スポンサーサイト
    Kapok の資産運用スポンサー広告
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --.--.-- / コメント:: - / トラックバック:: - / PageTop↑

    暴落局面での買い推奨には違和感あり
    Kapok の資産運用投資手法投資手法考察

    長期投資の期待リターンについて調べていたところ、「気になった」文章があったので、紹介します。
    書いたのは「さわかみファンド」のボス、澤上篤人氏で、2008年6月6日のレポートです。
    暴落局面での買いを推奨しています。

    ―――引用ここから―――
    われわれ長期投資家は企業を熱く応援しようとする。投資家が応援するのに一番カッコ良くて価値あるのは、猫もしゃくしも売り逃げに走る相場暴落時や不況時だろう。そういった局面で、ドーンと買いにいく。(昨年8月からの総額907億円の買いが、まさしく熱い応援である。)


    状況が改善に向い、企業の業績も株価も大きく戻ってくるにつれ、多くの投資家が上昇トレンドに乗ろうと後から後からと買い群がってくる。いわゆる、にわか応援団の出現だ。


    その段階になってきたら、われわれ長期投資家は企業の応援をガンガンの強気で買ってくるにわか応援団にまかせてしまう。つまり、すこしずつ利益確定の売りを出していくわけだ。


    いずれどこかで経済環境が悪化したりしたら、にわか応援団が真っ青になって売り逃げに走る。そこで買い出動するのが、われら真打の応援団の役割だろうということで。

    ―――引用ここまで―――

    引用元 : https://www.rakuten-sec.co.jp/web/market/opinion/sawakami/sawakami_20080606.html


    言いたいことは、
    「私は、株を安く買って高く売る手法を知る、優秀なファンド・マネージャーだ」
    というところでしょうか。

    ですが、そんなに甘くないと思います。
    そもそも、「暴落で下落した株価は、必ず元に戻る」という思想が、気に入りません。
    我々が生きている間に、株価が回復するという保証はないのです。

    例えば、日経平均の史上最高値は「3万8915 円」で、そこから現在まで、株価は4分の1に下落しました。現状の社会や経済の構造を考える限り、株価が戻り、史上最高値が更新される事は無いはずです。

    澤上氏は、暴落時の売り逃げを否定していますが、暴落後であっても、最新の情報に基づき「売るべきだ」と判断したならば、売って損切をするべきです。



    余談ですが、「昨年8月からの総額907億円の買いが、まさしく熱い応援である。」とありますが、2007年8月末のさわかみファンドの基準価額は18,623円、一方で、2011年6月29日現在の基準価額は12,401円です。基準価額は、およそ3分の2に減っています。

    暴落で、トレンドに逆らい買いを入れると、4年以上引きずる悪い結果になることがあると分かります。

    スポンサーサイト
    2011.06.30 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑

    マイクロソフト、クラウドで「オフィス」提供開始
    Kapok の資産運用投資対象外国株

    マイクロソフトの「オフィス」が、クラウドで利用できるようになったようです。

    ――――引用ここから――――
    日本マイクロソフト株式会社(本社:東京都港区)は、新世代クラウドサービスである Microsoft(R) Office 365 を本日より提供します。Office 365 は、電子メール、予定表、ファイル共有、ポータル、インスタント メッセージ、オンライン会議などの機能を、Microsoft Office アプリケーションと統合して提供する、マイクロソフトの新世代クラウド サービスです。管理機能を簡略化した小規模向けメニュー「プラン P」が 1 人あたり月額 600 円で、また数人から数万人まで幅広く利用可能な中規模から大規模向けメニュー「プラン E」が 1 人あたり月額 1,000 円から、それぞれの企業/組織で利用できます。(添付資料)
     さらに、Office 365 の幅広い利用推進を目的に、パートナー企業によるワンストップ クラウド サービスの提供を支援します。
     Office 365 は、Microsoft Office アプリケーションの月額利用に加え、クラウド ベースのサービスである Microsoft Exchange Online、Microsoft SharePoint(R) Online、および Microsoft Lync(TM) Online を統合して提供します。これにより、従来と変わらない業務を、遠隔地や在宅で遂行するなど、場所を選ばず生産性の高い業務を行う事が可能になるため、多様なワーク スタイルが実現します。また、現在利用しているオンプレミス(内部設置)システムからの移行または共存により、冗長性/可用性を有した事業継続計画にも資するサービスとなります。Office 365 はマイクロソフトの海外データセンターでシステム運用するため、常に最新のサービスを簡単に利用でき、かつ社内サーバーも削減できることから、電源対策にも有効であることに加え、システムの運用管理の手間やコストの抑制が可能になります。
    ――――引用ここまで――――

    参照 : http://www.microsoft.com/japan/presspass/detail.aspx?newsid=4043


    ネットワークに繋がる端末さえあれば、利用者は、ネットワーク上の文書の編集や共有が可能となります。恐らくですが、性能の低いPCでも、かなりの事が可能になると期待できます。

    便利そうですね。例えば、自宅PCから職場PCへのデータの受け渡しと言えば、今まではフラッシュメモリを使った移動や、メール添付が主流でした。けれども、そういう手間も不要となるかもしれません。

