スポンサーサイト
    Kapok の資産運用スポンサー広告
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --.--.-- / コメント:: - / トラックバック:: - / PageTop↑

    「ハイリスク・ハイリターン」の論理的根拠
    Kapok の資産運用投資手法投資手法考察
    投資の世界では、よくハイリスク・ハイリターンという言葉を聞きます。
    「リスク(値動きの大きさ)が大きいものほど、大きな利益が期待できる」という意味で、広く信じられています。
     
    この性質は、どの程度成立しているのか?
    そもそも成立しているのか?
    など、気になる所です。
     
    が、とりあえずそれは置いておき、
    「ハイリスク・ハイリターン」がなぜ成立するのかについての、
    論理的で、興味深い考察がありましたので、紹介します。
     
     
    ――――引用ここから――――
    そこで、「ハイリスク・ハイリターン」について考えてみましょう。いま、リスクがない資産のリターン、例えば預金金利が年利5%だとします。この預金に100円を預けると、1年後には105円になります。ここで、1年後の価値がそれぞれ50%の確率で95円または115円になるという資産があるとします。この資産の1年後の期待値(平均値)は、95円×50%+115円×50%=105円と計算されますが、果たして、この資産にはいくらの値段が付くでしょうか。人間は通常、リスクを嫌うと考えられるので、おそらくこの資産に対しては100円よりも安い値段が付くだろうと考えられます。仮に98円の値段が付くとすれば、1年間のリターンの平均値は、(105円-98円)÷98円=約7.14%となります。さらに1年後の価値がそれぞれ50%の確率で85円または125円になるという資産(この資産の1年後の期待値も105円です)について考えてみると、この資産には98円よりも安い値段が付くだろうと考えられます。つまり、リスクがあらかじめ知られている状態で、リスクを嫌うという通常の感覚を持った人間同士が取引をすれば、リスクが大きい資産についてはリターンの期待値が高くなるような値段で取引が行われると考えられるわけです。したがって、「ハイリスク・ハイリターン」とは、「リスクが高い、かつ、リターンの平均値が高い」というのが正確な意味であり、これは一定の前提条件の下で論理的に成立する関係ということができます。
    ――――引用ここまで――――
     
     
     
    「リスクが高い資産は、得られる利益が不確定である分だけ、その分、値引きされて取引される。この値引き分が、ハイリターンに繋がるのだ」、という主張のようです。
     
    まずリスクがあって、それに付随してリターンがあるんですね。
    だから、「ハイリスク・ハイリターン」の単語の並びも、リスクがあって、リターンがあるのだと推察ができます。
    関連記事
    2011.06.24 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑




    コメント:

    Secret


    Pagetop↑
    トラックバック:
    Pagetop↑
    Pagetop↑
    ブログ内検索
    プロフィール

    Kapok

    Author:Kapok


    個人投資家。1986年生まれのサラリーマンです。将来、資産運用で財産を築き、自由に暮らす事を夢見ています。

    ブログについて
    「資産運用について調べた事・考えたこと」をブログのメイン記事にしています。

    記事の情報の正確さには注意を払っていますが、保証はしません。投資判断は自己責任でお願いします。

    Kapok
    資産運用の方針
    資産運用は、下記の規定の範囲内で行っています。私Kapokが、どのような個人投資家であるかがよく分かるファイルになっています。

    Kapok の資産運用規定

    最近の記事・コメント

    アクセスカウンター
    ↑ポインタを合わせると、1週間のアクセス数推移が確認できます。

    Since Mar.17/2011
    Twitter
    おすすめ書籍
    ウォール街のランダム・ウォーカー 株式投資の不滅の真理
    Kapokの投資哲学に大きな影響を与えた1冊。個人投資家必読の書。

    スポンサー
    相互リンク
    資産運用全般

    株式個別銘柄投資 etc.

    投資信託 etc.

    債券・預貯金

    FX・派生商品 etc.

    その他 有価証券

    資産運用以外
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。