス)する事には、メリットもありますが、デメリットもあります。

    デメリットに焦点を当ててみます。

    [続きを読む]


    2011.11.24 / コメント:: 2 / トラックバック:: 0 / PageTop↑




    Pagetop↑
    ブログ内検索
    プロフィール

    Kapok

    Author:Kapok


    個人投資家。1986年生まれのサラリーマンです。将来、資産運用で財産を築き、自由に暮らす事を夢見ています。

    ブログについて
    「資産運用について調べた事・考えたこと」をブログのメイン記事にしています。

    記事の情報の正確さには注意を払っていますが、保証はしません。投資判断は自己責任でお願いします。

    Kapok
    資産運用の方針
    資産運用は、下記の規定の範囲内で行っています。私Kapokが、どのような個人投資家であるかがよく分かるファイルになっています。

    Kapok の資産運用規定

    最近の記事・コメント

    アクセスカウンター
    ↑ポインタを合わせると、1週間のアクセス数推移が確認できます。

    Since Mar.17/2011
    Twitter
    おすすめ書籍
    ウォール街のランダム・ウォーカー 株式投資の不滅の真理
    Kapokの投資哲学に大きな影響を与えた1冊。個人投資家必読の書。

    スポンサー
    相互リンク
    資産運用全般

    株式個別銘柄投資 etc.

    投資信託 etc.

    債券・預貯金

    FX・派生商品 etc.

    その他 有価証券

    資産運用以外
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。