    サービスの詳細は、私はまだ良く知らないのですが、新しい時代の到来を予感させる、楽しみなサービスだと思いました。

    2011.06.30 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑

    東電株主総会、「原発撤退」案は否決
    Kapok の資産運用投資対象日本株
    2011年6月28日(火)に、東京電力の株主総会が開催されました。
     
    ――――引用ここから――――
    東京電力福島第1原発事故後、初めてとなる東電の株主総会が28日、東京都内のホテルで開かれ、過去最多の9309人の株主が出席、所要時間も過去最長の6時間9分に及んだ。株主からは、経営責任や事故を起こした場合に事業者が無限責任を問われる原発保有の是非を問う厳しい意見が続出した。株主402人が「原発撤退」を求める株主提案を行ったが、賛成は株主(議決権ベース)の約8%、反対が約89%(棄権や無効などが約3%)で、反対多数で否決された。一方、清水正孝社長(67)の引責辞任に伴い、西沢俊夫常務(60)を社長に昇格させるなど取締役17人と監査役2人の選任議案を可決した。勝俣恒久会長(71)は続投する。
    ――――引用ここまで――――
     
     
     
    注目されていた「原発撤退」の株主提案は、反対は約89%(議決権ベース)、圧倒的な反対多数で否決されました。大株主が、原発事業続行と言っている以上、原発事業は続くでしょうね。原発は、比較的安価に発電できるというメリットがあるため、収益を求める投資家には、都合が良いようです。
     
     
    私は、安全である限り、原発事業続行も、原発の新設も有りだと考えています。
    ただ、危機管理能力が低い技術者や、経営者だと安心できません。最新の情報に基づき、最善の運用ができるよう、厳しいチェック体制と、情報開示のシステムを、国家レベルで構築し、運用すべきだと思います。
     
    なお、地上に原発を新設する事には、反対です
    隕石やテロによる原発事故の可能性がゼロでない以上、事故が起こった場合に被害の拡大を最小限にするために、原発は地下に作るべきだと思います。
     
    もし「コストの問題で、地下には作れない」のであれば、「原発は作るべきではない」と考えます。
    2011.06.29 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑

    明日、東電株主総会
    Kapok の資産運用投資手法投資心理・哲学・雑感
    株主総会の季節ですね。
    特に注目しているのは、明日2011年6月28日(火)に開催される、東京電力(9501)の株主総会です。
     
    私は株主でないため、入場できませんが、どうなるでしょう。
    原発事業からの撤退は?賠償の見通しは?経営は?節電は?
     
    現在、日本で最も注目されている企業ですので、どのような結果となるのか、楽しみです。
    2011.06.27 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑

    海外の中央銀行、円建て資産急増 円高要因に
    Kapok の資産運用投資手法投資心理・哲学・雑感
    2011年6月26日の日経新聞に、海外の中央銀行が、円建て資産を買い増していたことが書かれてありました。
     
    ―――引用ここから―――
     
    海外中銀の円建て資産が急増 日銀が開示、円高要因に
     海外の中央銀行が保有する日本国債など円建て資産の合計が昨年末時点で約35兆円となり、1年前よりも24.6%(約7兆円)増えたことがわかった。最近4年で2倍以上の増加。海外中銀の円資産を管理する日銀が、日本経済新聞の情報開示請求を受けて、資料を一部開示した。海外中銀の円資産保有の大枠が明らかになったのは初めて。
     
    ―――引用ここまで―――
     
     
     
    外国の中央銀行によって、円建て資産が買われ続けていたようです。
     
    やはり外国から見ると、円は魅力的な通貨なのでしょうね。
    金利こそ低いものの、デフレ(モノの値段が下がる、つまりお金の価値が上がる)により、円の実質的価値は上がり、これにより、為替差益も期待できます。
     
    何より、リーマン・ショックのような、未曽有の金融危機で買われる程、円の価値は安定的だと考えられています。このため、分散投資の観点でも、円は、かなりの活用ができます。
     
     
    海外中銀が持つ円建て資産の35兆円は、多いのか少ないのか、分かりませんが、この調子で、円が買われ続けるかもしれません。その場合、円高が進むことが予想されます。
     
    外国に投資している、日本国内の投資家にとって、円高は、海外資産を目減りさせる要因で、ありがたくはありませんね。海外の中央銀行の動向には、今後、十分な注意が必要のようです。
    2011.06.26 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑




    Pagetop↑
    ブログ内検索
    プロフィール

    Kapok

    Author:Kapok


    個人投資家。1986年生まれのサラリーマンです。将来、資産運用で財産を築き、自由に暮らす事を夢見ています。

    ブログについて
    「資産運用について調べた事・考えたこと」をブログのメイン記事にしています。

    記事の情報の正確さには注意を払っていますが、保証はしません。投資判断は自己責任でお願いします。

    Kapok
    資産運用の方針
    資産運用は、下記の規定の範囲内で行っています。私Kapokが、どのような個人投資家であるかがよく分かるファイルになっています。

    Kapok の資産運用規定

    最近の記事・コメント

    アクセスカウンター
    ↑ポインタを合わせると、1週間のアクセス数推移が確認できます。

    Since Mar.17/2011
    Twitter
    おすすめ書籍
    ウォール街のランダム・ウォーカー 株式投資の不滅の真理
    Kapokの投資哲学に大きな影響を与えた1冊。個人投資家必読の書。

    スポンサー
    相互リンク
    資産運用全般

    株式個別銘柄投資 etc.

    投資信託 etc.

    債券・預貯金

    FX・派生商品 etc.

    その他 有価証券

    資産運用以外
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。