スポンサーサイト
    Kapok の資産運用スポンサー広告
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --.--.-- / コメント:: - / トラックバック:: - / PageTop↑

    SBI証券の「日経平均リンク債」、リターンの期待値は?
    Kapok の資産運用投資対象債券
    先日紹介した仕組債「日経平均リンク債(円建) 3.00% 1年債」。
    怪しい金融商品ではあるが、「儲かりそうか、そうではないか」について、期待値を見積もることで、判断してみた。

    1.ノックインの確率

    1987年から2010年までの24年間の日経平均株価を使って見積もってみる。

    sbi_nikkei3.png
    上の図は、年ごとの年初からの最大下落率の推移である。
    つまり、1年間の安値は、年初の始値からどれくらい下がった水準にあるのかを示したグラフとなる。

    これによると、35%以上の下落があったのは24年中3年、すなわちノックインの確率はおよそ「3/24」と予想できる。
    (※実際の確率はもっと統計的に正当な手法で見積もるべきであるが、ここでは簡単のため、上記のように計算した。)

    2.リターンの期待値の計算

    以下の2点を仮定して計算する。
    ①ノックインした場合、リターンは日経平均の下落率だけ削られる。この下落率は30%とする。
    ②ノックインしなかった場合、リターンは期待通りの年率3%となる。

    この時、もし50万円投資したならば、1年後の期待リターンは
    50万×(0.70×(3/24)+1.03×(21/24))=49万4375円

    ※1 0.70と1.03はそれぞれ、①、②の場合の資産の増減の割合
    ※2 (3/24)、(21/24)はそれぞれ、①、②の確率

    これを見ると、投資の期待リターンは元本割れとなる。

    なお、今回、リターンを甘めに計算した。しかし、実際には、ノックイン時の日経平均の最終的な下落率は30%に収まらない場合が多いであろう。また、早期償還条項により、この3%もの利金は受け取れない事が多いはずだ。

    このため、おそらく本当の期待リターンはこれよりもかなり低い水準になる。


    3.まとめと雑感

    期待リターンは、多くても投資金額以上にはならない(元本割れ)と予想できる。
    このため、この仕組債は「買うべきではない」金融商品だと思われる。

    ここからは完全な憶測だが、おそらく証券会社や銀行の販売員は、目論見書だけは当然熟読しているはずだが、このような計算はしていない。
    このため、販売員でさえ、この種の金融商品の理不尽さを見抜けず、騙されて本当に善意で販売している可能性がある。

    つまり、投資家は、自分でもリターンの見積もりをする必要がある。(当たり前か。)


    結論:「SBI証券の「日経平均リンク債」は購入を推奨することができない。」


    関連記事:
    SBI証券の仕組債「日経平均リンク債(円建) 3.00% 1年債」
    「日経平均リンク債」の目論見書における、リスクを過小評価させる表現
    スポンサーサイト
    2011.02.28 / コメント:: 4 / トラックバック:: 1 / PageTop↑

    「日経平均リンク債」の目論見書における、リスクを過小評価させる表現
    Kapok の資産運用投資対象債券
    先日紹介した、SBI証券が売り出した仕組債「日経平均リンク債(円建) 3.00% 1年債」。
    この目論見書には、「リスクを過小評価させるための表現」が散見される。

    例えば、SBI証券のHPにも引用されている、償還決定方法の図。
    sikumisai1.png
    (※1 クリックすると大きくなります。)
    (※2 参照:http://search.sbisec.co.jp/v2/popwin/info/connect/dbond/P1231.pdf

    日経平均がノックイン価格を下回ると、満額償還されない可能性が高くなることを示している。
    ノックイン価格は、すぐに調べることができ、「2011年3月8日の日経平均株価終値の65%の水準」だと分かる。

    気の利いたことに、ノックインの可能性を考える参考にと、過去の日経平均株価の最大下落率に関する資料が、次に続く。それによると「2007/11/1~2008/11/1の観測期間における下落率の-57.5%が、過去40年間の最大下落率であった」らしい。


