FC2ブログ
    SBI証券の月間売買代金の増加から分かる、個人投資家の売買の活況
    Kapok の資産運用投資環境証券会社・銀行
    下記リンク先にあるように、SBI証券では売買代金推移が公開されています。
    SBI証券 売買代金実績の推移(リンク最終確認:2013/3/19)

    この推移をグラフ化し、更に日経平均株価(終値)と比べてみました。


    1. 売買代金推移と日経平均株価


    SBI証券の売買代金推移と日経平均株価との関係
    ※クリックで拡大します。

    青の棒グラフが、SBI証券の売買代金推移で、赤の折れ線グラフが日経平均株価の推移です。


    2. 所感


    直近の2013年1月2月は、売買代金が急上昇(2012年12月と比べ約2倍)しています。SBI証券は主に個人投資家が利用するネット証券ですので、個人投資家による売買が活発になった事が伺えます。

    また、個人投資家の売買は、日経平均株価の上昇とも関係が深いと確認できます。例えば2012年2月3月も今回同様、日経平均が上がり、売買が増えたという構図になっています。

    活況と、そして好況を感じられます。私も「株ってどうなの?儲かってる?」と聞かれる機会が増えてきました。そろそろ「株で儲けた!」というお話も身近に出てくる頃です。そしてバブル(不自然な株高)になって、バブル崩壊して不況に陥るでしょう。この一連の過程が、景気循環です。

    2013.03.19 / コメント:: 2 / トラックバック:: 0 / PageTop↑

    SBI証券 トップページをリニューアル予定
    Kapok の資産運用投資環境証券会社・銀行
    3/30(土)より、SBI証券のトップページが新しくなります。
    参照:トップページのリニューアルのお知らせ(3/30~) (リンク最終確認:2013/3/19)

    リニューアルによって、更なる利便性の向上が期待できそうです。その一方で、長年お世話になった今までのトップページが無くなってしまうのも、寂しいものです。そう思い、記念にスクリーンキャプチャを撮って、残しておく事にしました。


    旧SBI証券トップページ 2013/3/30まで
    ※クリックで拡大します。



    2013.03.19 / コメント:: 2 / トラックバック:: 0 / PageTop↑

    PCの物理メモリを増設すると、快適になりました
    Kapok の資産運用PCハードウェア
    本日、パソコンのメモリを交換しました。

    ―――私のPC―――
    Toshiba dynabook EX/66MBL(2010夏モデル)
    初期メモリ 4GB(2GB×2)

    ――購入メモリ――――
    BUFFALO D3N1333 DDR3 8GB(4GB×2)


    VMwareでゲストOSを動かしても、軽快になりました。
    下の画像は、VMware起動時のタスクマネージャー。

    VMware起動時のメモリ利用状況
    ※クリックで拡大します。


    6GB使っています。
    8GBのメモリは必要ですね。


    2010年にPCを購入した際は、メモリは4GBもあれば十分だと思っていました。ですが、こんなに早く8GBのメモリが必要となる時代が来るとは、正直驚きです。




    2013.03.17 / コメント:: 2 / トラックバック:: 0 / PageTop↑

    XcodeとObjective-Cの勉強をしていきます
    Kapok の資産運用PCソフトウェア・サービス
    会社でiPadアプリケーションの開発に携わる事になりました。そういう訳で、とりあえず開発のためのツール「Xcode」をインストールし、アプリケーション作成の準備をしてみました。

    これからXcodeとObjective-Cについて、ちゃんと勉強をしていきます。まずは概観を知るために、一冊教本を読破する事から始めるつもりです。

    2013.03.15 / コメント:: 4 / トラックバック:: 0 / PageTop↑

    東日本大震災後の日経平均株価推移(チャート)
    Kapok の資産運用投資環境日経平均株価
    2011年3月11日の東日本大震災後の日経平均株価チャートを作成しました。


    1. 日経平均株価の推移


    311sinsain225.png
    ※ クリックで拡大します。

    震災前日3月10日、日経平均株価終値は10,434.38円でしたが、震災の被害が明らかになってきた3月15日には安値8227.63円をつけています。この間の下落率は21%に達する大幅下落になります。


    2. 株価下落要因


    被災による直接的な被害以外にも、企業は多くの間接的被害を受け、株価は下落しました。例えば、下請け・孫請けの被災により、部品調達ができず、生産不能に陥る上場企業は多くありました。

    また、3月15日頃は原発事故も悪化の一途で、汚染の広がりに対する不安からも株は売られました。


    3. 株価大幅下落を視野に入れた運用を


    このように大災害が発生すると、株価は大きく変動する事があります。株式運用をする場合、短期間で日経平均が2割も下落する事も覚悟はしておくべきです。

    2013.03.13 / コメント:: 4 / トラックバック:: 0 / PageTop↑




    Pagetop↑
    ブログ内検索
    プロフィール

    Kapok

    Author:Kapok


    個人投資家。1986年生まれのサラリーマンです。将来、資産運用で財産を築き、自由に暮らす事を夢見ています。

    ブログについて
    「資産運用について調べた事・考えたこと」をブログのメイン記事にしています。

    記事の情報の正確さには注意を払っていますが、保証はしません。投資判断は自己責任でお願いします。

    Kapok
    資産運用の方針
    資産運用は、下記の規定の範囲内で行っています。私Kapokが、どのような個人投資家であるかがよく分かるファイルになっています。

    Kapok の資産運用規定

    最近の記事・コメント

    アクセスカウンター
    ↑ポインタを合わせると、1週間のアクセス数推移が確認できます。

    Since Mar.17/2011
    Twitter
    おすすめ書籍
    ウォール街のランダム・ウォーカー 株式投資の不滅の真理
    Kapokの投資哲学に大きな影響を与えた1冊。個人投資家必読の書。

    スポンサー
    相互リンク
    資産運用全般

    株式個別銘柄投資 etc.

    投資信託 etc.

    債券・預貯金

    FX・派生商品 etc.

    その他 有価証券

    資産運用以外