FC2ブログ
    移動平均線/モメンタム 【用語説明】
    Kapok の資産運用投資手法用語説明
    当ブログで扱う専門用語の説明を少し。


    1.移動平均線

    株価は日々変動する。
    が、全体として株価は上昇傾向にあるのか、下降傾向にあるのかを判断する指標の1つに移動平均線がある。
    移動平均線は、その日を含む過去何日間かの株価の終値の平均値である。

    例えば、以下のグラフは、日経平均株価の推移である。
    赤線が「5日移動平均線」(5日間の株価の平均値)
    緑線が「25日移動平均線」(25日間の株価の平均値)
    紫線が「75日移動平均線」(75日間の株価の平均値)
    となる。

    idoheikin.png
    なお、グラフは
    http://smartchart.nikkei.co.jp/smartchart.aspx?scode=0101
    で取得できる。

    このように、移動平均線は株価の変動と比べ、滑らかな曲線となる。
    すなわち、このように平均値をとることで、日々の上昇・下落に惑わされず、全体としての上昇傾向・下落傾向を知ることに役立つ。

    移動平均線は、5日、25日、75日などが有名だが、12ヶ月、24ヶ月移動平均線や、歴史的な買いチャンスを探るために120ヶ月移動平均線を考えることもある。


    2.モメンタム

    移動平均線は、その傾きが注目されることが多い。
    傾きがプラスならば、上昇相場、マイナスならば、下落相場である。
    モメンタムは、この傾きを記述した指標である。

    以下、詳しく見てみる。
    第n日の終値をc[n]で表すと、例えばn日の5日移動平均線ma5[n]は
    ma5[n]=(c[n-4]+c[n-3]+c[n-2]+c[n-1]+c[n])/5
    で表される。

    したがって、n日の移動平均線の傾きの符号と大きさは、
    ma5[n]-ma5[n-1]
    =(c[n-4]+c[n-3]+c[n-2]+c[n-1]+c[n])/5-(c[n-5]+c[n-4]+c[n-3]+c[n-2]+c[n-1])/5
    =(c[n]-c[n-5])/5
    で表される。

    今、n日目の5日モメンタムを
    mo5[n]=c[n]-c[n-5]
    で定義すると、
    n日目の5日移動平均線の傾きの大きさは、
    ma5[n]-ma5[n-1]=mo5[n]/5
    となる。

    すなわち、移動平均線の傾きの大きさに比例し、
    相場の勢いを計る指標として「モメンタム」なるものを使用できる。

    一般に、m日モメンタムは、当日の終値から、m日前の終値を引くことで計算できる。
    例えば、10日モメンタムは
    mo10[n]=c[n]-c[n-10]
    で定義される。


    参考にしたサイト:http://www.sevendata.co.jp/shihyou/technical/momentum.html (2011/2/15)


    トップページ:Kapok の資産運用
    人気カテゴリ:日経平均株価の統計・分析
    2011.02.15 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑

    「日経平均株価連騰⇒高値警戒が必要か」についての考察
    Kapok の資産運用投資環境日経平均株価
    「日経平均株価○○連騰、高値警戒感が××...」というニュースは良く耳にする。
    そこで今回、「日経平均株価は上がり続けたら下がりやすくなるのか」について考えてみた。

    データは日経平均株価。
    1987年から2010年までの24年間の終値を比較し、最終的に何日続伸したのかを調べてみた。

    nikkei225rento.png
    上のグラフはその結果。
    黒線で示すヒストグラムが、日経平均株価の最終的な続伸日数分布である。
    リニアスケール(上)および、ログスケール(下)で表示してみた。

    一方の赤線で示すヒストグラムは、乱数シミュレーターにより、数値をランダム・ウォークさせて得られた続伸日数分布である。
    さて、比べてみると、有為な差は確認できない。

    すなわち、日経平均株価が連日続伸している時、翌日は下落する確率は、コイン投げで裏が出る確率と等しいと考えて、矛盾は無い。

    結論:「日経平均株価は、上がり続けたからと言って、翌日下がる確率は変わらない。」


    関連記事:「日経平均株価続落⇒押し目買いが入るか」についての考察
    カテゴリ:日経平均株価の統計・分析
    トップページ:Kapok の資産運用
    よろしければ「Ctrl+左クリック」お願いします→人気ブログランキングへ
    2011.02.14 / コメント:: 4 / トラックバック:: 0 / PageTop↑

    「ループ」を読む
    Kapok の資産運用読み物書籍
    ループ」を読んだ。映画化され、「貞子」で有名になった「リング (角川ホラー文庫)」シリーズの完結編である。

