スポンサーサイト
    Kapok の資産運用スポンサー広告
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --.--.-- / コメント:: - / トラックバック:: - / PageTop↑

    バロー(9956:JP) 優待が届きました。お米です!
    Kapok の資産運用投資対象日本株
    バロー(9956:JP)の優待が届きました。
    今回の優待はお米でした。

    9956yutai201303.jpg

    2合(300g)×4袋です。
    お米は食べますし、日持ちもしますので、嬉しい優待です。


    バローは、岐阜県を中心に展開するスーパーマーケット事業が収益柱の東証1部上場企業です。個人的には、私が大学院生だった時に、研究施設に出張した際に、よくお世話になりました。

    そこで、消費者の視点に立てる良い企業(安くておいしいものが沢山売られていました)で、長期的な成長が期待できると思ったため、それ以来私はバローの株を保有し続けています。


    スポンサーサイト
    2013.06.27 / コメント:: 2 / トラックバック:: 0 / PageTop↑

    株主提案:「野菜ホールディングス」は色あせていない
    Kapok の資産運用投資対象日本株

    1. 野菜ホールディングス


    今年もいろいろありましたが、資産運用の世界では何があったか、と振り返ってみて、何故か真っ先に浮かんできたのが「野菜ホールディングス事件」でした。

    参照:
    第108回 定時株主総会(平成24年6月27日(水)開催) 招集ご通知
    (リンク最終確認:2012/12/14)

    ある1人の株主から野村ホールディングスに提出された株主提案が皮肉たっぷりで、かつブッ飛んでいた事件です。以前笑わせて頂きましたが、久しぶりに読み返してみても、やはり笑えました。


    2. 株主提案抜粋


    枠内が引用箇所です。赤色は私がつけました。

    i) 笑いを誘う箇所

    第5号議案 定款一部変更の件(収益対人件費率の制限と万歳三唱について)

    提案の内容:貴社における収益対人件費率は二割以下とし、株主総会における万歳三唱を取りやめる旨を定款に明記する。

    提案の理由:(中略)そもそも収益対人件費率が4割強では株主への高配当は望むべくもないというものだ。また会場は狭隘で腋臭の株主も多いことから恒例の万歳三唱は止めてもらいたい。


    第12号議案 定款一部変更の件(日常の基本動作の見直しについて)

    提案の内容:貴社のオフィス内の便器はすべて和式とし、足腰を鍛練し、株価四桁を目指して日々ふんばる旨定款に明記するものとする。



    ii) 痛快に思った箇所

    第8号議案 定款一部変更の件(役員報酬としてのストックオプション制度について)

    提案の内容:役員に報酬の一部として新株予約権を付与する制度を廃止し、定款に明記する。

    提案の理由:(中略)貴社は役員報酬の一部として新株を1円で買い取る権利を付与する制度を実施し続けているが、この制度は貴社の株価を1円に近づける効果しかないので即刻廃止すべきである。



    iii) 「野菜ホールディングス」の由来はここらへんから窺えます

    第3号議案 定款一部変更の件(商号の国内での略称および営業マンの前置きについて)

    提案の内容:当社の日本国内における略称は「YHD」と表記し、「ワイエイチデイ」と呼称する。営業マンは初対面の人に自己紹介をする際に必ず「野菜、ヘルシー、ダイエツトと覚えてください」と前置きすることとし、その旨を定款に定める。(略)



    3. 所感


    株主提案は、沢山の株を持つ株主のみが提案できます。(総株主の議決権の100分の1以上または、300個以上の議決権を持つ株主に限られるようです。)ですので、これらの提案をした株主は、多くの株を持ち、損してきた株主の1人なのでしょう。

    野村HDの振舞いに対して、皮肉の1つ(※1)も言いたくなる気持ちも分かります。私は、この株主提案は多くの株主の声を代弁しているかのようで、一個人投資家として、見ていて非常に痛快に思いました。

