スポンサーサイト
    Kapok の資産運用スポンサー広告
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --.--.-- / コメント:: - / トラックバック:: - / PageTop↑

    「なんでも証券取引所」での株式仕手合戦が熱い
    Kapok の資産運用PCゲーム
    追記:2014/10/12

    「なんでも証券取引所」のサイトは閉鎖されました。
    この記事は、かつて存在した仮想の証券取引所について書かれています。

    予めご了承ください。



    webサイトの「なんでも証券取引所」にて楽しめるサービスを紹介し、どう遊ぶか、どう面白いか、についてを投稿します。



    1. なんでも証券取引所とは


    なんでも証券取引所は、仮想のキャッシュを用いて証券の取り引きを楽しむwebサイトです。取引所には「うまい棒」「アブラハム・プライベートバンク」から「よしまい」まで、様々なものが上場されており、これを通常の株式同様に売買します。

    アカウントを作成しますと仮想の100万円を得られますので、このお金を値上がりが期待できる銘柄に投資する事で資産を増やしていきます。


    なんでも証券取引所
    ※サイトは閉鎖されました:2014/10/12


    2. 遊び方概要


    2-1. アカウント作成

    サイトで遊ぶためには、まずはアカウント登録が必要です。現時点(2014/3/29)で登録はとても簡単です。メールアドレスも不要で、ユーザー名とパスワードを考えれば十分です。


    ①下のリンクをクリックし、サイトに行きます。

    なんでも証券取引所
    ※サイトは閉鎖されました:2014/10/12

    ②新規登録ボタンをクリックします。
    NansyoTouroku.png


    ③ユーザーID・ニックネーム・パスワードを登録すれば完了です。


    2-2. 株式売買

    気になる銘柄があれば様子を見て、売買をします。
    下図のような銘柄情報を参考に、注文を出していきます。

    ①チャート(画像左方)
    いつ、どれくらいの値段で売買されていたかを表します。下図の場合ですと、17:30過ぎに400円まで暴騰したのち、10円程度の水準に暴落、その後は100円から200円の水準にある事が伺えます。

    ②板情報(画像右方)
    現在の買い注文・売り注文の様子を表します。下図の場合では、190円で10,000株が売り出されており、100円で185株の買い注文があります。すぐに株が欲しいならば、1株190円で買う事になりますが、150円などで買い注文を出してじっと待っておけば、売り手が現れる事もあります。

    ③注文画面(画像下方)
    注文種別で、売りたいのか・買いたいのかを選択し、値段と株数を入力し、発注します。

    NansyoBaibai.png
    ※クリックで拡大します


    3. 仕手合戦への参加を通して、相場の勉強ができます


    「なんでも証券取引所」に上場されている株式にファンダメンタルズによる適正株価は存在せず、参加者の思惑のみによって株価は変動していきます。

    プレイヤーの売買は、たいていマーケットインパクトを持つため、ある程度の株価操作が可能です。この事を活用し、いかに安く買い、他のプレイヤーに高く売るか?を考えながら売買を楽しむゲームになります。

    このゲームに参加する事を通して、機関投資家や仕手師の心理を味わい、現実の株式相場の一つの側面を学ぶ事ができると言ってよいと思います。


    スポンサーサイト
    2014.03.30 / コメント:: 2 / トラックバック:: 0 / PageTop↑

    行動ファイナンス関連記事(過去記事)
    Kapok の資産運用その他このブログについて
    行動ファイナンスに関連する過去記事をまとめます。


    「早すぎる利確」「遅すぎる損切」を招く心理効果(The Disposition Effect)

    保有している有価証券売却時に関係する心理効果です。この心理効果により、投資家は利益確定を急ぎ、損切を躊躇する事になります。

    早すぎる利確と遅すぎる損切は運用成績の悪化につながるため、この心理効果には注意を払う必要があります。


    「ハウス・マネー効果(The House Money Effect)」

    上昇相場において、投資家が注意すべき心理効果です。投資家は一度利益が得られると、過大なリスクをとってしまう傾向があります。

    取りすぎてしまったリスクは運用成績の悪化につながるため、この心理効果にも注意が必要です。


    資産運用における確証バイアス(confirmation bias)の影響について

    自身に都合の良い情報だけを偏重していまう傾向です。良いと思った銘柄や運用手法が、本当に良いかはよく検討してみた方が良いかも知れません。

    悪いニュースは心理的に見えにくくなるという傾向をしった上で、適切な運用を心がけたいものです。


    資産運用における「オーバーコンフィデンス」 排除か利用か?

