FC2ブログ
    NHK受信料「ネット視聴者も支払いを」 諮問機関提言
    Kapok の資産運用その他思った事・思索・所感
    NHKがインターネット利用者からも受信料を徴収しようと動いているようです。

    ―――――引用ここから―――――
    NHK会長の諮問機関「NHK受信料制度等専門調査会」(座長・安藤英義専修大教授)は12日、放送がインターネットでも同時送信される時代になることを前提に、ネット経由の視聴者からも受信料を徴収する新たな仕組みを提言した。

     調査会は、松本正之会長に答申した「今後の受信料制度と運用に関する報告書」で、多メディア時代に公共放送の役割を十分に果たすためには、無線と有線の区別なく、受信料を財源としたサービスを供給する必要があると指摘。ネット視聴が可能なパソコンなどの所有者も受信料体系に組み入れる案を示した。

     ただ、提言に示されたサービスの実施には、放送法の改正が必要となる。
    ―――――引用ここまで―――――

    参照: http://www.asahi.com/national/update/0712/TKY201107120729.html  (2011/7/13)


    押し売りも甚だしい。
    現在の情報化社会において、NHKの存在意義はありません。
    「NHKなんぞ、つぶれてしまえ」と思います。

    2011.07.13 / コメント:: 2 / トラックバック:: 0 / PageTop↑

    ドル・コスト平均法が有利であることについての、数学を用いた説明
    Kapok の資産運用投資手法ドル・コスト平均法
    ドル・コスト平均法とは、一定金額ずつリスク資産を購入していく投資手法です。
    有効な投資手法の一つとして、広く知られています。
     
    特に、一定口数積立と比較し、有利な投資手法であるという説明が散見されますが、どうなのでしょう。
    平均取得価格に注目し、数学的に考えてみます。
     
     
    まず、投資信託を考えます。
    基準価額は、
    1回目の購入時に a(1),
    2回目の購入時に a(2),
        …
    n回目の購入時に a(n)
    と変動するものとします。
     
    また、これ以降で和の記号・積の記号を
    Σ(f(i)) = f(1) + f(2) + ・・・・ + f(n)
    Π(f(i))= f(1) ・f(2) ・・・・・・ ・f(n)
    と定義します。
     
     
    1.ドル・コスト平均法での平均取得価額
     
    この投信を h 円ずつ定額積立をした場合、
    積立総額は h [円] × n [回] で hn [円]   …①
     
    一方で i 回目に積み立てる口数は、 h [円]÷a(i) [円/10,000口] ですから、
    1~n回目までに積み立てた口数は、Σ(h/a(i)) [10,000口] …②
     
    したがって、10,000口当たりの平均取得価額は、①÷②より
     
    hn / ( Σ(h/a(i) ) ) =  1 / ( Σ(1/ a(i))/n )  [円/10,000口]   …③
     
     
    2.一定口数積立の平均取得価額
     
    毎回10,000口ずつ積み立てた場合、
    i 回目の積立金額が a(i) [円/10,000口] ですから、
    積立総額は Σ(a(i))  [円] …④
     
    一方で、積立口数は、10,000[口]× n [回] = n [10,000口] …⑤
     
    したがって、平均取得価額は、④÷⑤より
    Σ(a(i)) ÷ n  [円/10,000口] …⑥
     
     
    3.どちらがお得?
     
    ③ =   1 / ( Σ(1/ a(i)) / n ) 
      ≦ 1 / (Π(1/a(i)))^(1/n)     ←相加平均≧相乗平均 ※1 より 1/相加平均≦1/相乗平均
      =  (Π(a(i)))^(1/n)
      ≦  Σ(a(i)) ÷ n     ←相加平均≧相乗平均 再び
      = ⑥  ※2
     
    したがって ③≦⑥
    すなわち ドル・コスト平均法は、一定口数積立よりも、平均取得価格安く抑える事ができるのです※3
     
     
    また、ほぼ同様の議論で、
    売却時は 「一定金額ずつ」 よりも、「一定口数ずつ」 が有利 であることが分かります。
    また、スポット買いによる取得単価の期待値 は ドル・コスト平均法の平均取得価額を上回る、すなわち、スポット買いは不利であることが分かります。※4
     
