スポンサーサイト
    Kapok の資産運用スポンサー広告
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --.--.-- / コメント:: - / トラックバック:: - / PageTop↑

    毎月分配型投信のメリット
    Kapok の資産運用投資対象投資信託
    毎月分配型の投資信託は、分配金に課税される点、および、複利効果が得られない点から、投資家にとって不利な金融商品であると言われています。

    ですが、どんな投資も一長一短です。
    今回は、敢えて、毎月分配型投信のメリットを考えてみます。



    毎月分配型投信の代表である、ワリートについて考えます。


    1.そもそもワリートとは

    「ワールド・リート・オープン」の事です。
    ワリートは、海外REITに投資する、毎月分配型投信です。

    ワリートのマンスリーレポートの数値を使い、
    ①毎月分配金を受け取った場合のリターン
    ②もしも再投資していた場合のリターン
    を比較します。

    ↓今回使ったマンスリーレポートはこちら
    http://www.kokusai-am.co.jp/fund/pdf/monthly/149024.pdf


    2.ワリートの成績

    設定から2011年7月29日までのリターンについてです。


    i ) 分配金を受け取った場合

    基準価額は10,000円から4,709円に下落しています。
    その間、分配金は6,490円出ています。

    よって、課税前リターンは
    {(4,709 + 6,490 ) - 10,000}/10,000 = 12.0%

    特別分配金が非課税であった事を考慮すると、
    課税後のリターンは、およそ 12.0 × 0.9 = 10.8% 程度であると考えられます。
    (※税率10%としました。0.9は 100%-10% = 90% の事です)


    ii ) もしも課税前分配金を再投資していた場合

    課税前リターンは、マンスリーレポートのファンドの設定来騰落率の 5.6% になります。
    これで売却した場合、課税後のリターンは 5.6 × 0.9 = 5.0% になります。


    3.まとめと雑感

    課税後のトータルリターンは
    毎月分配の場合:10.8%
    再投資した場合: 5.0%
    であったようです。

    ワリートの場合、毎月分配の方が2倍もリターンが良いですね。

    ワリートは設定来、「儲かった時に多くの分配金を出し、そうでない時は分配金を絞る」事で、適切な利益確定をしていたようです。これが再投資した場合のリターンとの比較での優位性に表れています。

    毎月分配型投信のメリットは利確が自動的にできる事です。
    このメリットは考慮に値すると思います。


    ※この記事は、毎月分配型投信の購入を促しているわけではありません。
     投資はメリットとデメリットを比較し、慎重に行うべきです。
    ※ちなみに私は、毎月分配型投信はあまり好きではありません。

    関連記事
    2011.09.04 / コメント:: 2 / トラックバック:: 0 / PageTop↑




    コメント:

    Secret


    Pagetop↑
    トラックバック:
    Pagetop↑
    Pagetop↑
    ブログ内検索
    プロフィール

    Kapok

    Author:Kapok


    個人投資家。1986年生まれのサラリーマンです。将来、資産運用で財産を築き、自由に暮らす事を夢見ています。

    ブログについて
    「資産運用について調べた事・考えたこと」をブログのメイン記事にしています。

    記事の情報の正確さには注意を払っていますが、保証はしません。投資判断は自己責任でお願いします。

    Kapok
    資産運用の方針
    資産運用は、下記の規定の範囲内で行っています。私Kapokが、どのような個人投資家であるかがよく分かるファイルになっています。

    Kapok の資産運用規定

    最近の記事・コメント

    アクセスカウンター
    ↑ポインタを合わせると、1週間のアクセス数推移が確認できます。

    Since Mar.17/2011
    Twitter
    おすすめ書籍
    ウォール街のランダム・ウォーカー 株式投資の不滅の真理
    Kapokの投資哲学に大きな影響を与えた1冊。個人投資家必読の書。

    スポンサー
    相互リンク
    資産運用全般

    株式個別銘柄投資 etc.

    投資信託 etc.

    債券・預貯金

    FX・派生商品 etc.

    その他 有価証券

    資産運用以外
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。