スポンサーサイト
    Kapok の資産運用スポンサー広告
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --.--.-- / コメント:: - / トラックバック:: - / PageTop↑

    なぜ資産を運用するか? ~資産運用の目的について
    Kapok の資産運用運用方針・実績運用方針
    私は有価証券の売買を通して、資産を運用しています。その目的について、改めて考えてみました。2014年4月現在、考えている事を大きく3項目に分けて挙げてみます。


    1.資産を増やす事


    1-1.投資のリターンを得る

    投資の最大の目的は、リターンを得る事だと考えています。

    「リターン=売却時等で受取った金額―買付時等で支払った金額」です。これを踏まえ、(リターンを得て資産を増やすために、)安く買う事と高く売る事には気を付けて運用をしたいと考えています。


    1-2. 知見の修得

    後述しますが、資産運用を行う事で、さまざまな事(政治・経済、企業、語学、プログラムやマクロ等)に興味を持ち、知見を修得するようになります。

    この知見は、一種の自己の資産だと考える事ができます。この知見を増やしていく事を意識した運用を行っていきたいと考えています。


    2.資産を守る事


    2-1.分散投資による資産の大きな毀損を避ける

    例えば、「資産は預貯金のみ」という運用をしていた場合、円の暴落やインフレが起きた際に、資産が実質的に大きく目減りする事態になってしまうかもしれません。

    分散投資をしていれば、その影響を小さくする事が期待できます。


    2-2.出費の少ない趣味

    人の趣味は種々あります。中にはお金のかかる趣味もあり、例えばクルマとかですと、結構出費が嵩む事だと思います。

    その一方で資産運用は元金こそ必要ですが、回収不能な大きな支出が継続的にあるわけではありません。趣味としては安いもので、支出を抑えるという意味で、資産を守る事に効果があると考えています。


    3.見聞を広める事


    投資をしていると、いろいろな事に興味がわきます。自身の資産動向に関わりますので、特に為替と株の値動きのニュースは興味を持って聞く事ができるようになります。

    同様に政治・経済もおもしろくなりますし、株式個別銘柄投資を行えば決算短信等のプレスリリースを読む事を通して、世の中の企業活動について理解が深まります。

    外国の金融商品を購入すれば、外国語を読む機会が増え、語学の勉強になります。指標や値動き等の数値分析は、数学やExcel等のツールの勉強になります。

    以上のように、資産運用を通して様々な事に興味を持ち、見聞を広める事は悪くないと思います。これらの要素は、資産運用の目的の一つとして意識したいと思います。



    この記事は、2012年1月11日に作成、投稿した記事を加筆・修正し、再投稿しています。


    スポンサーサイト
    2014.04.02 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑

    資産運用では娯楽性の追求も大切
    Kapok の資産運用運用方針・実績運用方針
    資産運用では、将来の大きなリターンを得るために、将来の価値が不確定な金融商品を購入します。このためリターンの追求は資産運用の最も大切な事だと言って良いと思いますが、その一方で娯楽性も重視したい要素の一つだと、最近考えるようになりました。


    1. 重視したい娯楽性(リターン以外の箇所)


    株主優待:
    もらってうれしいし、楽しめます。

    配当金・分配金:
    気づかない内に入っていると得した気分です。

    国内外株式:
    購入すれば株・為替を始めとした経済ニュースや政治ニュースへの関心が増します。また、普段の生活でも「これどこの会社が作っているのか」など、物事をみる視点が豊かになります。

    外国株個別銘柄:
    英語など、外国語の勉強になります。


    2. 考え方の変遷


    私は今まで、将来期待できるリターンの最大化を目指して運用してきましたが、アベノミクス効果などである程度の含み益が出て来ますと、それ以外の事も重視したくなりました。

    私は比較的若く、運用規模も小さい投資家ですので、今の内に資産運用を通していろいろな事を学ぶのは、人生を豊かにする事もあるでしょうし、金融リテラシーの向上にも役立つはずです。

