FC2ブログ
    eMAXISバランス(8資産均等型) の購入を検討中
    Kapok の資産運用投資対象投資信託

    1. eMAXISバランス(8資産均等型)とは


    下図のポートフォリオを目指すインデックスファンドです。
    8アセットに等比率で投資を行います。
    信託報酬は、0.525%(年率)です。

    emaxis8.png
    ※クリックで拡大します。
    ※参照:交付目論見書 2012/4/26版(リンク最終確認:2012/10/22)



    2. なぜ良いと思ったか


    多くのバランスファンドは、気づかぬ内に目標アセット比率が変わります。つまり、ほったらかしにしておくと、いつの間にか気に入らないポートフォリオになっている可能性があるのです。

    一方でこのファンドは8分割という非常にシンプルなポートフォリオですし、それを売りにしているため、ポートフォリオの変更は無いはずです。ある程度安心して持てそうです。


    3. 気になる点・よく考えておきたい点


    以下の2点がそれです。

    i) もしも1つのアセットがどこまでもいつまでも下がり続けるた場合の損失

    この場合、損失はアセット比率の12.5%では済みません。リバランスによってそのアセットへの資金流入が起こりますので、それが続けば資産全体が毀損します。

    アセットをアラカルトで持っていれば、(リバランスしなければ、)それは防げます。自動りバランスのメリット・デメリットはよく比較し、考えておきたいです。


    ii) 配当要因によるプラス乖離はないのは何故?

    私はよく分かっていないのですが、このファンドのベンチマークは配当込まず指数をいくつか使って算出されています。にも関わらず、配当要因によるベンチマークとの上方乖離が見られません。

    下記の①・②を比べれば、eMAXISバランス(8資産均等型)は、配当要因による上方乖離が吹っ飛んでしまう程の下落要因(リバランスコストやその他変なもの)を持っているのではないか、と不安になります。

    ①eMAXIS先進国インデックスファンドの基準価額の上方乖離(年2%程度)
    emaxiskokusai.png
    ※クリックで拡大します。
    ※参照:eMAXIS先進国インデックスの2012/09月報(リンク最終確認:2012/10/22)


    ②eMAXISバランス(8資産均等型)の基準価額の上方乖離(ほぼ0%)
    emaxis82.png
    ※クリックで拡大します。
    ※参照:eMAXISバランス(8資産均等型)2012/09月報(リンク最終確認:2012/10/22)



    4. 結論:とりあえず購入は保留で


    配当金による上方乖離の有無は、結構大きな問題ですので、第二期運用報告書が出た時に詳細をよく見てみようかと思います。(忘れるかもしれませんが。)

    購入するとしても、それ以降にします。

    2012.10.22 / コメント:: 2 / トラックバック:: 0 / PageTop↑

    インデックスファンドは「低コストならば高パフォーマンス」か?
    Kapok の資産運用投資対象投資信託
    一般的にインデックスファンドは、低コストなものが高パフォーマンスとなります。それを検証した米国のデータがありましたので、紹介します。

    1. インデックスファンドにおけるコストとパフォーマンスとの関係


    吊られた男さんの記事でも紹介されている、「A 401k Must Read: Mutual Fund Expense Ratio Myth Busted」(リンク最終確認:2012/10/18)に掲載されている情報を引用・加工しています。

    ref_fiduciarynews_Index-Total-Return-Annualized-10-Years.jpg

    S&P500指数に連動するファンドを調べたようです。


    2. 上記プロットを見て思う事


    インデックスファンドにおいては、運用コストがパフォーマンスの決定的な要因になっている事が伺えます。コストとパフォーマンスには、赤の点線で示すような逆相関があり、運用コストが0.5%上がれば、パフォーマンスは概ね0.5%下がっています。S&P500インデックスファンドに限らず、大抵のインデックスファンドは、そんな感じだと思います。(ちゃんと調べたわけではありませんが。)

    インデックスファンドは、運用やポートフォリオがほぼ同じですので、やはりといいますか、コストの分だけが差がつきますね。有利な条件でインデックス投資をしようと思うのであれば、低コストなインデックスファンドを選択する事が、「良い選択」となりそうです。


    3. ただし例外もある


    そうは言いましても、例外も多そうです。例えば上記プロットでも、運用コストが高いにもかかわらず、好成績のファンドもあります。パフォーマンスは年率換算であるにも関わらず、赤線から1%程度の上方乖離ですから、かなりの乖離になります。

    乖離要因はいろいろと想像ができます。
    ① 下落相場でキャッシュを持っていた。
    ② ポートフォリオがインデックスと微妙にずれていた。
    ②' ベンチマークの組み入れ銘柄の変更に機敏に反応した。
    ③ 貸株をして貸株金利を得ていた




    ③とかですと、どれだけの安全性があるかも気になる所になります。このように、同じコストでも内実が全然違うという可能性もあります。ちゃんとしたインデックス運用をするならば、コストのみに目を向けず、目論見書や運用報告書等をよく読む事が必要です。

    2012.10.18 / コメント:: 2 / トラックバック:: 0 / PageTop↑

    ブログに数式を埋め込む方法:TeX数式が利用できるようです
    Kapok の資産運用PCソフトウェア・サービス

    1. 数式の埋め込み方法


    例えば、
    <img src="http://www.codecogs.com/eq.latex?ax^2+bx+c=0" />
    と打てば



    と表示されます。

    htmlタグの「latex?」と「" />」の間の部分にTeX数式を入れるわけです。


    2. 所感


    やっぱりTeXは形がかっこいいですね。
    それを気軽にブログで利用できるなんて、便利な時代だと思います。


    3. 参照


    ブログで数式を表示させる方法:Online LaTeX Equation Editorを利用(リンク最終確認:2012/10/17)

