スポンサーサイト
    Kapok の資産運用スポンサー広告
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --.--.-- / コメント:: - / トラックバック:: - / PageTop↑

    積立投資は大負けしにくい? ~日経平均株価長期(24年間)積立結果
    Kapok の資産運用投資手法ドル・コスト平均法
    サラリーマンの資産運用は、キャッシュフローの性質からも、基本的に「長期積立投資」となるはずです。この長期積立投資の「クセ」や「性質」について考えてみました。



    1.データ処理

    長期積立投資のクセを考えるために、まずは日経225平均株価を、毎月月初に10,000円ずつ積み立てていたら、どうなっていたかについて調べました。1987年1月から2010年12月までの24年間のデータを使いました。

    ※使ったデータは「配当込まず」の指数です。この配当金要因ため、シミュレーションは、実際の運用成績とは少なからず乖離することが考えられます。


    2.結果

    ※クリックで拡大します
    nikkei225tsumitate.png

    上の図
     月初の日経平均株価(青)
     それを積立てた時の平均取得価格(赤)
    下の図
     積立元本(橙)
     資産総額(緑)

    です。


    3.所感

    日経平均株価は、バブル絶頂の時の40,000弱から、4分の1に下落していますが、これを積み立てていた場合、平均取得価格も下落したため、そこまでの大負けにはなっていません。それどころか、バブル崩壊後でも4回、損益がプラス転換する点が見られます。

    ドル・コスト平均法(定額積立)の効果、大きいですね。長い間積立てていると、平均取得価額が現在の価格に漸近していく性質があるようです。リスク分散の観点から、成長の期待値が低いアセットを組み入れたい場合も、ドル・コスト平均法を使えば、無難かも知れません。

    面白いなと思ったことは、ドル・コスト平均法は、大負けしにくいですが、大勝も難しいという点です。グラフ左で、日経平均が20,000円から40,000円に倍増した時においても、平均取得価額も急上昇したため、ほとんど資産を増やせていません(損益を率で見た場合のお話です)。

    ドル・コスト平均法は、新たな資産積立により、勝ちも負けも薄まる(損益を率で見た場合のお話です)、という性質があるようです。
    関連記事
    2011.09.18 / コメント:: 2 / トラックバック:: 0 / PageTop↑




    コメント:

    Secret


    Pagetop↑
    トラックバック:
    Pagetop↑
    Pagetop↑
    ブログ内検索
    プロフィール

    Kapok

    Author:Kapok


    個人投資家。1986年生まれのサラリーマンです。将来、資産運用で財産を築き、自由に暮らす事を夢見ています。

    ブログについて
    「資産運用について調べた事・考えたこと」をブログのメイン記事にしています。

    記事の情報の正確さには注意を払っていますが、保証はしません。投資判断は自己責任でお願いします。

    Kapok
    資産運用の方針
    資産運用は、下記の規定の範囲内で行っています。私Kapokが、どのような個人投資家であるかがよく分かるファイルになっています。

    Kapok の資産運用規定

    最近の記事・コメント

    アクセスカウンター
    ↑ポインタを合わせると、1週間のアクセス数推移が確認できます。

    Since Mar.17/2011
    Twitter
    おすすめ書籍
    ウォール街のランダム・ウォーカー 株式投資の不滅の真理
    Kapokの投資哲学に大きな影響を与えた1冊。個人投資家必読の書。

    スポンサー
    相互リンク
    資産運用全般

    株式個別銘柄投資 etc.

    投資信託 etc.

    債券・預貯金

    FX・派生商品 etc.

    その他 有価証券

    資産運用以外
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。