スポンサーサイト
    Kapok の資産運用スポンサー広告
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --.--.-- / コメント:: - / トラックバック:: - / PageTop↑

    景気急落局面において、ファンダメンタルズ指標を活用する際の注意点
    Kapok の資産運用投資手法投資手法考察
    米国債格下げを発端とする金融不安から、世界中の株価指数が急落しています。
    国内の個人投資家は、こういう時、株価の割安感に注目した買いを入れる傾向がありますが、この「割安感」について考えてみます。



    割安感を計るファンダメンタルズ指標として有名なものに「PER」「PBR」「配当利回り」があります。これらの指標、平常の景気局面では有効ですが、景気急落局面では使い方に要注意です。


    1.PER(株価収益率)

    株価が一株当たりの利益の何倍になっているのかを示す指標で、
    PER = 「株価」÷「1株利益」  ・・・①
    で定義されています。

    PERが低ければ低いほど、利益の割に株価が低いことから、割安とされます。

    景気急落局面では、「株価」急落により、PERが低くなり、割安シグナルが出て来ます。
    ただし、「1株利益」の方も、決算短信が出る度に急落するため、実際はこの割安シグナル、一気に消灯することになります。要注意です。



    2.PBR(株価純資産倍率)

    企業の資産と負債と比較し、株価が高いか低いかを示す指標です。
    PBR = 「株価」÷「1株当たりの純資産」
    で定義され、景気下落局面では、比較的有効な指標です。

    PER同様に、「株価」下落により、PBRは小さくなり、割安シグナルを示すようになります。
    ただし、赤字企業の場合、決算短信が出る度に、純資産が小さくなりますので、やはり、この割安シグナルは消灯してしまう可能性があります。



    3.配当利回り

    配当金の高さに注目した指標です。
    配当利回り = 「配当金」÷「株価」
    で定義されます。

    「株価」が下落すると、配当利回りが良くなります。
    ただし、景気下落局面では結局、「配当金」も下がったり、無配になったりするため、この割安シグナル、一気に消灯する可能性があります。



    4.まとめ

    上で示した通り、ファンダメンタルズ指標には「あまり更新されないパラメータ―(予想利益・純資産・配当)」が含まれています。つまり「古い」情報に基づく指標なのです。すなわち、景気落局面・景気上昇局面では、実際の割安感とは大きく乖離した値を示すため、基本的に役に立ちません

    景気下落局面で、これらの指標を見て「割安シグナルだ! ^^」 と飛びつくのは危険です。


    関連記事
    2011.08.09 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑




    コメント:

    Secret


    Pagetop↑
    トラックバック:
    Pagetop↑
    Pagetop↑
    ブログ内検索
    プロフィール

    Kapok

    Author:Kapok


    個人投資家。1986年生まれのサラリーマンです。将来、資産運用で財産を築き、自由に暮らす事を夢見ています。

    ブログについて
    「資産運用について調べた事・考えたこと」をブログのメイン記事にしています。

    記事の情報の正確さには注意を払っていますが、保証はしません。投資判断は自己責任でお願いします。

    Kapok
    資産運用の方針
    資産運用は、下記の規定の範囲内で行っています。私Kapokが、どのような個人投資家であるかがよく分かるファイルになっています。

    Kapok の資産運用規定

    最近の記事・コメント

    アクセスカウンター
    ↑ポインタを合わせると、1週間のアクセス数推移が確認できます。

    Since Mar.17/2011
    Twitter
    おすすめ書籍
    ウォール街のランダム・ウォーカー 株式投資の不滅の真理
    Kapokの投資哲学に大きな影響を与えた1冊。個人投資家必読の書。

    スポンサー
    相互リンク
    資産運用全般

    株式個別銘柄投資 etc.

    投資信託 etc.

    債券・預貯金

    FX・派生商品 etc.

    その他 有価証券

    資産運用以外
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。