FC2ブログ
    「資産の収益(リターン)の式」と、それについての所感
    Kapok の資産運用投資手法リスク・リターン
    資産の収益の式について考えていきます。


    1. 収益率(rate of return)


    収益率は、

    収益率=(受け取り金額-投資金額)÷投資金額

    で計算されます。
    収益率の事を、単に収益(return)と呼ぶ事も多くあります。


    2. 大きなリターンを得るには


    式を見れば、大きなリターンを得るためには、2通りの方法があると分かります。

    ①受け取り金額を増やす ≒ 高く売る
    ②投資金額を減らす ≒ 安く買う

    当然といえば当然ですね。


    3. 情報の非対称性に要注意


    以上の事から、売る事は、買う事と同じくらい大切だと分かります。ところが「売るため」の情報は「買うため」の情報と比べて圧倒的に少なくなります。以下、その例です。

    例1
    「買い推奨おすすめ銘柄」は雑誌によく載ります。一方で、「売り推奨銘柄」は、企業への配慮から、なかなか載せらせません。

    例2
    「ドルコスト平均法」による買付方法は証券会社や投信運用会社のHPによく載っています。ですが、こうして積み立てた資産をどう売るのが良いか、についての情報は、普通掲載されていません。信託報酬等の利権の関係で、積極的に売り方を示さない方が良いという運用会社等の判断なのでしょう。


    こうした情報のバイアスに惑わされず、「正しく売れる」投資家になりたいものです。

    2013.04.18 / コメント:: 5 / トラックバック:: 0 / PageTop↑

    5月の日経平均株価騰落率推移(Sell in May で株価は下落するのか?)
    Kapok の資産運用投資環境日経平均株価
    5月の日経平均株価の騰落率の推移を作成しました。

    5月株価下落傾向は確認できませんでした。
    少なくとも日本では、「5月に株が売られやすい」という傾向は、無さそうです。


    1. 元データと集計方法


    1-1 データの取得

    データは、↓のリンクから取得しました。
    株価データ倉庫(リンク最終確認:2013/4/14)

    1-2 集計方法

    1984年から2012年までの、29年間の5月騰落率を集計しました。
    ここで騰落率は、

    騰落率=(終値-始値)÷始値

    で定義しています。


    2. 日経平均株価の騰落率推移


    下図のようになります。

    5月日経平均株価の騰落率推移
    ※クリックで拡大します。

    平均値: -0.1%±1.1%
    標準偏差: 6.1%

    最大値: 12.0%の上昇(1990年)
    最小値: 9.9%の下落(2010年)


    統計的有意な株価下落傾向は、観測できませんでした。
    「Sell in May 戦略」をとる人たちが、5月に一斉に売りを浴びせる、という事は無さそうです。

    2013.04.14 / コメント:: 3 / トラックバック:: 0 / PageTop↑

    プログラマーの三大美徳(怠惰・短気・傲慢)は、なぜ美徳になるのか?
    Kapok の資産運用PCLinux・Mac
    プログラマの三大美徳は、「怠惰」「短気」「傲慢」である、というお話があります。プログラミング言語のPerlを開発したラリー・ウォール(Larry Wall)が言い始めた事のようです。

    一見短所に見えるこれらの気質が、どうして美徳になるのでしょうか。
    ↓のリンクを参考に、その理由を解釈し、まとめていきます。

    Three Virtues (リンク最終確認:2013/4/14)


    1. 怠惰(Laziness)


    データ処理などで、「面倒だな」と思う事ができれば、それをコンピューターにやらせてやろうという発想が生まれます。「怠惰である」事は、便利さを追求するために必要です。

    また、リリースしたプログラムに関する質問に答えるのが面倒だ、と思えば、「直感的にも使いやすいプログラムと、完璧なマニュアル」を作成しようという気持ちになります。

    怠惰である事は、良いプログラマになるために必要です。


    2. 短気(Impatience)


    プログラムが動きにくかったり、気が利かなかったりした時に、それに気づきイライラするならば、更に動きの良いプラグラム・気の利くプログラムを作ろうという気持ちになれます。

    短気である事は、良いプログラマになるために必要です。


    3. 傲慢(Hubris)


    高いプライドを持てば、ユーザーがプログラムの文句を言う余地が無いようなプログラムを書く事を志す事ができます。

    傲慢である事は、良いプログラマになるために必要です。




    言われてみれば確かに、こういう気質の人の方が、プログラマに向いているのかも知れません。

    例えば、怠惰なプログラマの「いちいち入力が面倒くさい」と思う気持ちが無ければ、今の「オートコンプリート」の機能は無かったと思います。

    また、短気なプログラマの「マウスでポインタを合わせてクリックするのに、神経を使うし時間がかかってイライラする」という発想がなければ、便利なキーボードショートカットも存在しなかったと思います。

