スポンサーサイト
    Kapok の資産運用スポンサー広告
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --.--.-- / コメント:: - / トラックバック:: - / PageTop↑

    「バイ&ホールド」で報われる時代はとっくに終わったのです
    Kapok の資産運用投資対象日本株
    楽天証券の「レポート&コメント」を読んでいて、印象的な一言があったので、紹介してみました。
     
    ------以下、引用------
    バブル崩壊後の日本株の値動きをみても分かるとおり、すでに右肩上がりの相場は終焉しています。「バイアンドホールド」で報われる時代はとっくに終わったのです。確かに右肩上がりに上昇する銘柄も少数ながらあるでしょう。しかし、事前にそうした銘柄を見つけ出すのは非常に困難と言わざるを得ません。
    ------引用ここまで------
     
    ズバッと言っていますね。ズバッと。
     
    私は、記事の主旨「塩漬け株は損切すべき」には、必ずしも共感できません。
    ですが、記事のように、長期投資に対する疑念の視点は、常に持っておくべきだと思います。
    スポンサーサイト
    2011.04.30 / コメント:: 2 / トラックバック:: 0 / PageTop↑

    「下落→買い」の期待リターン ~日経平均株価の場合
    Kapok の資産運用投資環境日経平均株価
    株価が下落すると、日本の個人投資家は、その割安感に注目して、買いを入れる傾向にあると聞きます。
    さて、本当に「以前と比べ、安くなった」という理由で買って、期待リターンが高くなるのでしょうか?

    1987年から2010年までの日経平均株価を使い、少しだけ調べてみました。

    直近の高値から、

    「10%下落したら買い、25日後に売却」を繰り返した場合、
    「20%下落したら買い、25日後に売却」を繰り返した場合、
    「30%下落したら買い、25日後に売却」を繰り返した場合、

    「10%下落したら買い、75日後に売却」を繰り返した場合、
    「20%下落したら買い、75日後に売却」を繰り返した場合、
    「30%下落したら買い、75日後に売却」を繰り返した場合、
    の平均リターンをそれぞれ調べました。

    結果を以下のテーブルにまとめてみます。
    25日後に売却した場合
    買い条件シグナルリターン(%)リターン誤差RMS
    10%下落520.11.49.9
    20%下落20-0.12.712.1
    30%下落90.42.06.1
    75日後に売却した場合
    買い条件シグナルリターン(%)リターン誤差RMS
    10%下落32-1.52.514.3
    20%下落17-0.23.112.9
    30%下落9-0.84.112.3
    (※リターン誤差として、RMS/シグナル数^0.5の数値を使用しています。)

    結果、リターンの平均は、-1.5%~0.4%の間であり、いずれも誤差の範囲内、統計的有為に「リターンが高い・低い」とは言えないようです。

    調査範囲が狭いので、断言はできませんが、この結果を見る限り、
    「株価の下落は、割安感を示すものではない。」
    「下降トレンドを示すものでもない。」
    という事を示唆しています。

    株価って、思っている以上に、ランダム・ウォークなのでしょうね。

    日経平均が10,000円から、20%下落した8,000円になると、普通、思わず買いたくなります。
    ですが、この場合も、冷静に株価水準は適切かを考え、投資判断をする必要がありそうです。
    2011.04.29 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑

    日本国債、格付け見通しを格下げ ~為替・金利・物価・そして復興は?
    Kapok の資産運用投資環境為替
    毎日jp 2011年4月27日の記事から引用します。
    (引用元:http://mainichi.jp/select/today/news/20110428k0000m020057000c.html

    -------引用ここから--------
    米大手格付け会社スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)は27日、日本国債の格付け見通しを「安定的」から、格下げの可能性が強いことを示す「ネガティブ」に引き下げたと発表した。東日本大震災の復興費などで日本の財政が一段と悪化する可能性があると判断した。
    -------引用ここまで--------

    日本の財政悪化が、指摘された形になりました。
    2011年4月28日0時の段階では、為替は前日比 +1.20 円の円安、に振れています。
    まあ、円が売られてもおかしくないですよね。