    さて、ここまで読んで、
    「日経平均の下落率が65%となってしまったら、損する可能性があるんだな。」
    と思わないだろうか。

    そういう絵だし、そういう議論である。



    ところが、この仕組債を買った投資家は、実際には、日経平均がわずか35%下落してしまった時点で、満額償還が絶望的な状況となる。
    (この35%という数字は、「65%の水準まで下落⇔35%(=100%-65%)下落」と計算できる。)

    他にも、債権発行会社の格付けが「A+(S&P)」「Aa3(Moody’s)」「AA-(Fitch)」であることが示されており、元本割れの可能性が低い信頼できる優秀な債権であるように見せかけている。が、実状はというと、発行会社の信用がどんなにあろうとも、とにかく日経平均が35%下がってしまえば元本割れの可能性が極めて高くなる。


    このように、この仕組債の目論見書には、「リスクを過小評価させるための表現」が散見される。

    「目論見書は、慎重に、慎重に、疑り深く読む必要がある。」と思った。


    関連記事:
    SBI証券の仕組債「日経平均リンク債(円建) 3.00% 1年債」
    SBI証券の「日経平均リンク債」、期待値は?
    2011.02.26 / コメント:: 4 / トラックバック:: 0 / PageTop↑

    SBI証券の仕組債「日経平均リンク債(円建) 3.00% 1年債」
    Kapok の資産運用投資対象債券
    先日、SBI証券が「日経平均リンク債(円建) 3.00% 1年債」なる債権を、合計6億円も売りさばいていた。
    私は買ってはいないが、非常に興味があったので目論見書を読んでみた。

    目論見書はこちら↓
    http://search.sbisec.co.jp/v2/popwin/info/connect/dbond/P1231.pdf

    pointは以下の2点
    ①この債権は、年利3%もの高金利
    ただし、期間中に一度でも、日経平均株価が2011年3月8日終値の65%程度の水準まで下がった場合、満額償還されない可能性が高い。

    おそらく、リターンの期待値が低い、碌でもない金融商品で、素人の投資家から金を巻き上げるために発行されたと予想できる。販売手数料、管理報酬などは売り出し価格に組み込まれ、全く見えない仕組みになっているが、SBI証券にはどれだけ入ったのかは是非とも知りたい所。

    ところで、目論見書には、素人投資家を欺く、様々な表現が挿入されている。

    秀逸だと思うだまし表現のテクニック、および日経平均株価の変動から考えた期待リターンはどれだけ低いのかについては、次の記事で報告する。


    関連記事:
    「日経平均リンク債」の目論見書における、リスクを過小評価させる表現
    SBI証券の「日経平均リンク債」、期待値は?
    2011.02.25 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑

    「タコ足配当型」投資信託の些細なメリット
    Kapok の資産運用投資対象投資信託
    国際-ワールド・リート・オープン(毎月決算型)は、自らの資産を配当に回すことで、高い配当利回りを実現している。これにより、この投信は、あたかも運用利回りが高いかのように見せかけることで、販売実績を伸ばしてきた。タコ足配当投信の代表例であるといえる。

    タコ足配当投信であることは、マンスリーレポート(2011年1月31日作成)の1ページに載っている、以下の2点から確認できる。
    ①基準価額は設定来で10,000円から5,011円まで、4,989円すなわち49.9%も下落している。
    ②一方で、分配金は累計で6,040円も出している。

    実力に合わない過度な分配金により、資産を削ってきた様子がうかがえる。
    すなわち、配当利回りは18%程の高配当であっても、基準価額は下落するので、実質的な利回りは極めて低い水準となる。

    事実、ワリートのファンドマネージャーは、2004年7月からの累計でもわずか2.8%しか資産を増やしていない。また、1ヶ月、3ヶ月、6ヶ月、1年、3年のファンド騰落率をS&P先進国REIT指数と比べても、成績は決して良くはない事が確認できる。

