FC2ブログ
    保有株を売却する基本思想・タイミングについて
    Kapok の資産運用運用方針・実績運用方針
    先日、保有株の売却について質問を受けました。折角ですので、私がどういう売却方針でいるのかについて投稿します。


    1. 売却の基本方針


    資産運用でリターンを得るためには、「安く買い、高く売る」が実現できれば、それだけで十分です。ですので、安いと思ったら買い、高いと思ったら売るように心がければ良いはずです。

    私はそう考えていますので、私は「業績と比較して、株価が高いと思った時」に株を売却します。


    2. 「株価が高い」とは


    「株価が高い」と判断するには、2つのパターンがあります。

    i) 株価が上昇した

    目論見通り株価が上昇して株高になり、「企業の業績と比べても株価が割高だ」と思った時は、売却を行います。

    ii) 業績不振になった

    企業の業績が期待通りではなく、予想よりも悪くなった場合も、株の割安感は消えてしまいます。この場合も、「業績と比べて株価が割高」だと判断できるならば、株を売却を行います。


    3. 株の保有期間


    上記のようにして株を売りますので、株の保有期間は一定にはなりません。割安だと思っていれば、何年でも持ち続けますし、割高だと思えば、保有期間が短くても売却をすべきだと考えています。

    ただ、実際には保有株の業績のチェックは面倒ですので、実態としては、私は怠慢からだらだらと株を何年間も持ち続けています。

    まあ、だらだらと持ち続けても良いような、安定して成長している将来性のあるビジネスモデルをもつ企業の株を買う事を心がけていますので、それでも良いと思っています。


    2013.03.12 / コメント:: 2 / トラックバック:: 0 / PageTop↑

    Mac OS X Mountain Lion を導入しました 
    Kapok の資産運用PCVMware Player
    Mac OS X Mountain Lion を動かせるようになりました。
    下に示すように、Windows上でアプリケーション(VMware)を使いMacを稼働します。

    vmmac.png



    1. 導入の方法


    i) MAC OS X 10.6.3 SNOW LEOPARD を動かせるようにする

    WindowsのVMwareでMac OS X 10.6 Snow Leopardを動かす方法(リンク最終確認:2013/3/9)

    を参考に、まずはSNOW LEOPARDを導入します。私の環境では、「仮想マシン設定の編集」でのプロセッサの割当数は、1にしないとうまくいきません。

    また、「2.物理ドライブにMac OS X 10.6.3を入れ、「接続済み」にチェック→[OK]」のステップでは、「接続」→「物理ドライブを使用する」にもチェックを入れておかないと、DVDブートができないようです。

    最後までうまくいくと、SNOW LEOPARDを動かせるようになります。

    Macを動かすだけならこれをインストールすれば十分です。なのですが、iPhoneアプリ開発のXcodeを使うためには、新しいバージョンのOSが必要のようでしたので、Mountain Lion に下の方法でアップデートしました。


    ii) Mac OS X 10.8 Mountain Lion を導入

    Windows上のVMwareでOS X 10.8 Mountain Lionを動作させる方法(リンク最終確認:2013/3/9)

    を参考にします。「「Mountain_Lion Install.txt」に記載されている内容でターミナルにてコマンドを入力」のステップでは、

    open /Volumes/Mac\ OS\ X\ Install\ ESD/BaseSystem.dmg
    mv /Volumes/MLinstaller /Volumes/MLinstaller\ 1 ←ここを追記
    sudo asr restore --source /Volumes/Mac\ OS\ X\ Base\ System --target /Volumes/MLinstaller\ 1



    と、Volume上のファイルの名前を変えておくと良いようです。


    iii) ネットにつなげる

    仮想マシン設定→ハードウェア→ネットワークアダプタ→NAT を選ぶと、とりあえず繋がる模様です。繋がらない時は、ブリッジにしてVMwareを起動してNATに変えるとうまくいく気がしますが、ここらへんよく分かりません。


    2. 所感


    i) 見つかった悪い点

    Ubuntu(Unix系OSの1つ)の導入時と比べ、手間がかかりました。また無料ではなく、MacOSを2つも(SNOW LEOPARDとMountain Lion)購入しないといけませんでした。Appleの規約にもちょっと抵触しているかも知れない事も心配です。

    更に私のPC(Toshiba dynabook EX 66MBL 2010夏モデル)は、一応メモリ4GB、CPUは2つ(見かけ上は4つ)もあるのですが、ゲストOSがMac OSの場合は、ゲストもホストも苦しくなり、動作が緩慢になりストレスフルです。


    ii) 楽しみな事

    複数の知人のバンドマンが異口同音にGaragebandの素晴らしさを語っていますので、これは試してみます。また、Xcodeを使い、iPhoneアプリもいくつか作ってみる予定です。

    これらが気に入れば、Mac PC購入を検討しようと思っています。Macはおしゃれで、画面の解像度も高く綺麗ですからね。^^



    2013.03.09 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑

    沢山のファイルを一度にダウンロードしたい時はFirefoxのDownThemAll !
    Kapok の資産運用PCソフトウェア・サービス
    ウェブページ上の沢山のファイルをダウンロードしたい際、ウェブブラウザのFirefoxのアドオン「DownThemAll!」が便利です。

    例えば、下図のように今年のセンター試験問題・解答全てをダウンロードしたい時は、(FirefoxアドオンDownThemAllをインストールしていれば、)「ツール」→「DownThemAllツール」→「DownThemAll」と進み、拡張子「.pdf」を目印に一気にダウンロードができます。

