スポンサーサイト
    Kapok の資産運用スポンサー広告
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --.--.-- / コメント:: - / トラックバック:: - / PageTop↑

    投資信託の分配金についての議論のまとめと、その所感について
    Kapok の資産運用投資対象投資信託
    投資信託の分配金の是非については、賛否両論あります。議論の概況をまとめ、私自身がどう考えているかについて書いてみます。


    1. 投資信託の分配金についての議論


    i) 投信が分配金を出す事は、原理上は自然な事

    そもそも株や債券は、配当金や利金の受け取りが期待できる金融商品ですから、株や債券で構成される投資信託が分配金を吐き出すように設計されるのは、自然な事だと思います。

    また、投資は「キャッシュフローを望ましい形に変換する事」という考えに立てば、投信が分配金を出すの設計となっている事は、ごく自然で正統だと感じるはずです。


    ii) 分配金を出す投信保有のメリット

    分配金受け取りにより、キャッシュが増えます。これは投信の基準価額が下落した場合の影響が小さくなる事を意味します。また、このキャッシュはリバランス原資として利用できます。

    リターンと比べてリスクが大きめのアセット(国内外株式等)では、基本的にはリバランスを通してボラティリティの出し入れから資産成長を目指すのが数理的に合理的である場合が多いです。このため、自動的にキャッシュを受け取る事ができる分配型投信が有用となる事が多くなります。


    iii) 分配金を出さない投信保有のメリット

    一方で投資信託が分配金を出さずに、配当金や利金の内部留保から投信への再投資がされれば、投資家から見た場合、分配金にかかる税金分が引かれずに再投資されますので、その分多めの複利効果が期待できます。

    特に、リスクと比べて十分にリターンが大きいアセット(国内債券クラス等)では、分配金を出さない投信の方が、再投資の効率性の観点で有利な場合が多くなります。


    2. 所感


    i) 投信分配金についてどう思っているか

    私自身は、分配金が無くても手動で投信解約し、キャッシュを受け取る「リバランスする」手間があまり苦ではありません。分配金が出た時の電子交付をいちいち読む方が、むしろ面倒だと感じます。

    つまり「投信には分配金は無い方が良い」と考えています。

    ですが、投資の流派としては「フルインベストメント派」ではなく「キャッシュバランス派」ですので、投信が分配金を出していたとしても、さほど気にはなりません。


    ii) 分配金の是非についての議論を見て思う事

    分配金の是非をめぐっては、頻繁にtwitter上で投信ブロガーの罵り合いが見られます。特に無分配派の発言が強めで、議論が感情的になる傾向があります。確かに右肩上がり信奉者やフルインベストメント派にとって、分配金が如何に意味不明かは想像に難くありません。

    ですが、他流派(キャッシュバランス派・リバランス派・キャッシュ受取派)の投信のニーズにも多少の配慮があった上での議論が望ましくないか?と思っています。※1


    ※1 綺麗事を言いました。twitterの分配金論争の罵詈雑言を見て思う本音は「いいぞもっとやれヽ(゚∀゚)ノ!」です。

    スポンサーサイト
    2013.01.27 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑

    「孫子の兵法」がわかる本 を読みました
    Kapok の資産運用読み物書籍
    「孫子の兵法」がわかる本を読みました。兵法は、今から2500年ほど前に書かれた兵法書ですが、これを解説した本です。良書だと思いましたので紹介します。


    1. 構成


    全13章で、「兵法」の記述とその意味について言及されています。「兵法」の記述そのものは抽象的ですが、解説では史実を例に、「兵法」の記述の言わんが事を丁寧に読み解いています。


    2. この本の魅力


    i) 現代に通じる戦略性

    「兵法」そのものは戦争を有利に進めるための本ですが、その戦略性は、現代の企業戦略に通じるものがあります。これは、2500年前から変わらぬ人間の感情や考え方、組織文化のあり方等についてが、抽出され、まとめられているからだと思います。

    また、大陸の血みどろの歴史から学べる、組織で戦い、生き残るためのノウハウです。社会人としても読んでいて損はないと感じます。

    ii) 故事成語の由来・史実が学べます

    この本では、「兵法」の記述を読解するために、その具体例として多くの史実に言及しています。これにより、故事成語の由来や史実をも学べます


    3. 手元に置いておきたい1冊


    一読しましたが、機会があれば読み返して、記述内容や文言を会話の中で思い出したり、引用したりできるレベルになれば良いなと思います。








    2013.01.26 / コメント:: 2 / トラックバック:: 0 / PageTop↑

    運用成績の確率分布が「対数正規分布」となる場合についての考察
    Kapok の資産運用投資手法投資手法考察
    投資家の運用成績の確率分布が「対数正規分布」となる場合について考えます。


    1. 運用成績が対数正規分布になる場合とその仕組み


    i) 仮定

    勝った時に、資産が w 倍(1.0 < w とします)になり
    負けた時に、資産が l 倍(0 < l < 1.0 とします)になるとします。

    この試行は独立で、勝率は一定とします。
    最初の資産は A であったとします。

    この試行を n 回繰り返した時の事を考えます。


    ii) 結果

    x 回勝ち、n-x 回負けた時、資産Xは、xの関数として、



    となります。


    iii) 資産X の分布は対数正規分布となります

    勝ち数 x は、二項分布に従いますので、n が十分大きい時、正規分布すると考える事ができます。よって、資産 X(x) の分布は、対数をとった時に、正規分布となります。