    その一方で、よく考えてみると、
     (現在の基準価額+設定来分配金)/設定日の基準価額
    =(5,011+6,040)/10,000
    =+10.51%
    と設定来の累積の投資家の資産は、それなりに増えている。

    ワリートは、分配金額を引き上げたり、引き下げたりすることで、自動的に「それなりに適切な利益確定」の効果を出している。このため、投資家から見た実質リターンは、ファンドの運用成績ほど悪くはないと言うことができる。

    2011.02.22 / コメント:: 4 / トラックバック:: 0 / PageTop↑

    「騰落率の大小」のトータルリターンへの影響について 【リスクとは?】
    Kapok の資産運用投資手法シミュレーション
    投資の世界では、「リスク」と呼ばれるパラメーターがある。
    「リスク」といっても有価証券の価格下落の危険性の事ではない。
    「リスク」は、価格変動の大きさを示す指標である。

    価格変動の大きさは、小さければ小さいほど良いことが知られている。

    この理由は、例えば、
    「1万円の株が10%上がってから10%下がると、株価は9,900円となる」
    「1万円の株が50%上がってから50%下がると、株価は7,500円となる」
    ことから分かるように、大きな価格変動は、トータルリターンの減少に直結するからである。

    さて、今回はこのリスクについて、特にポートフォリオのリスクとリターンについて考えてみた。

    使用するのは乱数シミュレーター。

    日々の上昇率と下落率が同程度となるようセッティングをし、模擬ポートフォリオのリスクとおよそ10年間(2450営業日)の騰落率を比較した。

    なお、今回は模擬ポートフォリオのリスクとして、日々の騰落率の標準偏差(σ)を使用した。

    risk.png
    (注:オーバーフローのあるグラフです)

    上のグラフが、比較の結果である。

    日々の騰落率の標準偏差が、1.5%を超えた所で、10年後に資産の80%以上を失う人が出始める。
    標準偏差が4%を超えると、ほとんどの人が資産の90%以上を溶かしている。

    これは、10万円の元手で、FXや信用取引をし、
    「今日は4,000円儲かった」(←騰落率+4%)
    などと言っている勝率50%の素人投資家は、10年間で資産のほとんどを失う可能性が高いことを意味している。

    結論:
    「リスクは小さい方が良い。」
    「市場の歪みを発見する手法を持たない素人の投資家の場合、68%以上の確率で、日々の騰落率が±1.5%以下に収まるポートフォリオを構築しなければ、10年後に投資家として生き残れる可能性が低くなる」



    カテゴリ:シミュレーター
    人気カテゴリ:日経平均株価の統計・分析
    トップページ:Kapok の資産運用
    よろしければ「Ctrl+左クリック」お願いします→人気ブログランキングへ
    2011.02.21 / コメント:: 2 / トラックバック:: 0 / PageTop↑




    Pagetop↑
    ブログ内検索
    プロフィール

    Kapok

    Author:Kapok


    個人投資家。1986年生まれのサラリーマンです。将来、資産運用で財産を築き、自由に暮らす事を夢見ています。

    ブログについて
    「資産運用について調べた事・考えたこと」をブログのメイン記事にしています。

    記事の情報の正確さには注意を払っていますが、保証はしません。投資判断は自己責任でお願いします。

    Kapok
    資産運用の方針
    資産運用は、下記の規定の範囲内で行っています。私Kapokが、どのような個人投資家であるかがよく分かるファイルになっています。

    Kapok の資産運用規定

    最近の記事・コメント

    アクセスカウンター
    ↑ポインタを合わせると、1週間のアクセス数推移が確認できます。

    Since Mar.17/2011
    Twitter
    おすすめ書籍
    ウォール街のランダム・ウォーカー 株式投資の不滅の真理
    Kapokの投資哲学に大きな影響を与えた1冊。個人投資家必読の書。

    スポンサー
    相互リンク
    資産運用全般

    株式個別銘柄投資 etc.

    投資信託 etc.

    債券・預貯金

    FX・派生商品 etc.

    その他 有価証券

    資産運用以外
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。