スポンサーサイト
    Kapok の資産運用スポンサー広告
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --.--.-- / コメント:: - / トラックバック:: - / PageTop↑

    リーマン・ショック後のドル/円為替相場 ~円高要因は何であったか?
    Kapok の資産運用投資環境為替
    米債務上限引き上げ交渉が難航しています。
    米国債がデフォルト(債務不履行)した場合、世界経済の大きな混乱が予想されます。
     
    「リーマン・ショックの再来」も俄かに現実味を帯びてきました。
    今後のリスクについて考えるため、今日はリーマン・ショックの時の事、特に為替について、思い出してみます。
     
     
    1.2008年の金融危機では、円高が進行
     
    以前、ブログで記事にしたのですが、リーマン・ショックでは急激な円高が進みました。
    >> 2008年9月15日に1ドル104.8円であった米ドル為替相場は、
    >> 2008年12月17日には87.1円になっている。
    >> わずか3ヶ月の間に、17%も円高が進行したと計算できる。
    17%の円高、かなりですね。
    例えば2011年7月27日現在、1ドル78円ですが、これを基準に17%の円高となると、1ドル65円です。
    このことからも、どれだけ激しい円高であったのかが実感できます。
     

    ↓ リーマン・ショック後の為替チャート(クリックすると大きく表示されます)

    Lehmanypd2.png
     


    2.種々の円高要因
     
    これだけの円高が進んだのには、いくつか要因があります。
    思い出せるものを書いていきます。
     
    i ) 利下げ余地の少なさ
     
    金融危機を受け、諸外国は利下げを実施し、お金が市場に回るような政策を実施しました。
    利下げされた国の通貨を持っていても、金利が低いわけですから、なかなか殖えなくなります。
    このため、利下げされた国の通貨は売られ、その通貨の価値は目減りしていきます。
     
    ところが日本はもともと超低金利で、これ以上の利下げができない状態でした。
    このため、利下げが繰り返される諸外国通貨が売られ続ける一方で、これ以上の利下げできない日本円に、マネーが集まりました。
     
    ii ) デフレによる、実質的な高金利
     
    日本はデフレの国です。
    デフレはモノの価値が下がり、お金の価値が上がる現象です。
    帳簿の上では低金利で殖えませんが、実質的にはお金の価値が上がるため、外国人投資家にとっては高金利通貨に見えます。このため、円が買われました。
     
    iii ) リスクマネー還流
     
    金融危機では、世界中で株安・債券安が同時に進行しました。
    これにより、リスク資産への投資が極めて難しい環境となり、リスク資産を手仕舞った国内の投資家が資産を国内に引き上げる際の円買いにより、円高が進行しました。
     
    iv) 世界と比較して混乱の少ない日本の金融システム
     
    日本企業はバブル崩壊後、比較的健全な体質となっており、世界各国の混乱程、日本は混乱しないとの予想から、消去法的に円が買われました。
     
     
     
    3.所感
     
    リーマン・ショック前と、現在、状況が似ている気もします。
    米国債がデフォルトした場合、リーマン・ショック時同様の要因で、円高、進むでしょうね。
     
    言わずもがなですが、外国資産への投資は、為替リスクにも注目が必要です。
     



    関連記事:阪神大震災後の日経平均株価チャート
    カテゴリ:為替
    トップページ:Kapok の資産運用


    関連記事
    2011.07.27 / コメント:: 2 / トラックバック:: 0 / PageTop↑




    コメント:

    Secret


    Pagetop↑
    トラックバック:
    Pagetop↑
    Pagetop↑
    ブログ内検索
    プロフィール

    Kapok

    Author:Kapok


    個人投資家。1986年生まれのサラリーマンです。将来、資産運用で財産を築き、自由に暮らす事を夢見ています。

    ブログについて
    「資産運用について調べた事・考えたこと」をブログのメイン記事にしています。

    記事の情報の正確さには注意を払っていますが、保証はしません。投資判断は自己責任でお願いします。

    Kapok
    資産運用の方針
    資産運用は、下記の規定の範囲内で行っています。私Kapokが、どのような個人投資家であるかがよく分かるファイルになっています。

    Kapok の資産運用規定

    最近の記事・コメント

    アクセスカウンター
    ↑ポインタを合わせると、1週間のアクセス数推移が確認できます。

    Since Mar.17/2011
    Twitter
    おすすめ書籍
    ウォール街のランダム・ウォーカー 株式投資の不滅の真理
    Kapokの投資哲学に大きな影響を与えた1冊。個人投資家必読の書。

    スポンサー
    相互リンク
    資産運用全般

    株式個別銘柄投資 etc.

    投資信託 etc.

    債券・預貯金

    FX・派生商品 etc.

    その他 有価証券

    資産運用以外
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。