スポンサーサイト
    Kapok の資産運用スポンサー広告
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --.--.-- / コメント:: - / トラックバック:: - / PageTop↑

    バーナンキFRB 議長、QE3に言及
    Kapok の資産運用投資手法投資心理・哲学・雑感
    バーナンキFRB議長が、QE3(追加の量的緩和政策)に言及したようです。
     
    ――――――引用ここから――――――
    バーナンキFRB 議長は7/13、定例の議会証言(下院金融サービス委員会)に臨み、「足元のソ
    フトパッチ状態が予想以上に長びきデフレ懸念が再発すれば、追加的な政策サポートの必要性
    がでてくる」と発言した。また、先日発表されたFOMC 議事録でも、「数名の(a few)メンバ
    ーは、景気回復が遅れ失業率の低下が進まない場合は、追加的な金融緩和策を検討する必要が
    あるかもしれない」としている。こうした動きを受け、マーケットやマスコミは、「FRB がQE3
    (追加の量的緩和政策)を検討している」との思惑を高めているようである。
    ――――――引用ここまで――――――
     
    引用元:http://www.mizuho-msrc.com/dynmc/gcnt.php/DL0000006545/01/02/110720_us_FRB.pdf (2011/7/15)
     
     
    これにより、再びドルが世界中にばら撒かれるとの思惑から、ドル安が進行しました。
    また、ばら撒かれたドルが株などのリスク資産に向かうとの思惑から、世界各国の株価は、たいていは上昇しました。
     
    喋るだけでこの影響。
    すごいですね。
     
    QE3が決まれば、もっとドル安・株高が進むはずです。
    円高ドル安は、私としてはありがたくありませんし、実力以上に上昇した株価は、暴落が待っているようで怖いです。QE3は、世界の歪を大きくしてしまう恐れがあるため、避けてほしいと思います。
     
    ですが、実際の所は、引用元のレポートにもある通り、QE3に踏み切る可能性はまだまだ低いというのが実態のようですね。
    関連記事
    2011.07.15 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑




    コメント:

    Secret


    Pagetop↑
    トラックバック:
    Pagetop↑
    Pagetop↑
    ブログ内検索
    プロフィール

    Kapok

    Author:Kapok


    個人投資家。1986年生まれのサラリーマンです。将来、資産運用で財産を築き、自由に暮らす事を夢見ています。

    ブログについて
    「資産運用について調べた事・考えたこと」をブログのメイン記事にしています。

    記事の情報の正確さには注意を払っていますが、保証はしません。投資判断は自己責任でお願いします。

    Kapok
    資産運用の方針
    資産運用は、下記の規定の範囲内で行っています。私Kapokが、どのような個人投資家であるかがよく分かるファイルになっています。

    Kapok の資産運用規定

    最近の記事・コメント

    アクセスカウンター
    ↑ポインタを合わせると、1週間のアクセス数推移が確認できます。

    Since Mar.17/2011
    Twitter
    おすすめ書籍
    ウォール街のランダム・ウォーカー 株式投資の不滅の真理
    Kapokの投資哲学に大きな影響を与えた1冊。個人投資家必読の書。

    スポンサー
    相互リンク
    資産運用全般

    株式個別銘柄投資 etc.

    投資信託 etc.

    債券・預貯金

    FX・派生商品 etc.

    その他 有価証券

    資産運用以外
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。