スポンサーサイト
    Kapok の資産運用スポンサー広告
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --.--.-- / コメント:: - / トラックバック:: - / PageTop↑

    単独世帯、増加中  ~各業界への影響は?
    Kapok の資産運用読み物レポート・論文
    国内で単身世帯が増加傾向にあるようです。
     
     
    以下、総務省統計局の「統計ヘッドライン No. 17」
    からの引用です。
     
    ―――――引用ここから―――――
    一般世帯数は5092万8千世帯と調査開始以来初めて5000万世帯を超えた
    「単独世帯」が「夫婦と子供から成る世帯」を上回り,最も多い家族類型に
     
    ・ 一般世帯数は5092万8千世帯,調査開始以来初めて5000万世帯超
    ・ 家族類型別にみると,「単独世帯」(一人暮らし世帯)の数は1588万5千世
    帯,「夫婦と子供から成る世帯」の数は1458万8千世帯,「夫婦のみの世帯」
    の数は1000万3千世帯など
    ・ 平成17年と比べると,「単独世帯」の数は9.9%増,一般世帯に占める割合
    は29.5%から31.2%に上昇,「夫婦と子供から成る世帯」の数は0.3%減,一
    般世帯に占める割合は29.8%から28.7%に低下。「単独世帯」の数が「夫婦と
    子供から成る世帯」の数を上回り,最も多い家族類型に

    setai.png 

    ―――――引用ここまで―――――

    出所: http://www.stat.go.jp/data/headline/pdf/201107.pdf (2011/7/22)
     
     
    単身世帯が増え続けており、この調子であれば、これからも増えそうです。
    メジャーなライフスタイルが変わっていくことにより、儲かるようになる企業と、儲からなくなる企業が出てくるでしょうね。
     
    例えば、勝手なイメージですが、コンビニは単身世帯の人に良く利用されるため、コンビニ業界はこれからも発展が期待できそうです。逆に学習塾業界は、単身世帯が増え、子供が減った場合に、厳しくなる可能性があります。
     
    単身世帯の増加は、他にもいろいろと影響がありそうですが、どのような影響が考えられるでしょうか。
     
    関連記事
    2011.07.22 / コメント:: 3 / トラックバック:: 0 / PageTop↑




    コメント:

    Secret


    Pagetop↑
    トラックバック:
    Pagetop↑
    Pagetop↑
    ブログ内検索
    プロフィール

    Kapok

    Author:Kapok


    個人投資家。1986年生まれのサラリーマンです。将来、資産運用で財産を築き、自由に暮らす事を夢見ています。

    ブログについて
    「資産運用について調べた事・考えたこと」をブログのメイン記事にしています。

    記事の情報の正確さには注意を払っていますが、保証はしません。投資判断は自己責任でお願いします。

    Kapok
    資産運用の方針
    資産運用は、下記の規定の範囲内で行っています。私Kapokが、どのような個人投資家であるかがよく分かるファイルになっています。

    Kapok の資産運用規定

    最近の記事・コメント

    アクセスカウンター
    ↑ポインタを合わせると、1週間のアクセス数推移が確認できます。

    Since Mar.17/2011
    Twitter
    おすすめ書籍
    ウォール街のランダム・ウォーカー 株式投資の不滅の真理
    Kapokの投資哲学に大きな影響を与えた1冊。個人投資家必読の書。

    スポンサー
    相互リンク
    資産運用全般

    株式個別銘柄投資 etc.

    投資信託 etc.

    債券・預貯金

    FX・派生商品 etc.

    その他 有価証券

    資産運用以外
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。