    さて、そのためにどうすれば良いか考えると、ウォール街のランダム・ウォーカーのような投資教本通りの低コスト分散投資志向ではなく、「良いと思った銘柄・おもしろいと思った銘柄」等、娯楽性を志向する事で多くの事に興味を持ち、学んでいくのが良いと思いました。

    具体的には、例えば低コストを志向していればアセアン株式は手数料(特に為替スプレッド)が気になり手が出しにくかったですが、これも娯楽性を重視すれば購入は可能となり、株式個別銘柄投資を通して、異国の経済・文化にも親しめるようになるはずです。

    以上の考えから、今後はもっと、資産運用を楽しめるような運用にシフトしようと思っています。





    2014.03.15 / コメント:: 2 / トラックバック:: 0 / PageTop↑

    私の「資産運用規定」を作成・公開しました
    Kapok の資産運用運用方針・実績運用方針
    私の「資産運用規定」を作成・公開しました。
    ↓これです。
    Kapok の資産運用規定



    私がどのような指針で、どのような資産運用を行っているかをまとめました。今までちゃんとまとめていなかった事でしたので、運用方針について整理する機会にもなり良かったと思います。

    これは、私がどのような資産運用ブロガーであるかを紹介するのにも良い資料となりそうです。


    2013.07.20 / コメント:: 8 / トラックバック:: 0 / PageTop↑

    私の「資産運用の基本方針」および、その設定理由について
    Kapok の資産運用運用方針・実績運用方針
    2013年3月時点での、私Kapok(個人投資家)の運用方針とその設定理由について、まとめておきます。(当然ですが、運用方針は必要に応じて、今後変更する事があります。)


    1. 運用原資投入枠


    1-1 方針

    給与の内、月々3万円もしくは5万円だけを、運用原資としてネット証券の口座に入金します。入金を3万円にするか5万円にするかは、入金時の運用損益で決めます。利益が出ている時は3万円、損失が出ている時は5万円の入金です。


    1-2 方針の設定理由

    運用する資金の入金額に制限を設けています。運用原資枠を超える額を、運用原資として投入し資産運用をする事はありません。収入の運用原資以外の部分は、資産運用以外で、生活を充実させるために使うか蓄える(普通預金)事に利用するためです。

    また、損益で投入額を変更(3万円 or 5万円)します。これは保有する有価証券の平均取得価額を下げる事で、勝率を上げるためです。私はリターンの期待値だけではなく、勝率も重視したいため、このように設計しています。


    2. 基本ポートフォリオ


    2-1 方針

    低リスク資産:50%
    リスク資産:50%

    のポートフォリオを基本ポートフォリオとします。
    (アセットクラス毎に目標比率を定めません。)

    低リスク資産は「預貯金(円)」「国内債券(円建)」「海外債券(為替ヘッジ付き)」等、低リスクなアセットクラスで構成します。

    リスク資産は、「株式」「不動産」「海外債券」等、一般的なリスク資産で構成します。


    2-2 方針の設定理由

    自身の運用能力から実現可能だと思われる運用成績(リスク・リターン)から、最も高い成長性が期待できるポートフォリオをケリー基準に従い算出しました。

    その結果、フルインベストメントでリターンを追求するよりも、キャッシュを保有し、それを用いて下落相場時に割安銘柄を拾いに行く方が有利であると分かりました。この事から、50:50のポートフォリオを導入し、今に至ります。

    管理の簡単さや、リスク許容度の観点からも、このポートフォリオは私に合います。
    暫くはこのポートフォリオで行きます。


    3. 個別銘柄取引(株式)


    3-1 方針

    企業の成長と比較し、株価が割安と思われる銘柄を購入し、その割安さが解消されるまでの間保持を続ける事を基本方針とします。(より割安な銘柄が見つかれば、そちらに乗り換えます。)

