スポンサーサイト
    Kapok の資産運用スポンサー広告
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --.--.-- / コメント:: - / トラックバック:: - / PageTop↑

    SBI証券の決算短信から見る「個人投資家動向」
    Kapok の資産運用投資環境証券会社・銀行
    SBI証券が、2011年4月27日に、決算短信とその説明資料を出していました。
    なんとなく読んでみたのですが、意外に面白かったので、思った事、考えたことをメモにして書いてみます。
     
     
     
    1. 顧客である投資家の運用規模
     
    >> (決算短信 p4 より)
    >> 総合口座数:2,209,946口座
    >> 預り資産  :4兆1,696億円
     
    よって一口座あたり資産額は 416,960,000万円÷2,209,946口座=189万円
    平均で、こんなに運用されているんですね。
     
    運用規模がおそらく小さい新規口座が155,960口座もあることを加味すれば、かなりの規模を運用している個人投資家も少なくない事が、予想できます。
     
    2. 先物・オプション取引手数料
     
    >> (説明資料 p17 より)
    >> 口座数:72,670
    >> 手数料:366,356千円/3ヶ月
     
    よって、先物・オプション取引の手数料は、1口座、1か月あたり、
    366,356千円/3ヶ月÷72,670÷3=1680円
     
    こちらは、かなり少ない気がします。
    損をして退場した人が多いとか、「リスクヘッジのための最小限の売買のみ」の人が多いとか、あるのでしょうかね。
     
    3. 委託売買代金
     
    >> (説明資料 p9 より)
    >> 委託売買代金:435,473億円/1年
     
    売買代金44兆円!すごいですね。
    預かり資産が4兆円なので、平均でも、年間5.5回、乗換が行われている計算になります。
    元気なトレーダーさんが売買に励んでいるって事でしょうね。
     
    4. 投信信託報酬
     
    >> (説明資料 p25 より)
    >> 投信残高:4,790億円
    >> 信託報酬:4.69億円/3ヶ月
     
    投信の信託報酬の販売会社の取り分は年率
    4.69億円÷4,790億円×4=0.39%
    意外に少ないです。信託報酬は、売り手にはあまり入らないようです。
     
    証券会社は、投信乗り換えを促し、販売手数料を稼ぐ方が、利益に直結するようです。
    事実、説明資料 p23 にあるように、投信による利益の大半が、販売手数料となっています。
     
    5. その他雑感
     
    説明資料には、他にも貸株収益、委託手数料、信用取引建玉残高など、興味深い資料が多いです。
    SBIホールディングスの株を持っていなくても、資料をチェックするのは面白いと思いました。
    関連記事
    2011.05.01 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑




    コメント:

    Secret


    Pagetop↑
    トラックバック:
    Pagetop↑
    Pagetop↑
    ブログ内検索
    プロフィール

    Kapok

    Author:Kapok


    個人投資家。1986年生まれのサラリーマンです。将来、資産運用で財産を築き、自由に暮らす事を夢見ています。

    ブログについて
    「資産運用について調べた事・考えたこと」をブログのメイン記事にしています。

    記事の情報の正確さには注意を払っていますが、保証はしません。投資判断は自己責任でお願いします。

    Kapok
    資産運用の方針
    資産運用は、下記の規定の範囲内で行っています。私Kapokが、どのような個人投資家であるかがよく分かるファイルになっています。

    Kapok の資産運用規定

    最近の記事・コメント

    アクセスカウンター
    ↑ポインタを合わせると、1週間のアクセス数推移が確認できます。

    Since Mar.17/2011
    Twitter
    おすすめ書籍
    ウォール街のランダム・ウォーカー 株式投資の不滅の真理
    Kapokの投資哲学に大きな影響を与えた1冊。個人投資家必読の書。

    スポンサー
    相互リンク
    資産運用全般

    株式個別銘柄投資 etc.

    投資信託 etc.

    債券・預貯金

    FX・派生商品 etc.

    その他 有価証券

    資産運用以外
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。