     
    ―――つぶやき―――
    ところで、ブロガーの間で「ドル・コスト平均法は、有利でも不利でもない」との主張が良く聞かれます。
    あれって、なんなのでしょうね。何を仮定し、どう論理展開すればそうなるのかが不明です。
    そもそも何と比較して、有利・不利なのかさえ分かりません。
     
     
    ―――――――――――――――――――
    ※1
    証明は↓のリンクのpdfファイル4枚目以降を参照。
     
    ※2
    この不等式の変形は↓の記事を参照しています。
     
    ※3
    他の手法と比較した上での有利・不利の議論であり、完全に手法についてのお話です。
    儲かるかどうかは、積立対象次第です。ここでは言及していません。
     
    ※4
    基準価額の値動きが予想できないと仮定した上での期待値のお話です。基準価額の値動きが予想できる投資家であれば、積極的にスポット買いを行うべきです。
     
    2011.07.12 / コメント:: 0 / トラックバック:: 1 / PageTop↑

    【平均リターン】 に要注意
    Kapok の資産運用投資手法投資手法考察
    ↓のような値動きをした(仮想の)投資信託について考えます。

    toshin_A.png 

    この投信、基本的に成績は悪いですね。
    基準価額は、設定時の2007年1月に10,000円でしたのに、2011年1月には20%も下落した、8,000円となっています。
     
     
    ですが、この投信、成績優秀に見せかけて、素人投資家に売りつける事ができます。
     
    売り手の売り言葉は
    「年平均リターン1%、預金よりも有利な金融商品ですよ!」
    です。
     
     
    なぜこのような表現が可能となるのでしょう。
    仕組みを見てみます。
     

    年月基準価額年間上昇率
    2007年1月10000-
    2008年1月1400040%
    2009年1月8000-43%
    2010年1月6000-25%
    2011年1月800033%
    平均リターン→1%

     
    平均リターンは、年間上昇率の平均値で、年間1%、
    基準価額が20%も下落したのに、平均リターンはプラスと計算することができます。
     
    どういうことでしょう。
    基準価額は、1.4倍→0.57倍→0.75倍→1.33倍 と動いています。
     
    リターンに注目する場合、平均リターンは相乗平均
    ( 1.4 × 0.57 × 0.75 × 1.33 ) ^ (1 / 4 )  =  0.946 倍
    すなわち 年平均で 5.4% 減っていると計算するべきです。
     
    ところが相加平均
    ( 1.4 + 0.57 + 0.75 + 1.33 ) / 4 = 1.01 倍
    と計算し、リターンを良く見せることができます。
    これが、売り手のトリックです。
     
     
    「平均リターン」は胡散臭いものが大半です。
    投信のパフォーマンスは、自分で吟味するべきだと思います
     
     
    ――――――――――――――――――
    注.  リターンは相乗平均で計算するべきと書きましたが、リスクや統計について詳しい人は、相加平均で算出したリターンも分析に活用しているはずです。

    2011.07.10 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑

    日銀が復興国債を引き受けるのはどうか
    Kapok の資産運用投資対象債券
    日本の財政事情が不安視され始めた今日この頃ですが、日銀が政府の借金を引き受けてしまえば良いのではという意見もあるようです。
     
    ――――引用ここから――――
    [東京 8日 ロイター] 岩田規久男・学習院大学教授はロイターとのインタビューで、復興国債は、その全額を日銀が政府から直接引き受けるか、ないしは、市場からの復興国債同額の長期国債を買い入れることで財源とすべきだと主張した。
     
    (中略)
     
    <過去の引き受け事例が超インフレもたらしたとは言えず>
     
     日銀自身は、国債引き受けがハイパーインフレを招くと警戒姿勢を示している。白川方明日銀総裁は、昭和恐慌からの脱出をはかるため日本で最初に国債引き受けを採用した高橋是清を引き合いに「市場によるチェックを受けない国債引き受けという行為自体が最終的な予算膨張という帰結をもたらした」と指摘している(5月28日、日本金融学会での講演)。  
     
