スポンサーサイト
    Kapok の資産運用スポンサー広告
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --.--.-- / コメント:: - / トラックバック:: - / PageTop↑

    夏の終わり 雨天での京都観光の風情
    Kapok の資産運用写真観光地
    2014年の8月に京都を観光した時の写真です。
    (フォルダ整理で発掘されました。)


    天龍寺の庭園:
    IMG_0995m.jpg
    雨が降れば観光日和ではなくなるかと思っていましたが、そうではありませんでした。水に濡れた草木が瑞々しく、生気あふれる場所になっていて楽しめました。


    大河内山荘:
    IMG_1014m.jpg
    木々が少し紅葉していました。


    庭園の水の流れ:
    IMG_1049m.jpg
    庭園は雨水で水浸しになるわけではなく、水の流れ・排水を考えて設計されいました。この事は、ちょっとした驚きでした。

    晴れの日には見られない、水の流れ(結構複雑でした)を知る事ができました。

    観光・撮影:2014年8月16日


    スポンサーサイト
    2014.12.10 / コメント:: 2 / トラックバック:: 0 / PageTop↑

    「渉成園」「二条城」「銀閣寺」を観光しました
    Kapok の資産運用写真観光地
    京都駅の北東エリアを観光しました。いくつか観光地をまわり、写真を撮りました。その中で、私が気に入ったものを投稿・紹介していきます。


    渉成園の水辺の景色:
    IMG_0838m.jpg
    渉成園(しょうせいえん)は京都駅から徒歩10分程度の場所に位置する、東本願寺の飛び地境内です。比較的マイナーな観光地のようで、京都の他の寺社に比べて観光客は少な目です。

    庭・池・島・茶室など、多くの見どころをゆっくりと楽しむ事ができます。渉成園からの徒歩圏には、東本願寺・西本願寺等の観光地も多いため、この地を観光経路に入れるのも良いと思います。


    二条城の唐門・二ノ丸御殿:
    IMG_0874m.jpg
    写真は二条城の唐門(からもん)と、二ノ丸御殿です。唐門の豪華な装飾は、特に外国人に評判が良いようで、記念写真の撮影スポットになっていました。

    画像奥の二ノ丸御殿は、その内部を観光でき、江戸時代に大政奉還が発表された大広間などを見る事ができました。


    回遊式庭園から見下ろした銀閣寺:
    IMG_0914m.jpg
    銀閣寺の庭園は池泉回遊式庭園になっており、苔や草木や川の流れを楽しみながら散歩する事ができるようになっています。

    写真は、その庭園から見える銀閣寺です。


    観光・撮影:2014年8月15日

    参考リンク:

    二ノ丸御殿(元離宮二条城)
    ↑二条城の二ノ丸御殿の内部について紹介されています。

    銀閣寺(京都おもしろスポット)
    ↑銀閣寺の見どころについて載っています。

    ※リンク最終確認:2014/8/19

    2014.08.19 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑

    「錦帯橋」と、その周辺エリアを観光しました
    Kapok の資産運用写真観光地
    山口県岩国市の名橋「錦帯橋」と、その周辺エリアを観光しました。


    錦帯橋:
    IMG_0736m.jpg
    錦帯橋は日本三名橋・日本三奇橋とされる5連の木造橋です。岩国城と城下町を結ぶ歴史ある橋で、錦川の洪水に耐えられるように設計された、橋を支える強固な石垣が特徴です。

    写真左奥の山の上には岩国城も小さく写っています。岩国城へはロープウェイに乗り、山頂駅から徒歩10分程度で行く事ができます。


    日本庭園:
    IMG_0787m.jpg
    吉香(きっこう)公園の北端にある日本庭園です。四季の木々の変化が豊かな公園である事がうかがえ、新緑や紅葉の季節にも観光してみたいと思いました。

    庭園の近くには、菖蒲園や吉香神社、岩国城へ向かうロープウェイの山麓駅や、国の天然記念物に指定された「シロヘビ」を観察できる施設があります。


    六角亭:
    IMG_0819m.jpg
    六角亭は吉香公園の西端にある建物で、1918年に韓国から移築されたものだと言われています。この建物周辺、特に紅葉谷公園の道は、紅葉シーズンには多くの人が訪れる名所のようです。

    観光・撮影:2014年8月14日

    参考リンク:

    吉香公園エリア案内地図(岩国の観光.com)
    ↑周辺の観光地が載っています。

    錦帯橋(wikipedia)
    ↑錦帯橋の歴史等の詳細が載っています。

    ※リンク最終確認:2014/8/18

    2014.08.18 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑

    「秋芳洞・秋吉台」を観光しました。
    Kapok の資産運用写真観光地
    山口県美祢市の秋芳洞・秋吉台を観光しました。秋吉台は日本最大のカルスト台地で、その地下の鍾乳洞が秋芳洞です。