    投資家自身の運用能力に関する自信過剰(オーバーコンフィデンス)の心理効果が存在します。

    運用に大きなマイナスを与えるレベルの過剰な自信は問題ですので排除すべきです。一方である程度の楽観的な意識と自信を持ち資産運用を楽しむ姿勢は大切だと考えています。


    2014.03.26 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑

    四種類の異なる「ポートフォリオ運用」~アセットアロケーションのメンテナンス
    Kapok の資産運用投資手法アセットアロケーション
    ポートフォリオやアセット・アロケーションのメンテナンス手法は、大きく分けて4種類に分かれます。それぞれの特徴をまとめ、紹介します。


    1.バイ・アンド・ホールド(B&H)


    金融商品を購入し、「何もせず保持をする」という投資戦略です。保有銘柄が値上がりしても利益確定売りはせず、値下がりしても損切やナンピン買いは行いません。

    市場がトレンド(傾向)を持っている際に、良いパフォーマンを得られます。バイ・アンド・ホールドは時間の経過とともに、良いパフォーマンスの金融商品・アセットクラスのウェイトが高くなり、悪いパフォーマンスの金融商品・アセットクラスのウェイトが低くなるため、トレンドの効果を享受するのに適しています。

    さらに、原則として売買を行わないため、取引にかかるコストが小さくできるという特長があります。

    バイ・アンド・ホールドは順張の思想に基づくパッシブなポートフォリオ運用です。


    2.コンスタント・ミックス(CM)


    「資産配分を一定に保つ」スタイルです。最初に決めた資産配分を守るように、値上がりした資産を売り、値下がりした資産を買う事になります。

    市場が値上がりと値下がりを繰り返している際に、良いパフォーマンスを得られます。安くなった金融商品を買い、高くなった金融商品を売る売買を繰り返す事で、運用総額の増加に良い寄与をします。

    さらに、ポートフォリオのリスクが時間が経過しても一定に保たれるという特長があります。その一方で資産配分を一定に保つための売買によって、取引コストが(バイ・アンド・ホールドと比べて)多くなってしまいます。

    コンスタント・ミックスは逆張の思想に基づくパッシブなポートフォリオ運用です。


    3.ダイナミック・アセット・アロケーション(DAA)


    良いパフォーマンスが得られると考えられる金融商品・アセットクラスに機動的に資金を投入していくスタイルです。「リスク許容度低下→リスク資産を減らす」「リスク許容度上昇→リスク資産を増やす」ように、システマティックに運用される事もあります。

    目論見通りの値動きになれば大きなリターンが得られる一方で、目論見と逆の方向へ相場が動けば損失も大きくなります。また、売買コストも大きくなります。

    ダイナミック・アセット・アロケーションは、一般的には、弱い相場でリスク資産を売り、強い相場でリスク資産を増やすので、順張の思想に基づくアクティブなポートフォリオ運用に分類されます。


    4.タクティカル・アセット・アロケーション(TAA)


    割安だと思う資産を買い、割高だと思う資産を売るスタイルです。ファンダメンタル指標を見ながら、統計的分析によって機動的に割安な金融商品に資産を振り分けます。

    タクティカル・アセット・アロケーションは逆張の思想に基づくアクティブなポートフォリオ運用に分類されます。



    いろいろなポートフォリオ運用の手法がありますが、いろいろ知っておいて、自分に合う手法を階層毎に(銘柄選択時・業種分散時・通貨分散/地域分散時・アセットクラス分散時)活用しながら、納得のいく投資ができれば良いなと思います。


