FC2ブログ
    Ubuntu 14.04 を使ってみました
    Kapok の資産運用PCVMware Player
    良いという噂があったので、Ubuntu 14.04 を使ってみました。
    VMware Player を使い、仮想OSとして動かしました。


    1. 便利でかっこいい


    壁紙とアイコンの大きさ程度はいじりましたが、便利でかっこ良いデスクトップだと思います。ソフトウェアセンターからTeXやTwitter用のアプリを簡単に導入する事が出来るようになっていました。

    UbuntuDeskTop.png


    2. CPUが4 つになり、64bit で動くようになりました


    今までVMware Player で動かしていたUbuntuは32bit でCPU1つの設定でしたが、今回導入したものはCPU4つです。システムモニターは下図のように、CPUが増えた分だけ、色鮮やかなりました。

    UbuntuMonitor.png

    14.04は遅いというお話もありますが、私の環境では快適でした。

    環境(ホストOS)
    OS: Windows7 Home Premium 64ビット 正規版
    CPU: インテルCore i5 (最大2.66GHz / 2コア4スレッド)
    メモリ: 8GB (4GB×2)


    3. 新しいOSは楽しい


    新しいPCを買い、新しいOSをセットアップするのは楽しいですがお金がかかります。他方で上記のようにVMware Player とLinux のisoファイルがあれば、新しいOSをセットアップする、そのドキドキ感を無料で味わう事ができます。

    更に、今までのPC環境がそのままで、リスクが小さいため、良い事ばかりです。

    他のいろいろなLinuxディストリビューションを試したり、使っていないPC(dynabook2004年モデル)に導入してサーバーやコマンドの勉強をしたりしてみたくなってきました。

    2014.12.16 / コメント:: 2 / トラックバック:: 0 / PageTop↑

    ReadyBoostでWindows7高速化 USBメモリでメモリ代替 
    Kapok の資産運用PCWindows
    いろいろな作業を並行処理していてメモリが不足してきた場合、PCの動作が遅くなります。これを避けるために、USBに刺したフラッシュメモリをメモリの代替として使う方法があるようです。

    準備するのは不要になったフラッシュメモリのみです。
    下記の手順で行います。

    ①フラッシュメモリを差す
    ②コンピューター > リムーバルディスクを右クリック > プロパティ
    ③ReadyBoostタブ > このデバイスをReadyBoost専用にする にチェックを入れる(下図参照)
    ④O.K. をクリック

    ReadyBoost.png

    設定は以上です。
    メモリ増設などと比べ、随分お手軽で、便利ですね。


    追記: 2014/12/21

    ReadyBoostの設定は、頻繁な読み書きを通してフラッシュメモリの寿命を縮めると言われています。

    私のフラッシュメモリ(容量4GBで、古くて、見るからに安物 ReadyBoost対応とは書いていない)は、ReadyBoostのために使い始めてから1週間で逝ってしまいました。

    もともと寿命だったのだと思いますが、本来ファイルの保持・移動のために設計されたデバイスを、ハードディスクのキャッシュとして使った場合、負担がやや大きくなってしまう様子です。

    2014.12.15 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑

    夏の終わり 雨天での京都観光の風情
    Kapok の資産運用写真観光地
    2014年の8月に京都を観光した時の写真です。
    (フォルダ整理で発掘されました。)


    天龍寺の庭園:
    IMG_0995m.jpg
    雨が降れば観光日和ではなくなるかと思っていましたが、そうではありませんでした。水に濡れた草木が瑞々しく、生気あふれる場所になっていて楽しめました。


    大河内山荘:
    IMG_1014m.jpg
    木々が少し紅葉していました。


    庭園の水の流れ:
    IMG_1049m.jpg
    庭園は雨水で水浸しになるわけではなく、水の流れ・排水を考えて設計されいました。この事は、ちょっとした驚きでした。

    晴れの日には見られない、水の流れ(結構複雑でした)を知る事ができました。

    観光・撮影:2014年8月16日


    2014.12.10 / コメント:: 2 / トラックバック:: 0 / PageTop↑

    Windows10 (Technical Preview ) を使ってみました
    Kapok の資産運用PCVMware Player
    Windows Technical Preview を自宅PCで使ってみました。


    1. VMware Player で仮想的に動かしました


    私のPCは、普段はWindows7が安定的に動いています。その環境はそのままにしておきたかったため、VMware Player で仮想的にWindows Technical Previewを動かしてみました。

    方法は下記のリンクに画像つきで大変詳しく書いてあります。
    VMware Playerに「Windows 10 Technical Preview」をインストールしよう!(ShopDD.jp)
    ※リンク最終確認:2014/12/4


    2. 少し動かしてみた結果(現在のバージョン)


    ・特にクラッシュせず動きます。作成途中という気がしない完成版の普通のOSのようです。
    ・スタートボタンがあり、何ができるか漁ってみれます。
    ・File Explorer で選択フォルダにチェックマークがついたり、動きが分かりやすくなっています。
    ・メール・TwitterなどICT環境・クラウドへのアクセスのしやすさに力が入っているように見えます。
    windows10TPpic2.png

    ・文字サイズが小さめで、可愛くなっています。個人的にはちょうど良いサイズに感じます。
    ・コマンドプロンプトにマウス選択、Ctrl-C, Ctrl-V が出来ます。
    ・平面的で、カッコ良いとは思いませんがシンプルです。
    windows10TPpic1.png


    3. 今後が楽しみ


    Microsoftに対して要望を挙げることができますし、フォーラムで意見交換も行われています。今後のアップデートによって何が変わって行くのかが楽しみです。

    2014.12.04 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑




    Pagetop↑
    ブログ内検索
    プロフィール

    Kapok

    Author:Kapok


    個人投資家。1986年生まれのサラリーマンです。将来、資産運用で財産を築き、自由に暮らす事を夢見ています。

    ブログについて
    「資産運用について調べた事・考えたこと」をブログのメイン記事にしています。

    記事の情報の正確さには注意を払っていますが、保証はしません。投資判断は自己責任でお願いします。

    Kapok
    資産運用の方針
    資産運用は、下記の規定の範囲内で行っています。私Kapokが、どのような個人投資家であるかがよく分かるファイルになっています。

    Kapok の資産運用規定

    最近の記事・コメント

    アクセスカウンター
    ↑ポインタを合わせると、1週間のアクセス数推移が確認できます。

    Since Mar.17/2011
    Twitter
    おすすめ書籍
    ウォール街のランダム・ウォーカー 株式投資の不滅の真理
    Kapokの投資哲学に大きな影響を与えた1冊。個人投資家必読の書。

    スポンサー
    相互リンク
    資産運用全般

    株式個別銘柄投資 etc.

    投資信託 etc.

    債券・預貯金

    FX・派生商品 etc.

    その他 有価証券

    資産運用以外