    秋芳洞入口:
    IMG_0637m.jpg
    観光したのは夏真っ盛りでしたが、洞に近づくととても涼しくなります。洞内は年間通して17℃程度のため、夏は涼しく感じます。

    鍾乳石の炭酸カルシウムでしょうか。洞から流れ出る水は少し白く、画像下方のように不思議な色の川になります。


    洞内入口すぐ 秋芳洞冒険コースからの景色:
    IMG_0651m.jpg
    洞内で追加料金が必要ですが、「秋芳洞冒険コース」を散策できました。秋芳洞冒険コースは梯子を上ったり、足場の悪い道を通ったり、普通のコースと比べてちょっとした冒険ができます。

    画像はその冒険コースから撮影した鍾乳洞入口の様子です。下方に歩いている人と比べれば、洞の大きさが実感できる写真になりました。


    洞内の百枚皿:
    IMG_0658m.jpg
    画像は百枚皿と呼ばれる、自然に出来た美しい水たまりです。洞内には他にも、黄金柱や大松茸、大黒柱やマリア観音と名付けられた自然のアート作品が多数見られます。


    秋吉台:
    IMG_0713m.jpg
    秋芳洞の観光コースの途中に秋吉台へのエレベーターがあり、それで地上へ出れば秋吉台を散策できます。カルスト地形独特の窪みがあちこちにあり、石灰岩がごろごろとあります。

    写真の道は、結構遠くまで続いている様子でした。個人的にはWindowsXPのデスクトップ画面を彷彿させる光景だと思いました。

    観光・撮影:2014年8月12日

    参考リンク:

    秋芳洞(カルストドットコム 秋吉台・秋芳洞観光サイト)
    ↑秋芳洞の洞内地図や交通アクセスなど、詳細が載っています。

    鍾乳洞のでき方(京都市青少年科学センター)
    ↑鍾乳洞のでき方や、石灰岩等の化学式が気になってしまう理系の方のために貼っておきます。

    ※リンク最終確認:2014/8/16

    2014.08.16 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑

    「若葉東公園」と「みなみもと町公園」 散策しました
    Kapok の資産運用写真観光地
    「若葉東公園」と「みなみもと町公園」を散策しました。2つの公園は東京都新宿区にあり、JR中央線四ツ谷駅・丸ノ内線や南北線の四ツ谷駅が最寄りの駅です。


    若葉東公園のアーチと列柱:
    IMG_0557m.jpg
    若葉東公園は迎賓館に臨む、異国情緒ある公園です。写真中央のアーチは、季節によっては薔薇の花のアーチになるようです。また、中央奥の列柱(コロネード)の中央は噴水になっています。


    みなみもと町公園の遊歩道:
    IMG_0555m.jpg
    木の手すりが公園に高級感を与えています。みなみもとまち公園には他にもアスレチックや、謎の石柱(霧状に水が出るらしいです)があります。広くはありませんが、散歩には良い公園でした。


    学習院初等科前交差点の緑と青空:
    IMG_0556m.jpg
    交差点の景色です。青空は景色の配色を豊かにする事で、写真になります。夏の暑さとセミの鳴き声(ツクツクボウシもいました)が思い出されます。

    撮影:2014年8月7日


    2014.08.07 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑




    Pagetop↑
    ブログ内検索
    プロフィール

    Kapok

    Author:Kapok


    個人投資家。1986年生まれのサラリーマンです。将来、資産運用で財産を築き、自由に暮らす事を夢見ています。

    ブログについて
    「資産運用について調べた事・考えたこと」をブログのメイン記事にしています。

    記事の情報の正確さには注意を払っていますが、保証はしません。投資判断は自己責任でお願いします。

    Kapok
    資産運用の方針
    資産運用は、下記の規定の範囲内で行っています。私Kapokが、どのような個人投資家であるかがよく分かるファイルになっています。

    Kapok の資産運用規定

    最近の記事・コメント

    アクセスカウンター
    ↑ポインタを合わせると、1週間のアクセス数推移が確認できます。

    Since Mar.17/2011
    Twitter
    おすすめ書籍
    ウォール街のランダム・ウォーカー 株式投資の不滅の真理
    Kapokの投資哲学に大きな影響を与えた1冊。個人投資家必読の書。

    スポンサー
    相互リンク
    資産運用全般

    株式個別銘柄投資 etc.

    投資信託 etc.

    債券・預貯金

    FX・派生商品 etc.

    その他 有価証券

    資産運用以外
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。