    ※この記事は、Tansney Gohnさんに教えて頂いたレポート(※現在リンク切れ)の要約記事として、2012年2月29日に投稿した記事を、2014年3月23日に追記・修正して再投稿しています。このため、2012年に頂いたコメントはかつてリンクしていたその記事の内容を指すものが含まれているため、お読みになる際はご注意ください。

    2014.03.23 / コメント:: 5 / トラックバック:: 0 / PageTop↑

    「ホームカントリーバイアス」をかける理由について
    Kapok の資産運用投資手法投資手法考察
    資産運用の言葉に「ホームカントリーバイアス(Home Country Bias)」というものがあります。自国の資産を多く持つような偏り(自国偏重)を示します。

    言葉の説明と、この偏りが起こる要因についてまとめます。


    1. ホームカントリーバイアス


    投資家が海外への投資に慎重になり、自国への投資が多くなる傾向の事です。

    例:
    下図は、2014年2月時点での世界の株式の時価総額比率で、日本株は8%程度を占めている事がわかります。これを踏まえれば、運用資産中の株式の内、日本株が8%より多い投資家は、ホームカントリーバイアスがかかっていると表現できます。

    201402wstocks.png
    ※クリックで拡大します。
    ※グラフは「私のインデックス世界46か国 2014年2月の時価総額」から2014/3/21に引用・取得しました。



    2. ホームカントリーバイアスがかかる理由


    ホームカントリーバイアスがかかる理由・要因を列挙します。

    自国の情報が多い:
    海外よりも国内情報が身近です。(外国の金融商品の情報は、現地にいなければ得られる情報は少なくなります。また言語的な制約も発生します。)自国は情報が多い分、多少有利な運用が可能かもしれませんので、自国の証券をオーバーウェイトしてみる理由になる事があります。

    運用上の制約:
    外国の有価証券への投資は、国内の証券への投資と比べ、売買手数料が割高になる事があります。また外国と日本とでの2重課税が発生する事があります。この事を加味し、国内の有価証券を優先的に購入するのが合理的な事があります。

    為替リスクの存在:
    外貨建て金融商品はその価格が為替変動の影響を受けます。一方で、国内の金融商品は為替の影響を受けない分、相対的に低リスク(値動きの変動が少ない)な金融商品に見えます。このため、国内の金融商品が魅力的に映る事があります。


    3. 適切な海外資産比率の模索が必要


    ホームカントリーバイアスがかかりすぎているのは問題ですが、以上の理由からホームカントリーバイアスが全くないのも合理的ではありません。適切な海外資産比率の模索をしていく事が必要です。

    私が知る限りで最も良く提案されている比率は「国内:海外=50:50」です。
    ※株式に限らず、アセットアロケーションでの国内外比率です。

    個人的にもこれくらいのものだと考えており、私自身も50:50を意識していますが、50%は多すぎると主張する方・少なすぎると主張する方、どちらも多くいらっしゃるはずです。


    2014.03.21 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑

    「レミュオールの錬金術師(PCゲーム)」の紹介と攻略まとめ
    Kapok の資産運用PCゲーム
    レミュオールの錬金術師は、店舗経営シミュレーションゲームです。商品を仕入れて売りまくり、お金を稼いでいくPCゲームで無料で遊べます。

    お金を儲け、主人公が抱えている借金を完済すれば一旦エンディングを迎えますが、アイテムコンプリートなどのやりこみ要素が満載で、中毒性が高いゲームです。


    1. ダウンロード


    下記リンクからダウンロードできます。レビューを見れば、多くの人に高く評価されているおもしろいゲームであると分かります。

    http://www.vector.co.jp/soft/win95/game/se331645.html
    ※リンク最終確認:2014/3/20


    2. 攻略について


    2-1. 攻略例

    お金を稼ぐゲームで、稼ぎ方に正解はありませんが、私は下記のように進めました。

    ①市場で仕入れたものを売る
    ②牛を買い、ミルクを売る。(牛は維持費不要)
    ③夏魚を売り、体力全回復できる「夏魚定食」をストックする。
    ④適当にアイテムを加工し、利益率を上げる
    ⑤妖精の尾・妖精の涙を売り、精霊の尾・精霊の涙を作って売る
    ⑥龍の瞳を売り、龍薬ノーブルエリクサーを作って売る
    ⑦その他、いろいろなアイテムを集めたり、作ったりする


