スポンサーサイト
    Kapok の資産運用スポンサー広告
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --.--.-- / コメント:: - / トラックバック:: - / PageTop↑

    積立投資の魅力・メリットについて
    Kapok の資産運用投資手法ドル・コスト平均法
    私は資産運用において「積立投資」を実践しています。この手法の魅力・メリットについて、思う事を書いてみます。


    1. システマティックな買付による、結果が出にくい裁量取引の排除


    ルールとして買付(積立)を設定していますので、淡々と買っていけます。

    一般的な心理としては、上昇相場が続き、巷に投資教本が溢れてるような幸せな相場環境で、「買付額を増やしたい」と思いますし、悲観一色の相場環境で、「怖くて買付を躊躇、止めたい」と思います。

    ですが、大抵前者は「高値掴み」、後者は「安値拾いの機会損失」となります。これを避けるためにも、淡々と積み立てる積立投資は良いと思います。


    2. 徐々に増加する資産を楽しめる


    積立投資では、運用金額が徐々に増えていく事になります。(基本的に運用額は、あたかも入金額に引っ張られている様な動きをします。入金総額が増えるに伴い、運用額も増えていきます。)

    運用額が徐々に増える事には、一長一短あるでしょうが、資産が形成されていく様子を眺めるのは楽しいものです。

    心理学的にも、「ゆっくりと豊かになる」のは「(宝くじに当たる等で)一気に豊かになる」のと比べて、幸福感が大きいと言われているようです。

    勿論、ただ給料が預金口座に入金されるだけでも、(多く使わなければ)資産は増えて行くのでしょう。けれども、資産運用・管理していればその増える様子もよく分かり、楽しむ事ができると思います。


    3. 資産運用の知識が蓄積していく


    積立投資は、退場しにくい運用手法だと思います。負けてもナンピンをする形になりますので、少なくとも「一発退場」にはなりにくいですよね。

    このことから、長期で運用に携わる事になり、結果として資産運用の知識が蓄積されていく、というメリットがあると思います。



    追記(2013年1月10日)

    ↓ 積立投資のデメリットについても、記事を書いてみました。
    「積立投資」を行う際に注意したい事(デメリットについて)

    スポンサーサイト
    2012.12.31 / コメント:: 2 / トラックバック:: 0 / PageTop↑

    リバランス戦法のデメリット: 資産全体を毀損する可能性について
    Kapok の資産運用投資手法リバランス
    リバランスは、資産配分比率を守るための売買です。(相対的に)値上がりした資産を売り、値下がりした資産を買う事になります。これは、「安値で買って高値で売る」を実現させる有効な投資手法として、投資教本でも広く扱われています。

    ただ、メリットもあればデメリットもあります。一例を挙げてみます。


    1. リバランス戦法が裏目に出る場合


    i) 値動きと売買

    下図のように4つのアセット(アセットA, B, C, D)を等比で持つポートフォリオを組み、リバランスする事について考えます。

    rebalance4asset.png
    ※クリックで拡大します。

    ①最初
    各アセット25万円ずつ、合計100万円

    ②アセットAだけが5分の1に値下がり
    アセットA:5万円/ アセットB~C:各25万円、合計80万円

    ③リバランス
    各アセット20万円ずつ、合計80万円

    ④アセットAだけがさらに5分の1に値下がり
    アセットA: 4万円/ アセットB~C:各20万円、合計64万円


    ii) どう、リバランスが裏目に出たか

    ④において、最終的に資産は64万円、すなわち36万円の損失となっています。もともとアセットAには25万円しか投資していませんので、アセットAだけが値下がりした場合、損失は最大25万円で済みそうなものでしたが、そうはなっていません。リバランスが裏目に出て、損失が膨らんだ形となっています。

    ②→③において、アセットAを「リバランス買い」してしまった事が、傷口を広げる原因です。


    2. リバランスのデメリット


    リバランスは、何か1つのアセットが下がり続けた場合、他のアセットが下がらない場合でも、リバランスを通じて資産全体が毀損していきます。保有比率がわずかな資産でも、それが下がり続けると、計算上はリバランスを通じて全体資産全損失の可能性が出てきます。(日々リバランスをしているバランス投信等を購入する場合、ここらへんは特に注意するべき事だと思います。)

