FC2ブログ
    先輩投資家のひと言 をいくつか紹介します
    Kapok の資産運用投資手法投資心理・哲学・雑感
    私がかつて所属していた大学院の研究室には、投資家歴十数年・運用規模ウン千万円の先輩個人投資家がおりました。私は幸いなことに、その先輩投資家のお話を聞く機会が多くありました。

    その先輩投資家のお話を、少し紹介してみます。


    [続きを読む]


    2012.02.23 / コメント:: 5 / トラックバック:: 0 / PageTop↑

    電子マネーは便利ですが、お金の重みが分かりにくい気がします
    Kapok の資産運用その他思った事・思索・所感
    振り返って考えてみると、昨日はかなり寒かったので、自動販売機で暖かい飲み物を合計3つも買いました。Suica(首都圏で普及しているICチップ型プリペイド式電子マネー)でピッとやって、買いました。合計で390円分の買い物です。

    このような電子マネー決済は、100円硬貨と10円硬貨をじゃこじゃこと投入するのと比べ、お金の重みが分かりにくいという気がします。便利なのは大歓迎ですが、このことは意識するべきかなと思いました。


    2012.02.19 / コメント:: 7 / トラックバック:: 0 / PageTop↑

    信託報酬値下げ! 年金積立 インデックスファンド海外新興国株式
    Kapok の資産運用投資対象投資信託
    日興アセットマネジメントが、「年金積立 インデックスファンド海外新興国株式」の信託報酬を年率0.8295%から0.5775%に値下げしたようです。

    信託報酬0.5775%というのは、「eMAXIS 新興国株式インデックス」の0.63%を下回り、一般販売されている新興国株式インデックスファンドで、クラス最安値に踊り出たことになります。

    参照:
    「年金積立 インデックスファンド海外新興国株式」が信託報酬値下げ!・・・
    梅屋敷商店街のランダム・ウォーカー 2012/2/17

    この「信託報酬値下げ」について考えていきます。

    [続きを読む]


    2012.02.17 / コメント:: 0 / トラックバック:: 1 / PageTop↑

    低コストにこだわるのであればインデックス投信よりも個別銘柄のB&H
    Kapok の資産運用投資対象投資信託
    インデックス連動型投資信託は、運用の分かりやすさと運用コストが低い事で人気です。
    ですが、長期資産運用では、インデックス投信を保有するよりも、株式の個別銘柄をいくつか選んでバイ&ホールドする方が、運用コストは断然安くなります。

    30年間かけて積み立てた場合について考えていきます。

    [続きを読む]


    2012.02.16 / コメント:: 9 / トラックバック:: 0 / PageTop↑

    相互リンクを追加しました 
    Kapok の資産運用その他このブログについて
    Tansney Gohn さんのブログ「Tansney Gohn の投資ブログ」を相互リンクに追加しました。Tansney Gohn さんには、いつも参考になるコメントを頂いており、私はかなりのお世話になっています。

    Tansney Gohn さん、今後ともどうぞよろしくお願いいたします! ^^
    2012.02.14 / コメント:: 1 / トラックバック:: 0 / PageTop↑




    Pagetop↑
    ブログ内検索
    プロフィール

    Kapok

    Author:Kapok


    個人投資家。1986年生まれのサラリーマンです。将来、資産運用で財産を築き、自由に暮らす事を夢見ています。

    ブログについて
    「資産運用について調べた事・考えたこと」をブログのメイン記事にしています。

    記事の情報の正確さには注意を払っていますが、保証はしません。投資判断は自己責任でお願いします。

    Kapok
    資産運用の方針
    資産運用は、下記の規定の範囲内で行っています。私Kapokが、どのような個人投資家であるかがよく分かるファイルになっています。

    Kapok の資産運用規定

    最近の記事・コメント

    アクセスカウンター
    ↑ポインタを合わせると、1週間のアクセス数推移が確認できます。

    Since Mar.17/2011
    Twitter
    おすすめ書籍
    ウォール街のランダム・ウォーカー 株式投資の不滅の真理
    Kapokの投資哲学に大きな影響を与えた1冊。個人投資家必読の書。

    スポンサー
    相互リンク
    資産運用全般

    株式個別銘柄投資 etc.

    投資信託 etc.

    債券・預貯金

    FX・派生商品 etc.

    その他 有価証券

    資産運用以外