スポンサーサイト
    Kapok の資産運用スポンサー広告
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --.--.-- / コメント:: - / トラックバック:: - / PageTop↑

    モンテカルロ・シミュレーション
    Kapok の資産運用投資手法用語説明
    モンテカルロ・シミュレーションは、乱数を用いたシミュレーションです。解析計算では難しかったり、面倒くさかったり、そもそも不可能だったりするものでも、乱数を使ったシミュレーションを行えば近似解が出るものも多く、いろいろな場面で使われています。

    資産運用の世界でももちろん有用です。
    モンテカルロ・シミュレーションについて、いくつか書いてみます。


    1. 「モンテカルロ」の名前の由来


    wikipediaのモンテカルロ法についての記事(リンク最終確認:2012/11/29)によると、カジノで有名な国家モナコ公国の4つの地区(カルティ)の1つであるモンテ・カルロから名付けられたようです。

    ギャンブルともよく馴染むシミュレーションなのでしょうね。


    2. 「モンテカルロ・シミュレーション」の略し方


    英語では、Monte-Carlo Simulationですので、この頭文字をとってMCと略す事が一般的です。(「モンテ」と略す人も若い人に多いという気がしますが、これは私の出身の研究室の「方言」である可能性もあります。)


    3. どんな事ができるか


    手間と時間さえかければ、(あとアイデアがあれば、)結構何でもシミュレーションできるはずです。このブログでも、資産運用に関係した、いろいろな簡単なシミュレーションを公開しています。

    例えば、「リスク資産における複利効果の有無について」はモンテカルロ・シミュレーションを用いた考察です。モンテカルロ・シミュレーションを使えば、ブログ記事のバリエーションも増えて、いいものだと思います。


    4. Excel関数とモンテカルロ・シミュレーション


    セルに、「=rand()」と入力すれば、0以上1未満の数が得られます。
    if文に挟むと、例えば「=IF(RAND()<0.5,1,0)」としてコピペしますと乱数列が得られます。条件を変えると、「55%の確率で3%増え、45%の確率で2%減る」なども表現できます。


    5. 個人投資家の資産運用とモンテカルロ・シミュレーション


    この2つも、よく馴染む気がします。自身の資産がどのように推移する事が考えられるのか?などを乱数を使って考えてみるのも良いでしょうね。

    スポンサーサイト
    2012.11.29 / コメント:: 3 / トラックバック:: 0 / PageTop↑

    「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2012」に投票しました
    Kapok の資産運用投資対象投資信託
    私も一応投信ブロガー(だと思う)ので、
    「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2012」に投票しました。

    持ち点の5点を、2点・1点・1点・1点に分け、4投信に分散投資しました。
    全てインデックスファンドです。

    2点入れたのは野村様の鬼才が光るあの金融商品です。
    残りの3点(1点×3)は信託報酬値下げが嬉しくて投票しました。

    さて、結果はどうなるでしょうね。
    2012.11.25 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑

    低信託報酬ファンドは本当に高パフォーマンスなのか
    Kapok の資産運用投資対象投資信託
    「効率的市場仮説」や「株価が完全なランダムウォークである」を仮定した場合、投信のパフォーマンスの決定的要因はコストであるという結論に辿りつきます。という訳で、信託報酬が低めのファンドが高パフォーマンスであると信じている人も少なくない気がします。

    本当でしょうか。データを見てみました。


    1. 投信の信託報酬とパフォーマンスとの関係(概観)


    信託報酬の程度毎に、投信パフォーマンス(リターン)の平均値を算出しました。データは、2012/11/8前後にSBI証券の投信検索ツールFサーチで取得しました。

    426_1.png
    ※信託報酬ごとにリターンの平均値を算出
    ※エラーバーには√分散÷ファンド数を利用


    最も良いパフォーマンスだったのは、1年リターン・3年リターンともに信託報酬が1~2%のファンドでした。信託報酬は安すぎてもロクな運用ができないし、高すぎてもパフォーマンス低下要因になっている可能性があると分かります。

    少なくとも、信託報酬が安いからといって、リターンが良いというシンプルな関係は観測できません。


    2. アセットクラス別 信託報酬とリターンとの関係


    平均値にはアセットクラスによるバイアスがかかる可能性がありますので、アセットクラス毎の平均値もいくつか見てみます。

    i) 国内株式

    426_2.png
    信託報酬1~1.5%のファンドが平均値が最も良いパフォーマンスとなります。あまり信託報酬が高くても良い成績にはならないようです。

    ii) 先進国株式

    426_3.png
    信託報酬1%未満のものも良いですが、2.0%以上のものが一番頑張ってくれています。多少信託報酬が高くても、高パフォーマンスが期待できるなら投資対象として検討するのも良いかもしれません。

    iii) 先進国債券

    426_4.png
    信託報酬が高ければ高いほど、高パフォーマンスでした。債券投資はファンドマネージャーの腕がパフォーマンスに比較的大きな寄与をするのかも知れません。

    iv) 新興国株式

    426_5.png
    3年リターンは、高コストなほど低パフォーマンスでした。新興国株式市場は不透明な感じがしますが、ファンドマネージャーの腕よりも、インサイダー情報を獲得できる人たちが得する市場なのかも知れません。


    3. 結論・留意点


    信託報酬が高いからといってパフォーマンスが低くなるというデータは得られませんでした。ある程度の信託報酬を受け取っているファンドの方が好成績であるという可能性も十分にあります。

    ただし、上記情報には生き残りバイアスやその他のバイアスがかかっている可能性があります。また、所詮はある一定期間のパフォーマンスですので、別の期間ではどうなるのか、超長期ではどうなるのか、が全く分かりません。