    リバランス戦法は、調子の良いものを売り、調子の悪いものを買う、典型的な逆張り戦法の1つですので、一方的な価額の動きに対しては弱いのです。


    3. リバランスのデメリットを避けるために


    予想外に保有アセットが下がり続ける可能性は考えておくべきです。たとえば、どこまでも円高が進み、海外アセットがダダ下がりするかもしれませんし、日本国債の金利が上がり続ける可能性もあります。

    このような場合のリバランスのデメリットを避けるために、どうすれば良いのか考えてみました。その結果、「リバランス原資にしない資産を持っておく」という作戦を思いつきました。まあ、そうなりますよね。

    ですので、資産は
    1.リバランスをし、「安値買い・高値売り」を狙っていく部分
    2.リバランスをせず、「分散投資の効果」を享受する部分
    に分けて管理するのが、betterかと、そう思います。

    2012.12.26 / コメント:: 7 / トラックバック:: 0 / PageTop↑

    宝くじの購入は、本当に非合理的な選択なのか?
    Kapok の資産運用その他思った事・思索・所感
    広く知られているとおり、宝くじのリターンの期待値は小さいです。例えば2012年年末ジャンボですと300円のくじのリターンの期待値は150円程度(※1)であったようです。この期待値を元に、「宝くじの購入は非合理的な選択である」と結論付け、思考停止している人は多いと思います。ですが、私は宝くじの購入が非合理的であるとは思いません。

    ※1 期待値が150円程度 参照:
    ギャンブラーのための数学講座 第20回 ジャンボ宝くじの買い方 (リンク最終確認:2012/12/20)


    1. ギャンブルはキャッシュフローを有利な形へ変換する事


    宝くじの合理性を説明する前に、キャッシュフローの変換の概念について言及しておきます。投資等のギャンブルの目的は、「キャッシュフローを有利な形にする事。もしくはそれを目論む事。」であるはずです。例えば、値上がりを期待して株を買う行為は、

    ①株を買う = 一時的なキャッシュアウト
    ②値上がりした株を売る =①より大きなキャッシュイン

    とキャッシュフローの視点で見れば、これが有利な形に変換される事を目論んでいるという状態である事が分かります。


    2. 宝くじのキャッシュフロー


    宝くじのキャッシュフローは定性的には下の2パターンです。

    パターン1
    ①くじを購入 = キャッシュアウト
    ②はずれる = キャッシュインなし

    パターン2
    ①くじを購入 = キャッシュアウト
    ②当たる = 大きなキャッシュイン


    はずれる確率は高くても、キャッシュアウトの額は大きくなく、普通痛くも痒くもない金額です。ところが大当たりとなった場合は、非日常的な実に大きなキャッシュインが実現します。このようにキャッシュフローの視点でリスクとリターンを比較し、有利不利を考えた際、(人それぞれですが)価値観によっては宝くじの購入を検討する余地は、十分過ぎる程残されています。

    (※このような面白みは、期待値というのっぺりとしたパラメータを算出した途端見えなくなります。)

    宝くじの購入は、「キャッシュインを目論む正当な投資行為の1つである」と言っても良いと私は思います。


    3. 期待値が300円より下がっている分は、プレミアム


    非日常的なキャッシュインを実現する可能性があるものに対して、「プレミアムを支払ってでも購入したい」と考える事に抵抗はありません。宝くじを買い、当たった時の事を考える楽しさにも価値があるはずです。

    その価値が「宝くじ購入代金-リターン期待値」を超えると判断した場合、宝くじの購入は合理的な選択となると考えます。

    以上の事から、私は(例え期待値が小さくても、)宝くじを購入する事は必ずしも非合理的だと考えは、しません。


    4. ここまで書いて気付いた事


    宝くじについて書いてきましたが、そういえば私は「年末ジャンボ宝くじ」を買っていません。正直今まであまり買った事もありません。これでは、当たった時の事を楽しく妄想する価値が150円(1本300円-期待値150円)より小さいと考えているつまらない人になってしまいます。

    今後はある程度、冬の風物詩として「年末ジャンボ宝くじ」を楽しむようにしようと思います。

    2012.12.20 / コメント:: 7 / トラックバック:: 0 / PageTop↑

    リスク資産への投資額は、控えめにしています
    Kapok の資産運用運用方針・実績運用方針

    1. リスク資産への投資額


    前回書いたブログ記事でも紹介しましたが、私は毎月3万円もしくは5万円を運用資金に回しています。この額は、投資をしている人の中では、少ない方だと思います。投資額を控えめにしている理由について、投稿してみます。


