スポンサーサイト
    Kapok の資産運用スポンサー広告
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --.--.-- / コメント:: - / トラックバック:: - / PageTop↑

    リーマン・ショック後の日経平均株価チャート ~騰落率はどれくらいか?
    Kapok の資産運用投資環境日経平均株価
    2011年8月5日、格付け会社のS&Pが米国債を格下げしました。最も安全な資産の1つとされていた米国債が格下げされるわけですから、米国債で運用していた金融機関は、なんらかの対応を迫られるはずです。これに伴う金融不安が全世界に広がる可能性が出て来ました。

    さて、日本株の下落リスクは、どの程度の覚悟が必要でしょうか?
    前回の金融危機である、リーマン・ショックの時の値動きを参考に考えてみます。



    下の図は、リーマン・ショック前後の日経平均株価の推移です。

    n225_Lehman.png
    ※クリックで拡大します
    ※チャート出所: msnマネー (2011年8月7日)

    リーマン・ブラザーズが破綻した翌日、2008年9月16日の日経平均株価の終値は11609.72円でした。
    この後、わずか1ヶ月後の2008年10月28日には、最安値6994.90円をつけています。
    39.7%もの大幅下落です。


    金融危機が起こった場合、
    この程度の株価下落を視野に入れていても良いのではないでしょうか。



    なお、リーマン・ショック後の株価下落の主な要因は、下記の2点でした。

    1. 大不況による、企業の大幅赤字決算
    2. 急激に進んだ円高による、輸出企業の収益の急激な悪化




    リーマン・ショック関連記事
    関連記事
    2011.08.07 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑




    コメント:

    Secret


    Pagetop↑
    トラックバック:
    Pagetop↑
    Pagetop↑
    ブログ内検索
    プロフィール

    Kapok

    Author:Kapok


    個人投資家。1986年生まれのサラリーマンです。将来、資産運用で財産を築き、自由に暮らす事を夢見ています。

    ブログについて
    「資産運用について調べた事・考えたこと」をブログのメイン記事にしています。

    記事の情報の正確さには注意を払っていますが、保証はしません。投資判断は自己責任でお願いします。

    Kapok
    資産運用の方針
    資産運用は、下記の規定の範囲内で行っています。私Kapokが、どのような個人投資家であるかがよく分かるファイルになっています。

    Kapok の資産運用規定

    最近の記事・コメント

    アクセスカウンター
    ↑ポインタを合わせると、1週間のアクセス数推移が確認できます。

    Since Mar.17/2011
    Twitter
    おすすめ書籍
    ウォール街のランダム・ウォーカー 株式投資の不滅の真理
    Kapokの投資哲学に大きな影響を与えた1冊。個人投資家必読の書。

    スポンサー
    相互リンク
    資産運用全般

    株式個別銘柄投資 etc.

    投資信託 etc.

    債券・預貯金

    FX・派生商品 etc.

    その他 有価証券

    資産運用以外
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。