    2-2. 参考にした攻略サイト(データベース)

    アイテム検索などは、下記の攻略サイトを参照しました。
    一通りの情報が載っています。

    http://happyhome.sakura.ne.jp/renkin/
    ※リンク最終確認:2014/3/20


    3. レアアイテム


    手に入れにくいアイテムをまとめます。

    3-1. ランダムイベントで手に入るアイテム

    ヤヨイの果物種
    ファシミアンチェリー
    旅人の薬草
    古代魔法学入門

    以上の4つは、「ヤヨイのおすそわけ」もしくは「シオ宝箱」のランダムイベントでもらえます。名声や街への投資額が大きくなると、手に入れやすくなりますが、運に左右されるため、待てど待てどなかなか手に入らない事があります。


    3-2. 訪問販売で手に入るアイテム

    木の杖

    イシュワルドの便箋

    この3つは、訪問販売で買えます。レアアイテムと言う程レアではありませんが、欲しい時になかなか手に入らない事があります。


    3-3. スロットで手に入るアイテム

    仙豆
    魔法の果実
    ボーナスチケット
    体力草
    鴨牛のお肉
    シオのおやつ
    なにかのフィルム

    月末賞のスロット,大会優勝のスロット,販売数ボーナスのスロット,ボーナスチケットのスロットでもらえます。このうち、ボーナスチケットは格別に集めにくいため、大切に扱うべきです。


    4. ラヴピースの成長


    ラブピースは、少し変わった商品です。他の商品100個とかけあわせることによって、理想の商品を作ることができます。同じ商品とかけあわせても、かけ合わせる度にステータスはランダムに少々異なってきます。最強の商品を作るには、セーブしてかけあわせて気に入らなければロードするという作業を繰り返す必要があります。

    ある程度能力の高いラヴピースが出来上がったら、今度はラヴピース同士をかけあわせて更に良い商品を開発していきます。これを繰り返せば、最終的には下図の通り、最強の商品に成長します。

    renkin_pic1.png


    5. 私のお店の記録


    以下のようになっています。

    renkin_pic2.png
    renkin_pic3.png

    なお、全商品の販売数999個を達成しています。



    この記事は、2010年9月8日に作成した記事を加筆修正し、再投稿しています。


    2014.03.20 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑




    Pagetop↑
    ブログ内検索
    プロフィール

    Kapok

    Author:Kapok


    個人投資家。1986年生まれのサラリーマンです。将来、資産運用で財産を築き、自由に暮らす事を夢見ています。

    ブログについて
    「資産運用について調べた事・考えたこと」をブログのメイン記事にしています。

    記事の情報の正確さには注意を払っていますが、保証はしません。投資判断は自己責任でお願いします。

    Kapok
    資産運用の方針
    資産運用は、下記の規定の範囲内で行っています。私Kapokが、どのような個人投資家であるかがよく分かるファイルになっています。

    Kapok の資産運用規定

    最近の記事・コメント

    アクセスカウンター
    ↑ポインタを合わせると、1週間のアクセス数推移が確認できます。

    Since Mar.17/2011
    Twitter
    おすすめ書籍
    ウォール街のランダム・ウォーカー 株式投資の不滅の真理
    Kapokの投資哲学に大きな影響を与えた1冊。個人投資家必読の書。

    スポンサー
    相互リンク
    資産運用全般

    株式個別銘柄投資 etc.

    投資信託 etc.

    債券・預貯金

    FX・派生商品 etc.

    その他 有価証券

    資産運用以外
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。