スポンサーサイト
    Kapok の資産運用スポンサー広告
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --.--.-- / コメント:: - / トラックバック:: - / PageTop↑

    年齢別 NISA口座での買付額分布とその印象(2014年3月時点)
    Kapok の資産運用投資環境NISA
    金融庁で「NISA口座の利用状況等について」という資料が公開されています。2014年3月末時点でのNISAの利用状況が分かる資料です。

    NISA口座の利用状況等について
    リンク最終確認:2014/6/30


    1. NISA口座での買付総額の年代別分布


    資料にはNISA口座での金融商品買付総額の年代別分布が含まれていました。
    分布は下図のようになります。

    nisa_kaitsuke1q.png
    ※クリックで拡大します。
    ※画像は上記資料のpdf 3枚目から引用しています。


    2. 退職後世代の買付額の多さ・サービス対象世代の偏りの予測


    3月末時点では、退職後世代である60歳代以上の買付額が64.9%と、過半数を大きく超える値となっていました。なんとなく考えていたよりも、高齢層向けの制度になったという印象です。

    このことから、提供されているNISA向け金融商品や、NISAに関する情報・サービスは、資産形成世代ではなく、退職世代向けのものに偏らざるを得ない状況になると考える事もできそうです。

    一方で20代はNISA口座買付額のわずか2.0%しか買い付けていない事を考えれば、20代向けのおいしい話は、あまり期待しない方が良さそうです。そもそも若年層は「余裕資金がない」ために、証券会社が集客対象として意識しにくいのかも知れません。


    3. 状況は変わる可能性はあるものの


    もちろん年度末には状況が一変する可能性もあるとは思います。年末の駆け込み買いもあるでしょうし、そもそも昼に暇がないサラリーマンが、NISA口座開設に必要な住民票の取得をせず、未開設の場合も少なくはないはずです。

    ですが、やはり基本的にはNISAに関する情報・サービスは退職世代向けのものに偏る可能性が高そうだという事は、意識しておいて損はないと思いました。

    スポンサーサイト
    2014.06.30 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑

    「コンピューターの基礎知識」を読みました
    Kapok の資産運用読み物書籍
    コンピュータの基礎知識―基礎からシステム/ネットワークまで」を読みました。10年近く前、私が大学生だった頃に買った本で、家にあったので読んでみました。

    身近なコンピュータがどのような仕組みで動いているのかについて、詳しく書かれている本でした。(理系の人が読む本で、書籍名に「基礎」や「入門」が含まれているものは、往々にしてその名前に反し、専門性が高いと思います。)

    古い本ですが、新鮮な気持ちで読めました。システムについての基本思想は今も昔も大差は無いと思いました。特に第6章のアルゴリズムについては、個人的に興味深く、勉強になりました。

    具体的なソフトウェア名やハードウェアの性能については歴史を感じましたが、今のコンピューターがどう進化してきたかを知ることができるという点で、面白く思いました。





    2014.06.25 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑

    毎月分配型投資信託 分配金再投資による平均取得価額吊り上げで節税?
    Kapok の資産運用投資対象投資信託
    投資信託の分配金再投資の効果についてはさまざまな議論がありますが、分配金再投資による平均取得価額への影響は少なくはありません。

    この平均取得価額に関連して、支払う税金の違いにより、分配型の投資信託を選択し分配金を再投資した方が、無分配型を選択した時よりもパフォーマンスが良くなる例を挙げてみます。


    1. シミュレーション


    1-1 設定

    基準価額が下表①~⑥のように推移した、分配型投信と無分配型投信とを比較し、考えます。分配金の扱いや再投資など、詳細は後述します。インカムゲイン(IG)・キャピタルゲイン(CG)への課税はともに20%だとします。

    maitsukibunpai_saitoshi_return.png
    ※クリックで拡大します。


    1-2 毎月分配型の値動きと課税後リターン

    ①~③:
    10,000円で10,000口買付けた投資信託は、③の分配前に基準価額が16,000円に値上がりし、含み益は6,000円になります。

    ④:
    分配金を2,000円出しました。このうち20%が課税され、残りの1,600円を受け取る事になります。この時点で、③で6,000円であった含み益は、4,000円の含み益と、1,600円の確定利益へと変わります。なお、分配金が出た事で投信の基準価額は2,000円だけ下がります。

    ⑤:
    受け取った1,600円の分配金を再投資します。基準価額が14,000円ですから、1,143口を買い付ける事ができます。基準価額が最初の10,000円より高い時に買付けた事によって、平均取得価額は410円上がり、10410円になります。

    ⑥:
    最後は少し値下がりした所で手仕舞いです。この時点で2,886円の含み益でしたが、20%課税され、2,309円の利益を確定します。確定利益は、④の1,600円と合わせて3,909円になります。


    1-3 無分配型の値動きと課税後リターン

    ①~③:
    分配型と同じです。

    ④・⑤:
    分配金を出さないため、投資信託の基準価額は下がらずに16,000円と高いままです。分配金を再投資しないため、平均取得価額は10,000円で低いままです。