    DownThemAll!
    ※クリックで拡大します。

    思わず笑ってしまうほど、便利です。同様に、例えば多くの株価データファイルを一気にダウンロードができますし、あるページの画像だけダウンロードして保存する事もできます。

    たまにしか使いませんが、「インストールしていて良かった」と思う事が多いツールです。


    2013.03.05 / コメント:: 2 / トラックバック:: 0 / PageTop↑

    年利10%で毎月5万円を30年間積み立てて、本当に1億円になるか?
    Kapok の資産運用投資手法シミュレーション
    「年利10%で毎月5万円を30年間積み立てると、1億円になります。」というお話があります。本当でしょうか?検証してみました。


    1. 年利10%の無リスク金融商品を積み立てた場合


    毎月5万円、すなわち年間60万円を投入し、年利10%で複利運用した場合、運用資産額は、下図の通り推移します。
    毎月5万円積み立てた時の資産総額推移
    ※クリックで拡大します。

    30年間で、資産総額は1億857万円になり、確かに1億円を突破します。


    2. 年利10%のリスク資産を積み立てた場合


    年利10%の金融商品が本当に存在していたとしても、それはリスク資産のはずです。リスクがある場合、どうなるのかシミュレーションします。


    i) 50%の確率で+20% 50%の確率で±0% となる金融商品

    この金融商品も、年利は平均10%です。ただし、「運が良ければ大きく増え、逆に運が悪ければ想定通りには増えない」といった値動きになります。10回シミュレーションしてみると、下図のような資産推移となりました。
    毎月5万円積み立てた時の資産総額推移(50%の確率で+20% 50%の確率で±0%)
    ※クリックで拡大します。

    エクセルマクロを用いて、このシミュレーションを2000回繰り返すと、実際に1億円を突破したのは972回でした。つまり1億円突破確率は、48.6%に留まるわけです。

    例え年利10%が期待できる金融商品に投資していたとしても、それがリスク資産の場合、想定通りのリターンが得られない場合がある事が確認できます。


    ii) 50%の確率で+40% 50%の確率で-20% となる金融商品

    この金融商品も、年利は平均10%です。上記金融商品よりも更にリスクが大きい設定です。10回シミュレーションしてみると、下図のような資産推移となりました。
    毎月5万円積み立てた時の資産総額推移(50%の確率で+40% 50%の確率で-20%)
    ※クリックで拡大します。

    1億円どころか4億円を突破してしまう場合がある一方で、多くの場合、1億円に届いていません。このシミュレーションを2000回繰り返すと、実際に1億円を突破したのは598回でした。つまり1億円突破確率は、29.9%と計算できます。

    このようにリスクが大きくなった場合も、平均すると年利10%ですから、(平均と比べ)大勝ちする人がいる事に対応して、(平均と比べ)負ける人が多くいる事で辻褄が合います。高リスクの資産運用は、高確率で負けるのです。


    3. まとめと所感・仮定に関して


    i) まとめと所感

    たとえ仮に、平均して年利10%で増える金融商品を、毎月5万円ずつ30年間積み立てたとしても、それで期待通りに1億円が蓄えられるとは限りません。特にリスクが高い金融商品では、1億円に届かない確率が随分と高くなります。

    上記1. のようなリスクを無視した資産運用シミュレーションは、警戒すべきです。


    ii) シミュレーションの仮定(年利10%)に関して

    そもそものお話ですが、この時勢に平均で年利10%となる金融商品は、ほとんどないはずです。つまりシミュレーションの仮定そのものも疑わしいです。

    これほどの高金利を謳う商品は詐欺の可能性が高くなりますので、細心の注意が必要です。

    2013.03.04 / コメント:: 4 / トラックバック:: 0 / PageTop↑

    当ブログアクセス数(2013年2月分)を公開
    Kapok の資産運用その他このブログについて
    「FC2アクセス解析」により取得した、当ブログの2月のアクセス数を公開します。


    1. アクセス数(2013年2月)


    access201302.png

    2月ユニークアクセス(訪問者数): 7,358
    2月トータルアクセス(閲覧ページ数): 12,533
    でした。


    2. アクセス数を見て思った事


    このブログに1日の平均で260人の方が来訪してくれている事が分かります。ブログ記事に興味を持ってくれている方がいることを、嬉しく思います。

    2013.03.03 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑




    Pagetop↑
    ブログ内検索
    プロフィール

    Kapok

    Author:Kapok


    個人投資家。1986年生まれのサラリーマンです。将来、資産運用で財産を築き、自由に暮らす事を夢見ています。

    ブログについて
    「資産運用について調べた事・考えたこと」をブログのメイン記事にしています。

    記事の情報の正確さには注意を払っていますが、保証はしません。投資判断は自己責任でお願いします。

    Kapok
    資産運用の方針
    資産運用は、下記の規定の範囲内で行っています。私Kapokが、どのような個人投資家であるかがよく分かるファイルになっています。

    Kapok の資産運用規定

    最近の記事・コメント

    アクセスカウンター
    ↑ポインタを合わせると、1週間のアクセス数推移が確認できます。

    Since Mar.17/2011
    Twitter
    おすすめ書籍
    ウォール街のランダム・ウォーカー 株式投資の不滅の真理
    Kapokの投資哲学に大きな影響を与えた1冊。個人投資家必読の書。

    スポンサー
    相互リンク
    資産運用全般

    株式個別銘柄投資 etc.

    投資信託 etc.

    債券・預貯金

    FX・派生商品 etc.

    その他 有価証券

    資産運用以外