    さて、日本の財政破綻への懸念が大きくなった場合、どんな影響があるのでしょうか。
    昨日紹介した論文に、影響についての考察がありました。
    (論文:http://www.esri.go.jp/jp/archive/e_dis/e_dis250/e_dis250.pdf


    >> 日本政府の抱える債務の償還能力に対して疑念が生じ始め、国際資本市場においては日本国債のリスクプレミアムが上乗せされ、政府だけなく民間企業の復興資金についても高い利回りを要求されることとなった。

    金利は、国債のみでなく、公社債も含め、上昇へと向かうようです。


    >> また、日本国債のリスクプレミアムは円安をもたらし、復興に必要な資材価格の上昇を招くこととなった。

    為替は円安、(資材価格上昇により、)復興は困難になることが予想されます。


    >> 建設業を中心とした資材価格や賃金の上昇が発生し、国内の物価水準が上昇することとなる。

    物価水準上昇の可能性が指摘されています。


    >> 震災復興が進まず国内の供給能力が制約されることから、輸出はそれほど伸びず、国内総需要は低迷する。すなわち、日本経済は震災をきっかけとして、物価水準の上昇とGDP の低迷というスタグフレーションに陥ることとなる。

    結果として、日本経済の低迷が予想されています。



    復興、どうなるでしょうね。
    日本株式・債券の保有は、より慎重にする必要がありそうです。
    2011.04.28 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑

    震災復興シナリオについての論文がありました
    Kapok の資産運用投資対象日本株
    東日本大震災からの復興は、どんな感じに進められるのでしょうね。
    予想する際、参考になりそうな論文があったので、紹介します。
    http://www.esri.go.jp/jp/archive/e_dis/e_dis250/e_dis250.pdf

    論文は、首都直下地震災害が起きた場合の、復興シナリオについて書かれています。

    ①日本政府の財政(債務償還能力への疑念の大小)
    ②復旧・復興関連市場の余剰生産力の大小
    この2つの組み合わせにより、2×2=4つのシナリオを作成、それぞれ経済・為替・物価・金利等が、どうなるかについて、考察が行われています。
    (27ページ以降がシナリオになります。)

    円高に進むシナリオもあれば、円安に向かうシナリオもあります。
    景気拡大シナリオの一方で、経済の低迷シナリオもあります。

    巷では、供給体制の寸断により、一時的に景気が悪化、その後、復興需要により、景気回復するシナリオばかりが語られています。けれども、いろいろなシナリオを頭の隅に置いた上で、投資判断を行うべきだと思います。
    2011.04.27 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑

    サイト模様替え
    Kapok の資産運用その他このブログについて
    本日、当サイトの模様替えをしてみました。

    FC2ブログのサーバートラブル以来、Yahoo!ブログにて記事を投稿してきましたが、Yahoo!ブログでは、できる事が限られているので、こちらのサイトでも、記事を同時に投稿していこうと考えております。

    2011.04.27 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑




    Pagetop↑
    ブログ内検索
    プロフィール

    Kapok

    Author:Kapok


    個人投資家。1986年生まれのサラリーマンです。将来、資産運用で財産を築き、自由に暮らす事を夢見ています。

    ブログについて
    「資産運用について調べた事・考えたこと」をブログのメイン記事にしています。

    記事の情報の正確さには注意を払っていますが、保証はしません。投資判断は自己責任でお願いします。

    Kapok
    資産運用の方針
    資産運用は、下記の規定の範囲内で行っています。私Kapokが、どのような個人投資家であるかがよく分かるファイルになっています。

    Kapok の資産運用規定

    最近の記事・コメント

    アクセスカウンター
    ↑ポインタを合わせると、1週間のアクセス数推移が確認できます。

    Since Mar.17/2011
    Twitter
    おすすめ書籍
    ウォール街のランダム・ウォーカー 株式投資の不滅の真理
    Kapokの投資哲学に大きな影響を与えた1冊。個人投資家必読の書。

    スポンサー
    相互リンク
    資産運用全般

    株式個別銘柄投資 etc.

    投資信託 etc.

    債券・預貯金

    FX・派生商品 etc.

    その他 有価証券

    資産運用以外
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。