    ⑥:
    分配型と同じ比率で、少し値下がりした所で利益を確定します。基準価額が高く平均取得価額が低いため、課税前利益は4,857円です。(分配型の2,886円と比べて大きくなります。)このため、分配型よりも多くの課税をされ、課税後のキャピタルゲインは3,886円で、これが確定利益になります。


    2. 分配型と無分配型との利益比較


    以上まとめますと、投資家が得られる課税後の利益は、
    分配型: 3,909円
    無分配型: 3,886円
    です。

    分配型の方が、23円多くの利益が得られています。

    このように、分配金再投資には、
    ①分配金が出る事による、投資信託の基準価額下落効果
    ②平均取得価額吊り上げ効果

    がある場合があります。この際は、キャピタルゲイン課税を低く抑えることができるために、無分配型の投資信託よりも課税後パフォーマンスが良くなる事があります。


    3. 機会損失の考え方を用いた、別の視点での見え方


    機会損失の考え方を用いれば、もう少しすっきりと考える事ができます。

    分配型は④で400円課税されて運用額が減っています。本来は複利効果の原資になる400円ですが、今回のパターンでは⑤から⑥にかけて値下がりしていますので、複利効果はマイナスです。

    以上から、複利効果の機会損失の大きさは、20%のキャピタルゲイン課税を加味して
    400×{ (13,000-14,000)/14,000 }×(1-20%) = -23 円

    以上の計算から、分配型と無分配型との運用パフォーマンスの差分である23円が出て来ます。



    注意)
    この記事は、投資信託を用いた資産運用における、基準価額や平均取得価額と課税額に関する考察の一つとして投稿しています。毎月分配型投信での資産運用を推奨しているわけでありません。


    2014.06.18 / コメント:: 12 / トラックバック:: 0 / PageTop↑

    iPhoneアプリ「Bloomberg」 ~運用資産の管理に大変便利なツールです
    Kapok の資産運用スマートフォンiPhoneアプリ
    iPhoneアプリのBloombergは、個人投資家の運用資産の管理に大変便利なツールです。アプリのアップデートと共に機能やスタイルは変更されますが、2014年6月現在のバージョン3.3の機能と有用性について紹介、個人的な所感とともに投稿します。

    ↓アプリのインストールはこちらから
    Bloomberg(iTunes App Store)
    ※リンク最終確認:2014/6/13


    1. 世界のニュース 表示機能


    ジャンルごとにニュースをチェックする事が出来ます。Topニュース、保有銘柄やチェック中の銘柄に関連するニュース、経済ニュースや、マーケットのニュース等のジャンルがあります。

    IMG_0512.png

    通勤中の電車の中で暇になった際に、読むのにちょうど良い機能です。



    2. 各種指標 一覧


    世界各国の株価指数や為替に加え、先物、債券指数・商品(コモディティ)指数がチェックできます。

    IMG_0513.png

    個人的には頻繁には使わない機能です。最近の景気や相場の動向を知りたい時にチェックします。



    3. ポートフォリオ管理に関連する機能


    3-1. ポートフォリオの動向概観表示機能

    ポートフォリオを登録すれば、その時価や損益などを表示させる事ができます。下図の通り、ポートフォリオ全体での時価・損益と、各リストの銘柄群それぞれでの時価・損益、ともに一覧での表示が可能です。

    IMG_0514.png


    3-2. ポートフォリオのサマリー円グラフ

    アセットタイプ毎・業種毎・地理毎のポートフォリオを円グラフ表示させる事が出来ます。気になるクラスをタップすれば、詳細が表示されます。円の中心をタップすれば元に戻ります。

    IMG_0516.png


    3-3. 個別銘柄一覧表示と登録

    登録銘柄・保有銘柄の値動きを確認できます。保有額毎の並べ替えや、損益毎の並べ替えも可能です。各国株式(米国株・中国株・韓国株・ロシア株・・・)が登録できます。これに加え、日本の投資信託も登録可能(コードを調べて登録します)です。

    下図では、eMAXISインデックスファンドやETF、中国株を登録しています。

    IMG_0515.png


    3-4. 個別銘柄情報

    個別銘柄に関して、ニュースや株価推移、ファンダメンタルズ情報の表示が可能です。

    IMG_0517.png

    IMG_0518.png



    以上のように、Bloombergのアプリは、多くの機能を持っています。スマホで最新の情報を詳しく確認できるという点で、大変便利です。運用資産の動向確認には欠かせなくなりました。

    資産運用のためにアプリを使うのではなく、運用用のアプリの機能が資産運用を規定していく時代も遠くはないかも知れません。




    参考:  アップデートで多くの機能が追加されていきます


    アプリBloombergは、ここ一年でかなりの機能が追加されました。以前から便利でしたが、さらに機能が充実しました。参考までに、2013年6月30日時点でのアプリの画面を貼っておきます。

