FC2ブログ
    アセットクラスのリスク水準の変遷とその対応について
    Kapok の資産運用投資手法投資手法考察
    資産の値動きの大きさの程度を表す指標として、「リスク」があります。一般的に、リスクは時期によって大きくは変化しないと言われていますが、アセットクラスによってはこのリスク水準が大きく変化する事もあるようです。


    1. 「リスク」は変化していくもの


    下図は、各資産のリターンとリスクの変遷です。

    1994年1月~1998年12月
    1999年1月~2003年12月
    2004年1月~2008年12月
    2009年1月~2012年9月
    の4期間で、リスク・リターンがどう変化していったかを示しています。

    assetriskvar.png
    ※1 クリックで拡大します。
    ※2 参照:
     Funds-i 鵜目鷹目ポートフォリオにおける米ドル建て新興国債券(円ヘッジ)の位置づけ
     (リンク最終確認:2013/9/9)


    各アセットクラスでリスクは少々動いています。特にエマージング債券円ヘッジには、著しいリスク水準の変化があります。


    2. 保有アセットクラスのリスクのモニターも必要


    上記の事から、今後もアセットクラスのリスク水準は変化していく事が予想できます。これにより、最初に決めたアセットアロケーションが、時間と共に運用指針に合致しなくなってくる可能性も出て来ます。

    長期投資においては、このように、いつの間にかリスキーなポートフォリオになっている事は避けるのが望ましいです。そのために、資産クラスのリスクの程度は、ある程度モニターしながら運用する方が良いかも知れません。


    2013.09.09 / コメント:: 2 / トラックバック:: 0 / PageTop↑

    投資クラスタの不毛な議論・バッシングへの関与はほどほどに
    Kapok の資産運用その他思った事・思索・所感
    最近投資クラスタでは、いろいろな所で、いろいろな事が盛り上がっています。
    そんな時に、下の一文が目に留まりました。

    インターネットで検索すれば、自分が選んだやり方にケチをつけている人は、必ず見つかります。しかし、そういった書き込みの大半は匿名で、無責任に言いたいことを言っているだけという場合が少なくありません。

    たんなるウサ晴らしの悪口であっても、読めば、どうしても心は動揺します。仮に信頼できる情報が混ざっているとしても、その真偽の見極めに時間を費やすよりは、マイペースの勉強を着実に続けていくほうが、費用対効果がはるかに大きい。



    投資クラスタにおいても、さまざまな立場の、さまざまな人による不毛な議論・バッシングが繰り返されることがあります。

    そのしょうもない議論をニヤニヤしながら眺めたり、ちょっかいを出すのもまた一興ではありますが、「そこから得られる知見は少ない」事は意識し、見るのは程々にして、ある程度は距離をおいておきたいものです。

    やはり自分のペースでやりたい勉強を進める方が、随分と生産的だと思います。



    2013.09.05 / コメント:: 6 / トラックバック:: 0 / PageTop↑

    「本を本屋で買って、読む」事のメリット
    Kapok の資産運用その他思った事・思索・所感
    最近思う事です。図書館で本を読むのも良いと思いますが、本を本屋で買って来てから読むのには多くのメリットがありそうです。


    1. 良書に当たる可能性が高い


    本屋は商売で本を陳列しています。新しい本や注目されている本、多くの人にとって価値があると思われる本が、特に目立つように売られています。また、(IT系等の)時代遅れな古い本は、本屋には基本的には陳列されていません。

    このため、(図書館や古本屋で手に取る本に比べ、)本屋の本は良書である可能性が高くなると感じています。


    2. 読破しやすい・読み込める


    自分で選んで、更に身銭を切って買った本です。つまり買った段階で、「この本は自分にとってそれだけの価値がある」と考えているわけですから、その本に対して、愛着も湧きますので、読破しやすくなると感じます。

    また、本は買ってしまえば、手元に置いておき、時間をかけて読めますし(一日に数ページからでも良い)、何度も読み返す事もできます。この点も、図書館で借りる場合と比べて、メリットだと思います。


    3. 本を買った事が、大きな差となる事がある


    この本が手元に有るか無いかの違いが、将来の知識量の違いになり、何かの時の判断の違いとなり、結果として大きな違いとなる事もあると思います。

    節約意識から、本代のほんの数千円の支払いを躊躇したために、後悔する事になるよりは、気になる本があれば買ってしまうのが良いと思うこの頃です。



    以上の理由から、私は「本は本屋で買って読む」のは良い選択だと考えています。




    2013.09.01 / コメント:: 4 / トラックバック:: 0 / PageTop↑




    Pagetop↑
    ブログ内検索
    プロフィール

    Kapok

    Author:Kapok


    個人投資家。1986年生まれのサラリーマンです。将来、資産運用で財産を築き、自由に暮らす事を夢見ています。

    ブログについて
    「資産運用について調べた事・考えたこと」をブログのメイン記事にしています。

    記事の情報の正確さには注意を払っていますが、保証はしません。投資判断は自己責任でお願いします。

    Kapok
    資産運用の方針
    資産運用は、下記の規定の範囲内で行っています。私Kapokが、どのような個人投資家であるかがよく分かるファイルになっています。

    Kapok の資産運用規定

    最近の記事・コメント

    アクセスカウンター
    ↑ポインタを合わせると、1週間のアクセス数推移が確認できます。

    Since Mar.17/2011
    Twitter
    おすすめ書籍
    ウォール街のランダム・ウォーカー 株式投資の不滅の真理
    Kapokの投資哲学に大きな影響を与えた1冊。個人投資家必読の書。

    スポンサー
    相互リンク
    資産運用全般

    株式個別銘柄投資 etc.

    投資信託 etc.

    債券・預貯金

    FX・派生商品 etc.

    その他 有価証券

    資産運用以外