スポンサーサイト
    Kapok の資産運用スポンサー広告
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --.--.-- / コメント:: - / トラックバック:: - / PageTop↑

    東電株主総会、「原発撤退」案は否決
    Kapok の資産運用投資対象日本株
    2011年6月28日(火)に、東京電力の株主総会が開催されました。
     
    ――――引用ここから――――
    東京電力福島第1原発事故後、初めてとなる東電の株主総会が28日、東京都内のホテルで開かれ、過去最多の9309人の株主が出席、所要時間も過去最長の6時間9分に及んだ。株主からは、経営責任や事故を起こした場合に事業者が無限責任を問われる原発保有の是非を問う厳しい意見が続出した。株主402人が「原発撤退」を求める株主提案を行ったが、賛成は株主(議決権ベース)の約8%、反対が約89%(棄権や無効などが約3%)で、反対多数で否決された。一方、清水正孝社長(67)の引責辞任に伴い、西沢俊夫常務(60)を社長に昇格させるなど取締役17人と監査役2人の選任議案を可決した。勝俣恒久会長(71)は続投する。
    ――――引用ここまで――――
     
     
     
    注目されていた「原発撤退」の株主提案は、反対は約89%(議決権ベース)、圧倒的な反対多数で否決されました。大株主が、原発事業続行と言っている以上、原発事業は続くでしょうね。原発は、比較的安価に発電できるというメリットがあるため、収益を求める投資家には、都合が良いようです。
     
     
    私は、安全である限り、原発事業続行も、原発の新設も有りだと考えています。
    ただ、危機管理能力が低い技術者や、経営者だと安心できません。最新の情報に基づき、最善の運用ができるよう、厳しいチェック体制と、情報開示のシステムを、国家レベルで構築し、運用すべきだと思います。
     
    なお、地上に原発を新設する事には、反対です
    隕石やテロによる原発事故の可能性がゼロでない以上、事故が起こった場合に被害の拡大を最小限にするために、原発は地下に作るべきだと思います。
     
    もし「コストの問題で、地下には作れない」のであれば、「原発は作るべきではない」と考えます。
    関連記事
    2011.06.29 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑




    コメント:

    Secret


    Pagetop↑
    トラックバック:
    Pagetop↑
    Pagetop↑
    ブログ内検索
    プロフィール

    Kapok

    Author:Kapok


    個人投資家。1986年生まれのサラリーマンです。将来、資産運用で財産を築き、自由に暮らす事を夢見ています。

    ブログについて
    「資産運用について調べた事・考えたこと」をブログのメイン記事にしています。

    記事の情報の正確さには注意を払っていますが、保証はしません。投資判断は自己責任でお願いします。

    Kapok
    資産運用の方針
    資産運用は、下記の規定の範囲内で行っています。私Kapokが、どのような個人投資家であるかがよく分かるファイルになっています。

    Kapok の資産運用規定

    最近の記事・コメント

    アクセスカウンター
    ↑ポインタを合わせると、1週間のアクセス数推移が確認できます。

    Since Mar.17/2011
    Twitter
    おすすめ書籍
    ウォール街のランダム・ウォーカー 株式投資の不滅の真理
    Kapokの投資哲学に大きな影響を与えた1冊。個人投資家必読の書。

    スポンサー
    相互リンク
    資産運用全般

    株式個別銘柄投資 etc.

    投資信託 etc.

    債券・預貯金

    FX・派生商品 etc.

    その他 有価証券

    資産運用以外
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。