    IMG_0278.png

    IMG_0277.png



    この記事は、2013年6月30日に投稿した記事を、2014年6月13日に加筆・修正し、再投稿しています。


    2014.06.13 / コメント:: 2 / トラックバック:: 0 / PageTop↑

    「バリューアベレージング法」による積立投資について
    Kapok の資産運用投資手法ドル・バリュー平均法
    ドルバリュー平均法やバリューアベレージングと呼ばれている投資手法があります。私は以前「変則型ドル・コスト平均法」の利用についてという記事を書いた際に、猿信者さんにコメントを頂いた際に知りました。このバリューアベレージング法について考えます。


    1. バリューアベレージング法とは


    ドル・コスト平均法に似た、積立投資の手法の1つです。

    通常のドル・コスト平均法では、投資額を一定にして積立投資をするのですが、バリューアベレージング法ではリスク資産額が一定となるように積立てる事で、ドル・コスト平均法よりも逆張りの性質を強く持たせます。


    2. 日経平均株価を用いたバックテスト


    2-1. 比較方法

    ドル・コスト平均法とバリューアベレージング法とを比較するために、日経平均株価で積み立てた際の投資額および資産額推移を計算します。

    年1回、年の始値で積立を行った場合を比較します。ドル・コスト平均法では年10万円、3年間で30万円を積立てます。

    一方でバリューアベレージング法では、リスク資産が3年間で20万円だけ増えるように、買付金額を調整し、必要ならば利確をする事で投資用キャッシュを確保する事を繰り返します。


    2-2. 比較結果(推移比較)

    valueAVE_vs_DCAVE.png
    ※クリックで拡大します。

    緑:
    日経平均株価の年間の始値です。この基準価額で積み立てます

    水色:
    ドル・コスト平均法での累積立金額です。毎年一定額ずつ増えます。

    青:
    ドル・コスト平均法でのリスク資産総額の推移です。

    赤:
    バリューアベレージング法でのリスク資産総額の推移です。バリューアベレージング法では、リスク資産額が一定となるように、投資額(積立額)を調整します。

    オレンジ:
    バリューアベレージング法でのリスク資産への実質的な積立金額推移です。


    2-3 比較結果(2014年1月時点でのリターン比較)

    2014年1月には、各手法は下表のとおりのリターンになります。
    DC平均法はドル・コスト平均法の略で、VA法はバリューアベレージング法の略です。

    valueAVE_vs_DCAVE2.png
    今回の比較では、バリューアベレージング法によるリターン(155%)がドル・コスト平均法によるリターン(14%)を圧倒する結果になりました。


    3. 所感・まとめ


    バリューアベレージング法は、リスク資産が目減りした際に多くのキャッシュを投入し、利益が出た時に積極的に利益確定を行う逆張性向が強い投資手法です。日本の低インフレのレンジ相場では強い威力を発揮してきた事が分かりました。

    また、ドル・コスト平均法では長い間、資産額が投資額を下回っている一方で、バリューアベレージング法は大抵の時点で資産額が投資額を上回っている点が、推移のグラフから読み取れる事も興味深く思います。

    バリューアベレージング法の問題点として、「逆張したい時に投資用キャッシュがショートする可能性」が考えられますが、今回の検証で使用したパラメータ「投資額の2/3をリスク資産目標額に設定」では、資金がショートする事はありませんでした。

    このことから、日本人投資家の内、もともと多くのキャッシュポジションを持つ事を志向する投資家には、バリューアベレージング法は相性が良い投資手法だと考えられます。

    2014.06.10 / コメント:: 2 / トラックバック:: 1 / PageTop↑




    Pagetop↑
    ブログ内検索
    プロフィール

    Kapok

    Author:Kapok


    個人投資家。1986年生まれのサラリーマンです。将来、資産運用で財産を築き、自由に暮らす事を夢見ています。

    ブログについて
    「資産運用について調べた事・考えたこと」をブログのメイン記事にしています。

    記事の情報の正確さには注意を払っていますが、保証はしません。投資判断は自己責任でお願いします。

    Kapok
    資産運用の方針
    資産運用は、下記の規定の範囲内で行っています。私Kapokが、どのような個人投資家であるかがよく分かるファイルになっています。

    Kapok の資産運用規定

    最近の記事・コメント

    アクセスカウンター
    ↑ポインタを合わせると、1週間のアクセス数推移が確認できます。

    Since Mar.17/2011
    Twitter
    おすすめ書籍
    ウォール街のランダム・ウォーカー 株式投資の不滅の真理
    Kapokの投資哲学に大きな影響を与えた1冊。個人投資家必読の書。

    スポンサー
    相互リンク
    資産運用全般

    株式個別銘柄投資 etc.

    投資信託 etc.

    債券・預貯金

    FX・派生商品 etc.

    その他 有価証券

    資産運用以外
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。