    しかし岩田教授は1930年初頭の高橋財政時のデータから「インンフレ率は最大で6.5%となったが、最後の2年間は2%でしかない。平均的には穏やかなインフレといえる。しかも実質成長率は一番良いときで10%」と指摘。「世界各国が大不況で四苦八苦するなか、いち早く恐慌を脱出。マクロ政策としてこれほどの成功例はない」と評価している。
    ――――引用ここまで――――
     
     
     
    日銀が、買い手のいなくなった国債を引き受けた場合、その代金として、お金が出回ります。
    結果、お金の価値が下がり、すなわち酷いインフレになるという懸念があります。
    しかしながら、過去の事例を見る限り、そうでもないようです。
     
    健全なインフレであれば、今の日本のいろいろな問題が解決します。
    投資家としても、企業の利益増による株高や、円安が期待でき、うれしいです。
    日銀が国債を引き受けるのも悪くない気がしてきました
    2011.07.09 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑

    2011年6月は、投信に7200億円超が純流入
    Kapok の資産運用投資対象投資信託
    2011年6月は、投資信託が買われたようです。
     
    ――――引用ここから――――
    個人の資産運用ツールである投信への資金流入が堅調だ。6月も既設定の分配型を中心に7222億円が流入。なかでも高分配の海外REITファンドやアジア・オセアニア通貨建て海外債券などがけん引した。
     (略)
     
     <資金流入は順調、分配型が全体の約7割に、通貨選択型残高が9兆円超え>  
     野村総合研究所(NRI)によると、6月の追加型株式投信(含むETF)の純流入額は7222億円。リーマンショック以降では四番目の水準となった。個人マネー流入のけん引役となったのは毎月分配型で、6月の純流入額は7569億円。残高は追加型株式投信の約7割を占める36兆3781億円にまで拡大した。
    ――――引用ここまで――――
     
    参照: http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPJAPAN-22088320110707
     
     
    特に海外資産に投資する投信が買われたようです。
    6月の円/ドル為替は、1ドル80~82円程度と、前月より円高であり、逆張り傾向の強い個人投資家が「円高の今こそ海外投資のチャンス」とばかりに買い向かったのかもしれません。
     
    また、毎月分配型の投信も根強い人気です。
     
    毎月分配型は、「分配利回りが10%超」など分配利回りが高い商品が多いです。
    販売会社からすると、売りやすくて、更に手数料も実はよく儲かるため、販売に力が入るのでしょうね。まあ、「分配利回り10%超」といっても、収益を分配しているわけではなく、自らの資産を切り崩して分配金を捻出している投信が多いようです。(一概には言えませんが)
    2011.07.08 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑




    Pagetop↑
    ブログ内検索
    プロフィール

    Kapok

    Author:Kapok


    個人投資家。1986年生まれのサラリーマンです。将来、資産運用で財産を築き、自由に暮らす事を夢見ています。

    ブログについて
    「資産運用について調べた事・考えたこと」をブログのメイン記事にしています。

    記事の情報の正確さには注意を払っていますが、保証はしません。投資判断は自己責任でお願いします。

    Kapok
    資産運用の方針
    資産運用は、下記の規定の範囲内で行っています。私Kapokが、どのような個人投資家であるかがよく分かるファイルになっています。

    Kapok の資産運用規定

    最近の記事・コメント

    アクセスカウンター
    ↑ポインタを合わせると、1週間のアクセス数推移が確認できます。

    Since Mar.17/2011
    Twitter
    おすすめ書籍
    ウォール街のランダム・ウォーカー 株式投資の不滅の真理
    Kapokの投資哲学に大きな影響を与えた1冊。個人投資家必読の書。

    スポンサー
    相互リンク
    資産運用全般

    株式個別銘柄投資 etc.

    投資信託 etc.

    債券・預貯金

    FX・派生商品 etc.

    その他 有価証券

    資産運用以外