スポンサーサイト
    Kapok の資産運用スポンサー広告
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --.--.-- / コメント:: - / トラックバック:: - / PageTop↑

    ドル・コスト平均法 「リスク資産積立期間:長→リスク増加」の程度は?
    Kapok の資産運用投資手法ドル・コスト平均法
    リスク資産をドル・コスト平均法で積み立てた場合、徐々に資産の変動額が大きくなります。
    これがどのように大きくなるのか、そしてそれに対してどうするかについて考えます。


    1. 日経平均株価を積み立てた場合の資産額推移


    リスク増加の程度を探るために、1984年1月から2013年6月までの、日経平均株価(下図青線)の値動きを使いシミュレーションしてみます。

    月々10,000円ずつ積み立てますと運用総額は、下図赤線のように時間変化します。

    n225tsumitate1.png
    ※クリックで拡大します。

    積み立て期間が長くなるチャート右側に行けば行くほど、運用総額の変化額は、日経平均株価と比べて大きくなっていると分かります。


    2. 運用総額の日経平均株価に対する感応度


    「感応度」を「運用総額の変化額÷日経平均株価変化額」で定義します。その時間変化を追ってみますと、下図になります。

    n225tsumitate2.png
    ※クリックで拡大します。

    感応度は、概ね積立期間に比例して大きくなっている事が読み取れます。例えば「積立期間が2倍≒感応度2倍≒資産変動額2倍」となるわけです。

    別の表現では、例えば「現在積立投資5年目の投資家は、同じ手法で25年間積立投資を継続すると、最後(積立投資30年目)は、5年目時点と比べて、30÷5=6倍の資産変動に耐えなければならなくなる」となります。


    3. どうするか


    このように、何も考えずに積立投資を継続すると、いつの間にか資産変動額が大きくなる(リスク大となる)と分かりました。それに対してどうするべきでしょうか。

    リスクを減らすには、
    ①アセットアロケーションを保守的な設計にする
    ②積立額を徐々に減らす
    などの対応が考えられます。

    一方でこの対応は、保守的なアセットクラスへ資産が集中してしまうため、分散投資の視点では望ましくないかも知れません。

    悩ましいものですね。


    4. 余談


    上記感応度は、「概ね積立期間に比例して大きくなる」と書きました。ですが、数式上は、「積立時の投資対象の金融商品の価額の逆数」の和に比例します。

    このため、この時期の日経平均株価のように、あまり右肩上がりではない資産に対しては、「概ね積立期間に比例して感応度は大きくなる」という表現が適用できました。その一方で、右肩上がり資産の感応度の時間変化の概形は、1次関数とは異なるものになります。


    スポンサーサイト
    2013.07.31 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑

    Kapok の資産運用概況 2013/07/28
    Kapok の資産運用運用方針・実績運用実績
    2013年7月28日現在の、私Kapokの資産運用の概況を投稿します。
    運用成績は3ヶ月に1度の頻度で公開しています。


    1. 基本情報


    運用総額:5,751千円
    基準価額:11,967円
    低リスク資産比率:49.4%
    損益:+893千円

    ※低リスク資産:
    現金(円)、国内債券(円建)、海外債券(円建/為替ヘッジ付)等を低リスク資産として分類しています。


    2. 売買・他


    前回運用概況について記事を投稿した2013年4月25日以降の取引です。


    2-1 運用用資産の増資

    2013年5月、6月、7月に、各30千円ずつ、合計 90千円 を運用用資産として証券口座に追加投入しました。


    2-2 売買銘柄

    保有していた、1413:JP 桧家HDを売却しました。

    ①リバランスのため
    ②第1四半期決算短信において、営業損失となった事
    ③スマートハウス事業の競争激化が予想される事

    等の理由から売却をしました。


    3. 運用概況


    2013年5月~7月は、利益が+90万円前後で推移しました。Kapokファンドの低リスク資産比率は約50%と高いために、ベンチマークとして意識しているバランスファンドと比べて、安定した値動きの推移に終わりました。


    4. 今後の運用方針


    今後も、運用総額に占める低リスク資産の比率が、概ね50%を維持するよう運用をしていきます。アベノミクスによる経済構造の変化を受け、この比率変更を検討する余地は十分にありますが、リスク許容度等の関係から、現状維持としておきます。

