スポンサーサイト
    Kapok の資産運用スポンサー広告
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --.--.-- / コメント:: - / トラックバック:: - / PageTop↑

    「下落→買い」の期待リターン ~日経平均株価の場合
    Kapok の資産運用投資環境日経平均株価
    株価が下落すると、日本の個人投資家は、その割安感に注目して、買いを入れる傾向にあると聞きます。
    さて、本当に「以前と比べ、安くなった」という理由で買って、期待リターンが高くなるのでしょうか?

    1987年から2010年までの日経平均株価を使い、少しだけ調べてみました。

    直近の高値から、

    「10%下落したら買い、25日後に売却」を繰り返した場合、
    「20%下落したら買い、25日後に売却」を繰り返した場合、
    「30%下落したら買い、25日後に売却」を繰り返した場合、

    「10%下落したら買い、75日後に売却」を繰り返した場合、
    「20%下落したら買い、75日後に売却」を繰り返した場合、
    「30%下落したら買い、75日後に売却」を繰り返した場合、
    の平均リターンをそれぞれ調べました。

    結果を以下のテーブルにまとめてみます。
    25日後に売却した場合
    買い条件シグナルリターン(%)リターン誤差RMS
    10%下落520.11.49.9
    20%下落20-0.12.712.1
    30%下落90.42.06.1
    75日後に売却した場合
    買い条件シグナルリターン(%)リターン誤差RMS
    10%下落32-1.52.514.3
    20%下落17-0.23.112.9
    30%下落9-0.84.112.3
    (※リターン誤差として、RMS/シグナル数^0.5の数値を使用しています。)

    結果、リターンの平均は、-1.5%~0.4%の間であり、いずれも誤差の範囲内、統計的有為に「リターンが高い・低い」とは言えないようです。

    調査範囲が狭いので、断言はできませんが、この結果を見る限り、
    「株価の下落は、割安感を示すものではない。」
    「下降トレンドを示すものでもない。」
    という事を示唆しています。

    株価って、思っている以上に、ランダム・ウォークなのでしょうね。

    日経平均が10,000円から、20%下落した8,000円になると、普通、思わず買いたくなります。
    ですが、この場合も、冷静に株価水準は適切かを考え、投資判断をする必要がありそうです。
    関連記事
    2011.04.29 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑




    コメント:

    Secret


    Pagetop↑
    トラックバック:
    Pagetop↑
    Pagetop↑
    ブログ内検索
    プロフィール

    Kapok

    Author:Kapok


    個人投資家。1986年生まれのサラリーマンです。将来、資産運用で財産を築き、自由に暮らす事を夢見ています。

    ブログについて
    「資産運用について調べた事・考えたこと」をブログのメイン記事にしています。

    記事の情報の正確さには注意を払っていますが、保証はしません。投資判断は自己責任でお願いします。

    Kapok
    資産運用の方針
    資産運用は、下記の規定の範囲内で行っています。私Kapokが、どのような個人投資家であるかがよく分かるファイルになっています。

    Kapok の資産運用規定

    最近の記事・コメント

    アクセスカウンター
    ↑ポインタを合わせると、1週間のアクセス数推移が確認できます。

    Since Mar.17/2011
    Twitter
    おすすめ書籍
    ウォール街のランダム・ウォーカー 株式投資の不滅の真理
    Kapokの投資哲学に大きな影響を与えた1冊。個人投資家必読の書。

    スポンサー
    相互リンク
    資産運用全般

    株式個別銘柄投資 etc.

    投資信託 etc.

    債券・預貯金

    FX・派生商品 etc.

    その他 有価証券

    資産運用以外
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。