FC2ブログ
    ギリシャ、2年債利回り33%へ
    Kapok の資産運用投資対象債券
    ヨーロッパの一部の国の国債価格が、暴落しているようです。
    以下、第一生命経済研究所の Weekly Market Report(2011年7月18日~)から引用します。
     
    ―――――引用ここから―――――
    先週は、欧州の財政悪化国を除き金利は長短とも低下。欧州の財政懸念はイタリアにも飛び火、アイルランドはソブリン格付けがジャンク級にまで引き下げられるなど混乱が続いた。こうしたなか、2年債利回りはギリシャが33%、アイルランドが23%にまで上昇するなど、極端な金利上昇が続いている。欧州の混乱を受けて、主要国の債券市場には資金が流入、金利押し下げに働いた。
    ―――――引用ここまで―――――
     
     
     
    ギリシャ国債の金利は33%。すごいですね。
    一年前と比較し、23%も高金利となった様子です。
     
    さて、そもそも債券価格はどの程度下がったのでしょう。
     
    100ユーロの債券に年間10ユーロの利子がつけば、
    金利は10÷100=10% です。
     
    同じ債券が30ユーロに値下がりすれば、年間10ユーロの利子がつくことは変わりませんので、
    金利は10÷30=33% です。
     
    すなわち、金利が10%から33%に上がったという事は、
    債券価格が 100ユーロだったものが、30ユーロに暴落した事を意味します。
    国債の価値が7割引き・・・。
     
     
    国債は安全資産だと言われていますが、どんな国の国債でも、このような暴落の可能性が無いわけではありません。銘柄分散・地域分散など、分散投資は必須です。
    2011.07.19 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑

    地デジ化直前駆け込み特需で、家電大手売上大幅増
    Kapok の資産運用投資対象日本株
    アナログテレビ放送終了を間近に控え、
    テレビ、レコーダー、チューナーの売れ行きが急伸しているようです。
     
    これに伴い、家電大手の2011年6月の売り上げは、
    ヤマダ電機 (9831): 前年比 22.7%増
    ビックカメラ (3048): 前年比 7.2%増
    と、絶好調です。
     
    駆け込み特需があるため、7月の売り上げは更に上がることも期待できます。
    株価も上昇基調です。
     
    ですが、8月にはこの特需も終わりを迎え、
    これを見越した利益確定の売りが出始める気もしますので、
    私はこの2銘柄への投資を見送るつもりです。
    (残念ながら、注目したタイミングが遅すぎたと思っています。)
     

    この手の特需が、どのようなタイミングで株価に影響を与えるのかは、今後も注目し、次のチャンスに生かしたいと思います。
     
    ――――参照――――
    2011.07.18 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑

    バーナンキFRB 議長、QE3に言及
    Kapok の資産運用投資手法投資心理・哲学・雑感
    バーナンキFRB議長が、QE3(追加の量的緩和政策)に言及したようです。
     
    ――――――引用ここから――――――
    バーナンキFRB 議長は7/13、定例の議会証言(下院金融サービス委員会)に臨み、「足元のソ
    フトパッチ状態が予想以上に長びきデフレ懸念が再発すれば、追加的な政策サポートの必要性
    がでてくる」と発言した。また、先日発表されたFOMC 議事録でも、「数名の(a few)メンバ
    ーは、景気回復が遅れ失業率の低下が進まない場合は、追加的な金融緩和策を検討する必要が
    あるかもしれない」としている。こうした動きを受け、マーケットやマスコミは、「FRB がQE3
    (追加の量的緩和政策)を検討している」との思惑を高めているようである。
    ――――――引用ここまで――――――
     
    引用元:http://www.mizuho-msrc.com/dynmc/gcnt.php/DL0000006545/01/02/110720_us_FRB.pdf (2011/7/15)
     
     
    これにより、再びドルが世界中にばら撒かれるとの思惑から、ドル安が進行しました。
    また、ばら撒かれたドルが株などのリスク資産に向かうとの思惑から、世界各国の株価は、たいていは上昇しました。
     