    上記ページには一通りの事が書いてあります。
    また便利なリンクも貼ってあります。

    2012.10.17 / コメント:: 3 / トラックバック:: 0 / PageTop↑

    ヘッジ付き外債でポートフォリオを安定化させるのも良い
    Kapok の資産運用投資対象債券
    ヘッジ付き外債をポートフォリオに組み入れるのは、効果があると思います。


    1. 国内債券アセットの組入効果とその問題点


    国内債券アセットは、他のアセットと異なる値動きをするため、リバランス原資にする事を通じて、ポートフォリオのパフォーマンス向上と安定化に大きく寄与をします。このため、「ポートフォリオの肝(キモ)は国内債券アセット比率だ」などとよく言われます。

    ところが普通、国内債券ファンドの中身といえば、「ほぼ100%日本国債」もしくは「あまり銘柄分散されていない公社債」です。ゆえに銘柄リスク・発行体の信用リスクを大きく受けてしまうという問題が発生します。


    2. そこでヘッジ付き外債の組み入れ


    上記問題を避けるため、ポートフォリオにヘッジ付き外国債券を組み入れるのは、良いことだと思います。銘柄リスクを低減した上で、ポートフォリオのパフォーマンス向上と安定化が実現します。

    実際にヘッジ付き外債の値動きは、国内債券アセットに準ずるというデータがあります。


    3. ヘッジ付き外債の日本株との相関係数は、国内債券と同程度


    Funds-iサイトの鵜目鷹目からお借りした表です。
    ref_nomura_unometakanome_pic_graph01.gif
    ※クリックで拡大します。
    ※参照:Funds-iサイトより(鵜目鷹目 1.2010年代の分散投資) (リンク最終確認:2012/10/14)


    上記の表の左側に、「国内株式」と「国内債券およびヘッジ付き外債」との値動きの相関係数の推移が載っています。ヘッジ付き外債は、国内債券アセットに準ずる値動きをしてきた事が伺えます。


    4. 結論・所感


    ヘッジ付き外債をポートフォリオに組み入れる事で、銘柄リスクを低減させた上でのポートフォリオのパフォーマンス向上と安定化を目論むのも良いかと思います。

    もしそうする場合、ヘッジ付き外債投信のラインナップは、(資産運用の)出口戦略にも大きく影響する事になりますので、ヘッジ付き外債ファンドの設定やパフォーマンス情報は、意識しておこうと思います。


    2012.10.14 / コメント:: 7 / トラックバック:: 1 / PageTop↑

    平均初婚年齢: みんな何歳で結婚しているのか?
    Kapok の資産運用読み物レポート・論文
    読んでみたレポート(平成24年版子ども・若者白書 本編)に、平均初婚年齢(の推移)が載っていました。
    レポートはこちら(リンク最終確認:2012/10/12)。
    昨日の記事と同じファイルになります。)

    グラフを引用し、所感を書いてみます。


    1. 平均初婚年齢


    syokonnenrei.png
    ※クリックで拡大します。
    ※参照:上記レポート


    最新データでは、平均初婚年齢は、
    男性:30.5歳
    女性:28.8歳
    となっています。


    2. 所感


    一昔前と比べますと、随分と初婚年齢が上がってきた事が伺えます。また、男性の初婚年齢は平均で30.5歳というのは、思っていたよりは高いです。

    ただ、所詮平均ですから、50歳とかの高齢で結婚する人とかがいて、そのデータが平均値を上に引っ張り上げているだけという気もします。是非とも初婚年齢分布が見たいところです。



    と思い探したら、普通にありました。 ↓↓

    初婚年齢は高齢化と共に分散化…初婚年齢推移をグラフ化してみる(2011年子供・子育て白書版)
    (リンク最終確認:2012/10/13)



    あ、俺やばい・・・焦 
    2012.10.13 / コメント:: 2 / トラックバック:: 0 / PageTop↑




    Pagetop↑
    ブログ内検索
    プロフィール

    Kapok

    Author:Kapok


    個人投資家。1986年生まれのサラリーマンです。将来、資産運用で財産を築き、自由に暮らす事を夢見ています。

    ブログについて
    「資産運用について調べた事・考えたこと」をブログのメイン記事にしています。

    記事の情報の正確さには注意を払っていますが、保証はしません。投資判断は自己責任でお願いします。

    Kapok
    資産運用の方針
    資産運用は、下記の規定の範囲内で行っています。私Kapokが、どのような個人投資家であるかがよく分かるファイルになっています。

    Kapok の資産運用規定

    最近の記事・コメント

    アクセスカウンター
    ↑ポインタを合わせると、1週間のアクセス数推移が確認できます。

    Since Mar.17/2011
    Twitter
    おすすめ書籍
    ウォール街のランダム・ウォーカー 株式投資の不滅の真理
    Kapokの投資哲学に大きな影響を与えた1冊。個人投資家必読の書。

    スポンサー
    相互リンク
    資産運用全般

    株式個別銘柄投資 etc.

    投資信託 etc.

    債券・預貯金

    FX・派生商品 etc.

    その他 有価証券

    資産運用以外