    2. 投資額を控えめにしている理由


    最大損失額を大きめに見積もっているため、投資額は控えめです。

    私はリスク資産の最大損失額は、下記の考えから「投入資金すべて」となると覚悟しています。もしも投資額(投入金額)が控えめであれば、リスク資産が大暴落した場合も、その他の資産を使い、ある程度の安定した生活が保証されます。これを意識し、投資額はあまり大きくならないようにしています。


    i) 長期運用でリスクは大きくなります

    「ポートフォリオの年率リターン分布の標準偏差をσとし、3σ程度を最大損失額と考えましょう」というお話がありますが、これは1年あたりのお話です。長期で運用するならば損失が3σに収まるはずもありません。

    例えば日経平均株価の年間リターン分布の標準偏差は20%程度ですが、バブル崩壊では株価は4分の1以下になっています。(3σ=60% 減よりも大きな下落です。)

    長期運用でリスク(値動き幅)、最大損失額はどこまでも大きくなります。


    ii) リバランスは分散投資の効果を損なう場合があります

    リバランス(資産配分を決め、その配分を保つために行う売買)は、システマティックな利確と安値買いができると期待できる、有利な手法です。しかし、下がり続ける資産をポートフォリオに組み入れてしまっていた場合は、下手なナンピンを繰り返す形となり、資産全体が毀損します。


    以上のように、最大損失額は大きくなると思い、投資額を控えめにしています。


    3. リスク資産以外の資産はどうしているか


    特に使う予定は今のところありませんが、預貯金としてとりあえず蓄えこんでいます。若いですのでもっと自己投資や遊びに使った方がいいという気はしているのですが、面倒くさくて意外と使っていません。


    2012.12.19 / コメント:: 4 / トラックバック:: 0 / PageTop↑

    月々のリスク資産原資の積立金額は、損益によって変えています
    Kapok の資産運用運用方針・実績運用方針
    以下、2012年12月現在の私の運用手法についてです。


    1. 月々のリスク資産原資積立金額


    私は運用原資として、毎月3万円もしくは5万円をネット証券の口座に入金をしています。
    含み益がある期間は、毎月3万円の入金で、
    含み損がある期間は、毎月5万円の入金をしています。


    2. 損益によって入金額を変更する理由


    含み損益によって積立金額を変更する事で、完全な定額積立と比べて、平均取得価額は必ず下がります。資産運用の勝率は「時価から平均取得価額を引いた値」がプラスである確率ですから、平均取得価額を下げれば、勝率が上がります。この目論見から、損益を入金額の判断材料として組み入れているわけです。


    3. 損益によって入金額を変更するデメリットと、それについて思う事


    もちろん、含み益時に5万円入金せず3万円しか入金しないため、株価上昇時の機会損失が発生しますし、期待リターン(額で評価)は下がります。ですが、その事はさほど気になりません。

    資産運用は資産を増やす事が目的であり、勝率にこだわる事には重きを置きたいと考えているからです。

    2012.12.15 / コメント:: 6 / トラックバック:: 0 / PageTop↑




    Pagetop↑
    ブログ内検索
    プロフィール

    Kapok

    Author:Kapok


    個人投資家。1986年生まれのサラリーマンです。将来、資産運用で財産を築き、自由に暮らす事を夢見ています。

    ブログについて
    「資産運用について調べた事・考えたこと」をブログのメイン記事にしています。

    記事の情報の正確さには注意を払っていますが、保証はしません。投資判断は自己責任でお願いします。

    Kapok
    資産運用の方針
    資産運用は、下記の規定の範囲内で行っています。私Kapokが、どのような個人投資家であるかがよく分かるファイルになっています。

    Kapok の資産運用規定

    最近の記事・コメント

    アクセスカウンター
    ↑ポインタを合わせると、1週間のアクセス数推移が確認できます。

    Since Mar.17/2011
    Twitter
    おすすめ書籍
    ウォール街のランダム・ウォーカー 株式投資の不滅の真理
    Kapokの投資哲学に大きな影響を与えた1冊。個人投資家必読の書。

    スポンサー
    相互リンク
    資産運用全般

    株式個別銘柄投資 etc.

    投資信託 etc.

    債券・預貯金

    FX・派生商品 etc.

    その他 有価証券

    資産運用以外
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。