    このように考えていくと、「怠慢」「短気」「傲慢」が美徳と言えるのも、どこか納得できますね。

    2013.04.14 / コメント:: 4 / トラックバック:: 0 / PageTop↑

    相互リンクを追加しました
    Kapok の資産運用その他このブログについて
    当ブログの相互リンクに、3つのブログを追加しました。
    それぞれ紹介していきます。


    30歳代からの資産運用~人生設計と資産形成ブログ ver40s (by うさみみさん)

    「アセットアロケーション」「株式・債券の個別銘柄取引」「投資哲学」など、資産運用に関する話題を広く扱っているブログです。ブログ主のうさみみさんの投資歴は長く(2005年頃から運用開始でしょうか?)、その分深みのある、さまざまな記事を読む事ができます。


    資産運用でスーパーカーを手に入れよう!(by WATANKOさん)

    「強い投資哲学」を感じられる投信ブログです。時事ネタに対する投信ブログの反応は、どこか一方向に偏りやすい中で、ブログ主のWATANKOさんは、正しいと思う事を敢然と主張されます。投信ブロガーによる議論の厚みが増すような、「シビれる記事」が多めのブログだと思います。


    * ちゃん子のブログ *(by ちゃん子さん)

    多くの投資ブログはガツガツしていますが、このブログは自然でほんわかした雰囲気を醸し出しています。「もっと無難な取引をしたい」と思う時に、是非訪問したいブログです。




    これらのブログに、当ブログのリンクを貼って頂いていました。
    正直うれしいです。^^ ありがとうございました。

    2013.04.13 / コメント:: 6 / トラックバック:: 0 / PageTop↑

    資産運用において、「運用成果」よりも、大切な事
    Kapok の資産運用投資手法投資心理・哲学・雑感
    資産運用をしていますと、どうしても「運用益」「運用成果」に目が行きます。もちろん、運用の是非はリターンの大小によって決まる以上、この「運用益」はとても大切で、熟考する価値があります。この事に異論はありません。

    ですが、「資産運用」において、忘れてはならないのは、「運用益」だけではありません。そもそも論になってしまいますが、「運用益」以外で、資産運用における大切な要素をまとめます。


    1. 将来の資産規模を決める要素


    将来の資産規模を決める要素として、「収入」「支出」「現在の資産」「運用利回り」が挙げられます。資産形成の視点では、例えば「収入を増やす事」は、「運用利回りを良くする事」と同等か、場合によってはそれ以上に大切です。

    資産運用をするにあたり、「運用利回り」のみを追求するのではなく、他の要素「収入を増やす」「支出を減らす」等も、バランスよく考えていく事で、最適な資産形成を目指したいものです。


    2. 資産の価値を決めるのは?


    そして、もっと大切な事として、「資産の使い方」が挙げられます。例えば、100万円をどう使うか、その巧拙によって、どう幸せになれるか、が違ってきます。

    例え巨額の富を築いたとしても、その使い方が下手だったり、そもそもどう使えば良いかが分からなかったりしますと、その人は、幸せにはなれないはずです。

    広く世界に目を向け、「自分は何が好きか?何を楽しめるか?」そういった自分自身の価値観との対話を忘れずに、バランス良く、投資家生活を歩んでいく事が、大切だと思います。


    3. 参照


    ※この記事は、下記のリンクの記事の影響を強く受けています。私はリンクの記事を読んだ上で、私自身の価値観を反映させて、書き直す事で、この記事を作成しました。

    参照:
    資産設計への道(内藤忍)
    お金を殖やすことばかり考えていると不幸になる
     (リンク最終確認:2013/4/11)

    2013.04.11 / コメント:: 2 / トラックバック:: 0 / PageTop↑




    Pagetop↑
    ブログ内検索
    プロフィール

    Kapok

    Author:Kapok


    個人投資家。1986年生まれのサラリーマンです。将来、資産運用で財産を築き、自由に暮らす事を夢見ています。

    ブログについて
    「資産運用について調べた事・考えたこと」をブログのメイン記事にしています。

    記事の情報の正確さには注意を払っていますが、保証はしません。投資判断は自己責任でお願いします。

    Kapok
    資産運用の方針
    資産運用は、下記の規定の範囲内で行っています。私Kapokが、どのような個人投資家であるかがよく分かるファイルになっています。

    Kapok の資産運用規定

    最近の記事・コメント

    アクセスカウンター
    ↑ポインタを合わせると、1週間のアクセス数推移が確認できます。

    Since Mar.17/2011
    Twitter
    おすすめ書籍
    ウォール街のランダム・ウォーカー 株式投資の不滅の真理
    Kapokの投資哲学に大きな影響を与えた1冊。個人投資家必読の書。

    スポンサー
    相互リンク
    資産運用全般

    株式個別銘柄投資 etc.

    投資信託 etc.

    債券・預貯金

    FX・派生商品 etc.

    その他 有価証券

    資産運用以外