スポンサーサイト
    Kapok の資産運用スポンサー広告
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --.--.-- / コメント:: - / トラックバック:: - / PageTop↑

    TOPIX連動型上場投資信託(1306)は、もっと運用を透明にすべき
    Kapok の資産運用投資対象投資信託
    私は持っていないので、別にどうでもいいのですが、TOPIX連動型上場投資信託(1306)は、日本を代表するETFとして、もっと透明な運用をするべきだと思います。



    平成23年7月期の決算短信↓を見てみました。
    http://nextfunds.jp/fund/etf_results/H23f_141306.pdf


    気になる点は、設定&交換口数。

    ※クリックで拡大します。
    1306settei.png

    発行口数と同程度の設定が行われ、交換(解約)されています。
    普通のインデックス投信との比較でも、すさまじい回転率です。

    まさに「機関投資家のおもちゃ」ですね。
    東日本大震災など、株価が乱高下した時に、鞘取りが入ったのでは?と思います。

    この売買でのやり取りの「売買手数料」としてかかったコストは、大したことがないと決算短信で分かりますが、適正価格で売買されたのか?が分からない点が大変残念です。目論見書にあるPRCが仕事をしているかどうかも(情報開示がないため)疑問です。


    他にも気になった点があります。
    1.インデックスとの乖離の程度・要因が定量的に評価されていません。
    2.結構貸株をしていますが、株価の暴落・暴騰に耐えられるのかが心配です。



    信託報酬は確かに安いので、それだけに注目した長期インデックス投資家が「リレー投資だ!」などと言って買い付けていますが、私は正直長期投資に向いた金融商品だとは思いません。不透明・不安な点が多すぎです。


    日本がアメリカの様な金融大国になるには、情報開示が不可欠です。
    他のもっとひどい雑魚ETFは別にいいのですが、TOPIX連動型上場投資信託(1306)だけは、日本を代表するETFとして、もっと透明で、しかも気の利いた情報開示をしていただきたいと思います。

    関連記事
    2011.09.30 / コメント:: 0 / トラックバック:: 0 / PageTop↑




    コメント:

    Secret


    Pagetop↑
    トラックバック:
    Pagetop↑
    Pagetop↑
    ブログ内検索
    プロフィール

    Kapok

    Author:Kapok


    個人投資家。1986年生まれのサラリーマンです。将来、資産運用で財産を築き、自由に暮らす事を夢見ています。

    ブログについて
    「資産運用について調べた事・考えたこと」をブログのメイン記事にしています。

    記事の情報の正確さには注意を払っていますが、保証はしません。投資判断は自己責任でお願いします。

    Kapok
    資産運用の方針
    資産運用は、下記の規定の範囲内で行っています。私Kapokが、どのような個人投資家であるかがよく分かるファイルになっています。

    Kapok の資産運用規定

    最近の記事・コメント

    アクセスカウンター
    ↑ポインタを合わせると、1週間のアクセス数推移が確認できます。

    Since Mar.17/2011
    Twitter
    おすすめ書籍
    ウォール街のランダム・ウォーカー 株式投資の不滅の真理
    Kapokの投資哲学に大きな影響を与えた1冊。個人投資家必読の書。

    スポンサー
    相互リンク
    資産運用全般

    株式個別銘柄投資 etc.

    投資信託 etc.

    債券・預貯金

    FX・派生商品 etc.

    その他 有価証券

    資産運用以外
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。