    また、安定した資産形成を目的として、ポートフォリオの銘柄選択を行っていきます。


    2013.07.28 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑

    私の「資産運用規定」を作成・公開しました
    Kapok の資産運用運用方針・実績運用方針
    私の「資産運用規定」を作成・公開しました。
    ↓これです。
    Kapok の資産運用規定



    私がどのような指針で、どのような資産運用を行っているかをまとめました。今までちゃんとまとめていなかった事でしたので、運用方針について整理する機会にもなり良かったと思います。

    これは、私がどのような資産運用ブロガーであるかを紹介するのにも良い資料となりそうです。


    2013.07.20 / コメント:: 8 / トラックバック:: 0 / PageTop↑

    8月の日経平均株価騰落率の推移 ~8月は値動きが大きくないか?
    Kapok の資産運用投資環境日経平均株価
    8月の日経平均株価の騰落率の推移を作成し、所感を投稿します。


    1. 月間騰落率推移の「元データ」と「集計方法」


    1-1. データの取得

    データは、↓のリンクから取得しました。
    株価データ倉庫(リンク最終確認:2013/7/17)


    1-2. 集計方法

    1984年から2012年までの、29年間の8月騰落率を集計しました。
    ここで騰落率は、

    騰落率=(終値-始値)÷始値

    で定義しています。


    2. 結果(8月日経平均株価の月間騰落率推移)


    nikkei225_Aug.png
    ※クリックで拡大します。

    横軸が西暦で、縦軸が8月騰落率です。


    平均値は -0.6%±1.3%
    標準偏差は 7.1%

    最大値 +13.6%(1992年)
    最小値 -16.4%(1990年)

    となります。

    ※平均値の誤差は、「標準偏差÷√サンプル数」の値を使っています。


    3. 所感


    8月騰落率の標準偏差は7.1%で、他の月と比べて少し大きくなると分かりました。お盆休みで参加者が減り、板が薄くなるために、値動きが大きくなるのかも知れません。

    2013.07.17 / コメント:: 2 / トラックバック:: 0 / PageTop↑

    VBAで積立複利運用シミュレーション
    Kapok の資産運用PCExcel VBA

    当ブログのアクセス解析で、「for next 文 VBA 積立 複利 計算」というキーワードを見つけました。何故VBAなのか、何故for next文なのか、は分かりませんが、面白そうなのでやってみました。

    ワークシートから値を拾って、VBAで計算し、結果をワークシートに戻すタイプのマクロです。



    ワークシート部分:
    vbatsumitate.png


    マクロ部分:

    Sub 積立複利運用()

        Dim a As Single
        Dim r As Single
        Dim n As Integer
        Dim ii As Integer
        Dim total As Double
       
           
        '数値代入
        a = Range("c3").Value
        n = Range("c4").Value
        r = Range("c5").Value
       
        total = 0
       
       
        '積み立てて複利運用
        For ii = 1 To n
            total = total + a '積立
            total = total * (1 + r)  '金利
        Next ii
       
        Range("c6").Value = total
       

    End Sub




    答えだけであれば、等比数列の和の公式で出てしまいますが、マクロに書いてみてもおもしろい問題だと思いました。

    論理としてはマクロの方が、数列の和として計算するよりも、随分とシンプルで分かりやすいですね。何せ「積み立てる」と「利金を受け取る」の繰り返しだけですから。


    2013.07.15 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑




    Pagetop↑
    ブログ内検索
    プロフィール

    Kapok

    Author:Kapok


    個人投資家。1986年生まれのサラリーマンです。将来、資産運用で財産を築き、自由に暮らす事を夢見ています。

    ブログについて
    「資産運用について調べた事・考えたこと」をブログのメイン記事にしています。

    記事の情報の正確さには注意を払っていますが、保証はしません。投資判断は自己責任でお願いします。

    Kapok
    資産運用の方針
    資産運用は、下記の規定の範囲内で行っています。私Kapokが、どのような個人投資家であるかがよく分かるファイルになっています。

    Kapok の資産運用規定

    最近の記事・コメント

    アクセスカウンター
    ↑ポインタを合わせると、1週間のアクセス数推移が確認できます。

    Since Mar.17/2011
    Twitter
    おすすめ書籍
    ウォール街のランダム・ウォーカー 株式投資の不滅の真理
    Kapokの投資哲学に大きな影響を与えた1冊。個人投資家必読の書。

    スポンサー
    相互リンク
    資産運用全般

    株式個別銘柄投資 etc.

    投資信託 etc.

    債券・預貯金

    FX・派生商品 etc.

    その他 有価証券

    資産運用以外
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。