スポンサーサイト
    Kapok の資産運用スポンサー広告
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --.--.-- / コメント:: - / トラックバック:: - / PageTop↑

    資産運用の落とし穴⑤ 【「世界人口増→利益」論】
    Kapok の資産運用投資手法投資心理・哲学・雑感
    現在、世界人口は増え続けています。
    このまま人が増えていくと、消費が増え、経済活動が活発になります。
    その結果、企業の業績は良くなり、株価は上昇を続けることが予想できます。
     
    この話を前提とし、「資産を形成するために、投資家は、運用資産の大半を、人口増により株価上昇が期待できる、海外株式に向けていればよい。特に、低コストで、かつ、広く分散投資ができるインデックスファンドへの投資が望ましい。なお、株価の上下のリスクは、ドル・コスト平均法で吸収すれば問題ない。最後は増える。」という主張があります。
     
    前提が正しければ、確かにその通りです。ですが、この前提を鵜呑みにし、前提が崩れた時に資産の大半を失うような、ハイリスクな運用をするのは、良くはありません。
     
     
     
    そもそも、世界人口は増え続けますか?
    天災や戦争、流行病や食糧危機の度合いによっては、増えないかもしれません。
     
    人口が増え、企業の業績が上がったとしても、株の利益は得られますか?
    円高が外国株の株価上昇よりも早く進むと、利益は得られません。更に、課税システムの改悪を含め、政策により、投資家が利益を得られない世の中に変ってしまう可能性もあります。
     
     
     
    このように、長期投資家を自称し、インデックスファンドをコツコツと積立てていても、損をする時は、損をしてしまうのです。
     
    パッシブ運用のメリットばかりが喧伝されている世の中ですが、うまく資産が増えない場合の事も、きちんと考えておくべきです。その上で、我慢できる程度のリスクを取り、うまくいけばリターンを得る。
     
    このような、慎重な運用方針の方が、いいと思います。
    関連記事
    2011.06.19 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑




    コメント:

    Secret


    Pagetop↑
    トラックバック:
    Pagetop↑
    Pagetop↑
    ブログ内検索
    プロフィール

    Kapok

    Author:Kapok


    個人投資家。1986年生まれのサラリーマンです。将来、資産運用で財産を築き、自由に暮らす事を夢見ています。

    ブログについて
    「資産運用について調べた事・考えたこと」をブログのメイン記事にしています。

    記事の情報の正確さには注意を払っていますが、保証はしません。投資判断は自己責任でお願いします。

    Kapok
    資産運用の方針
    資産運用は、下記の規定の範囲内で行っています。私Kapokが、どのような個人投資家であるかがよく分かるファイルになっています。

    Kapok の資産運用規定

    最近の記事・コメント

    アクセスカウンター
    ↑ポインタを合わせると、1週間のアクセス数推移が確認できます。

    Since Mar.17/2011
    Twitter
    おすすめ書籍
    ウォール街のランダム・ウォーカー 株式投資の不滅の真理
    Kapokの投資哲学に大きな影響を与えた1冊。個人投資家必読の書。

    スポンサー
    相互リンク
    資産運用全般

    株式個別銘柄投資 etc.

    投資信託 etc.

    債券・預貯金

    FX・派生商品 etc.

    その他 有価証券

    資産運用以外
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。