    ずいぶん前に、1度読んだことがある本だ。
    が、ある日、寝る前に少し読んだら、続きが気になって、結局読破してしまった。

    哲学、近未来の科学技術、謎解き、など、様々な要素があり、楽しめた。
    特に、理系の人にお奨めの一冊。





    カテゴリ読んだ本
    トップページKapok の資産運用
    2011.02.13 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑

    ブログのアクセスアップのために 【記事のタイトルを長く】
    Kapok の資産運用その他思った事・思索・所感
    当ブログのアクセス解析を見て、アクセスアップのためには、どうすればよいか考えてみた。


    1.記事のタイトルは長く

    googleは、記事のコンテンツよりも、記事のタイトルを重視する様子。
    このため、複数のキーワードを含むタイトルの記事を書くと、人が来てくれる。

    例えばこの記事。
    タイトル: 【月別】日経平均株価の大幅下落回数

    「日経平均株価」で検索してももちろん当たらない。
    しかしながら、「日経平均株価 月別 大幅安」で検索すれば、google最上位で表示される。

    実際のところは、「日経平均株価 月別」で記事を閲覧してくれる人の方が多い。
    月別騰落率を見ようとして、大幅安の回数の記事に引っかかる形となっているようだ。



    2.競合相手の少ない記事のタイトルを

    出来高の少ない銘柄やマイナーな銘柄を記事のタイトルにしたり、不思議なキーワードを含んだタイトルの記事は、googleから来てくれる人が増える。

    例えばこれらの記事:
    タイトル:サンシティ(8910) 株価乱高下
    タイトル:買ったもの/暖かいズボン etc.



    3.リンクを貼る

    残念ながら、当ブログの平均滞在時間は短い。
    「3ユニークアクセスに対して、3ページビュー」すなわち3人の来訪者は3人とも直ぐに他のサイトに移動した。という時間帯もある。

    滞在時間を増やすため、今後は関連記事のリンクを貼ってみることにした。


    ----------ブログ情報-----------
    トップページ:Kapok の資産運用
    人気カテゴリ:日経平均株価の統計・分析

    よろしければ「Ctrl+左クリック」お願いします→人気ブログランキングへ
    2011.02.13 / コメント:: 2 / トラックバック:: 0 / PageTop↑

    「2月は円高傾向」かを調査 【為替:円/ドル】
    Kapok の資産運用投資環境為替
    「決算を控え、2月、3月に輸出企業は外貨を円に換えるため、為替は円高になりやすい。」という話を聞いたことがある。

    2月の円高傾向は見られるだろうか?調べてみた。
    データは1990年から2010年までの21年間の円/ドル相場。

    kawase02.png

    結果は円高12回、円安9回、
    平均は0.1%の円高、となった。

    いずれも統計誤差を考慮すれば、円高/円安への変動率・変動幅は五分五分であると言える。


    結論:「確かな円高傾向は確認できない。」



    余談:

    今年2011年の2月は82.04円/ドルで始まっている。

    もし「2009年のように8.57%もの円安ドル高になった」とすると、2月終わりには89.06円/ドル。
    もし「1993年のように5.13%もの円高ドル安になった」とすると、2月終わりには77.83円/ドル。

    になると計算できる。為替予測の一助となれば幸い。



    関連記事:「3月は円高傾向か」を調査 【為替:円/ドル】
    カテゴリ「為替」
    関連記事2月「年度末の売り相場」を検証 【日経平均株価】
    よろしければ「Ctrl+左クリック」お願いします→人気ブログランキングへ
    2011.02.11 / コメント:: 6 / トラックバック:: 0 / PageTop↑




    Pagetop↑
    ブログ内検索
    プロフィール

    Kapok

    Author:Kapok


    個人投資家。1986年生まれのサラリーマンです。将来、資産運用で財産を築き、自由に暮らす事を夢見ています。

    ブログについて
    「資産運用について調べた事・考えたこと」をブログのメイン記事にしています。

    記事の情報の正確さには注意を払っていますが、保証はしません。投資判断は自己責任でお願いします。

    Kapok
    資産運用の方針
    資産運用は、下記の規定の範囲内で行っています。私Kapokが、どのような個人投資家であるかがよく分かるファイルになっています。

    Kapok の資産運用規定

    最近の記事・コメント

    アクセスカウンター
    ↑ポインタを合わせると、1週間のアクセス数推移が確認できます。

    Since Mar.17/2011
    Twitter
    おすすめ書籍
    ウォール街のランダム・ウォーカー 株式投資の不滅の真理
    Kapokの投資哲学に大きな影響を与えた1冊。個人投資家必読の書。

    スポンサー
    相互リンク
    資産運用全般

    株式個別銘柄投資 etc.

    投資信託 etc.

    債券・預貯金

    FX・派生商品 etc.

    その他 有価証券

    資産運用以外