    利益の追求と社会的貢献も重要ですが、株式会社である以上は資本の出所である株主への配慮も大切にするべきだと改めて思いました。

    私も株式会社で働いている以上、この事は留意しておくべきで、我が身振り直す機会にしたいという気持ちに最後は、なりました。


    ※1 実際には皮肉は全部で100項目存在したようです

    2012.12.14 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑

    エルピーダメモリ株 前日比 97.24% 安
    Kapok の資産運用投資対象日本株
    2012年2月29日、エルピーダメモリ株は前日比 247円安(-97.24%)で引けました。
    事情が事情なので、この日は東証も、規定に基づきストップ安を設けなかったため、このような値動きになったようです。-97% という騰落率は、なかなかお目にかかれませんので、記念にスクリーンキャプチャを撮りました。

    ※クリックで拡大します。
    6665.png

    個別銘柄運用には、このようなリスクがある事を知っておかないといけませんね。

    2012.03.01 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑

    サンシティ(8910) 民事再生法の適用を申請→上場廃止へ
    Kapok の資産運用投資対象日本株
    TOPIX構成銘柄であるサンシティ(8910)が上場廃止となりました。
    http://www.tse.or.jp/listing/kanri/b7gje600000057n3-att/SUNCITY-110926.pdf(リンク切れ)


    サンシティは、東北地方の大手分譲マンション開発・販売の会社です。
    ↓の民事再生法の適用に関する申請プレスリリースが泣かせます。
    http://www.suncity.co.jp/press/pdf2011/p20110926-3.pdf(リンク切れ)

    平成4年に設立され、平成19年度決算においては、売上700億円超、営業利益62億円超まで、業績を伸ばしてきた会社ですが、リーマン・ショック後は、不動産価値下落に伴い急速に業績が悪化、いろいろな努力も空しく、民事再生法の適応の申請に至ったようです。


    サンシティは私が初めて買った株で、結局損切をした思い出があります。

    いい会社だと思いましたが、どこがどうまずくてこういう事態に陥ってしまったのか、過去の決算短信等を読んだりして、良く考え、次の個別銘柄投資へ生かしていきます。

    2011.09.29 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑

    日本株は、投資対象から外すべきか?
    Kapok の資産運用投資対象日本株
    バブル崩壊後、4万円弱であった日経平均株価は1万円以下にまで、4分の1に下落した。その要因は、デフレ・将来予測される国内人口減や産業の衰退であった。これら株価下落要因は今後も続くと予想されるため、日本株には積極的に投資をすべきではない。

    という主張があります。
    が、私は、この意見に賛同はできません


    [続きを読む]


    2011.09.21 / コメント:: 2 / トラックバック:: 0 / PageTop↑




    Pagetop↑
    ブログ内検索
    プロフィール

    Kapok

    Author:Kapok


    個人投資家。1986年生まれのサラリーマンです。将来、資産運用で財産を築き、自由に暮らす事を夢見ています。

    ブログについて
    「資産運用について調べた事・考えたこと」をブログのメイン記事にしています。

    記事の情報の正確さには注意を払っていますが、保証はしません。投資判断は自己責任でお願いします。

    Kapok
    資産運用の方針
    資産運用は、下記の規定の範囲内で行っています。私Kapokが、どのような個人投資家であるかがよく分かるファイルになっています。

    Kapok の資産運用規定

    最近の記事・コメント

    アクセスカウンター
    ↑ポインタを合わせると、1週間のアクセス数推移が確認できます。

    Since Mar.17/2011
    Twitter
    おすすめ書籍
    ウォール街のランダム・ウォーカー 株式投資の不滅の真理
    Kapokの投資哲学に大きな影響を与えた1冊。個人投資家必読の書。

    スポンサー
    相互リンク
    資産運用全般

    株式個別銘柄投資 etc.

    投資信託 etc.

    債券・預貯金

    FX・派生商品 etc.

    その他 有価証券

    資産運用以外
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。