    喋るだけでこの影響。
    すごいですね。
     
    QE3が決まれば、もっとドル安・株高が進むはずです。
    円高ドル安は、私としてはありがたくありませんし、実力以上に上昇した株価は、暴落が待っているようで怖いです。QE3は、世界の歪を大きくしてしまう恐れがあるため、避けてほしいと思います。
     
    ですが、実際の所は、引用元のレポートにもある通り、QE3に踏み切る可能性はまだまだ低いというのが実態のようですね。
    2011.07.15 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑

    「もしドラ」を読んでみました
    Kapok の資産運用読み物書籍
    もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら
    を読んでみました。

    アマゾンのレビューで酷評されている通り、最初は読んでいてイライラします。
    冗長な割に意味のない表現や、読者を置いてけぼりの登場人物の回想、そもそも違和感があり感情移入しにくい登場人物の言動。。。

    ですが、さくさくと読め、読むのに時間はかかりません。
    また、後半の、登場人物がそれぞれの強みを生かし活躍する様子は、読んでいて悪い気分にはなりません。
    しっかりと読めば、マネジメントの勉強にもなるはずです。

    今更感はありますが、一読の価値はある一冊だと思いました。


    2011.07.13 / コメント:: 2 / トラックバック:: 0 / PageTop↑

    クラウド参入障壁が低過ぎのため、関連銘柄を売却
    Kapok の資産運用投資対象日本株
    クラウドは、急成長が期待できる有望な市場ですが、参入障壁は極めて低い様子です。
     
    ―――――引用ここから―――――
    NECなどクラウド活用で参入 コンテンツ配信を代行
     
     IT各社が、電子書籍などのコンテンツ配信の代行サービスに相次いで乗り出している。NECは6日、企業向けに電子化した社内文書などの配信を代行して行うサービスを7月末から始めると発表した。京セラ子会社の京セラコミュニケーションシステムも同様のサービスを8月15日に始める。電子書籍が急速に普及するなか、配信サービスに参入したい企業のニーズに応える。
     
     NECが始めるのは、「コンテンツ配信クラウドサービス」。コンテンツから閲覧用端末まで、配信に必要な一切の機器やシステムを提供する。
    ―――――引用ここまで―――――
     
    引用元: http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110706-00000022-fsi-bus_all (2011/7/13)
     
     
    投資の雑誌などを見ていると、クラウド関連銘柄が大きく取り上げられている記事が目につきます。クラウドは利益率も高く、売上や利益が急成長していくデータを見ると、確かに大変魅力的に見えます。
     
    ですが、その高い利益率、続くのでしょうか。「ただのサーバー貸し」であっても、高額な利用料を取っている所も多いです。けれども、参入障壁が低い以上、利用料の急落が危惧されます。
     
    心配になり、最近クラウド関連銘柄、売却しました。
    残ったクラウド関連株は、米国株ですが、VMwareだけとなりました。
     
     
    ※クラウド関係銘柄: クラウド事業による売上が、全体の売上の多くの部分を占めている銘柄という意味で使っています。
    2011.07.13 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑




    Pagetop↑
    ブログ内検索
    プロフィール

    Kapok

    Author:Kapok


    個人投資家。1986年生まれのサラリーマンです。将来、資産運用で財産を築き、自由に暮らす事を夢見ています。

    ブログについて
    「資産運用について調べた事・考えたこと」をブログのメイン記事にしています。

    記事の情報の正確さには注意を払っていますが、保証はしません。投資判断は自己責任でお願いします。

    Kapok
    資産運用の方針
    資産運用は、下記の規定の範囲内で行っています。私Kapokが、どのような個人投資家であるかがよく分かるファイルになっています。

    Kapok の資産運用規定

    最近の記事・コメント

    アクセスカウンター
    ↑ポインタを合わせると、1週間のアクセス数推移が確認できます。

    Since Mar.17/2011
    Twitter
    おすすめ書籍
    ウォール街のランダム・ウォーカー 株式投資の不滅の真理
    Kapokの投資哲学に大きな影響を与えた1冊。個人投資家必読の書。

    スポンサー
    相互リンク
    資産運用全般

    株式個別銘柄投資 etc.

    投資信託 etc.

    債券・預貯金

    FX・派生商品 etc.

    その他 有価証券

    資産運用以外