    是非誰か他のちゃんとした投信ブロガーが定点観測し、統計情報を公開して欲しいところです。(私はやりません。)

    2012.11.23 / コメント:: 4 / トラックバック:: 0 / PageTop↑

    株式投資のプロの運用ツール「マルチファクターモデル」
    Kapok の資産運用投資手法投資心理・哲学・雑感
    プロの運用ツールと「マルチファクターモデル」についての説明がありましたので、引用・紹介します。オリジナルの記事は↓です。

    山崎元「ホンネの投資教室」:第184回 ポートフォリオ管理のツール3点セット(リンク最終確認2012/11/22)


    1. マルチファクターモデルとは


    ――――――――引用ここから――――――――
    マルチファクターモデルは、通常、リターンの動きに影響する(ということは、同時にリスクにも影響する)数十個の要因で、株式ポートフォリオのリスクを推計しようとする、大がかりな統計モデルだ。

    要因(ファクター)として採用されるものは、企業の規模や自己資本比率、あるいは海外売り上げ比率、株価と純資産の比率のような株価の割安・割高指標など、株式としての一般的性質に関わるデータとその銘柄が属する業種分類(数十業種に分類されることが多い)との二つであることが多い。
    ――――――――引用ここまで――――――――

    ざっくりと言えば、ある銘柄のリスク・リターンや他銘柄との相関を、種々のデータから推計し、目的に合う適切なポートフォリオを構築するために利用されるモデルの1つです。


    2. 高価で個人投資家は手が出せない


    マルチファクターモデルは種々の情報とセットで、ツールとして販売されているようです。ですがこの商品、データの取得・検証だけでもかなりの手間がかかっている事もあり、月額数十万円程度の高価なものになっているようです。個人投資家は手が出せませんね。


    3. プロは個人投資家よりも断然多くの情報を持っている


    昨今では個人投資家もプロに匹敵する情報が得られるようになってきたと言われてはいますが、依然として情報の量・鮮度やその処理は、プロの方が随分と有利そうです。株式投資の世界に足を踏み入れる個人投資家は、こういう事も知っておくべきだと思いました。


    2012.11.22 / コメント:: 4 / トラックバック:: 0 / PageTop↑

    誰?「毎月分配型投信の信託報酬は高くなる」と言い出したのは
    Kapok の資産運用その他このブログについて

    1. 毎月分配型投信の信託報酬が高めと言い出したのは誰なのか


    「毎月分配型投信は分配の手間がかかる分、信託報酬が高めに設定されます。」というお話がありますが、先日実際に調べてみたところ、「信託報酬が高め」という事実は確認できませんでした。分析記事はこちらです。

    上記論理(毎月分配型投信は信託報酬が高い)は、確かにそれっぽいですが、正当なデータ無く語られたただの推論であったようです。誰でしょう?そんないい加減な事を言い始めたのは?と思い、google先生に「毎月分配型投信 高コスト」のキーワードで聞いてみたところ、検索第一位(2012/11/16現在)にこんな記事がヒットしました。

    私にとっては、どこかで見覚えのあるブログテンプレートと、見覚えのある記事でした。はい。すみません。そうです。私が書いた記事でした。見つけて読んだ時は衝撃でした。誤情報の拡散に加担していたわけですからね。

    もはや言いだしっぺを探すどころではなくなりましたので、一応弁解をしておきます。


    2. 私は正しいと思った事を書いていきますが、保証はしません


    私は記事を書いた時、正しいと思っている事を書いています。ですが、後でよくよく調べてみると間違っていたりします。結果として、過去記事と最新記事とで主張が矛盾する事もあります。

    そんな時、過去記事を訂正するか、面倒くさいので放置するかの2択があります。私は大きな誤りに気付いた時は訂正しますが、細かい所は放置します。そもそも間違っている事に気付かない事もあります。つまり記事の内容が正しいという保証をしません。

    そもそもアクセス数はそれほどは大きくないブログですし、個人投資家ブログでもともと信用もないでしょうし、保証なんてしなくて良いと思っています。投資観なんて変わっていくものですしね。

    ブログ運用方針はいろいろだと思いますが、私はこんな感じでゆるくやっております。

    2012.11.16 / コメント:: 2 / トラックバック:: 0 / PageTop↑




    Pagetop↑
    ブログ内検索
    プロフィール

    Kapok

    Author:Kapok


    個人投資家。1986年生まれのサラリーマンです。将来、資産運用で財産を築き、自由に暮らす事を夢見ています。

    ブログについて
    「資産運用について調べた事・考えたこと」をブログのメイン記事にしています。

    記事の情報の正確さには注意を払っていますが、保証はしません。投資判断は自己責任でお願いします。

    Kapok
    資産運用の方針
    資産運用は、下記の規定の範囲内で行っています。私Kapokが、どのような個人投資家であるかがよく分かるファイルになっています。

    Kapok の資産運用規定

    最近の記事・コメント

    アクセスカウンター
    ↑ポインタを合わせると、1週間のアクセス数推移が確認できます。

    Since Mar.17/2011
    Twitter
    おすすめ書籍
    ウォール街のランダム・ウォーカー 株式投資の不滅の真理
    Kapokの投資哲学に大きな影響を与えた1冊。個人投資家必読の書。

    スポンサー
    相互リンク
    資産運用全般

    株式個別銘柄投資 etc.

    投資信託 etc.

    債券・預貯金

    FX・派生商品 etc.

    その他 有価証券

    資産運用以外
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。