    すなわち、このような運用をしていた場合、最終資産 X(x) は対数正規分布(log-normal distribution)に従うことになります。



    2. 対数正規分布は、どのような分布であるか


    i) 分布とその作成方法

    適当にExcelで作った対数正規分布を下に示します。

    lognormaldistribution.png

    ※1 クリックで拡大します。
    ※2 プロットに使った関数は、普通の正規分布の関数です。確率変数に ln をつけて突っ込みました。
    具体的には NORM.DIST(LN([確率変数]),[平均],[分散],FALSE) としています。



    ii) 分布の特徴

    この対数正規分布は(図に示したとおり)、普通の正規分布と比べて、右側のテールが長くなっています。このテールが平均値を右側に引っ張る関係で、「中央値 < 平均値」という関係が成立しています。



    3. 運用成績の確率分布が対数正規分布に従うとすると


    i) 何が起こるか

    運用成績の確率分布が対数正規分布ですと、「中央値 < 平均値」の関係から、「運用成績は、高い確率で平均値に届かない」という事が起こります。

    一方で、右テールがありますので、大儲けの確率も低くはありません。


    ii) 種々の現象の解釈

    「運用成績が高い確率で、平均値に届かない」事は、(多少の論理・推論の飛躍がありますが)「多くの個人投資家が負けて退場していく事」や「多くのアクティブファンドがインデックスファンドに運用成績で負ける事」の、大きな要因となっていると、解釈する事が出来そうです。


    iii) 運用方針への反映について

    「投資家は確率上、負けやすい」と分かります。
    それを踏まえた上で、慎重な資産運用をしていきたいと思います。

    2013.01.20 / コメント:: 1 / トラックバック:: 1 / PageTop↑

    Kapok の資産運用概況 2013/01/17
    Kapok の資産運用運用方針・実績運用実績
    2013年1月17日現在の、私Kapokの資産運用の概況を投稿します。


    1. 基本情報


    運用総額:5,132千円
    基準価額:11,030円
    低リスク資産比率:50.0%
    損益:+454千円

    ※低リスク資産:
    現金(円)、国内債券(円建)、海外債券(円建/為替ヘッジ付)等を低リスク資産として分類しています。


    2. 売買・他


    前回運用概況について記事を投稿した2012年10月25日以降の取引です。


    i) 運用用資産の増資

    2012年11月・12月、2013年1月に合計 90千円 を運用用資産として証券口座に追加投入しました。


    ii) 買付銘柄

    低リスク資産の銘柄分散のために、「Funds-i 新興国債券(ヘッジ付き)」を購入しました。


    iii) 売却銘柄

    リバランスのため、「eMAXIS先進国株式インデックス」および「JFアジア株アクティブ・オープン」の2銘柄を売却しました。


    3. 今後の運用方針


    今後も、運用総額に占める低リスク資産の比率が、概ね50%を維持するよう運用をしていきます。

    また、リターンに効果的だと思う銘柄が見つかればそれを購入し、不要と思う銘柄があればそれを売却していきます。

    2013.01.17 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑

    資産運用で幸せになるために、良く考えておきたい事
    Kapok の資産運用運用方針・実績運用方針
    資産運用で幸せになるために、どのような事に気をつけて取引をしていけば良いか、考えてみます。


    1. まずは期待リターン


    投資の判断基準として、まず最初に期待リターンを挙げるのが普通ですよね。大きなリターンが期待できる取引をし、実際に大きなリターンを得られれば、投資家として幸せになれます。

    大きなリターンが期待できる取引をする事が、幸せな投資家の第一歩だと考えています。


    2. 勝率・持続可能性も考慮をする


    ですが、いくら期待リターンが大きいからといって、ロシアンルーレットのようなハイリスクでクレイジーといえる取引には、手を出すべきではないでしょう。

    勝率の大きさや、持続可能性もじっくりと考慮するべきだと思います。


    3. 無理のない心持ちでの運用


    また、自信があるからといって、大金を株につっこみ、それが気になってしまい、本業の仕事が手につかなくなるのは、本末転倒。良いことではないはずです。

    どの程度の額での運用がちょうど良いか、考えてみるのも大事そうです。


    4. 勝った時のうれしさと、負けた時の心理的負担との比較


    10万円勝つ嬉しさの大きさと、10万円負ける悲しさの大きさとは、等しくないかも知れません。また、100万円勝つ嬉しさの10000倍の嬉しさと、100億円勝つ嬉しさとは等しくは無いかも知れません。

    どのようなリターン分布によって、心理的に最も満足な投資生活が期待できるのか、そういった事を考えて、運用手法・運用額を選択してみるもの良さそうです。

    2013.01.15 / コメント:: 3 / トラックバック:: 0 / PageTop↑




    Pagetop↑
    ブログ内検索
    プロフィール

    Kapok

    Author:Kapok


    個人投資家。1986年生まれのサラリーマンです。将来、資産運用で財産を築き、自由に暮らす事を夢見ています。

    ブログについて
    「資産運用について調べた事・考えたこと」をブログのメイン記事にしています。

    記事の情報の正確さには注意を払っていますが、保証はしません。投資判断は自己責任でお願いします。

    Kapok
    資産運用の方針
    資産運用は、下記の規定の範囲内で行っています。私Kapokが、どのような個人投資家であるかがよく分かるファイルになっています。

    Kapok の資産運用規定

    最近の記事・コメント

    アクセスカウンター
    ↑ポインタを合わせると、1週間のアクセス数推移が確認できます。

    Since Mar.17/2011
    Twitter
    おすすめ書籍
    ウォール街のランダム・ウォーカー 株式投資の不滅の真理
    Kapokの投資哲学に大きな影響を与えた1冊。個人投資家必読の書。

    スポンサー
    相互リンク
    資産運用全般

    株式個別銘柄投資 etc.

    投資信託 etc.

    債券・預貯金

    FX・派生商品 etc.

    その他 有価証券

    資産運用以外
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。