    また、統計的に有利と思われる場合があれば、その取引を行う事を可能とします。


    3-2 方針の設定理由

    株式個別銘柄取引を行います。将来的に高い収益を得られる運用能力の修得を目指しています。また、銘柄選定を通して、多くの事柄に興味を持ち、知見を充実させる事も目論んでいます。


    4. その他


    4-1 方針

    その他、有利と思われる取引を行います。ただし、下記4点の取引を行わない事とします。

    ①不正な取引
    ②オプション売り
    ③401k
    ④従業員持株会


    4-2 方針の設定理由

    オプション売りは、負けた時の損失額が大きくなり、資産運用の継続不能状態に陥る可能性があるため、利用しません。401kは「先行き不透明感」と「投資の柔軟性を著しく欠く」ため、利用しません。

    持株会は、リスク分散の観点から利用しません。


    以上



    2013.03.28 / コメント:: 2 / トラックバック:: 0 / PageTop↑

    保有株を売却する基本思想・タイミングについて
    Kapok の資産運用運用方針・実績運用方針
    先日、保有株の売却について質問を受けました。折角ですので、私がどういう売却方針でいるのかについて投稿します。


    1. 売却の基本方針


    資産運用でリターンを得るためには、「安く買い、高く売る」が実現できれば、それだけで十分です。ですので、安いと思ったら買い、高いと思ったら売るように心がければ良いはずです。

    私はそう考えていますので、私は「業績と比較して、株価が高いと思った時」に株を売却します。


    2. 「株価が高い」とは


    「株価が高い」と判断するには、2つのパターンがあります。

    i) 株価が上昇した

    目論見通り株価が上昇して株高になり、「企業の業績と比べても株価が割高だ」と思った時は、売却を行います。

    ii) 業績不振になった

    企業の業績が期待通りではなく、予想よりも悪くなった場合も、株の割安感は消えてしまいます。この場合も、「業績と比べて株価が割高」だと判断できるならば、株を売却を行います。


    3. 株の保有期間


    上記のようにして株を売りますので、株の保有期間は一定にはなりません。割安だと思っていれば、何年でも持ち続けますし、割高だと思えば、保有期間が短くても売却をすべきだと考えています。

    ただ、実際には保有株の業績のチェックは面倒ですので、実態としては、私は怠慢からだらだらと株を何年間も持ち続けています。

    まあ、だらだらと持ち続けても良いような、安定して成長している将来性のあるビジネスモデルをもつ企業の株を買う事を心がけていますので、それでも良いと思っています。


    2013.03.12 / コメント:: 2 / トラックバック:: 0 / PageTop↑




    Pagetop↑
    ブログ内検索
    プロフィール

    Kapok

    Author:Kapok


    個人投資家。1986年生まれのサラリーマンです。将来、資産運用で財産を築き、自由に暮らす事を夢見ています。

    ブログについて
    「資産運用について調べた事・考えたこと」をブログのメイン記事にしています。

    記事の情報の正確さには注意を払っていますが、保証はしません。投資判断は自己責任でお願いします。

    Kapok
    資産運用の方針
    資産運用は、下記の規定の範囲内で行っています。私Kapokが、どのような個人投資家であるかがよく分かるファイルになっています。

    Kapok の資産運用規定

    最近の記事・コメント

    アクセスカウンター
    ↑ポインタを合わせると、1週間のアクセス数推移が確認できます。

    Since Mar.17/2011
    Twitter
    おすすめ書籍
    ウォール街のランダム・ウォーカー 株式投資の不滅の真理
    Kapokの投資哲学に大きな影響を与えた1冊。個人投資家必読の書。

    スポンサー
    相互リンク
    資産運用全般

    株式個別銘柄投資 etc.

    投資信託 etc.

    債券・預貯金

    FX・派生商品 etc.

    その他 有価証券

    資産運用以外
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。